PriorityBinding クラス

定義

1 つのバインド ターゲット プロパティに関連付けられた Binding オブジェクトのコレクションを記述します。このプロパティは、コレクション内の正常に値を生成する最初のバインドからその値を受け取ります。

public ref class PriorityBinding : System::Windows::Data::BindingBase, System::Windows::Markup::IAddChild
[System.Windows.Markup.ContentProperty("Bindings")]
public class PriorityBinding : System.Windows.Data.BindingBase, System.Windows.Markup.IAddChild
[<System.Windows.Markup.ContentProperty("Bindings")>]
type PriorityBinding = class
    inherit BindingBase
    interface IAddChild
Public Class PriorityBinding
Inherits BindingBase
Implements IAddChild
継承
属性
実装

注釈

PriorityBinding では、バインド ターゲット (ターゲット) プロパティをバインドの一覧に関連付けることができます。 値を返す最初のバインドが正常にアクティブ なバインディングになります。

バインディングは、次の場合に値を正常に返します。

  1. バインディング ソースへのパスが正常に解決されます。

  2. 値コンバーターがある場合は、結果の値を変換できます。

  3. 結果の値は、ターゲット プロパティに対して有効です。

DependencyProperty.UnsetValue は成功した戻り値とは見なされません。

バインディングの優先順位は、リスト内の順序によって決まります。 リストの最初に表示されるバインディングの優先度が最も高くなります。

バインディング エンジンは、リスト内の最初のバインドから始まり、そのバインディングが値を正常に返すかどうかを確認します。その場合は、そのバインディングの値が使用されます。 最初のバインディングが値を正常に返さない場合、バインディング エンジンは 2 番目のバインディングを調べて、値が正常に返されるかどうかを判断します。その場合、2 番目のバインディングの値がアクティブな値になります。 この検証プロセスは、バインドの一覧の最後まで続きます。 どのバインディングも値を正常に返さない場合、バインディング FallbackValueは .

バインド エンジンは、すべてのバインディングの変更を引き続きリッスンします。 優先度が高いバインディングのいずれかが値を正常に返した場合、そのバインディングの値がアクティブな値になり、現在の値が置き換えられます。

コンストラクター

PriorityBinding()

PriorityBinding クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

BindingGroupName

そのバインディングが属している BindingGroup の名前を取得または設定します。

(継承元 BindingBase)
Bindings

Binding のこのインスタンスで確立されている PriorityBinding オブジェクトのコレクションを取得します。

Delay

ターゲット上の値が変更された後でバインディング ソースを更新する前に待機する時間 (ミリ秒単位) を取得または設定します。

(継承元 BindingBase)
FallbackValue

バインドが値を返すことができないときに使用する値を取得または設定します。

(継承元 BindingBase)
StringFormat

バインドされている値が文字列として表示される場合に、バインディングの書式を指定する文字列を取得または設定します。

(継承元 BindingBase)
TargetNullValue

ソースの値が null のときにターゲットで使用される値を取得または設定します。

(継承元 BindingBase)

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ProvideValue(IServiceProvider)

このバインディングおよび拡張機能の適用先のプロパティに設定されるオブジェクトを返します。

(継承元 BindingBase)
ShouldSerializeBindings()

シリアル化プロセスが、このクラスのインスタンスの Bindings プロパティの有効値をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

ShouldSerializeFallbackValue()

シリアル化プロセスが、このクラスのインスタンスの FallbackValue プロパティの有効値をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

(継承元 BindingBase)
ShouldSerializeTargetNullValue()

TargetNullValue プロパティをシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

(継承元 BindingBase)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

IAddChild.AddChild(Object)

このメンバーは、Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートしており、コードから直接使用するためのものではありません。

IAddChild.AddText(String)

このメンバーは、Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートしており、コードから直接使用するためのものではありません。

適用対象

こちらもご覧ください