The First Virtue

Windows Azure Storage Service を用いた在庫管理の設計

http://social.msdn.microsoft.com/Forums/ja-JP/windowsazureja/thread/b76f647b-5e11-446b-92bd-2efdc2e7...

Author: masayh Date: 03/26/2010

クラウドのアプリケーション開発へのソフトウェアファクトリー適用

マイクロソフト株式会社 萩原正義   Microsoft社は2004年よりソフトウェアファクトリーを次世代のソフトウェア開発基盤技術として推進してきた。2009年以降はWindows...

Author: masayh Date: 09/28/2009

アジャイル開発とアーキテクチャ

アーキテクチャの基本的な考え方は、機能要求に先行して構築されてることです。 この原則は、EA(Enterprise...

Author: masayh Date: 10/28/2008

アーキテクチャは暗黙知の1表現

平鍋氏のアーキテクチャとはを読んで私のアーキテクチャに対して感じていることを以下に書きます。...

Author: masayh Date: 10/27/2008

アーキテクトの審美眼

翔泳社のDBマガジンに連載中の記事のこれまでの一覧です。 No. 1 アーキテクチャとは何か 例えばイベント駆動を考える アーキテクトの悩み アーキテクチャの縦と横の関係 縦横2つに分ける理由と効果...

Author: masayh Date: 02/06/2008

アーキテクチャ設計におけるモジュール化(2)

前回の説明の中でモジュール化という言葉を出しましたが、この定義について誤解を生まないように少し説明を加えましょう。モジュール化とは、モジュールを作るという意味ですが、ここでのモジュールは.NETでのア...

Author: masayh Date: 09/21/2007

アーキテクチャ設計におけるモジュール化(1)

アーキテクチャはコンポーネントの構造として定義されます。この定義を見て、アーキテクチャはコンポーネントをモジュールにして実装すると思っている人が多いのではないだろうか?...

Author: masayh Date: 09/19/2007

[補足] ソフトウェアプロダクトラインにアスペクト指向は有効か?

前回の補足です。...

Author: masayh Date: 08/15/2007

ソフトウェアプロダクトラインにアスペクト指向は有効か?

ソフトウェアプロダクトラインの開発ではアーキテクチャに適切な拡張性を持たせ、要求に応じてアーキテクチャを再利用しつつ、その拡張性を使い個別の可変性に対応していくことが求められます。...

Author: masayh Date: 08/10/2007

非分散アーキテクチャの原則は正しいか?

一般にスケーラビリティを得るためには、分散させないことがアーキテクチャの原則です。プロセス間通信のマーシャリングコストはインプロセスのローカルコールに対して桁違いのオーバーヘッドになるからです。また、...

Author: masayh Date: 08/07/2007

分散トランザクションを回避するアーキテクチャ

スケールアウトの分散システムにおいての鉄則は分散トランザクションを使わないことです。しかし、現在のプログラミングモデルでは.NETもJavaでもトランザクション伝搬がプログラミングの位置の透過性から防...

Author: masayh Date: 07/24/2007

概念モデルの再考

ソフトウェアは概念、論理、物理レベルで定義されます。もっとも論理と物理レベルの境界の曖昧性から、概念(ビジネス、what)と論理/物理(IT技術、how)で分類する場合もあります。...

Author: masayh Date: 07/11/2007

純粋理性批判とソフトウェア工学

哲学は自然科学と違い、万人が同じ認識に至るという点での普遍性が乏しいと言われています。また、哲学は難解というだけで敬遠されています。忙しい現代人にとって実務で覚えるべきことが山のようにある状況では哲学...

Author: masayh Date: 05/28/2007

Software Factories メタモデル

Software Factoriesのメタモデルに関連する技術には大きく3つの分類が存在します。 1つはPractical Software Factories in...

Author: masayh Date: 04/29/2007

アーキテクチャ設計とは

レイヤーアーキテクチャを語るための事前準備。 レイヤーという言葉は開発ライフサイクル管理の中では複数の箇所に登場します。...

Author: masayh Date: 04/19/2007

レイヤーアーキテクチャはSOAでも有効か

SOAにおけるサービスの実装法ではカプセル化の考え方から、どんな実装法でも選択が可能です。多くの場合は、OOPを使い、インターフェイス定義を使ってクラスを実装するとともに、インターフェイス定義をWSD...

Author: masayh Date: 04/13/2007

レイヤーアーキテクチャの見直し

現在のソフトウェア技術は不必要に複雑な部分があります。世の中の要求から、複雑にならざるを得ない部分もあるのですが、技術的な発展の経緯や、かならずしも技術だけでは決まらない互換性、標準化、政治的決定など...

Author: masayh Date: 04/02/2007

トランザクション処理の現状

トランザクション処理はデータ管理の必須機能で、プログラミングモデルの進化とともに容易に利用できるようになってきました。 このプログラミングモデルの進化で記念的な出来事がMicrosoft...

Author: masayh Date: 03/29/2007

マルチパラダイムモデルを想定した分析設計

ソフトウェア開発の対象となる要求、より根源的には価値、の表現には、振る舞いと情報の2つの側面が隠されています。ある意味でこの2つの側面を抽象化し、名前を付けたのが価値や要求とも言えます。...

Author: masayh Date: 03/06/2007

パターン言語と開発プロセス

Software...

Author: masayh Date: 03/01/2007

モジュール定義の進化と技術者の立ち位置

物理レベルのモジュール定義から論理レベルのモジュール定義に技術は移行しています。たとえば、Catalysisのコンポーネント定義、UML 2.xのコンポーネント、最近ですとSCA(Service...

Author: masayh Date: 02/23/2007

モジュール概念の定義法

ソフトウェア開発の手法として主流なのが分割して複合化するという考え方です。どういう単位にして分割するか、分割したものを統合するための複合化をどうするかを決めるのがモジュールの概念です。モジュールという...

Author: masayh Date: 02/21/2007

Software Factories のポイント

Software...

Author: masayh Date: 02/21/2007

このブログの目的

マイクロソフトの萩原正義です。Software Architectです。 このブログでは、ソフトウェア技術や開発方法をできるだけ工学的な視点で扱います。 この目的のために、以下の点に留意します。...

Author: masayh Date: 02/20/2007