Windows Vista上でのVisual Studio 2005のテスト

昨年末にベータ版が紹介されましたVisual Studio 2005 SP1 Update for Windows Vistaですが、現在、正式版リリースに向けて、テストが本格的に進められています。

Windows Vista上でのVisual Studio 2005の問題点に付いては、一覧が以下に掲載されています。

通常ユーザーのアクセス許可で実行する場合

http://www.microsoft.com/japan/msdn//vstudio/support/windowsvista/normalperms/default.aspx

アクセス許可を管理者に昇格して実行する場合

http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/support/windowsvista/adminperms/default.aspx

 

なお、Windows VistaでVisual Studio 2005を使用する際には、以下を行うことが推奨されています。

  •  アクセス許可を管理者に昇格して Visual Studio を実行する
  •  実行するユーザーをローカル コンピュータの "Administrators" グループのメンバにする
  • Visual Studio のアイコンを右クリックし、表示されるコンテキスト メニューで [管理者として実行] をクリックする

さて、Windows Vistaの機能の中で、Visual Studioのテストに大きな影響を与えたものの一つが、ユーザーアカウント制御(UAC)かと思います。

すでにWindows Vistaをお使いの方は、もう何度もユーザーアカウント制御が出す確認メッセージを目にしていることと思います。

例えば、コントロールパネルでコンピュータの日付と時刻を変更しようとした時にも、以下のような確認メッセージが出てきます。

続行するにはあなたの許可が必要です。

あなたが開始した操作である場合は、続行してください。

ユーザーアカウント制御は、あなたの許可なくコンピュータに変更が適用されるのを防ぎます。

ここで続行を選択することで、実際に日付と時刻の変更が出来るようになります。

ユーザーが管理者グループのメンバーとしてログオンしていても、Windows Vistaは標準ユーザーとしてアプリケーションを実行し、管理者権限が必要なアプリケーションを起動すると、明示的にユーザーの目的を確認するため、上記のようなメッセージが表示されます。

 

このように、管理者権限が必要な操作が発生すると、ユーザーアカウント制御の確認メッセージが表示されるなど、セキュリティが強化されたため、Windows Vista  上でのVisual Studio 2005のオートメーションテストでは広範な影響が発生しました。現在では殆ど全てのオートメーションテストが、ユーザーアカウント制御に適切に対応してテストが行われていますが、以前はテストの前に、ユーザーアカウント制御を有効にするか無効にするかの確認が、必ず行われていました。

 

Windows Vistaで動作するVisual Studioに関する情報が以下に掲載されており、その中で、Windows Vistaにおけるいくつかのシステム強化がVisual Studioの動作にも影響することが書かれていますが、このシステム強化が、Visual Studioのテストにも少なからず影響していたと言えます。

http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/support/windowsvista/