ユーザーとグループにポリシー パッケージを割り当てる

この記事では、Microsoft Teamsのユーザーとグループにポリシー パッケージを割り当てるさまざまな方法について説明します。 読む前に、「Teamsのポリシーの割り当て - 作業の開始」を参照してください。

注意

カスタム ポリシー パッケージの割り当てを受け取るには、各ユーザーに Advanced Communications アドオンが必要です。 詳細については、「Microsoft Teams 用 Advanced Communications アドオン」を参照してください。

ポリシー パッケージをユーザーに割り当てる

Teams のポリシー パッケージは、組織内で同じまたは類似の役割を持つユーザーに割り当てることができる定義済みのポリシーおよびポリシー設定のコレクションです。 各ポリシー パッケージは、ユーザーの役割に合わせて設計されており、その役割の一般的なアクティビティをサポートする定義済みのポリシーおよびポリシー設定が含まれています。 ポリシー パッケージの例としては、教育機関 (教師) パッケージと医療機関 (医療従事者) パッケージがあります。 詳細については、「Teams でポリシー パッケージを管理する」を参照してください。

ポリシー パッケージを 1 人のユーザーに割り当てる

  1. Microsoft Teams管理センターの左側のナビゲーションで、[ユーザー] に移動し、ユーザーを選択します。

  2. ユーザーのページで [ ポリシー] を選択し、[ ポリシー パッケージ] の横にある [編集] を選択します。

  3. [ ポリシー パッケージの割り当て ] ウィンドウで、割り当てるパッケージを選択し、[保存] を選択 します

ユーザーへのポリシー パッケージの割り当ての管理センターのスクリーンショットをTeamsします。

ポリシー パッケージを複数のユーザーに割り当てる

  1. Microsoft Teams 管理センターの左側のナビゲーションで [ポリシー パッケージ] に移動し、パッケージ名の左側をクリックして、割り当てるポリシー パッケージを選択します。

  2. [ユーザーを管理する] を選択します。

  3. [ユーザーを管理] ウィンドウで、表示名またはユーザー名でユーザーを検索し、名前を選択して [追加] を選びます。 追加するユーザーごとに、この手順を繰り返します。

  4. ユーザーの追加が完了したら、[保存] を選択します。

複数のユーザーにポリシー パッケージを割り当てるための管理センターのスクリーンショットをTeamsします。

ポリシー パッケージをグループに割り当てる

グループにポリシー パッケージを割り当てると、セキュリティ グループや配布リストなど、ユーザーのグループに複数のポリシーを割り当てることができます。 ポリシーの割り当ては、優先規則に従ってグループのメンバーに反映されます。 グループのメンバーが追加または削除されると、それに応じて継承されたポリシーの割り当てが更新されます。

グループへのポリシー パッケージの割り当ては、最大 50,000 人のユーザーのグループに推奨されますが、大規模なグループでも機能します。

ポリシー パッケージを割り当てると、そのポリシーはすぐにグループに割り当てられます。 ただし、グループのメンバーへのポリシー割り当ての伝達はバックグラウンド操作として実行され、グループのサイズによっては時間がかかる場合があります。 ポリシーがグループから割り当てられていない場合、またはグループからメンバーが追加または削除された場合も同じです。

重要

作業を開始する前に、(優先順位ルール) と (グループ割り当ての順位付け) を理解しておくことが重要です。 この記事の前半の「(グループへのポリシーの割り当てについて知っておくべきこと)」の概念を読んで理解していることを確認してください。

管理センターのユーザーのグループにポリシー パッケージを割り当てる

  1. Teams 管理センターにサインインします。

  2. 左側のナビゲーションで、ポリシー パッケージ ページに移動します。

  3. グループ ポリシーの割り当て タブを選択します。

  4. [ グループの追加] を選択し、[グループにポリシー パッケージを割り当てる] ウィンドウで、次の操作を行います。

    1. ポリシー パッケージを割り当てるグループを検索して追加します。

    2. ポリシー パッケージを選択します。

    3. ポリシーの種類ごとにランク付けを設定します。

    4. [適用] を選択します。

      グループ ポリシーの割り当てを示します。

  5. 特定のポリシーの種類のランク付けを管理するには、特定のポリシー ページに移動します。

  6. ポリシー パッケージをグループに再割り当てするには、まずグループ ポリシーの割り当てを削除します。 次に、上記の手順に従ってポリシー パッケージをグループに割り当てます。

PowerShell を使用する

Teams PowerShell モジュールを取得する

段階的なガイダンスについては、「Teams PowerShell をインストールする」を参照してください。

ポリシー パッケージをユーザーのグループに割り当てる

Grant-CsGroupPolicyPackageAssignment コマンドレットを使用して、ポリシー パッケージをグループに割り当てます。 オブジェクト ID、SIP アドレス、または電子メール アドレスを使用してグループを指定できます。 ポリシー パッケージを割り当てるときに、ポリシー パッケージ内のポリシーの種類ごとに (グループ割り当て順位付け) を指定します。

この例では、Education_Teacher ポリシー パッケージをグループに割り当て、TeamsAppSetupPolicy と TeamsMeetingBroadcastPolicy には 1 のランク付け、TeamsMeetingPolicy には 2 のランク付けを行います。

Grant-CsGroupPolicyPackageAssignment -GroupId "dae90bb4-120f-4a3e-a15d-30f142e79f69" -PackageName "Education_Teacher" -PolicyRankings "TeamsAppSetupPolicy, 1", "TeamsMeetingBroadcastPolicy, 1", "TeamsMeetingPolicy, 2"

ポリシー パッケージをユーザーのバッチに割り当てる

バッチ ポリシー パッケージの割り当てを使用すると、スクリプトを使用せずに、多数のユーザー セットに同時にポリシー パッケージを割り当てることができます。 New-CsBatchPolicyAssignmentOperation コマンドレットを使用して、割り当てる一群のユーザーおよびポリシー パッケージを送信します。 割り当てはバックグラウンド操作として処理され、各バッチの操作 ID が生成されます。 その後、Get-CsBatchPolicyAssignmentOperation コマンドレットを使用して、バッチの割り当ての進捗状況と状態を追跡できます。

オブジェクト ID またはセッション開始プロトコル (SIP) アドレスでユーザーを指定します。 ユーザーの SIP アドレスは、多くの場合、ユーザー プリンシパル名 (UPN) または電子メール アドレスと同じ値を持っていますが、これは必須ではありません。 ユーザーが UPN またはメールを使用して指定されていても、その値が SIP アドレスとは異なる場合、そのユーザーのポリシー割り当ては失敗します。 バッチのユーザーが重複している場合、処理前に重複がバッチから削除され、バッチに残っている一意のユーザーにのみステータスが提供されます。

バッチには、最大 5,000 人のユーザーが含まれます。 最適な結果を得るには、一度に複数のバッチを送信しないでください。 さらにバッチを送信する前に、バッチが処理を完了できるようにします。

Teams PowerShell モジュールを使用する

以下を実行して、(まだインストールされていない場合は) Microsoft Teams PowerShell モジュール をインストールします。 バージョン 1.0.5 以降をインストールしていることを確認します。

Install-Module -Name MicrosoftTeams

以下を実行して Teams に接続しセッションを開始します。

Connect-MicrosoftTeams

メッセージが表示されたら、管理者の資格情報を使用してサイン インします。

ユーザーのバッチにポリシー パッケージを割り当てる

この例では、New-CsBatchPolicyAssignmentOperation コマンドレットを使用して、ユーザーのバッチに Education_PrimaryStudent ポリシー パッケージを割り当てます。

New-CsBatchPolicyPackageAssignmentOperation -Identity 1bc0b35f-095a-4a37-a24c-c4b6049816ab,user1@econtoso.com,user2@contoso.com -PackageName Education_PrimaryStudent

バッチ割り当ての状態を確認する

以下を実行して、バッチ割り当ての状態を取得します。ここで、OperationId は、特定のバッチの New-CsBatchPolicyAssignmentOperation コマンドレットによって返される操作 ID です。

$Get-CsBatchPolicyAssignmentOperation -OperationId f985e013-0826-40bb-8c94-e5f367076044 | fl

エラーが発生したことが出力に示されている場合は、次のコマンドを実行して、UserState プロパティにあるエラーに関する詳細情報を取得します。

Get-CsBatchPolicyAssignmentOperation -OperationId f985e013-0826-40bb-8c94-e5f367076044 | Select -ExpandProperty UserState

詳細については、Get-CsBatchPolicyAssignmentOperation を参照してください。