STOP エラー 7B または Inaccessible_Boot_Device の高度なトラブルシューティング

この記事では、Stop エラー 7B: エラーのトラブルシューティングを行うInaccessible_Boot_Device。 このエラーは、コンピューターに一部の変更が加えた後、またはコンピューターにコンピューターを展開した直後Windows発生する可能性があります。

Stop エラーのInaccessible_Boot_Device原因

次のいずれかの要因により、停止エラーが発生する可能性があります。

  • 記憶域スタックに関連するフィルター ドライバーが見つからない、破損している、または動作が誤っている

  • ファイル システムの破損

  • BIOS のストレージ コントローラー モードまたは設定の変更

  • インストール時に使用したストレージ コントローラーとは異なるWindows使用する

  • 別のコントローラーを持つ別のコンピューターにハード ディスクを移動する

  • マザーボードまたはストレージ コントローラーの障害、またはハードウェアの障害

  • 通常とは異なる場合、TrustedInstaller サービスが新しくインストールされた更新プログラムをコミットできないのは、コンポーネントベースのストアの破損が原因です。

  • ブート パーティション内の破損したファイル (たとえば、コマンドの実行時にSYSTEMというラベルが付いたボリューム内の破損 diskpart > list vol など)

  • ブート パーティションのエントリの前に空白の GPTエントリがある場合

このエラーのトラブルシューティング

回復モード(WinRE) Windowsコンピューターを起動します。 これを行うには、次の手順に従います。

  1. インストールされているバージョンのインストールメディアを使用してシステムを起動Windows。

  2. [インストール]画面Windows[ コンピューターの次の > 修復] を選択します

  3. [システム回復オプション] 画面で、[ 次へ]コマンド プロンプト > を選択します

ブート ディスクが接続され、アクセス可能にされていることを確認する

ステップ 1

WinRE コマンド プロンプトで、実行し diskpart 、実行します list disk

コンピューターに接続されている物理ディスクの一覧が表示され、次の表示のようになります。

  Disk ###  Status         Size     Free     Dyn  Gpt

  --------  -------------  -------  -------  ---  ---

  Disk 0    Online         **size*  GB      0 B        *

コンピューターが Unified Extensible Firmware Interface (UEFI) スタートアップ インターフェイスを使用している場合は、* GPT 列にアスタリスク ( ) 表示されます。

コンピューターが基本的な入出力システム (BIOS) インターフェイスを使用している場合 、Dyn 列にアスタリスクは表示されません。

ステップ 2

コマンドが OS list disk ディスクを正しく一覧表示する場合は、 で list vol コマンドを実行します diskpart

list vol 次の表示に似た出力を生成します。

  Volume ###  Ltr  Label        Fs     Type        Size     Status     Info

  ----------  ---  -----------  -----  ----------  -------  ---------  --------

  Volume 0         Windows RE   NTFS   Partition    499 MB  Healthy

  Volume 1     C   OSDisk       NTFS   Partition    222 GB  Healthy    Boot

  Volume 2         SYSTEM       FAT32  Partition    499 MB  Healthy    System

注意

OS を含むディスクが出力に表示されていない場合は、OEM または仮想化の製造元に問い合う必要があります。

ブート構成データベースの整合性を確認する

ブート構成データベース (BCD) に正しいエントリが含されているかどうかを確認します。 これを行うには bcdedit 、WinRE コマンド プロンプトで実行します。

BCD エントリを確認するには、次の手順を実行します。

  1. {bootmgr} Windowsを持つ [ブート マネージャー] セクションを調べてください。 デバイスとパスの エントリがしい デバイス とブート ローダー ファイルを指していることを確認します。

    コンピューターが UEFI ベースの場合、出力の例を次に示します。

    device                  partition=\Device\HarddiskVolume2
    path                    \EFI\Microsoft\Boot\bootmgfw.efi
    

    コンピューターが BIOS ベースの場合は、次の出力例を示します。

    Device                partition=C:
    

    注意

    この出力にはパスが含まれている可能性があります。

  2. {default} 識別子を持つWindowsブート ローダーで、デバイス、パス******、osdevice、systemroot**が**** 正しいデバイスまたはパーティション、winload ファイル、OS パーティションまたはデバイス、および OS フォルダーをポイントしていることを確認します。 ****

    注意

    コンピューターが UEFI ベースの場合 、{bootmgr} および {default} の path パラメーターで指定されたファイル パスの値には 、.efi 拡張子が含まれます。 ****

    bcdedit。

情報が正しいか見つからない場合は、BCD ストアのバックアップを作成することをお勧めします。 これを行うには、bcdedit /export C:\temp\bcdbackup を実行します。 このコマンドは 、bcdbackupという名前の**C:\temp\**にバックアップを作成します。 バックアップを復元するには、を実行します bcdedit /import C:\temp\bcdbackup 。 このコマンドは、bcdbackup の設定を使用して すべての BCD 設定を上書きします

バックアップが完了したら、次のコマンドを実行して変更します。

bcdedit /set *{identifier}* option value

たとえば、{default} の下のデバイスが間違っていたり見つからない場合は、次のコマンドを実行して設定します。 bcdedit /set {default} device partition=C:

BCD を完全に再作成する場合、または"ブート構成データ ストアを開けなかれません" というメッセージが表示される場合。指定されたファイルが見つからなかっています。 bootrec /rebuildbcd

BCD に正しいエントリがある場合は 、bcdeditコマンドの指定されたパスにあるwinloadエントリとbootmgrエントリが正しい場所に存在するかどうかを確認します。 既定では 、BIOS パーティションの bootmgr は SYSTEM パーティションのルート に含 されます。 ファイルを表示するには、を実行します Attrib -s -h -r

ファイルが見つからない場合に、ブート ファイルを再構築する場合は、次の手順を実行します。

  1. SYSTEM パーティションの下のすべてのコンテンツ を別 の場所にコピーします。 または、コマンド プロンプトを使用して、OS ドライブに移動し、新しいフォルダーを作成し、次に示すように 、SYSTEM ボリュームからすべてのファイルとフォルダーをコピーできます。

    D:\> Mkdir  BootBackup
    R:\> Copy *.* D:\BootBackup 
    
  2. Windows 10 を使用している場合、または Windows インストール前環境コマンド プロンプトで Windows 10 ISO を使用してトラブルシューティングを行う場合は 、bcdbootコマンドを使用して、次のようにブート ファイルを再作成できます。

    Bcdboot <**OSDrive* >:\windows /s <**SYSTEMdrive* >: /f ALL
    

    たとえば、(WinRE ドライブ) に文字 R を割り当て、文字 D を指定すると、次のコマンドを <System Drive> <OSdrive> 使用します。

    Bcdboot D:\windows /s R: /f ALL
    

    注意

    bcdboot****コマンドのすべての部分は、すべてのブート ファイル (UEFI と BIOS の両方) をそれぞれの場所に書き込みます。

ISO を使用しない場合は、パーティションWindows 10フォーマットし、ビルドに類似している別の作業用コンピューターからbootmgrをWindowsします。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. [開始メモ帳] をクリックします

  2. Ctrl + O キーを押します。

  3. システム パーティション (この例では R) に移動します。

  4. パーティションを右クリックし、書式を設定します。

更新プログラムのインストール後にこの問題が発生Windowsトラブルシューティング

次のコマンドを実行して、インストールとWindows更新プログラムを確認します。

Dism /Image:<Specify the OS drive>: /Get-packages

このコマンドを実行すると、[保留中のインストール] パッケージと [ 保留中の パッケージの アンインストール] が表示 されます。

Dism 出力保留中の更新。

  1. コマンドを実行 dism /Image:C:\ /Cleanup-Image /RevertPendingActions します。 C: をコンピューターのシステム パーティションに置き換える。

    Dism 出力は保留中に戻します。

  2. OSdriveLetter:\Windows\WinSxSに移動し、ファイルが存在するかどうかをpending.xmlします。 その場合は、名前を pending.xml.old に変更します

  3. レジストリの変更を元に戻すには、コマンド プロンプトで regedit と入力してレジストリ エディター を開きます

  4. [ファイルHKEY_LOCAL_MACHINE] を選択し、[ファイル読み込みハイブ] > に移動します

  5. [ OSdriveLetter:\Windows\System32\config]** に移動し 、COMPONENTという名前のファイル (拡張子なし) を選択し、[開く] を選択します。 メッセージが表示されたら、新しいハイブの 名前 OfflineComponentHive を入力します。

    Hive を読み込みます。

  6. [HKEY_LOCAL_MACHINE\OfflineComponentHive] を展開し 、PendingXmlIdentifier キーが存在するかどうかを確認します。 OfflineComponentHiveキーのバックアップを作成し 、PendingXmlIdentifier キーを削除します。

  7. ハイブをアンロードします。 これを行うには 、OfflineComponentHiveを強調表示し、[ファイルアンロード ハイブ ] > を選択します

    Hive をアンロードします。 Hive のアンロード

  8. [HKEY_LOCAL_MACHINE] を選択し、[**** ファイル読み込みハイブ] に移動し > 、[OSdriveLetter:\Windows\System32\config] に移動し 、SYSTEMという名前のファイル(拡張子なし) を選択し、[開く] を選択します。 メッセージが表示されたら、新しいハイブの 名前 OfflineSystemHive を入力します。

  9. [HKEY_LOCAL_MACHINE\OfflineSystemHive] を展開し、[選択] キーを選択します。 既定値のデータ を確認 します。

  10. データが 1の場合HKEY_LOCAL_MACHINE\OfflineSystemHive\Select\Defaultを展開HKEY_LOCAL_MACHINE\OfflineHive\ControlSet001。 ** 2 の場合は、[HKEY_LOCAL_MACHINE\OfflineHive\ControlSet002]** **** を展開します。

  11. [Control\Session Manager] を展開しますPendingFileRenameOperations キーが存在するかどうかを確認します。 その場合は 、SessionManager キーをバックアップし 、PendingFileRenameOperations キーを削除 します。

ブートクリティカルなドライバーとサービスの確認

サービスの確認

  1. 「更新プログラムのインストール後にこの問題が発生した場合のトラブルシューティング」セクションの手順 1 ~ 10 に従Windows手順を実行します。 (手順 11 は、この手順には適用されません)。

  2. [サービス ] を展開します

  3. [サービス] の下に次のレジストリ キーが存在する必要 があります

    • ACPI
    • DISK
    • VOLMGR
    • PARTMGR
    • VOLSNAP
    • VOLUME

    これらのキーが存在する場合は、各キーが Startという名前の値を持ち、0 に設定されているのを 確認します。 設定されていない場合は、値を 0 に設定します

    これらのキーが存在しない場合は、RegBack のハイブを使用して、現在のレジストリ ハイブを置き 換え試みできます。 これを行うには、次のコマンドを実行します。

    cd OSdrive:\Windows\System32\config
    ren SYSTEM SYSTEM.old
    copy OSdrive:\Windows\System32\config\RegBack\SYSTEM OSdrive:\Windows\System32\config\
    

上下のフィルター ドライバーを確認する

コンピューターに Microsoft 以外の上位および下位のフィルター ドライバーが存在するかどうか、および他の同様の作業コンピューターに存在しないかどうかを確認します。 存在する場合は、上下のフィルター ドライバーを削除します。

  1. [HKEY_LOCAL_MACHINE\OfflineHive\ControlSet001\Control] ** を展開します **。

  2. UpperFilters または LowerFilters エントリを探します。

    注意

    これらのフィルターは、主にストレージに関連しています。 レジストリで Control キーを展開した後 、UpperFiltersLowerFilters を検索できます

    これらのフィルター ドライバーは、次のレジストリ エントリの一部に含まれます。 これらのエントリは ControlSet の下 で、Default に指定 されています

    \Control\Class\{4D36E96A-E325-11CE-BFC1-08002BE10318} \Control\Class\{4D36E967-E325-11CE-BFC1-08002BE10318} Control\Class\{4D36E97B-E325-11CE-BFC1-08002BE10318} \Control\Class\{71A27CDD-812A-11D0-BEC7-08002BE2092F}

    レジストリ。

    UpperFiltersまたはLowerFiltersエントリが標準ではない場合 (たとえば、PartMgr などの Windows 既定のフィルター ドライバーではない) 場合は、エントリを削除します。 削除するには、右側のウィンドウでダブルクリックし、その値のみを削除します。

    注意

    複数のエントリがある可能性があります。

    これらのエントリは、START の種類が 0 または**** 1 に設定されている Services ブランチにエントリが含まれている可能性があります。つまり、ブート プロセスのブートまたは自動部分に読み込まれる可能性があります。 また、参照されるファイルが見つからないか破損しているか、エントリに記載されている名前とは異なる名前が付けられている可能性があります。

    注意

    UpperFilters**** またはLowerFiltersエントリに対応するサービスが0または**** 1に設定されている場合は、フィルター ドライバー エントリを削除せずにサービス レジストリ ([サービスの確認] セクションの手順 2 と 3**** で説明したように) でサービスを無効に設定すると、コンピューターがクラッシュし、0x7b Stop エラーが発生します。

SFC と Chkdsk の実行

それでもコンピューターが起動しない場合は、システム ドライブで chkdisk プロセスを実行し、System File Checker を実行することもできます。 これを行うには、WinRE コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。

  • chkdsk /f /r OsDrive:

    ディスクを確認します。

  • sfc /scannow /offbootdir=OsDrive:\ /offwindir=OsDrive:\Windows

    SFC scannow。