Windows PowerShell スクリプト: SharePoint 2010 の必須コンポーネントのダウンロード

原文の記事の投稿日: 2011 年 12 月 20 日 (火曜日)

これは、TechNet Gallery に格納された SharePoint 2010 製品向けの Windows PowerShell スクリプトにスポットライトを当てる新しい投稿シリーズの 1 番目の投稿です。各投稿で、私たちはスクリプトの機能と使用法を説明し、特定の Windows PowerShell プログラミング技法の内容を具体的に説明します。ユーザーは、このプログラミング技法を学習することで独自のスクリプトを作成できます。

SharePoint 2010 の必須コンポーネントのダウンロード
Download SharePoint 2010 Prerequisites (英語)」の Windows PowerShell スクリプト (http://gallery.technet.microsoft.com/bcf3332d-f726-4ac7-b01a-eeda4b7ece8e (英語)) は、SharePoint Server 2010 の必須コンポーネントのすべてのファイルをダウンロードして特定の場所に格納します。これは、オフライン環境で SharePoint Server 2010 をインストールする場合や、自動セットアップの途中で SharePoint Server 2010 をインストールする場合に役立ちます。また、これは、「ネットワーク共有から必須コンポーネントをインストールする (SharePoint Server 2010)」で説明されている PrerequisiteInstaller.exe ツールを使用する方法に取って代わる Windows PowerShell オプションです。

このスクリプトをテストするには、コードをテキスト エディターにコピーし (スクリプト ページで [コードのコピー] をクリックした後にコードを貼り付ける)、.PS1 ファイルとして保存します。その後、Windows PowerShell プロンプトでコードのパスと .ps1 ファイル名を指定して (例: PS C:\users\default> c:\users\joedavies\sp2010prereq.ps1)、スクリプトを実行します。

Windows PowerShell プログラミング スキルを磨こうとしている方は、このスクリプトがどのように一連のダウンロード URL を使用して $UrlList オブジェクトを読み込んでいるか、また、その後、どのように Foreach{} 構造と BITS (バックグラウンド インテリジェント転送サービス) コマンドレットの Start-BitsTransfer (英語) を使用して各ファイルを指定フォルダーにダウンロードしているかに注意してください。

SharePoint 2010 製品向けの Windows PowerShell スクリプトの一覧については、TechNet Gallery (英語) をご覧ください。

SharePoint Server 2010 における Windows PowerShell サポートの詳細については、以下をご覧ください。

SharePoint Server 2010 を開始するには、以下のトピックを参照してください。

 

これらの投稿もぜひご覧ください。

 
Joe Davies
主席ライター
SharePoint プラットフォームとインフラストラクチャーの執筆チーム

これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は、「Windows PowerShell Script: Download SharePoint 2010 Prerequisites」をご覧ください。