サードパーティのプロバイダーで RBS をインストールして構成する (SharePoint Server)Install and configure RBS with a 3rd party provider for SharePoint Server

適用対象: yes2013 yes2016 yes2019 SharePointOnline なしAPPLIES TO: yes2013 yes2016 yes2019 noSharePoint Online

SharePoint Serverでは、RBS 機能を使用して、コンテンツ データベース外に BLOB を格納します。RBS の詳細については、「SharePoint Server での RBS の概要」を参照してください。SharePoint Server uses the RBS feature to store BLOBs outside the content database. For more information about RBS, see Overview of RBS in SharePoint Server.

重要

このソリューションでは、サードパーティのプロバイダーを使用します。作業を続ける前に、プロバイダーのメーカーの指示を必ずお読みください。FILESTREAM プロバイダーを使用し、RBS をインストールして構成する必要がある場合は、「SharePoint Server ファームで FILESTREAM を使用する RBS をインストールおよび構成する」の手順に従って操作します。This solution uses a third-part provider. Before continuing, make sure that you read the instructions from the manufacturer of the provider. If you want to install and configure RBS using the FILESTREAM provider, use the procedure in Install and configure RBS with FILESTREAM in a SharePoint Server farm.

サードパーティのプロバイダーを使用している場合、BLOB には直接アクセスせず、必ず SharePoint Server を使用してアクセスするようにしてください。Do not directly access BLOBs when you are using third-party providers. Always access these BLOBs by using SharePoint Server.

はじめにBefore you begin

特定のサードパーティのプロバイダーで RBS をインストールして構成する必要があるのは、ファームに対して 1 回だけです。ただし、FILESTREAM プロバイダーを使用して RBS を有効にする必要がある場合は、「SharePoint Server ファームで FILESTREAM を使用する RBS をインストールおよび構成する」の手順に従って操作します。You only have to install and configure RBS with the specific third-part provider one time for the farm. However, if you want to enable RBS using the FILESTREAM provider, use the procedure in Install and configure RBS with FILESTREAM in a SharePoint Server farm.

この操作を開始する前に、前提条件に関する次の情報を確認してください。Before you begin this operation, review the following information about prerequisites:

  • RBS ストアを準備するユーザー アカウントは、RBS を構成する各データベース上で、 db_owner 固定データベース ロールのメンバーである必要があります。The user account provisioning RBS stores must be a member of the db_owner fixed database role on each database that you are configuring RBS for.

  • クライアント ライブラリをインストールするユーザー アカウントは、ライブラリをインストールするすべてのコンピューター上で、Administrators グループのメンバーである必要があります。The user account installing the client library must be a member of the Administrators group on all of the computers where you are installing the library.

  • RBS を有効にするユーザー アカウントには、PowerShell を実行するアクセス許可が必要です。The user account enabling RBS must have sufficient permissions to run PowerShell.

フロントエンド サーバーまたはアプリケーション サーバーごとに RBS クライアント ライブラリをインストールするInstall the RBS client library on each front-end or application server

SharePoint ファーム内のすべての Web サーバーに RBS クライアント ライブラリをインストールする必要があります。RBS クライアント ライブラリのインストールは各 Web サーバーについて一度だけ行いますが、RBS の構成は関連する各コンテンツ データベースで個別に行う必要があります。クライアント ライブラリは、ユーザー アプリケーションにリンクされたクライアント側の DLL と、SQL Server にインストールされる一連のストアド プロシージャで構成されています。You must install RBS client library on all Web servers in the SharePoint farm. The RBS client library is installed only one time per Web server, but RBS is configured separately for each associated content database. The client library consists of a client-side DLL that is linked into a user application, and also a set of stored procedures to be installed on SQL Server.

注意事項

RBS のインストールでは、RBS_x64.msi ファイルを実行して SQL リモート BLOB ストレージのインストール ウィザードを起動する方法は使用しないでください。このウィザードを使用すると、一部の設定値が SharePoint Serverには不適切な既定値に設定されます。Do not install RBS by running the RBS_x64.msi file and starting the Install SQL Remote BLOB Storage wizard. The wizard sets certain default values that are not recommended for SharePoint Server.

最初のフロントエンド サーバーまたはアプリケーション サーバーに RBS クライアント ライブラリをインストールするにはTo install the RBS client library on the on the first front-end or application server

  1. この手順を実行するユーザー アカウントが、ライブラリをインストールするコンピューターの Administrators グループのメンバーであることを確認します。Confirm that the user account performing these steps is a member of the Administrators group on the computer where you are installing the library.

  2. SharePoint Server 2016 では、任意のフロントエンド サーバーまたはアプリケーション サーバーで、Microsoft SQL Server 2014 Feature Pack をダウンロードします。自己解凍形式のダウンロード パッケージを実行し、X64 RBS.msi ファイルのインストール フォルダーを作成します。On any front-end or application server, for SharePoint Server 2016, download the Microsoft SQL Server 2014 Feature Pack. Run the self-extracting download package to create an installation folder for the X64 RBS.msi file.

    SharePoint 2013 では、RBS_amd64.msi ファイルをダウンロードします。For SharePoint 2013, download the RBS_amd64.msi file.

  3. 以下のコマンドをコピーし、コマンド プロンプト ウィンドウに貼り付けます。 WSS_Content はデータベース名で、 DBInstanceName は SQL Server インスタンス名で置き換えます。このコマンドは、特定のデータベース名と SQL Server インスタンス名を使用して一度だけ実行する必要があります。処理は約 1 分以内に終了します。Copy and paste the following command into the Command Prompt window. Replace WSS_Content with the database name, and replace DBInstanceName with the SQL Server instance name. You should run this command by using the specific database name and SQL Server instance name only one time. The operation should finish within approximately one minute.

msiexec /qn /lvx* rbs_install_log.txt /i RBS-x64.msi TRUSTSERVERCERTIFICATE=true FILEGROUP=PRIMARY DBNAME="WSS_Content" DBINSTANCE="DBInstanceName

すべての追加フロントエンド サーバーおよびアプリケーション サーバーに RBS クライアント ライブラリをインストールするにはTo install the RBS client library on all additional front-end and application servers

  1. この手順を実行するユーザー アカウントが、ライブラリをインストールするコンピューターの Administrators グループのメンバーであることを確認します。Confirm that the user account performing these steps is a member of the Administrators group on the computer where you are installing the library.

  2. SharePoint Server 2016 では、任意の Web サーバーで、Microsoft SQL Server 2014 Feature Pack をダウンロードします。自己解凍形式のダウンロード パッケージを実行し、X64 RBS.msi ファイルのインストール フォルダーを作成します。On any web server, for SharePoint Server 2016, download the Microsoft SQL Server 2014 Feature Pack. Run the self-extracting download package to create an installation folder for the X64 RBS.msi file.

    SharePoint 2013 では、RBS_amd64.msi ファイルをダウンロードします。For SharePoint 2013, download the RBS_amd64.msi file.

  3. 以下のコマンドをコピーし、コマンド プロンプト ウィンドウに貼り付けます。 WSS_Content はデータベース名で、 DBInstanceName は SQL Server インスタンス名で置き換えます。処理は約 1 分以内に完了します。Copy and paste the following command into the Command Prompt window. Replace WSS_Content with the database name, and replace DBInstanceName with the name of the SQL Server instance. The operation should finish within approximately one minute.

msiexec /qn /lvx* rbs_install_log.txt /i RBS_x64.msi DBNAME="WSS_Content" DBINSTANCE="DBInstanceName" ADDLOCAL=Client,Docs,Maintainer,ServerScript,FilestreamClient,FilestreamServer
  1. SharePoint ファームにあるすべての Web サーバーについて、この手順を繰り返します。Repeat this procedure for all Web servers in the SharePoint farm.

  2. SharePoint ファームの各アプリケーション サーバーで、次のコマンドを実行します。Run the following command on each application server in the SharePoint farm:

Msiexec /qn /1vx* rbs_install_log.txt /I RBS_x64.msi ADDLOCAL="Client"

RBS クライアント ライブラリのインストールを確認するにはTo confirm the RBS client library installation

  1. RBS_x64.msi ファイルと同じ場所に rbs_install_log.txt ログ ファイルが作成されます。テキスト エディターで rbs_install_log.txt ログ ファイルを開き、ファイルの下方にスクロールします。ファイルの最後の 20 行の中に " 製品: SQL リモート BLOB ストレージ -- インストールが正常に終了しました" というエントリがあるはずです。The rbs_install_log.txt log file is created in the same location as the RBS_x64.msi file. Open the rbs_install_log.txt log file by using a text editor and scroll toward the bottom of the file. Within the last 20 lines of the end of the file, an entry should read as follows: Product: SQL Remote Blob Storage - Installation completed successfully.

  2. SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1) または SQL Server 2008 を実行しているコンピューターで、コンテンツ データベース内に RBS テーブルが作成されていることを確認します。コンテンツ データベースの下に "mssqlrbs" で始まる名前のテーブルがいくつか存在するはずです。On the computer that is running SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1) or SQL Server 2008, verify that the RBS tables were created in the content database. Several tables should be listed under the content database that have names that are preceded by the letters "mssqlrbs".

サードパーティのプロバイダーをインストールするInstall the third-party provider

サードパーティのプロバイダーをインストールする手順は、メーカーによって異なります。必ずプロバイダーのメーカーの指示に従って操作してください。The steps that you use to install the third-part provider will vary between manufacturers. Be sure to follow the instructions from the manufacturer of the provider.

コンテンツ データベースごとに RBS を有効にするEnable RBS for each content database

SharePoint ファーム内にあるフロントエンド サーバーの 1 つで RBS を有効にする必要があります。前の手順を使用して RBS がインストールされていれば、どのフロントエンド サーバーでこの操作を行ってもかまいません。この手順は、それぞれのコンテンツ データベースで一度だけ行う必要があります。You must enable RBS on one front-end server in the SharePoint farm. It is not important which front-end server that you select for this activity, as long as RBS was installed on it by using the previous procedure. You must perform this procedure one time for each content database.

注意

RBS を有効にするには、Microsoft PowerShell を使用するしかありません。You can only enable RBS by using Microsoft PowerShell.

PowerShell を使用して RBS を有効にするにはTo enable RBS by using PowerShell

  1. 次のメンバーシップがあることを確認します。Verify that you have the following memberships:
  • SQL Server インスタンスにおける securityadmin 固定サーバー ロール。securityadmin fixed server role on the SQL Server instance.

  • 更新するすべてのデータベースに対する db_owner 固定データベース ロール。db_owner fixed database role on all databases that are to be updated.

  • PowerShell コマンドレットを実行するサーバーでの Administrators グループ。Administrators group on the server on which you are running the PowerShell cmdlets.

  1. SharePoint 管理シェルを起動します。Start the SharePoint Management Shell.

  2. PowerShell コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力します。At the PowerShell command prompt, type the following command:

$cdb = Get-SPContentDatabase <ContentDatabaseName>
$rbss = $cdb.RemoteBlobStorageSettings
$rbss.Installed()
$rbss.Enable()
$rbss.SetActiveProviderName($rbss.GetProviderNames()[0])
$rbss
<span data-ttu-id="bfc79-168">詳細は次のとおりです。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="bfc79-168">Where:</span></span>
  • <ContentDatabaseName> は、コンテンツ データベースの名前です。<ContentDatabaseName> is the name of the content database.

詳細については、「Get-SPContentDatabase」を参照してください。For more information, see Get-SPContentDatabase.

RBS インストールをテストするTest the RBS installation

SharePoint ファーム内にある Web サーバーの 1 つで RBS インストールをテストして、システムが適切に動作することを確認する必要があります。You should test the RBS installation on one Web server in the SharePoint farm to make sure that that the system works correctly.

RBS データ ストアをテストするにはTo test the RBS data store

  1. RBS データ ストアが置かれているコンピューターで、[ スタート] ボタン、[ コンピューター] の順にクリックします。On the computer that contains the RBS data store, click Start, and then click Computer.

  2. RBS データ ストア ディレクトリに移動します。Browse to the RBS data store directory.

  3. フォルダーが空であることを確認します。Confirm that the folder is empty.

  4. SharePoint ファームで、ドキュメント ライブラリにファイルをアップロードします。On the SharePoint farm, upload a file to a document library.

  5. RBS データ ストアが置かれているコンピューターで、[ スタート] ボタン、[ コンピューター] の順にクリックします。On the computer that contains the RBS data store, click Start, and then click Computer.

  6. RBS データ ストア ディレクトリに移動します。Browse to the RBS data store directory.

  7. ファイルの一覧を参照し、変更日が最新のファイルを開きます。そのファイルが先ほどアップロードしたファイルであることを確認します。Browse to the file list and open the file that has the most recent changed date. This should be the file that you uploaded.

関連項目See also

概念Concepts

SharePoint Server での RBS の概要Overview of RBS in SharePoint Server

SharePoint Server で RBS の使用を決めるDeciding to use RBS in SharePoint Server

その他のリソースOther Resources

リモート BLOB ストア (RBS) [SQL Server]Remote Blob Store (RBS) (SQL Server)

FILESTREAM の有効化と構成Enable and Configure FILESTREAM