次 Microsoft Teams Rooms の方法で管理を展開します。 Azure MonitorDeploy Microsoft Teams Rooms management with Azure Monitor

この記事では、デバイスの統合されたエンドツーエンド管理をセットアップして展開する方法 Microsoft Teams Rooms について説明します Azure Monitor 。This article discusses how to set up and deploy integrated, end-to-end management of Microsoft Teams Rooms devices by using Azure Monitor.

会議室デバイスの管理に役立つ基本的なテレメトリとアラートを提供するために、その中 Log Analytics Azure Monitor Microsoft Teams Rooms を構成できます。You can configure Log Analytics within Azure Monitor to provide basic telemetry and alerts that will help you manage Microsoft Teams Rooms meeting room devices. 管理ソリューションの成熟に合わせ、追加のデータと管理機能を展開して、デバイスの可用性とパフォーマンスの詳細なビューを作成することもできます。As your management solution matures, you might decide to deploy additional data and management capabilities to create a more detailed view of device availability and performance.

このガイドに従って、次の例のようなダッシュボードを使用して、デバイスの可用性、アプリケーションとハードウェアの正常性、アプリケーションとオペレーティング システムのバージョンの配布に関する詳細な状態レポートを Microsoft Teams Rooms 取得できます。By following this guide, you can use a dashboard like the following example to get detailed status reporting for device availability, application and hardware health, and Microsoft Teams Rooms application and operating system version distribution.

Microsoft Teams の会議室のログ分析ビューのサンプルのスクリーンショットScreenshot of sample Log Analytics view for Microsoft Teams Rooms

高いレベルでは、次のタスクを実行する必要があります。At a high level, you need to perform the following tasks:

  1. 構成を検証 Log Analytics するValidate Log Analytics configuration
  2. 管理セットアップ用にテスト デバイス Log Analytics を構成するConfigure test devices for Log Analytics management setup
  3. カスタム フィールドをマップするMap custom fields
  4. ビューを Microsoft Teams Rooms 定義するには、 Log AnalyticsDefine the Microsoft Teams Rooms views in Log Analytics
  5. 通知を定義するDefine alerts
  6. 監視用のすべてのデバイスを構成するConfigure all devices for Monitoring
  7. その他のソリューションを Azure Monitor 構成するConfigure additional Azure Monitor solutions

重要

構成を最小限に抑えれば、オペレーティング システムを実行しているコンピューターを監視することができますが、すべてのデバイスへのエージェントの展開を開始する前に実行する必要があるいくつかの具体的な手順がまだ Azure Monitor Log Analytics Windows Microsoft Teams Rooms 存在 Microsoft Teams Rooms します。Although with minimal configuration, Azure Monitor Log Analytics can monitor a computer running a Windows operating system, there are still some Microsoft Teams Rooms–specific steps that you need to take before you start deploying agents to all Microsoft Teams Rooms devices. そのため、制御されたセットアップと構成に対して、すべての構成手順を正しい順序で実行することを強くお勧めします。Therefore, we highly recommend you perform all configuration steps in the right order for a controlled setup and configuration. 結果の品質は、初期構成の品質によって大きな違いがあります。The quality of the end result very much depends on the quality of the initial configuration.

構成を検証 Log Analytics するValidate Log Analytics configuration

デバイスからログの収集 Log Analytics を開始するには、ワークスペースが必要 Microsoft Teams Rooms です。You need to have a Log Analytics workspace to start collecting logs from Microsoft Teams Rooms devices. ワークスペースは、独自のデータ リポジトリ、データ ソース、ソリューション Log Analytics を持つ固有の環境です。A workspace is a unique Log Analytics environment with its own data repository, data sources, and solutions. 既に既存のワークスペースがある場合は、それを使用して展開を監視するか、監視のニーズに固有の専用ワークスペース Log Analytics Microsoft Teams Rooms Log Analytics Microsoft Teams Rooms を作成できます。If you already have an existing Log Analytics workspace, you might use it to monitor your Microsoft Teams Rooms deployment or alternatively, you can create a dedicated Log Analytics workspace specific to your Microsoft Teams Rooms monitoring needs.

新しいワークスペースを作成する必要がある場合は、「ポータルでワークスペースを作成する」の Log Analytics Log Analytics 記事の手順に従 Azure ってください。If you need to create a new Log Analytics workspace, follow the instructions in the article Create a Log Analytics workspace in the Azure portal

注意

一緒に Log Analytics 使用 Azure Monitor するには、アクティブなサブスクリプションが必要 Azure です。To use Log Analytics with Azure Monitor, you need to have an active Azure subscription. サブスクリプションを持ってない場合は、開始点として無料試用版 Azure サブスクリプションを作成できます。 If you don't have an Azure subscription, you can create a free trial subscription as a starting point.

イベント Log Analytics ログを収集 Microsoft Teams Rooms するために構成するConfigure Log Analytics to collect Microsoft Teams Rooms event logs

Log Analytics 設定で指定されているイベント Windows ログからのイベントのみを収集します。Log Analytics only collects events from the Windows event logs that are specified in the settings. ログごとに、選択した重大度のイベントだけが収集されます。For each log, only the events with the selected severities are collected.

デバイスとアプリケーションの Log Analytics 状態を監視するために必要なログを収集するために Microsoft Teams Rooms 構成する必要があります。You need to configure Log Analytics to collect the logs required to monitor Microsoft Teams Rooms device and application status. Microsoft Teams Rooms デバイスはイベント ログ Skype Room System を使用します。Microsoft Teams Rooms devices use the Skype Room System event log.

イベントを Log Analytics 収集するために構成 Microsoft Teams Rooms するには Windows Azure Monitor 、To configure Log Analytics to collect the Microsoft Teams Rooms events, see Windows event log data sources in Azure Monitor

イベント ログの設定のスクリーンショットScreenshot of event log settings

重要

イベント ログの設定を構成し、イベント ログ名として入力し、[エラー]、[警告]、および [情報] チェック ボックス Windows Skype Room System をオンにします。 Configure Windows Event Log settings and enter Skype Room System as event log name, and then select the Error, Warning, and Information check boxes.

Azure モニタリング用のテスト デバイスを構成するConfigure test devices for Azure Monitoring

関連するイベント Log Analytics を監視するには、準備 Microsoft Teams Rooms が必要です。You need to prepare Log Analytics to be able to monitor Microsoft Teams Rooms–related events. 最初に、物理的にアクセスできる 1 つか 2 つのデバイスにエージェントを展開し、それらのテスト デバイスにデータを生成してワークスペースにプッシュする必要 Microsoft Monitoring Microsoft Teams Rooms Log Analytics があります。To start with, you need to deploy Microsoft Monitoring agents to just one or two Microsoft Teams Rooms devices that you have physical access to, and get those test devices generate some data and push it to the Log Analytics workspace.

エージェント Microsoft Monitoring をインストールしてデバイスをテストするInstall Microsoft Monitoring agents to test devices

「コンピューターをサービスに接続する」に記載されている手順を使用して、エージェント Microsoft Monitoring Windows をテスト デバイス Log Analytics に展開します Azure Deploy the Microsoft Monitoring agent to the test devices by using the instructions provided in Connect Windows computers to the Log Analytics service in Azure. この記事では、エージェントを展開する手順、ワークスペース Microsoft Monitoring Windows Log Analytics * ID _ ** Microsoft Teams Rooms Azure Monitor Log Analytics と主キーを取得してデバイスを展開に接続するための手順、およびインスタンスへのエージェント接続を確認する手順について詳しく説明します。This article provides detailed information about the steps for deploying Microsoft Monitoring Agent for Windows, instructions for obtaining the Log Analytics Workspace ID _ and the _primary key*_ to get Microsoft Teams Rooms devices connected to your Azure Monitor deployment, and steps to verify agent connectivity to Log Analytics instance.

サンプル イベントを生成 Microsoft Teams Rooms するGenerate sample Microsoft Teams Rooms events

エージェントをテスト デバイスに展開した後、必要なイベント ログ データが収集 Microsoft Monitoring されるのを確認します Azure Monitor 。After the Microsoft Monitoring agent is deployed onto the test devices, verify that the required event log data is collected by Azure Monitor.

注意

エージェントのインストール後にデバイスを再起動し、会議アプリが開始され、イベント ログに新しいイベントを Microsoft Monitoring Microsoft Teams Rooms 生成できます。Reboot the device after the installation of the Microsoft Monitoring agent, and make sure that Microsoft Teams Rooms Meeting app is started, so that it can generate new events into the Event Log.

  1. ポータルにサインイン Microsoft Azure し、ワークスペースに移動 Log Analytics して選択します。Sign in to the Microsoft Azure portal and go to Log Analytics and select your workspace.

  2. デバイスによって生成されたハートビート イベントを一覧表示 Microsoft Teams Rooms します。List the heartbeat events generated by a Microsoft Teams Rooms device:

    1. ワークスペースを選択し 、[_Logs]* に移動し、クエリを使用して、カスタム フィールドを持つハートビート レコードを取得します Microsoft Teams Rooms 。Select your workspace and go to _ Logs* and use a query to retrieve the heartbeat records that will have the custom fields for Microsoft Teams Rooms.
    2. サンプル クエリ: Event | where Source == "SRS-App" and EventID == 2000Sample query: Event | where Source == "SRS-App" and EventID == 2000
  3. クエリが、会議アプリによって生成されたイベントを含むログ レコードを Microsoft Teams Rooms 返す必要があります。Make sure that the query returns log records that include events generated by the Microsoft Teams Rooms meetings app.

  4. ハードウェアの問題を生成し、必要なイベントがログイン状態に入るのを確認します Azure Log Analytics 。Generate a hardware issue, and validate that the required events are logged in Azure Log Analytics.

    1. テスト システム上の周辺機器の 1 つを取り外 Microsoft Teams Rooms します。Unplug one of the peripheral devices on the test Microsoft Teams Rooms system. カメラ、スピーカーフォン、マイク、フロント ルームディスプレイなどThis could be the camera, speakerphone, microphone, or Front Room Display
    2. イベント ログが入力されるのを 10 分待ちます Azure Log Analytics 。Wait 10 minutes for the event log to be populated in Azure Log Analytics.
    3. クエリを使用してハードウェア エラー イベントを一覧表示します。 Event | where Source == "SRS-App" and EventID == 3001Use a query to list hardware error events: Event | where Source == "SRS-App" and EventID == 3001
  5. アプリケーションの問題を生成し、必要なイベントがログに記録される検証を行います。Generate an application issue, and validate that the required events are logged.

    1. アプリケーション Microsoft Teams Rooms 構成を変更し、正しくないセッション開始プロトコル (SIP) アドレス/パスワードのペアを入力します。Modify Microsoft Teams Rooms application configuration, and type an incorrect Session Initiation Protocol (SIP) address/password pair.
    2. イベント ログが入力されるのを 10 分待ちます Azure Log Analytics 。Wait 10 minutes for the event log to be populated in Azure Log Analytics.
    3. クエリを使用してアプリケーションのエラー イベントを一覧表示します。 Event | where Source == "SRS-App" and EventID == 2001 and EventLevel == 1Use a query to list application error events: Event | where Source == "SRS-App" and EventID == 2001 and EventLevel == 1

重要

これらのサンプル イベント ログは、カスタム フィールドを構成する前に必要です。These sample event logs are required before custom fields can be configured. 必要なイベント ログを収集するまで、次の手順に進む必要はありません。Don't proceed to the next step until you have collected the required event logs.

カスタム フィールドをマップするMap custom fields

カスタム フィールドを使用して、イベント ログから特定のデータを抽出します。You use custom fields to extract specific data from the event logs. 後でタイル、ダッシュボード ビュー、通知で使用するカスタム フィールドを定義する必要があります。You need to define custom fields that will be used later with your tiles, dashboard views, and alerts. カスタムフィールドの Log Analytics 作成を開始する前に、「カスタム フィールド」を参照し、概念を理解してください。See Custom fields in Log Analytics and become familiar with the concepts before you start creating your custom fields.

キャプチャされたイベント ログからカスタム フィールドを抽出するには、次の手順を実行します。To extract your custom fields out of the captured event logs, follow these steps:

  1. ポータルにサインイン Microsoft Azure し、ワークスペースに移動 Log Analytics して選択します。Sign in to the Microsoft Azure portal and go to Log Analytics and select your workspace.

  2. デバイスによって生成されたイベントを一覧表示 Microsoft Teams Rooms します。List the events generated by a Microsoft Teams Rooms device:

    1. [ログ ] に 移動し、クエリを使用して、カスタム フィールドを含むレコードを取得します。Go to Logs and use a query to retrieve the records that will have the custom field.
    2. サンプル クエリ: Event | where Source == "SRS-App" and EventID == 2000Sample query: Event | where Source == "SRS-App" and EventID == 2000
  3. レコードのいずれかを選択し、左側のボタンを選択して、フィールド抽出ウィザードを開始します。Select one of the records, select the button to the left, and start the field extraction wizard.

  4. RenderedDescription から抽出するデータを強調表示し、フィールド タイトルを指定します。Highlight the data you'd like to extract from the RenderedDescription and provide a Field Title. 使用する必要があるフィールド名は、表 1 に示されています。The field names that you should use are provided in Table 1.

  5. 表 1 に示すマッピング を使用しますUse the mappings shown in Table 1. Log Analyticsは、新しいフィールド _ を定義 するときに CF 文字列を自動的に追加します。Log Analytics will automatically append the _CF string when you define the new field.

重要

すべての JSON とフィールドでは大文字 Log Analytics と小文字が区別されます。Remember that all JSON and Log Analytics fields are case-sensitive.

次の表のカスタム フィールドごとに必要なクエリに注意してください。Pay attention to the queries required for each custom field in the table below. ユーザー設定フィールドの値を正常に抽出するには、正 Log Analytics しいクエリを使用する必要があります。You need to use the correct queries for Log Analytics to successfully extract custom field values.

表 1Table 1

JSON フィールドJSON field Log Analytics ユーザー設定フィールドLog Analytics custom field イベント IDEvent ID 抽出で使用するクエリQuery to use with the extraction
説明Description SRSEventDescriptionSRSEventDescription 20002000 |Source == "SRS-App" と EventID == 2000 のイベントEvent | where Source == "SRS-App" and EventID == 2000
ResourceStateResourceState SRSResourceStateSRSResourceState 20002000 |Source == "SRS-App" および EventID == 2000 のイベントEvent | where Source == "SRS-App" and EventID == 2000
OperationNameOperationName SRSOperationNameSRSOperationName 20002000 |Source == "SRS-App" および EventID == 2000 のイベントEvent | where Source == "SRS-App" and EventID == 2000
OperationResultOperationResult SRSOperationResultSRSOperationResult 20002000 |Source == "SRS-App" および EventID == 2000 のイベントEvent | where Source == "SRS-App" and EventID == 2000
OSOS SRSOSVersionSRSOSVersion 20002000 |Source == "SRS-App" および EventID == 2000 のイベントEvent | where Source == "SRS-App" and EventID == 2000
OSVersionOSVersion SRSOSLongVersionSRSOSLongVersion 20002000 |Source == "SRS-App" と EventID == 2000 のイベントEvent | where Source == "SRS-App" and EventID == 2000
AliasAlias SRSAliasSRSAlias 20002000 |Source == "SRS-App" と EventID == 2000 のイベントEvent | where Source == "SRS-App" and EventID == 2000
DisplayNameDisplayName SRSDisplayNameSRSDisplayName 20002000 |Source == "SRS-App" と EventID == 2000 のイベントEvent | where Source == "SRS-App" and EventID == 2000
AppVersionAppVersion SRSAppVersionSRSAppVersion 20002000 |Source == "SRS-App" と EventID == 2000 のイベントEvent | where Source == "SRS-App" and EventID == 2000
IPv4AddressIPv4Address SRSIPv4AddressSRSIPv4Address 20002000 |Source == "SRS-App" と EventID == 2000 のイベントEvent | where Source == "SRS-App" and EventID == 2000
IPv6AddressIPv6Address SRSIPv6AddressSRSIPv6Address 20002000 |Source == "SRS-App" と EventID == 2000 のイベントEvent | where Source == "SRS-App" and EventID == 2000
電話会議マイクの状態Conference Microphone status SRSConfMicrophoneStatusSRSConfMicrophoneStatus 30013001 |Source == "SRS-App" および EventID == 3001 のイベントEvent | where Source == "SRS-App" and EventID == 3001
電話会議のスピーカーの状態Conference Speaker status SRSConfSpeakerStatusSRSConfSpeakerStatus 30013001 |Source == "SRS-App" と EventID == 3001 のイベントEvent | where Source == "SRS-App" and EventID == 3001
既定のスピーカーの状態Default Speaker status SRSDefaultSpeakerStatusSRSDefaultSpeakerStatus 30013001 |Source == "SRS-App" および EventID == 3001 のイベントEvent | where Source == "SRS-App" and EventID == 3001
カメラの状態Camera status SRSCameraStatusSRSCameraStatus 30013001 |Source == "SRS-App" および EventID == 3001 のイベントEvent | where Source == "SRS-App" and EventID == 3001
[ルームの表示の前] の状態Front of Room Display status SRSFORDStatusSRSFORDStatus 30013001 |Source == "SRS-App" と EventID == 3001 のイベントEvent | where Source == "SRS-App" and EventID == 3001
モーション センサーの状態Motion Sensor status SRSMotionSensorStatusSRSMotionSensorStatus 30013001 |Source == "SRS-App" および EventID == 3001 のイベントEvent | where Source == "SRS-App" and EventID == 3001
HDMI 取り込みの状態HDMI Ingest status SRSHDMIIngestStatusSRSHDMIIngestStatus 30013001 |Source == "SRS-App" および EventID == 3001 のイベントEvent | where Source == "SRS-App" and EventID == 3001

ビューを Microsoft Teams Rooms 定義するには、 Log AnalyticsDefine the Microsoft Teams Rooms views in Log Analytics

データが収集され、カスタム フィールドがマップされた後は、ビュー デザイナーを使用して、イベントを監視するさまざまなタイルを含むダッシュボードを作成 Microsoft Teams Rooms できます。After data is collected and custom fields are mapped, you can use View Designer to develop a dashboard containing various tiles to monitor Microsoft Teams Rooms events. ビュー デザイナーを使用して、次のタイルを作成します。Use View Designer to create the following tiles. 詳細については、「ビュー デザイナーを使用してカスタム ビューを Log Analytics 作成する」を参照してください。For more information, see Create custom views by using View Designer in Log Analytics

注意

ダッシュボード タイルが正常に動作するには、このガイドの前の手順を完了する必要があります。Previous steps in this guide should have been completed for the dashboard tiles to work properly.

インポート方法を使用して Microsoft Teams Rooms ダッシュボードを作成するCreate a Microsoft Teams Rooms dashboard by using the import method

ダッシュボードをインポートして Microsoft Teams Rooms 、デバイスの監視をすばやく開始できます。You can import an Microsoft Teams Rooms dashboard and start monitoring your devices quickly. ダッシュボードをインポートするには、次の手順を実行します。Take the following steps to import the dashboard:

  1. SkypeRoomSystems_v2.omsview ダッシュボード ファイルを取得します。Get the SkypeRoomSystems_v2.omsview dashboard file.
  2. ポータルにサインイン Microsoft Azure し、ワークスペースに移動 Log Analytics して選択します。Sign in to the Microsoft Azure portal and go to Log Analytics and select your workspace.
  3. ビュー デザイナーを開きますOpen View Designer.
  4. [ インポート] を選択し 、SkypeRoomSystems_v2.omsview ファイルを選択 します。Select Import, and then select the SkypeRoomSystems_v2.omsview file.
  5. [保存] を選択します。Select Save.

Microsoft Teams の会議室ダッシュボードを手動で作成するCreate a Microsoft Teams Rooms dashboard manually

または、独自のダッシュボードを作成し、監視するタイルのみを追加することもできます。Alternatively, you can create your own dashboard and add only the tiles that you wish to monitor.

概要タイルを構成するConfigure the Overview Tile

  1. ビュー デザイナーを開きますOpen View Designer.
  2. [ 概要] タイルを 選択し、ギャラリーから 2 つの 数字を選択します。Select Overview Tile, and then select Two numbers from the gallery.
  3. タイルに名前を付 Microsoft Teams Rooms け.Name the tile Microsoft Teams Rooms.
  4. 最初のタイル を定義する:Define the First Tile:
    凡例: 先月に少なくとも 1 回はハートビートを送信したデバイスLegend: Devices that sent a heartbeat at least once within the last month
    クエリ:Event | where EventLog == "Skype Room System" and TimeGenerated > ago(30d) | summarize TotalSRSDevices = dcount(Computer)Query: Event | where EventLog == "Skype Room System" and TimeGenerated > ago(30d) | summarize TotalSRSDevices = dcount(Computer)
  5. 2 つ目 のタイルを定義する:Define the Second Tile:
    凡例: 最後の 1 時間以内にハートビートを送信したアクティブ なデバイスLegend: Active devices that sent a heartbeat within the last hour
    クエリ:Event | where EventLog == "Skype Room System" and SRSOperationName_CF == "Heartbeat" and TimeGenerated > ago(1h) | summarize TotalSRSDevices = dcount(Computer)Query: Event | where EventLog == "Skype Room System" and SRSOperationName_CF == "Heartbeat" and TimeGenerated > ago(1h) | summarize TotalSRSDevices = dcount(Computer)
  6. [適用] を選択します。Select Apply.

アクティブなデバイスを表示するタイルを作成するCreate a tile that displays active devices

  1. [ダッシュボード の表示] を 選び、タイルの追加を開始します。Select View Dashboard to start adding your tiles.
  2. ギャラリー から [番号&リスト を選択するSelect Number & list from the gallery
  3. [全般] プロパティ を定義 します。Define the General properties:
    グループ タイトル: Heartbeat の状態Group Title: Heartbeat Status
    新しいグループ: 選択されているNew Group: Selected
  4. タイルのプロパティ を定義 します。Define the Tile properties:
    凡例: アクティブ なデバイス (過去 20 分間に送信されたハートビート)Legend: Active devices (heartbeat sent in the last 20 minutes)
    タイルのクエリ: Event | where EventLog == "Skype Room System" and SRSOperationName_CF == "Heartbeat" and TimeGenerated > ago(20m) | summarize AggregatedValue = count() by Computer | countTile Query: Event | where EventLog == "Skype Room System" and SRSOperationName_CF == "Heartbeat" and TimeGenerated > ago(20m) | summarize AggregatedValue = count() by Computer | count
  5. リストのプロパティ を定義 します。Define the List properties:
    リスト クエリ:Event | where EventLog == "Skype Room System" and SRSOperationName_CF == "Heartbeat" and TimeGenerated > ago(20m) | summarize TimeGenerated = max(TimeGenerated) by Computer | order by TimeGeneratedList Query: Event | where EventLog == "Skype Room System" and SRSOperationName_CF == "Heartbeat" and TimeGenerated > ago(20m) | summarize TimeGenerated = max(TimeGenerated) by Computer | order by TimeGenerated
  6. 列タイトル を定義する:Define Column Titles:
    名前: コンピューター名Name: Computer Name
    値: Last HeartbeatValue: Last Heartbeat
  7. ナビゲーション クエリを定義しますDefine Navigation Query.
    search {selected item} | where EventLog == "Skype Room System" and SRSOperationName_CF == "Heartbeat" | summarize arg_max(TimeGenerated, *) by Computer | project TimeGenerated, Computer, SRSAlias_CF, SRSAppVersion_CF, SRSOSVersion_CF, SRSOSLongVersion_CF, SRSIPv4Address_CF, SRSIPv6Address_CF, SRSOperationName_CF, SRSOperationResult_CF, SRSResourceState_CF, SRSEventDescription_CF
  8. [適用 ] を選択 し、[閉じる] を 選択しますSelect Apply, and then Close.

接続の問題があるデバイスを表示するタイルを作成するCreate a tile that displays devices that have connectivity issues

  1. ギャラリー から [番号& リストを選択し、新しいタイルを追加します。Select Number & list from the gallery, and then add a new tile.
  2. [全般] プロパティ を定義 します。Define the General properties:
    グループ タイトル: 空のままにするGroup Title: Leave empty
    新しいグループ: 選択されていないNew Group: Not Selected
  3. タイルのプロパティ を定義 します。Define the Tile properties:
    凡例: 非アクティブデバイス (過去 20 分間に送信されたハートビート メッセージなし)Legend: Inactive Devices (no heartbeat message sent in the last 20 minutes)
    タイルのクエリ: Event | where EventLog == "Skype Room System" and SRSOperationName_CF == "Heartbeat" | summarize LastHB = max(TimeGenerated) by Computer | where LastHB < ago(20m) | countTile Query: Event | where EventLog == "Skype Room System" and SRSOperationName_CF == "Heartbeat" | summarize LastHB = max(TimeGenerated) by Computer | where LastHB < ago(20m) | count
  4. リストのプロパティ を定義 します。Define the List properties:
    リスト クエリ:Event | where EventLog == "Skype Room System" and SRSOperationName_CF == "Heartbeat" | summarize TimeGenerated = max(TimeGenerated) by Computer | where TimeGenerated < ago(20m) | order by TimeGeneratedList Query: Event | where EventLog == "Skype Room System" and SRSOperationName_CF == "Heartbeat" | summarize TimeGenerated = max(TimeGenerated) by Computer | where TimeGenerated < ago(20m) | order by TimeGenerated
  5. 列タイトル を定義する:Define Column Titles:
    名前: コンピューター名Name: Computer Name
    値: Last HeartbeatValue: Last Heartbeat
  6. ナビゲーション クエリを定義する:Define Navigation Query:
    search {selected item} | where EventLog == "Skype Room System" and SRSOperationName_CF == "Heartbeat" | summarize arg_max(TimeGenerated, *) by Computer | project TimeGenerated, Computer, SRSAlias_CF, SRSAppVersion_CF, SRSOSVersion_CF, SRSOSLongVersion_CF, SRSIPv4Address_CF, SRSIPv6Address_CF, SRSOperationName_CF, SRSOperationResult_CF, SRSResourceState_CF, SRSEventDescription_CF
  7. [適用 ] を選択 し、[閉じる] を 選択しますSelect Apply, and then Close.

ハードウェア エラーが発生しているデバイスを表示するタイルを作成するCreate a tile that displays devices that have a hardware error

  1. ギャラリー から [番号& リストを選択し、新しいタイルを追加します。Select Number & list from the gallery, and then add a new tile.
  2. [全般] プロパティ を定義 します。Define the General properties:
    グループ タイトル: ハードウェアの状態Group Title: Hardware Status
    新しいグループ: 選択されているNew Group: Selected
  3. タイルのプロパティ を定義 します。Define the Tile properties:
    凡例: 過去 1 時間にハードウェア エラーが発生したデバイスLegend: Devices that experienced a hardware error in the last hour
    タイルのクエリ: Event | where EventLog == "Skype Room System" and EventLevelName == "Error" and EventID == "3001" and TimeGenerated > ago(1h) | summarize AggregatedValue = count() by Computer | countTile Query: Event | where EventLog == "Skype Room System" and EventLevelName == "Error" and EventID == "3001" and TimeGenerated > ago(1h) | summarize AggregatedValue = count() by Computer | count
  4. リストのプロパティ を定義 します。Define the List properties:
    リスト クエリ:Event | where EventLog == "Skype Room System" and EventLevelName == "Error" and EventID == "3001" and TimeGenerated > ago(1h) | summarize TimeGenerated = max(TimeGenerated) by Computer | order by TimeGeneratedList Query: Event | where EventLog == "Skype Room System" and EventLevelName == "Error" and EventID == "3001" and TimeGenerated > ago(1h) | summarize TimeGenerated = max(TimeGenerated) by Computer | order by TimeGenerated
  5. 列タイトル を定義する:Define Column Titles:
    名前: コンピューター名Name: Computer Name
    値: 最後のエラーValue: Last Error
  6. ナビゲーション クエリを定義する:Define Navigation Query:
    search {selected item} | where EventLog == "Skype Room System" and EventID == 3001 and EventLevelName == "Error" | summarize arg_max(TimeGenerated, *) by Computer | project TimeGenerated, Computer, SRSAlias_CF, SRSAppVersion_CF, SRSOSVersion_CF, SRSOSLongVersion_CF, SRSIPv4Address_CF, SRSIPv6Address_CF, SRSOperationName_CF, SRSOperationResult_CF, SRSResourceState_CF, SRSConfMicrophoneStatus_CF, SRSConfSpeakerStatus_CF, SRSDefaultSpeakerStatus_CF, SRSCameraStatus_CF, SRSFORDStatus_CF, SRSMotionSensorStatus_CF, SRSHDMIIngestStatus_CF, SRSEventDescription_CF | sort by TimeGenerated desc
  7. [適用 ] を選択 し、[閉じる] を 選択しますSelect Apply, and then Close.

オペレーティング システムのバージョンを表示する Microsoft Teams Rooms タイルを作成するCreate a tile that displays Microsoft Teams Rooms Operating System versions

  1. ギャラリー から [ドーナツ&を 選び、新しいタイルを追加します。Select Donut & list from the gallery, and then add a new tile.
  2. [全般] プロパティ を定義 します。Define the General properties:
    グループ タイトル: オペレーティング システムの詳細Group Title: Operating System details
    新しいグループ: 選択されているNew Group: Selected
  3. ヘッダープロパティ を定義 します。Define the Header properties:
    タイトル: オペレーティング システムのバージョンTitle: Operating System versions
    サブタイトル: 特定の OS バージョンを実行しているデバイスSubtitle: Devices running specific OS versions
  4. ドーナツ の プロパティを定義 します。Define the Donut properties:
    クエリ:Event | where EventLog == "Skype Room System" and SRSOperationName_CF == "Heartbeat" | summarize OS_Version = max(SRSOSLongVersion_CF) by Computer | summarize AggregatedValue = count() by OS_Version | sort by OS_Version ascQuery: Event | where EventLog == "Skype Room System" and SRSOperationName_CF == "Heartbeat" | summarize OS_Version = max(SRSOSLongVersion_CF) by Computer | summarize AggregatedValue = count() by OS_Version | sort by OS_Version asc
    テキストの中央: デバイスCenter Text: Devices
    操作: 合計Operation: Sum
  5. リストのプロパティ を定義 します。Define the List properties.
    リスト クエリ:Event | where EventLog == "Skype Room System" and SRSOperationName_CF == "Heartbeat" | summarize SRSOSLongVersion_CF = max(SRSOSLongVersion_CF) by Computer | sort by Computer ascList Query: Event | where EventLog == "Skype Room System" and SRSOperationName_CF == "Heartbeat" | summarize SRSOSLongVersion_CF = max(SRSOSLongVersion_CF) by Computer | sort by Computer asc
    グラフを非表示にする: 選択されているHide Graph: Selected
    スパークラインを有効にする: 選択されていないEnable Sparklines: Not selected
  6. 列タイトル を定義しますDefine Column Titles.
    名前: コンピューター名Name: Computer Name
    値: 空のままにするValue: Leave Empty
  7. ナビゲーション クエリを定義しますDefine Navigation Query.
    search {selected item} | where EventLog == "Skype Room System" and SRSOperationName_CF == "Heartbeat" | summarize arg_max(TimeGenerated, *) by Computer | project TimeGenerated, Computer, SRSDisplayName_CF, SRSAlias_CF, SRSAppVersion_CF, SRSOSVersion_CF, SRSOSLongVersion_CF, SRSIPv4Address_CF, SRSIPv6Address_CF, SRSOperationName_CF, SRSOperationResult_CF, SRSResourceState_CF, SRSEventDescription_CF
  8. [適用 ] を選択 し、[閉じる] を 選択しますSelect Apply and then Close.

アプリケーションのバージョンを表示する Microsoft Teams Rooms タイルを作成するCreate a tile that displays Microsoft Teams Rooms application versions

  1. ギャラリー から [ドーナツ&を 選び、新しいタイルを追加します。Select Donut & list from the gallery, and then add a new tile.
  2. [全般] プロパティ を定義 します。Define the General properties:
    グループ タイトル: Microsoft Teams Rooms アプリケーションの詳細Group Title: Microsoft Teams Rooms application details
    新しいグループ: 選択されているNew Group: Selected
  3. ヘッダープロパティ を定義 します。Define the Header properties:
    タイトル: アプリケーションのバージョンTitle: Application versions
    サブタイトル: 特定のアプリケーション バージョンを実行しているデバイスSubtitle: Devices running specific application versions
  4. ドーナツ の プロパティを定義 します。Define the Donut properties:
    クエリ:Event | where EventLog == "Skype Room System" and SRSOperationName_CF == "Heartbeat" | summarize App_Version = max(SRSAppVersion_CF) by Computer | summarize AggregatedValue = count() by App_Version | sort by App_Version ascQuery: Event | where EventLog == "Skype Room System" and SRSOperationName_CF == "Heartbeat" | summarize App_Version = max(SRSAppVersion_CF) by Computer | summarize AggregatedValue = count() by App_Version | sort by App_Version asc
    テキストの中央: デバイスCenter Text: Devices
    操作: 合計Operation: Sum
  5. リストのプロパティ を定義 します。Define the List properties.
    リスト クエリ:Event | where EventLog == "Skype Room System" and SRSOperationName_CF == "Heartbeat" | summarize SRSAppVersion_CF = max(SRSAppVersion_CF) by Computer | sort by Computer ascList Query: Event | where EventLog == "Skype Room System" and SRSOperationName_CF == "Heartbeat" | summarize SRSAppVersion_CF = max(SRSAppVersion_CF) by Computer | sort by Computer asc
    グラフを非表示にする: 選択されているHide Graph: Selected
    スパークラインを有効にする: 選択されていないEnable Sparklines: Not selected
  6. 列タイトル を定義しますDefine Column Titles.
    名前: コンピューター名Name: Computer Name
    値: 空のままにするValue: Leave Empty
  7. ナビゲーション クエリを定義しますDefine Navigation Query.
    search {selected item} | where EventLog == "Skype Room System" and SRSOperationName_CF == "Heartbeat" | summarize arg_max(TimeGenerated, *) by Computer | project TimeGenerated, Computer, SRSAlias_CF, SRSAppVersion_CF, SRSOSVersion_CF, SRSOSLongVersion_CF, SRSIPv4Address_CF, SRSIPv6Address_CF, SRSOperationName_CF, SRSOperationResult_CF, SRSResourceState_CF, SRSEventDescription_CF
  8. [適用 ] を選択 し、[閉じる] を 選択しますSelect Apply and then Close.

アプリケーション エラーが発生しているデバイスを表示するタイルを作成するCreate a tile that displays devices that have an application error

  1. ギャラリー から [番号& リストを選択し、新しいタイルを追加します。Select Number & list from the gallery, and then add a new tile.
  2. [全般] プロパティ を定義 します。Define the General properties.
    グループ タイトル: 空のままにするGroup Title: Leave empty
    新しいグループ: 選択されていないNew Group: Not Selected
  3. タイルのプロパティ を定義 します。Define the Tile properties.
    凡例: 過去 1 時間にアプリケーション エラーが発生したデバイスLegend: Devices that experienced an application error in the last hour
    タイルのクエリ: Event | where EventLog == "Skype Room System" and EventLevelName == "Error" and EventID == "2001" and TimeGenerated > ago(1h) | summarize AggregatedValue = count() by Computer | countTile Query: Event | where EventLog == "Skype Room System" and EventLevelName == "Error" and EventID == "2001" and TimeGenerated > ago(1h) | summarize AggregatedValue = count() by Computer | count
  4. リストのプロパティ を定義 します。Define the List properties.
    リスト クエリ:Event | where EventLog == "Skype Room System" and EventLevelName == "Error" and EventID == "2001" and TimeGenerated > ago(1h) | summarize TimeGenerated = max(TimeGenerated) by Computer | order by TimeGeneratedList Query: Event | where EventLog == "Skype Room System" and EventLevelName == "Error" and EventID == "2001" and TimeGenerated > ago(1h) | summarize TimeGenerated = max(TimeGenerated) by Computer | order by TimeGenerated
  5. 列タイトル を定義しますDefine Column Titles.
    名前: コンピューター名Name: Computer Name
    値: 最後のエラーValue: Last Error
  6. ナビゲーション クエリを定義しますDefine Navigation Query.
    search {selected item} | where EventLog == "Skype Room System" and EventID == 2001 and EventLevelName == "Error" | summarize arg_max(TimeGenerated, *) by Computer | project TimeGenerated, Computer, SRSAlias_CF, SRSAppVersion_CF, SRSOSVersion_CF, SRSOSLongVersion_CF, SRSIPv4Address_CF, SRSIPv6Address_CF, SRSOperationName_CF, SRSOperationResult_CF, SRSResourceState_CF, SRSEventDescription_CF | sort by TimeGenerated desc
  7. [適用 ] を選択 し、[閉じる] を 選択しますSelect Apply and then Close.

再起動されたデバイスを表示するタイルを作成するCreate a tile that displays devices that have been restarted

  1. ギャラリー から [番号& リストを選択し、新しいタイルを追加します。Select Number & list from the gallery, and then add a new tile.
  2. [全般] プロパティ を定義 します。Define the General properties.
    グループ タイトル: 空のままにするGroup Title: Leave empty
    新しいグループ: 選択されていないNew Group: Not Selected
  3. タイルのプロパティ を定義 します。Define the Tile properties.
    凡例: 過去 24 時間にアプリケーションが再起動されたデバイスと再起動数Legend: Devices where the application was restarted in the last 24 hours, and number of restarts
    タイルのクエリ: Event | where EventLog == "Skype Room System" and EventID == "4000" and TimeGenerated > ago(24h) | summarize AggregatedValue = count() by Computer | countTile Query: Event | where EventLog == "Skype Room System" and EventID == "4000" and TimeGenerated > ago(24h) | summarize AggregatedValue = count() by Computer | count
  4. リストのプロパティ を定義 します。Define the List properties.
    リスト クエリ:Event | where EventLog == "Skype Room System" and EventID == "4000" and TimeGenerated > ago(24h) | order by TimeGenerated | summarize AggregatedValue = count(EventID) by ComputerList Query: Event | where EventLog == "Skype Room System" and EventID == "4000" and TimeGenerated > ago(24h) | order by TimeGenerated | summarize AggregatedValue = count(EventID) by Computer
  5. 列タイトル を定義しますDefine Column Titles.
    名前: コンピューター名Name: Computer Name
    値: 再起動数Value: Number of Restarts
  6. ナビゲーション クエリを定義しますDefine Navigation Query.
    search {selected item} | where EventLog == "Skype Room System" and EventID == "4000" and TimeGenerated > ago(24h) | project TimeGenerated, Computer, SRSAlias_CF, SRSAppVersion_CF, SRSOSVersion_CF, SRSOSLongVersion_CF, SRSIPv4Address_CF, SRSIPv6Address_CF, SRSOperationName_CF, SRSOperationResult_CF, SRSResourceState_CF, SRSEventDescription_CF
  7. [適用 ] を選択 し、[閉じる] を 選択しますSelect Apply and then Close.
  8. [保存 ] を 選び、ダッシュボードを保存します。Select Save to save your dashboard.

これで、ビューの作成が完了しました。Now you've completed creating your views.

[通知の構成] Azure MonitorConfigure Alerts in Azure Monitor

Azure Monitor 本体で問題が発生した場合に、管理者に通知 Microsoft Teams Rooms する通知を送信できます。Azure Monitor can raise alerts to notify the administrators, when a Microsoft Teams Rooms console encounters an issue.

Azure Monitor には、定期的にスケジュールされたログ検索を実行する組み込みの通知メカニズムが含まれています。Azure Monitor includes a built-in alerting mechanism that runs through scheduled log searches at regular intervals. ログ検索の結果が特定の条件と一致する場合は、通知レコードが作成されます。If the results of the log search match some particular criteria, an alert record is created.

その後、ルールは 1 つ以上のアクションを自動的に実行して、通知を事前に通知したり、別のプロセスを呼び出したりします。The rule can then automatically run one or more actions to proactively notify you of the alert or invoke another process. 通知で使用できるオプションは次のとおりです。The possible options with alerts are:

  • メールを送信するSending an email
  • HTTP POST 要求による外部プロセスの呼び出しInvoking an external process through an HTTP POST request
  • サービスで実行ブックを開始 Azure Automation するStarting a runbook in Azure Automation service

アラートの詳細については Azure Monitor 、ログインに関するページを参照してください Azure Monitor 。See Log alerts in Azure Monitor to learn more about the alerts in Azure Monitor.

注意

次の例では、デバイスでハードウェアまたはアプリケーション エラーが生成された Microsoft Teams Rooms 場合にメール通知を送信します。The following examples send email alerts when a Microsoft Teams Rooms device generates a hardware or an application error.

ハードウェアの問題に関するメール通知 Microsoft Teams Rooms を構成するConfigure an email alert for Microsoft Teams Rooms hardware issues

1 時間以内にハードウェアの問題が発生したデバイスをチェックする通知 Microsoft Teams Rooms ルールを構成します。Configure an alert rule that checks for Microsoft Teams Rooms devices that have encountered hardware issues within the last hour.

  1. ポータルにサインイン Microsoft Azure し、ワークスペースに移動 Log Analytics して選択します。Sign in to the Microsoft Azure portal and go to Log Analytics and select your workspace.

  2. ワークスペースに移動し Log Analytics 、[通知] を 選択 し、[新しい 通知ルール] を選択します。Navigate to your Log Analytics workspace and select Alerts and then select New alert rule

  3. [条件 の追加] を選択 し、[ カスタム ログの検索] を選択するSelect Add condition and then Custom log search

  4. [検索クエリ] テキスト ボックスに次のクエリを入力します。Enter the following query to the Search query text box.

    Event
    | where EventLog == "Skype Room System" and EventLevelName == "Error" and EventID == "3001" and TimeGenerated > ago(1h)
    | summarize arg_max(TimeGenerated, *) by Computer
    | project TimeGenerated, Computer, SRSAlias_CF, SRSAppVersion_CF, SRSOSVersion_CF, SRSOSLongVersion_CF, SRSIPv4Address_CF, SRSIPv6Address_CF, SRSOperationName_CF, SRSOperationResult_CF, SRSResourceState_CF, SRSConfMicrophoneStatus_CF, SRSConfSpeakerStatus_CF, SRSDefaultSpeakerStatus_CF, SRSCameraStatus_CF, SRSFORDStatus_CF, SRSMotionSensorStatus_CF, SRSHDMIIngestStatus_CF, SRSEventDescription_CF
    |sort by TimeGenerated desc
    
  5. 通知ロジックの設定を構成します。Configure the Alert logic settings:
    次の条件に基づいて行います。 結果の数Based on: Number of results
    条件: 次に大きいCondition: Greater then
    しきい値: 0Threshold: 0

  6. 評価設定を構成し、[完了] を 選択しますConfigure Evaluation settings and select Done:
    期 (分数): 60Period (in minutes): 60
    頻度 (分): 60Frequency (in minutes): 60

  7. アクション グループを構成する:Configure action groups:

    1. [新規 作成] を選択するSelect Create New
    2. [アクション] グループ名と [短い名前] フィールドに適**した名前を指定 します。Provide suitable names for the Action group name and Short Name fields.
    3. 一意のアクション 名を指定し 、[ メール/SMS/プッシュ/音声] を選択し、[詳細の編集] を選択しますSpecify a unique Action Name and select Email/SMS/Push/Voice, and then select Edit details.
    4. [メール ] チェック ボックスをオンにして、通知を受信するユーザーまたはグループのメール アドレスを指定します。Select the Email checkbox and provide the email address of the person or group that will receive the alerts.
    5. また、SMS、音声通話、または両方で通知を受け取る電話番号を入力できます。You may also provide your phone number to get notified with SMS, a voice call or both.
    6. [OK] を選択しますSelect OK.
  8. 通知メール の件名行を上書きする場合は、アクションをカスタマイズします。Customize Actions if you like to override the subject line of the alert emails.

  9. ルールの名前と説明を指定します。Specify a rule name and description.
    ルール名: Microsoft Teams Rooms ハードウェア障害通知Rule Name: Microsoft Teams Rooms Hardware Failure Alert
    説明: 最後の 1 時間以内にハードウェアの問題が発生したデバイスの一覧Description: List of devices that encountered a hardware issue within the last hour

  10. 目的の重大度を選択し、ルールが有効になっているか確認します。Select the intended severity and make sure the rule is enabled.

  11. [通知 ルールの作成] を選択しますSelect Create alert rule.

アプリケーションの問題に関するメール Microsoft Teams Rooms 通知を構成するConfigure an email alert for Microsoft Teams Rooms application issues

同じ手順を繰り返しますが、次のクエリを使用して、最後の 1 時間以内にアプリケーションの問題が発生したデバイスを一覧表示します。Repeat the same procedure but use the following query to list devices that have encountered application issues within the last hour.

```
Event
| where EventLog == "Skype Room System" and EventLevelName == "Error" and EventID == "2001" and TimeGenerated > ago(1h)
| summarize arg_max(TimeGenerated, *) by Computer
| project TimeGenerated, Computer, SRSAlias_CF, SRSAppVersion_CF, SRSOSVersion_CF, SRSOSLongVersion_CF, SRSIPv4Address_CF, SRSIPv6Address_CF, SRSOperationName_CF, SRSOperationResult_CF, SRSResourceState_CF, SRSEventDescription_CF
| sort by TimeGenerated desc
```

これで、通知の定義が完了しました。Now you've completed defining alerts. 上記の例を使用して、追加の通知を定義できます。You can define additional alerts by using the examples above.

通知が生成されると、1 時間以内に問題が発生したデバイスを一覧表示するメールが届きます。When an alert is generated, you'll get an email that lists the devices that encountered an issue within the last hour.

![サンプル Azure Monitor 通知メール](.../media/Deploy-Azure-Monitor-6.png "サンプル Azure Monitor 通知メール")![Sample Azure Monitor alert email](../media/Deploy-Azure-Monitor-6.png "Sample Azure Monitor alert email")

すべてのデバイスの構成 Azure MonitoringConfigure all devices for Azure Monitoring

ダッシュボードとアラートを構成したら、すべてのデバイスでエージェントを設定して構成し、監視 Microsoft Monitoring Microsoft Teams Rooms 展開を完了できます。 After the dashboards and alerts are configured, you can set up and configure Microsoft Monitoring agent on all Microsoft Teams Rooms devices to complete your monitoring deployment.

各デバイスにエージェントを手動でインストールして構成することができますが、既存のソフトウェア展開ツールと方法を活用することを Microsoft Monitoring 強くお勧めします。Although you can install and configure the Microsoft Monitoring agent manually on each device, we highly recommend you leverage existing software deployment tools and methods.

初めてデバイスを構築する場合は、ビルド プロセスの一部としてエージェントのセットアップと構成の手順を Microsoft Teams Rooms Microsoft Monitoring 含める必要があります。If you're building your Microsoft Teams Rooms devices for the first time, you might want to include the Microsoft Monitoring agent setup and configuration steps as part of your build process. 詳細については、コマンド ライン を使用してエージェントをインストールするを参照してくださいFor more information, see Install the agent using the command line.

グループ ポリシー Microsoft Monitoring オブジェクト (GPO) を使用したエージェントの展開Deploying Microsoft Monitoring agent by using a Group Policy Object (GPO)

実装する前に既にデバイスを展開している場合は、提供されているスクリプトを使用して、グループ ポリシー オブジェクトを使用してエージェントを Microsoft Teams Rooms Azure Monitoring 設定および Active Directory 構成できます。If you already deployed your Microsoft Teams Rooms devices before you implement Azure Monitoring, you can use the provided script to set up and configure the agents by using Active Directory group policy objects.

  1. 共有ネットワーク パスを作成し、[ドメイン コンピューター] グループへの読み取 りアクセス権を付与 します。Create a shared network path and grant read access to Domain Computers group.

  2. 64 ビット版の Microsoft Monitoring エージェントをダウンロードする Windowshttps://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=517476Download the 64-bit version of the Microsoft Monitoring Agent for Windows from https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=517476

  3. セットアップ パッケージのコンテンツをネットワーク共有に抽出します。Extract the contents of the setup package into the network share.

    1. コマンド プロンプト ウィンドウを開き 、/cMMASetup-AMD64.exe実行するOpen a Command Prompt window, and then execute MMASetup-AMD64.exe /c
    2. 作成した共有を指定し、コンテンツを抽出します。Specify the share you just created, and extract the content.
  4. 新しいグループ ポリシー オブジェクトを作成し、コンピューター アカウントがある組織単位 Microsoft Teams Rooms に割り当てる。Create a new Group Policy Object and assign it to the organizational unit where Microsoft Teams Rooms machine accounts are located.

  5. PowerShell 実行ポリシーを構成します。Configure PowerShell execution policy:

    1. 新しく作成したグループ ポリシー オブジェクトを編集し、[コンピューター構成 \ ポリシー管理用テンプレート コンポーネント \ ] に \ Windows 移動する \Windows PowerShellEdit the newly created Group Policy Object and navigate to Computer Configuration \ Policies \ Administrative Templates \ Windows Components \ Windows PowerShell
    2. スクリプトの 実行を有効にして、実行 ポリシーをローカル スクリプト を許可****する設定を行いますEnable the Turn on Script Execution and set Execution Policy to Allow Local Scripts.
  6. スタートアップ スクリプトを構成します。Configure the startup script:

    1. 次のスクリプトをコピーし、そのスクリプトをInstall-MMAgent.ps1。Copy the following script and save it as Install-MMAgent.ps1.
    2. WorkspaceId、WorkspaceKey、SetupPath のパラメーターを構成に合わせて変更します。Modify WorkspaceId, WorkspaceKey, and SetupPath parameters to match your configuration.
    3. 同じグループ ポリシー オブジェクトを編集し、コンピューター構成 \ ポリシー \ Windows 設定 \ スクリプト (スタートアップ/シャットダウン) に移動するEdit the same Group Policy Object and navigate to Computer Configuration \ Policies \ Windows Settings \ Scripts (Startup/Shutdown)
    4. ダブルクリックして [スタートアップ] を 選択、[PowerShell スクリプト] を選択しますDouble-click to select Startup, and then select PowerShell Scripts.
    5. [ ファイルの表示] を選択し、 そのInstall-MMAgent.ps1ファイル をコピーします。Select Show Files, and then copy the Install-MMAgent.ps1 file to that folder.
    6. [追加 ] を選択 し、[参照 ] を選択しますSelect Add, and then Browse.
    7. コピーした ps1 スクリプトを選択します。Select the ps1 script you just copied.
  7. Microsoft Teams Rooms デバイスは、2 回目の再起動 Microsoft Monitoring でエージェントをインストールして構成する必要があります。Microsoft Teams Rooms devices should install and configure the Microsoft Monitoring agent with the second reboot.

# Install-MMAgent.ps1
<#
Date:        04/20/2018
Script:      Install-MMAgent.ps1
Version:     1.0
#>

# Set the parameters
$WorkspaceId = "<your workspace id>"
$WorkspaceKey = "<your workspace key>"
$SetupPath = "\\Server\Share"

$SetupParameters = "/qn NOAPM=1 ADD_OPINSIGHTS_WORKSPACE=1 OPINSIGHTS_WORKSPACE_AZURE_CLOUD_TYPE=0 OPINSIGHTS_WORKSPACE_ID=$WorkspaceId OPINSIGHTS_WORKSPACE_KEY=$WorkspaceKey AcceptEndUserLicenseAgreement=1"

# $SetupParameters = $SetupParameters + " OPINSIGHTS_PROXY_URL=<Proxy server URL> OPINSIGHTS_PROXY_USERNAME=<Proxy server username> OPINSIGHTS_PROXY_PASSWORD=<Proxy server password>"

# Start PowerShell logging
Start-Transcript -Path C:\Temp\MMA-Install.Log

# Check if the Microsoft Monitoring Agent is installed
$mma = New-Object -ComObject 'AgentConfigManager.MgmtSvcCfg'

# Check if the Microsoft Monitoring agent is installed
if (!$mma)
{
    #Install agent
    Start-Process -FilePath "$SetupPath\Setup.exe" -ArgumentList $SetupParameters -ErrorAction Stop -Wait
}

# Check if the agent has a valid configuration
$CheckMMA = $mma.GetCloudWorkspace($WorkspaceId).AgentId
if (!$CheckMMA)
{
    # Apply new configuration
    $mma.AddCloudWorkspace($WorkspaceId, $WorkspaceKey)
    $mma.ReloadConfiguration()
}

Stop-Transcript

注意

エージェントを再構成する必要がある Log Analytics 場合、エージェントを別のワークスペースに移動する必要がある場合、または最初のインストール後にプロキシ設定を変更する必要がある場合は、「エージェントを管理および保守する」を参照してください。You can refer to the article Managing and maintaining the Log Analytics agent when you need to reconfigure an agent, move it to a different workspace, or modify proxy settings after the initial installation.

その他のソリューションAdditional Solutions

Azure Monitorは、環境の監視に役立つソリューション ギャラリーを通じて組み込みの管理ソリューションを提供します。Azure Monitor provides built-in management solutions through its solution gallery to further help you monitor your environment. 通知管理ソリューションとエージェント正常性 Azure Log Analytics ソリューションをワークスペースにも追加することを強くお勧めします。We highly recommend that you add Alert Management and Azure Log Analytics Agent Health solutions to your workspace as well.

注意

エージェント正常性ソリューションは、環境内の古いエージェントまたは破損したエージェントを特定するのに役立ち、通知管理ソリューションは、指定した期間中に発生したアラートに関する詳細 Microsoft Monitoring を提供します。The Agent Health solution can help you identify outdated or broken Microsoft Monitoring agents within your environment, and the Alert Management solution provides details about the alerts that have been raised within a given period.

関連項目See also

プラン Microsoft Teams Rooms の管理 Azure MonitorPlan Microsoft Teams Rooms management with Azure Monitor

デバイス Microsoft Teams Rooms を管理するには、 Azure MonitorManage Microsoft Teams Rooms devices with Azure Monitor