RenderCapability クラス

定義

WPF アプリケーションで、関連する Dispatcher オブジェクトの現在の描画層の照会、および変更の通知の登録を実行できるようにします。

public ref class RenderCapability abstract sealed
public static class RenderCapability
type RenderCapability = class
Public Class RenderCapability
継承
RenderCapability

注釈

レンダリング層は、WPF アプリケーションを実行するデバイスのグラフィックス ハードウェア機能とパフォーマンスのレベルを定義します。 レンダリング層レベルに最も影響を与えるグラフィックス ハードウェアの機能は次のとおりです。

  • ビデオ RAM: グラフィックス ハードウェア上のビデオ メモリの量によって、グラフィックスの合成に使用できるバッファーのサイズと数が決まります。

  • ピクセル シェーダー: ピクセル シェーダーは、ピクセル単位で効果を計算するグラフィックス処理関数です。 表示されるグラフィックスの解像度によっては、各表示フレームの処理に数百万単位のピクセルが必要になることがあります。

  • 頂点シェーダー: 頂点シェーダーは、オブジェクトの頂点データに対して数学的演算を実行するグラフィックス処理関数です。

  • マルチテクスチャのサポート: マルチテクスチャのサポートとは、3D グラフィックス オブジェクトのブレンド操作中に 2 つ以上の異なるテクスチャを適用する機能を指します。 マルチテクスチャ サポートの度合いは、グラフィックス ハードウェア上のマルチテクスチャ ユニットの数で決まります。

ピクセル シェーダー、頂点シェーダー、マルチテクスチャ機能は、特定の DirectX バージョン レベルを定義するために使用されます。これを使用して、WPF のさまざまなレンダリング層を定義します。 レンダリング層の詳細については、「 グラフィックス レンダリング層」を参照してください。

プロパティ

IsShaderEffectSoftwareRenderingSupported
互換性のために残されています。

システムがソフトウェアでビットマップ効果を描画できるかどうかを示す値を取得します。

MaxHardwareTextureSize

基になるハードウェア デバイスのビットマップ作成の最大の幅および高さを取得します。

Tier

現在のスレッドの描画層を示す値を取得します。

メソッド

IsPixelShaderVersionSupported(Int16, Int16)

指定されたピクセル シェーダーのバージョンがサポートされているかどうかを示す値を取得します。

IsPixelShaderVersionSupportedInSoftware(Int16, Int16)

現在のシステムのソフトウェアで指定されたピクセル シェーダーのバージョンを描画できるかどうかを示す値を取得します。

MaxPixelShaderInstructionSlots(Int16, Int16)

指定されたピクセル シェーダーのバージョンでサポートされている命令スロットの最大数を取得します。

イベント

TierChanged

現在のスレッドの Dispatcher オブジェクトで描画層が変更されると発生します。

適用対象

こちらもご覧ください