Azure Blob Storage REST API

Azure Blob Storageは、クラウド内のオブジェクトとしてテキストとバイナリ データを格納します。 BLOB Storageには、ストレージ アカウント、コンテナー、BLOB というリソースが用意されています。 ストレージ アカウント内では、コンテナーは一連の BLOB を整理するための手段となります。

テキストおよびバイナリ データは、次の BLOB の種類のどちらかに格納できます。

  • ブロック BLOB。この BLOB はストリーミング用に最適化されています。

  • 追加操作用に最適化された追加 BLOB。

  • ランダムな読み取り/書き込み操作用に最適化され、BLOB 内のバイト範囲に書き込む機能を提供するページ BLOB。

詳細については、「ブロック BLOB、追加 BLOB、ページ BLOB について」を参照してください。

BLOB Storageの REST API は、ストレージ アカウント、コンテナー、BLOB に対する HTTP 操作を定義します。 API には、次の表で示す操作が含まれます。

操作 リソースの種類 説明
コンテナーの一覧表示 Account ストレージ アカウント内のすべてのコンテナーを一覧表示します。
BLOB Storage プロパティの設定 Account ログ記録とメトリックの設定、既定のサービス バージョンなど、BLOB Storageのプロパティを設定します。
BLOB Storage プロパティを取得する Account BLOB Storageのプロパティ (ログ記録とメトリックの設定、既定のサービス バージョンなど) を取得します。
プリフライト BLOB 要求 Account 実際の要求を送信する前に、BLOB Storageのクロスオリジン リソース共有 (CORS) 規則に対してクエリを実行します。
BLOB Storage統計を取得する Account BLOB Storageのレプリケーションに関連する統計を取得します。 読み取りアクセスの地理冗長レプリケーションがストレージ アカウントで有効なとき、この操作は 2 次拠点のエンドポイントでのみ使用できます。
アカウント情報の取得 Account 指定したアカウントの SKU 名とアカウントの種類を返します。
ユーザー委任キーの取得 Account ユーザー委任の Shared Access Signature に署名するために使用できるキーを取得します。 この署名は、Azure Active Directory (Azure AD) 資格情報を使用して、BLOB Storage内のリソースへのアクセスを許可します。
コンテナーの作成 コンテナー ストレージ アカウントに新しいコンテナーを作成します。
コンテナーのプロパティの取得 コンテナー コンテナーのすべてのユーザー定義メタデータとシステム プロパティを返します。
Get Container Metadata コンテナー コンテナーのユーザー定義メタデータのみを返します。
コンテナー メタデータの設定 コンテナー コンテナーのユーザー定義メタデータを設定します。
コンテナー ACL の取得 コンテナー コンテナーのパブリック アクセス ポリシーと保存されているアクセス ポリシーを取得します。
コンテナー ACL の設定 コンテナー コンテナーのパブリック アクセス ポリシーと保存されているアクセス ポリシーを設定します。
Lease Container コンテナー コンテナーでの削除操作のロックを設定および管理します。
Delete Container コンテナー コンテナーと、それに含まれるすべての BLOB を削除します。
BLOB を一覧表示する コンテナー コンテナー内のすべての BLOB を一覧表示します。
Put Blob ブロック BLOB、追加 BLOB、ページ BLOB 新しい BLOB を作成するか、コンテナー内の既存の BLOB を置換します。
Get Blob ブロック BLOB、追加 BLOB、ページ BLOB ユーザー定義のメタデータやシステム プロパティなど、BLOB Storageから BLOB を読み取りまたはダウンロードします。
Get Blob Properties ブロック BLOB、追加 BLOB、ページ BLOB BLOB のすべてのシステム プロパティとユーザー定義メタデータを返します。
Set Blob Properties ブロック BLOB、追加 BLOB、ページ BLOB 既存の BLOB に対して定義されたシステム プロパティを設定します。
BLOB の有効期限を設定する ブロック blob 既存の BLOB の有効期限を設定します。
Get Blob Metadata ブロック BLOB、追加 BLOB、ページ BLOB 既存の BLOB またはスナップショットのすべてのユーザー定義メタデータを取得します。
Set Blob Metadata ブロック BLOB、追加 BLOB、ページ BLOB 既存の BLOB のユーザー定義メタデータを設定します。
BLOB タグの取得 ブロック BLOB、追加 BLOB、ページ BLOB 既存の BLOB のユーザー定義タグを取得します。
BLOB タグの設定 ブロック BLOB、追加 BLOB、ページ BLOB セカンダリ インデックスを形成する既存の BLOB のユーザー定義タグを設定します。
タグで BLOB を検索する ブロック BLOB、追加 BLOB、ページ BLOB ユーザー定義タグで BLOB を一覧表示します。
Delete Blob ブロック BLOB、追加 BLOB、ページ BLOB BLOB を削除対象としてマークします。
BLOB の削除の取り消し ブロック BLOB、追加 BLOB、ページ BLOB 論理的に削除された BLOB の内容とメタデータ、または関連付けられているすべての論理的に削除されたスナップショットを復元します。
Lease Blob ブロック BLOB、追加 BLOB、ページ BLOB 書き込み操作と削除操作のロックを設定および管理します。 ロックされた BLOB の削除または書き込みを実行するには、クライアントがリース ID を提供する必要があります。
Snapshot Blob ブロック BLOB、追加 BLOB、ページ BLOB BLOB の読み取り専用のスナップショットを作成します。
Copy Blob ブロック BLOB、追加 BLOB、ページ BLOB このストレージ アカウントまたは別のストレージ アカウントのコピー先 BLOB に、コピー元 BLOB をコピーします。
BLOB のコピーを中止する ブロック BLOB、追加 BLOB、ページ BLOB 保留中 Copy Blob の操作を停止し、長さが 0 の宛先 BLOB と完全なメタデータを残します。
Put Block ブロック BLOB のみ ブロック BLOB の一部としてコミットされる新しいブロックを作成します。
Put Block From URL ブロック BLOB のみ コンテンツが URL から読み取られるブロック BLOB の一部としてコミットされる新しいブロックを作成します。
Put Block List ブロック BLOB のみ ブロック BLOB を構成するブロック ID のセットを指定することにより、BLOB をコミットします。
Get Block List ブロック BLOB のみ ブロック BLOB の一部としてアップロードされたブロックのリストを取得します。
BLOB の内容のクエリ ブロック BLOB のみ BLOB の内容に単純な構造化照会言語 (SQL) ステートメントを適用し、クエリされたデータのサブセットのみを返します。
Set Blob Tier ブロック BLOB およびページ BLOB BLOB の層を設定します。
Put Page ページ BLOB のみ ページ BLOB にページ範囲を書き込みます。
Get Page Ranges ページ BLOB のみ ページ BLOB またはページ BLOB のスナップショットの有効なページ範囲のリストを返します。
Incremental Copy Blob ページ BLOB のみ コピー元ページ BLOB のスナップショットをコピー先ページ BLOB にコピーします。 差分変更のみが転送されます。
Append Block 追加 BLOB のみ データブロックを追加 BLOB の末尾に書き込みます。

このセクションの内容

BLOB Storageの概念

アカウントに対する操作 (BLOB Storage)

コンテナーに対する操作

BLOB に対する操作

BLOB に対する操作 (階層型名前空間が有効なアカウント)

関連項目

Storage サービス REST