オンプレミスサーバーからオンラインに移行するときにリモート サーバー エラーに接続Exchangeしました

元の KB 番号:   2903050

現象

Outlook Anywhere (RPC over HTTP) を使用するオンプレミスの Exchange 組織から Exchange Online への一部の移行を実行しようとしても、移行エンジンは移行エンドポイントを作成できません。 さらに、次のようなエラー メッセージが表示されます。

Microsoft。Exchange。データ。Storage。Management.MigrationTransientException: リモート サーバーに接続できません。 移行エンドポイントの設定が正しく、証明書が有効な場合は、もう一度お試しください。 リモート接続アナライザー Exchange使用して、接続の問題を診断してください。 ---> Microsoft。Exchange。Rpc.ServerUnavailableException: 0x6ba (RPC サーバーは使用できません) のエラー cli_NspiBind

原因

この問題は、Anywhere で次の条件の 1 つまたは両方が true の場合Outlookがあります。

  • [任意の場所Outlook認証設定が正しくありません。
  • 任意の場所の RPC プロキシOutlook設定が正しくありません。

解決方法

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. Anywhere クライアント認証方法のオンプレミス Outlookが [基本認証] に設定されている 必要があります。 詳細については、実行中のバージョンに応じて、次Exchange Serverを参照してください。

  2. RPC プロキシ サーバーが、特定のポートを使用して Outlook Anywhere と通信するように正しくセットアップされ、オンプレミスのドメイン コントローラーがポート 6004 でリッスンされていることを確認します。 詳細については、「Anywhere の機能 (Outlook動作しない方法)」を参照してください。

  3. オンプレミス Outlookへの Anywhere 接続を確認Exchangeします。 これを行うには、次の手順を実行します。

    1. リモート PowerShell を使用して Exchange Online に接続します。 これを行う方法の詳細については、「PowerShell のConnectをExchange Onlineしてください

    2. 次の PowerShell コマンドを実行します。

      $pscred=Get-Credential
      
      Test-MigrationServerAvailability -Credentials $pscred -ExchangeOutlookAnywhere -ExchangeServer <Internal FQDN of the Exchange server> -RPCProxyServer <FQDN of the proxyserver> -Authentication Basic -EmailAddress <AdminEmail>
      

      検証が成功した場合は、移行エンドポイントをサーバーにOffice 365。

さらにヘルプが必要ですか? Microsoft コミュニティを参照してください。