PowerShell を使用した Azure Network Watcher との接続のトラブルシューティング

仮想マシンから指定されたエンドポイントへの直接の TCP 接続が確立されたかどうかを確認するために、接続のトラブルシューティングを使用する方法について説明します。

注意

この記事は、Azure Az PowerShell モジュールを使用するように更新されています。 Az PowerShell モジュールは、Azure と対話するために推奨される PowerShell モジュールです。 Az PowerShell モジュールの使用を開始するには、「Azure PowerShell をインストールする」を参照してください。 Az PowerShell モジュールに移行する方法については、「AzureRM から Az への Azure PowerShell の移行」を参照してください。

開始する前に

  • 接続のトラブルシューティングを行うリージョンの Network Watcher のインスタンス。
  • 接続のトラブルシューティングを行う仮想マシン。

重要

接続のトラブルシューティングを行うには、トラブルシューティングの実行に使用する VM に AzureNetworkWatcherExtension VM 拡張機能がインストールされている必要があります。 Windows VM への拡張機能のインストールについては、Windows 用 Azure Network Watcher Agent 仮想マシン拡張機能に関する記事をご覧ください。Linux VM の場合は、Linux 用 Azure Network Watcher Agent 仮想マシン拡張機能に関する記事をご覧ください。 接続先のエンドポイントでは、拡張機能は必要ありません。

仮想マシンへの接続を確認する

この例では、ポート 80 で接続先の仮想マシンへの接続を確認します。 この例では、ソース VM を含むリージョンで Network Watcher を有効にしている必要があります。

$rgName = "ContosoRG"
$sourceVMName = "MultiTierApp0"
$destVMName = "Database0"

$RG = Get-AzResourceGroup -Name $rgName

$VM1 = Get-AzVM -ResourceGroupName $rgName | Where-Object -Property Name -EQ $sourceVMName
$VM2 = Get-AzVM -ResourceGroupName $rgName | Where-Object -Property Name -EQ $destVMName

$networkWatcher = Get-AzNetworkWatcher | Where-Object -Property Location -EQ -Value $VM1.Location 

Test-AzNetworkWatcherConnectivity -NetworkWatcher $networkWatcher -SourceId $VM1.Id -DestinationId $VM2.Id -DestinationPort 80

Response

次の応答は、以前の例からのものです。 この応答で、ConnectionStatusUnreachable (到達不能) です。 送信されたすべてのプローブが失敗したことがわかります。 接続は、ポート 80 の受信トラフィックをブロックするように構成された、UserRule_Port80 というユーザーが構成した NetworkSecurityRule のために、仮想アプライアンスで失敗しています。 この情報は、接続の問題を調査するために使用できます。

ConnectionStatus : Unreachable
AvgLatencyInMs   : 
MinLatencyInMs   : 
MaxLatencyInMs   : 
ProbesSent       : 100
ProbesFailed     : 100
Hops             : [
                     {
                       "Type": "Source",
                       "Id": "c5222ea0-3213-4f85-a642-cee63217c2f3",
                       "Address": "10.1.1.4",
                       "ResourceId": "/subscriptions/00000000-0000-0000-0000-000000000000/resourceGrou
                   ps/ContosoRG/providers/Microsoft.Network/networkInterfaces/appNic0/ipConfigurat
                   ions/ipconfig1",
                       "NextHopIds": [
                         "9283a9f0-cc5e-4239-8f5e-ae0f3c19fbaa"
                       ],
                       "Issues": []
                     },
                     {
                       "Type": "VirtualAppliance",
                       "Id": "9283a9f0-cc5e-4239-8f5e-ae0f3c19fbaa",
                       "Address": "10.1.2.4",
                       "ResourceId": "/subscriptions/00000000-0000-0000-0000-000000000000/resourceGrou
                   ps/ContosoRG/providers/Microsoft.Network/networkInterfaces/fwNic/ipConfiguratio
                   ns/ipconfig1",
                       "NextHopIds": [
                         "0f1500cd-c512-4d43-b431-7267e4e67017"
                       ],
                       "Issues": []
                     },
                     {
                       "Type": "VirtualAppliance",
                       "Id": "0f1500cd-c512-4d43-b431-7267e4e67017",
                       "Address": "10.1.3.4",
                       "ResourceId": "/subscriptions/00000000-0000-0000-0000-000000000000/resourceGrou
                   ps/ContosoRG/providers/Microsoft.Network/networkInterfaces/auNic/ipConfiguratio
                   ns/ipconfig1",
                       "NextHopIds": [
                         "a88940f8-5fbe-40da-8d99-1dee89240f64"
                       ],
                       "Issues": [
                         {
                           "Origin": "Outbound",
                           "Severity": "Error",
                           "Type": "NetworkSecurityRule",
                           "Context": [
                             {
                               "key": "RuleName",
                               "value": "UserRule_Port80"
                             }
                           ]
                         }
                       ]
                     },
                     {
                       "Type": "VnetLocal",
                       "Id": "a88940f8-5fbe-40da-8d99-1dee89240f64",
                       "Address": "10.1.4.4",
                       "ResourceId": "/subscriptions/00000000-0000-0000-0000-000000000000/resourceGrou
                   ps/ContosoRG/providers/Microsoft.Network/networkInterfaces/dbNic0/ipConfigurati
                   ons/ipconfig1",
                       "NextHopIds": [],
                       "Issues": []
                     }
                   ]

ルーティングの問題を確認する

この例では、仮想マシンとリモート エンドポイント間の接続を確認します。 この例では、ソース VM を含むリージョンで Network Watcher を有効にしている必要があります。

$rgName = "ContosoRG"
$sourceVMName = "MultiTierApp0"

$RG = Get-AzResourceGroup -Name $rgName
$VM1 = Get-AzVM -ResourceGroupName $rgName | Where-Object -Property Name -EQ $sourceVMName

$networkWatcher = Get-AzNetworkWatcher | Where-Object -Property Location -EQ -Value $VM1.Location 

Test-AzNetworkWatcherConnectivity -NetworkWatcher $networkWatcher -SourceId $VM1.Id -DestinationAddress 13.107.21.200 -DestinationPort 80

Response

次の例では、ConnectionStatusUnreachable (到達不能) として示されます。 Hops の詳細では、トラフィックが UserDefinedRoute のためにブロックされた、Issues で確認できます。

ConnectionStatus : Unreachable
AvgLatencyInMs   : 
MinLatencyInMs   : 
MaxLatencyInMs   : 
ProbesSent       : 100
ProbesFailed     : 100
Hops             : [
                     {
                       "Type": "Source",
                       "Id": "b4f7bceb-07a3-44ca-8bae-adec6628225f",
                       "Address": "10.1.1.4",
                       "ResourceId": "/subscriptions/00000000-0000-0000-0000-000000000000/resourceGroups/ContosoRG/providers/Microsoft.Network/networkInterfaces/appNic0/ipConfigurations/ipconfig1",
                       "NextHopIds": [
                         "3fee8adf-692f-4523-b742-f6fdf6da6584"
                       ],
                       "Issues": [
                         {
                           "Origin": "Outbound",
                           "Severity": "Error",
                           "Type": "UserDefinedRoute",
                           "Context": [
                             {
                               "key": "RouteType",
                               "value": "User"
                             }
                           ]
                         }
                       ]
                     },
                     {
                       "Type": "Destination",
                       "Id": "3fee8adf-692f-4523-b742-f6fdf6da6584",
                       "Address": "13.107.21.200",
                       "ResourceId": "Unknown",
                       "NextHopIds": [],
                       "Issues": []
                     }
                   ]

Web サイトの待ち時間を確認する

次の例では、Web サイトへの接続を確認します。 この例では、ソース VM を含むリージョンで Network Watcher を有効にしている必要があります。

$rgName = "ContosoRG"
$sourceVMName = "MultiTierApp0"

$RG = Get-AzResourceGroup -Name $rgName
$VM1 = Get-AzVM -ResourceGroupName $rgName | Where-Object -Property Name -EQ $sourceVMName

$networkWatcher = Get-AzNetworkWatcher | Where-Object -Property Location -EQ -Value $VM1.Location 


Test-AzNetworkWatcherConnectivity -NetworkWatcher $networkWatcher -SourceId $VM1.Id -DestinationAddress https://bing.com/

Response

次の応答では、ConnectionStatusReachable (到達不能) として示されます。 接続に成功すると、待ち時間の値が提供されます。

ConnectionStatus : Reachable
AvgLatencyInMs   : 1
MinLatencyInMs   : 0
MaxLatencyInMs   : 7
ProbesSent       : 100
ProbesFailed     : 0
Hops             : [
                     {
                       "Type": "Source",
                       "Id": "1f0e3415-27b0-4bf7-a59d-3e19fb854e3e",
                       "Address": "10.1.1.4",
                       "ResourceId": "/subscriptions/00000000-0000-0000-0000-000000000000/resourceGroups/ContosoRG/providers/Microsoft.Network/networkInterfaces/appNic0/ipConfigurations/ipconfig1",
                       "NextHopIds": [
                         "f99f2bd1-42e8-4bbf-85b6-5d21d00c84e0"
                       ],
                       "Issues": []
                     },
                     {
                       "Type": "Internet",
                       "Id": "f99f2bd1-42e8-4bbf-85b6-5d21d00c84e0",
                       "Address": "204.79.197.200",
                       "ResourceId": "Internet",
                       "NextHopIds": [],
                       "Issues": []
                     }
                   ]

ストレージ エンドポイントへの接続を確認する

次の例では、仮想マシンからのブログのストレージ アカウントへの接続を確認します。 この例では、ソース VM を含むリージョンで Network Watcher を有効にしている必要があります。

$rgName = "ContosoRG"
$sourceVMName = "MultiTierApp0"

$RG = Get-AzResourceGroup -Name $rgName

$VM1 = Get-AzVM -ResourceGroupName $rgName | Where-Object -Property Name -EQ $sourceVMName

$networkWatcher = Get-AzNetworkWatcher | Where-Object -Property Location -EQ -Value $VM1.Location

Test-AzNetworkWatcherConnectivity -NetworkWatcher $networkWatcher -SourceId $VM1.Id -DestinationAddress https://contosostorageexample.blob.core.windows.net/ 

Response

次の json は、前のコマンドレットを実行した応答の例です。 接続先は到達可能なため、ConnectionStatus プロパティには Reachable (到達可能) と表示されます。 ストレージ BLOB と待ち時間に到達するために必要なホップ数に関する詳細情報が提供されます。

ConnectionStatus : Reachable
AvgLatencyInMs   : 1
MinLatencyInMs   : 0
MaxLatencyInMs   : 8
ProbesSent       : 100
ProbesFailed     : 0
Hops             : [
                     {
                       "Type": "Source",
                       "Id": "9e7f61d9-fb45-41db-83e2-c815a919b8ed",
                       "Address": "10.1.1.4",
                       "ResourceId": "/subscriptions/00000000-0000-0000-0000-000000000000/resourceGroups/ContosoRG/providers/Microsoft.Network/networkInterfaces/appNic0/ipConfigurations/ipconfig1",
                       "NextHopIds": [
                         "1e6d4b3c-7964-4afd-b959-aaa746ee0f15"
                       ],
                       "Issues": []
                     },
                     {
                       "Type": "Internet",
                       "Id": "1e6d4b3c-7964-4afd-b959-aaa746ee0f15",
                       "Address": "13.71.200.248",
                       "ResourceId": "Internet",
                       "NextHopIds": [],
                       "Issues": []
                     }
                   ]

次のステップ

IP フロー検証の確認に関する記事を参照して、VM で送受信される特定のトラフィックが許可されているかどうかを判断します。

ブロックされるべきでないトラフィックがブロックされている場合は、ネットワーク セキュリティ グループの管理に関する記事を参照して、ネットワーク セキュリティ グループと定義済みのセキュリティ規則を突き止めます。