SharePoint Server 2010 のトラブルシューティングに関するリソース

原文の記事の投稿日: 2011 年 8 月 4 日 (木曜日)

この投稿では、SharePoint Server 2010 を使用しているときに発生する問題の解決に役立つツール、テクニック、リンクを提供します。

ULS (Universal Logging System) ログ

SharePoint Server 2010 で発生する問題のトラブルシューティングに特に役立つツールに ULS (Universal Logging System) ログがあります。SharePoint Server 2010 の ULS ログに記録されたデータをファーム内のトラブルシューティングに役立てることができます。ULS ログでは、ログの設定に基づいて、さまざまなレベルでデータを収集できます。また、Windows PowerShell を使えば、ログのデータにフィルターを適用したり、データをさまざまな方法で表示したりできます。さらに、そのデータをデータ グリッドに出力して、そこでフィルター処理、ソート、グループ化、Excel Services へのエクスポートなどを行うこともできます。詳しくは、「 診断ログを表示する (SharePoint Server 2010)」をご覧ください。

Windows PowerShell による ULS ログ データのフィルター処理、表示、および出力の方法と、エラー メッセージ内の相互関係 ID を利用したトラブルシューティングについては、「Microsoft Press: Windows PowerShell を使用したファーム管理タスクの実行および自動化」もご覧ください。

ULS Viewer というツールを使って ULS ログ ファイルを開き、その内容をユーザーにとってわかりやすい形式で表示することもできます。ULS Viewer とそのユーザー ドキュメントを MSDN からダウンロードできます。詳しくは、「ULS Viewer (英語)」をご覧ください。

SharePoint Health Analyzer

SharePoint Server 2010 では、サーバーの構成、パフォーマンス、および利用状況に関する問題を診断して解決するためのツールとして新たに SharePoint Health Analyzer が提供されました。SharePoint Health Analyzer では、ファーム内のサーバーに対して事前に定義された正常性ルールが実行されます。個々の正常性ルールは特定のテストを実行し、そのテストの結果を知らせる通知を返します。サーバーの全体管理を使用して、これらの通知を表示して、問題を解決することができます。詳しくは、「SharePoint Health Analyzer 通知の表示と解決 (SharePoint Server 2010)」と「SharePoint Health Analyzer ルール リファレンス (SharePoint Server 2010)」をご覧ください。

詳細レベルのログ出力を構成する

詳細レベルのイベントが記録されるように診断ログを構成できます。これはシステムが SharePoint Server 2010 のあらゆるアクションをログに記録することを意味します。重要な変更を行うときに詳細レベルのログ出力を使用してより詳細な情報を記録し、変更後にログ出力のレベルを元に戻してハイレベルなイベントだけが記録されるようにします。詳細レベルのログ出力を構成する方法の詳細については、「診断ログを構成する (SharePoint Server 2010)」をご覧ください。

詳細レベルのログ出力は控えめに使用してください。ディスク領域を急速に消費し、ディスク ドライブとサーバーのパフォーマンスを低下させるからです。トレース ログが最大サイズに達した場合のトラブルシューティングについては、「ULS トレース ログのサイズが制限に達しようとしています - イベント 8094 (SharePoint 2010 製品)」をご覧ください。

フィーチャーとサービスの確認

SharePoint フィーチャーを使用してエラーが発生した場合は、当該フィーチャーまたはサービスを問題の原因から除外する意味でも、必要な SharePoint フィーチャーがアクティブになっているかどうか、また関連するサービスが実行されているかどうかを最初に確認することをお勧めします。詳しくは、ホワイトペーパー「Understanding and troubleshooting SharePoint 2010 technology features and services (英語)」をダウンロードしてください。

その他の技術情報

TechNet ドキュメントについては、「トラブルシューティング (SharePoint Sever 2010)」(http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/gg609831.aspx) をご覧ください。

問題の追加的な解決策は、以下のサイトで調べてください。

 

 

これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は、「Troubleshooting resources for SharePoint Server 2010」をご覧ください。