Duet Enterprise の Feature Pack 1 が利用可能になりました

原文の記事の投稿日: 2011 年 12 月 8 日 (木曜日)

Duet Enterprise の Feature Pack 1 がダウンロード可能になりました。Feature Pack 1 では、以下のソリューションが Duet Enterprise for Microsoft
SharePoint and SAP に追加されます。

  • 集合ビジネス カレンダー
  • ユーザー プロファイル ベースのリスト フォーム

これらのソリューションのどちらかまたは両方をインストールするように選択できます。

Feature Pack 1 を入手するには、以下の手順を実 行します。

  1. http://msdn.microsoft.com/subscriptions/default.aspxに移動します。MSDN サブスクライバー アカウントにサインインしていることを確認します。
  2. メニューで、[Subscriber Downloads] をクリックします。
  3. 検索ボックスに「Duet Enterprise」と入力し、表示された [Duet Enterprise] リンクをクリックします。
  4. [Feature Pack 1 for Duet Enterprise 1.0, SharePoint components (x64) - DVD (Multiple Languages) ] 行の [Download] をクリックします。
    まだ、MSDN サブスクライバー アカウントを使用してサインインしていない場合、リンク名は [Download] ではなく [Sign in] になります。この場合は、自分のアカウントにサインインしてから、[Download] リンクをクリックしてください。

Duet Enterprise for Microsoft SharePoint and SAP になじみがない場合、Duet Enerprise の製品情報ページおよび www.duet.com (英語) を参照することから始めることをお勧めします。Duet Enterprise に関するドキュメントおよび役に立つその他のリソースについては、Duet Enterprise for Microsoft SharePoint and SAP Tech Center を参照してください。

集合ビジネス カレンダー ソリューションを使用すると、一度に複数のカレンダーを作業できます。サイト所有者は、SAP カレンダー、SharePoint カレンダー、Exchange カレンダー、カスタム カレンダーのうち、任意の種類のカレンダーを最大で 4 つまで集合ビジネス カレンダー Web パーツに集約できます。たとえば、サイト所有者は、2 つの SharePoint カレンダー、1 つの Exchange カレンダー、および 1 つの SAP ビジネス カレンダーを追加したり、4 つの SAP ビジネス カレンダーを追加したりできます。これらの種類のカレンダーを任意に組み合わせることができます。これらのカレンダーを 1 つの場所に集約することで、各カレンダー間を切り替える必要がなくなります。また、スケジュールを容易に比較できるため、スケジュールの重複がなくなります。

ユーザー プロファイル ベースのリスト フォーム ソリューションは、SharePoint ユーザー プロファイルに基づいて各ユーザーのリスト フォームに異なるフィールドを表示する方法を示すサンプル ソリューションです。これにより、ソリューション開発者は、個々のユーザーが作業するのに必要なフィールドのみをフォームに表示するソリューションを設計できるため、エンド ユーザーの生産性が向上します。ただし、このソリューションは、運用環境に展開される前に開発者によってカスタマイズされるように意図されています。

Feature Pack 1 は、MSDN サブスクリプションとして入手できます。Feature Pack 1 を展開するには、Duet Enterprise for Microsoft and SAP が既に展開されている必要があります。

Feature Pack 1 を展開して使用する (英語) 方法については、TechNet ライブラリのドキュメントを参照してください。

Dan Evers
シニア テクニカル ライター
SharePoint コンテンツ発行

これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は、「Feature Pack 1 for Duet Enterprise is available」をご覧ください。