Azure Az PowerShell モジュールの概要

概要

Az PowerShell モジュールは、PowerShell から Azure リソースを直接管理するためのコマンドレットのセットです。 PowerShell には、たとえば CI/CD パイプラインのコンテキストで Azure リソースを管理するために利用できる、自動化のための強力な機能が用意されています。

Az PowerShell モジュールは AzureRM の後継であり、Azure との対話に使用するために推奨されるバージョンです。

重要

Az PowerShell モジュール で AzureRM PowerShell モジュールのすべての機能およびその他を利用できるようになったため、2024 年 2 月 29 日に AzureRM PowerShell モジュールは廃止になります。

サービスの中断を回避するために、2024 年 2 月 29 日までに、AzureRM PowerShell モジュールを使用するスクリプトを更新して、Az PowerShell モジュールを使用するようにしてください。 スクリプトを自動的に更新するには、 クイックスタート ガイドに従ってください。

Az PowerShell モジュールは、次のいずれかの方法で使用できます。

特徴

Az PowerShell モジュールには、次のような利点があります。

  • セキュリティと安定性
    • トークン キャッシュの暗号化
    • 中間者攻撃の種類の防止
    • ADFS 2019 による認証のサポート
    • PowerShell 7 でのユーザー名とパスワードの認証
    • 継続的アクセス評価のような機能のサポート
  • すべての Azure サービスのサポート
    • 一般提供されているすべての Azure サービスでは、対応する PowerShell モジュールがサポートされています
    • AzureRM 以降の複数のバグ修正と API バージョンのアップグレード
  • 新機能
    • Cloud Shell とクロスプラットフォームでのサポート
    • アクセス トークンを取得し、Azure リソースにアクセスするために使用できます
    • Azure リソースを使用した高度な REST 操作に使用できるコマンドレット

Note

PowerShell 7.0.6 LTS、PowerShell 7.1.3 以降が、すべてのプラットフォームで Azure Az PowerShell モジュールに使用できる PowerShell の推奨バージョンです。

Az PowerShell は .NET Standard に基づいており、Windows、macOS、Linux を含むすべてのプラットフォームで PowerShell 7 以降で動作します。 また Windows PowerShell 5.1 と互換性があります

Microsoft では、すべてのプラットフォームに Azure サポートを提供することに取り組んでいます。すべての Az PowerShell モジュールはクロスプラットフォーム対応です。

環境を Az にアップグレードする

PowerShell の Azure の最新機能に対応するには、Az モジュールに移行する必要があります。 Az モジュールを AzureRM の代わりとしてインストールする準備ができていない場合は、Az を試してみるために使用できるいくつかのオプションがあります。

  • Azure Cloud ShellPowerShell 環境変数を使用します。 Azure Cloud Shell は、Az モジュールがインストールされていて、Enable-AzureRM と互換性のあるエイリアスが有効になっている、ブラウザー ベースのシェル環境です。
  • AzureRM モジュールを Windows PowerShell 5.1 にインストールしたままにし、PowerShell 7 以降に Az モジュールをインストールします。 Windows PowerShell 5.1 と PowerShell 7 以降では、別個のモジュール コレクションが使用されます。 手順に従って最新バージョンの PowerShell をインストールした後、PowerShell 7 以降から Az モジュールをインストールしてください。

既存の AzureRM インストールからアップグレードするには、次の手順に従います。

  1. Azure PowerShell AzureRM モジュールをアンインストールする
  2. Azure PowerShell Az モジュールをインストールする
  3. 省略可能:新しいコマンド セットについて理解を深めながら、Enable-AzureRMAlias を使用して AzureRM コマンドレットのエイリアスを互換モードで追加できるようにします。 詳細については、次のセクション、または AzureRM から Az への移行の開始に関するページを参照してください。

既存のスクリプトを AzureRM から Az に移行する

スクリプトがまだ AzureRM モジュールに基づいている場合は、移行に役立ついくつかのリソースがあります。

サポート

Az は、Azure 用の最新の PowerShell モジュールです。 問題または機能のリクエストは、GitHub リポジトリに直接記録することも、サポート契約をお持ちの場合は Microsoft サポートを利用することもできます。 機能のリクエストは、最新バージョンの Az で実装されます。 重要な問題は、Az の最後の 2 つのバージョンで実装されます。

Az PowerShell モジュール で AzureRM PowerShell モジュールのすべての機能およびその他を利用できるようになったため、2024 年 2 月 29 日に AzureRM PowerShell モジュールは廃止になります。

サービスの中断を回避するために、2024 年 2 月 29 日までに、AzureRM PowerShell モジュールを使用するスクリプトを更新して、Az PowerShell モジュールを使用するようにしてください。 スクリプトを自動的に更新するには、 クイックスタート ガイドに従ってください。

データ コレクション

既定では、Azure PowerShell によって利用統計情報が収集されます。 Microsoft は、使用パターンの特定、一般的な問題の特定、および Azure PowerShell のエクスペリエンスの向上を目的として、収集されたデータを集計します。 Microsoft Azure PowerShell によって、プライベートまたは個人データが収集されることはありません。 たとえば、使用状況データは、成功率が低いコマンドレットなどの問題を特定し、Microsoft による作業の優先順位を決めるのに役立ちます。

このデータで得られる分析情報は貴重なものですが、Microsoft では使用状況データを送信したくないユーザーが存在することも理解しています。 Disable-AzDataCollection コマンドレットを使用してデータ収集を無効にすることができます。 詳細については、「プライバシー ステートメント」もご覧ください。