RowHeight プロパティ (Excel)Range.RowHeight property (Excel)

取得または指定した範囲の最初の行の高さをポイント単位で設定します。Returns or sets the height of the first row in the range specified, measured in points. 取得/設定が可能な Double 値です。Read/write Double.

構文Syntax

RowHeightexpression.RowHeight

expressionRange オブジェクトを表す変数です。expression A variable that represents a Range object.

注釈Remarks

RowHeightプロパティは、セル範囲内のすべての行の高さを設定します。The RowHeight property sets the height for all rows in a range of cells.

セルの内容に基づいて行の高さを設定するには、自動調整 メソッドを使用します。Use the AutoFit method to set row heights based on the contents of cells.

セル範囲内に結合されたセルがある場合、RowHeight は行の高さがさまざまであることを示す Null を返します。If a merged cell is in the range, RowHeight returns Null for varied row heights. Height プロパティを使用して、セル範囲の高さの合計を取得します。Use the Height property to return the total height of a range of cells.

範囲に異なる高さの行が含まれている場合、 RowHeightは最初の行の高さを返すか、またはNullを返す可能性があります。When a range contains rows of different heights, RowHeight might return the height of the first row or might return Null.

Example

次の使用例は、シート 1 の行 1 の高さを 2 倍にします。This example doubles the height of row one on Sheet1.

With Worksheets("Sheet1").Rows(1) 
 .RowHeight = .RowHeight * 2 
End With

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.