SharePoint Server での RBS の概要Overview of RBS in SharePoint Server

適用対象: yes2013 yes2016 yes2019 SharePointOnline なしAPPLIES TO: yes2013 yes2016 yes2019 noSharePoint Online

この記事では、リモート BLOB ストレージ (RBS)、SQL Server と共に SharePoint Serverを使用してデータベース ストレージ リソースを最適化する方法について説明します。This article describes how to use SharePoint Server together with Remote BLOB Storage (RBS) and SQL Server to optimize database storage resources.

RBS を実装する前に、その潜在的なコストとメリットを評価することを強くお勧めします。SharePoint Server インストールで RBS を使用する方法に関する詳細および推奨事項については、「SharePoint Server で RBS の使用を決める」を参照してください。Before you implement RBS, we highly recommend that you evaluate its potential costs and benefits. For more information and recommendations about how to use RBS in a SharePoint Server installation, see Deciding to use RBS in SharePoint Server.

注意

特に指定のない限り、この記事の情報は、FILESTREAM プロバイダーを使用する RBS にのみ適用されます。他のプロバイダー固有のガイダンスについては、プロバイダーのメーカーに問い合わせてください。Unless otherwise specified, the information in this article is specific to RBS using the FILESTREAM provider. For guidance specific to another provider, contact the provider manufacturer.

RBS についてIntroduction to RBS

SharePoint Serverにおけるバイナリ ラージ オブジェクト (BLOB) は、データベースに格納され、その構造ではなくサイズと場所によって決まる巨大なデータの塊です。たとえば、Office ドキュメント ファイルやビデオ ファイルがこれに該当します。非構造化データとも呼ばれるこれらの BLOB は、既定では、関連するメタデータ (構造化データ) と共に直接 SharePoint コンテンツ データベースに格納されます。こうした BLOB のサイズは非常に大きくなり得るため、コンテンツ データベースの外側に BLOB を格納したほうがよい場合があります。BLOB は不変です。したがって、BLOB の新しいコピーはその BLOB のバージョンごとに格納する必要があります。このため、データベースの使用率が増加すると、そこに格納されている BLOB データの合計サイズが急増して、そのデータベースに格納されているドキュメント メタデータやその他の構造化データの合計サイズを上回ることがあります。BLOB データは多くの領域を消費する可能性があり、データベース アクセス パターンのために最適化されているサーバー リソースを使用します。そのため、BLOB データを SQL Server データベースの外に出し、汎用の記憶域またはコンテンツ アドレッサブル ストレージ (CAS) に移すことが有効な場合があります。これを実行するには、RBS が使用できます。In SharePoint Server, a binary large object (BLOB) is a large block of data stored in a database that is known by its size and location instead of by its structure — for example a Office document or a video file. By default, these BLOBs, also known as unstructured data, are stored directly in the SharePoint content database together with the associated metadata, or structured data. Because these BLOBs can be very large, it might be better to store BLOBs outside the content database. BLOBs are immutable. Therefore, a new copy of the BLOB must be stored for each version of that BLOB. Because of this, as a database's usage increases, the total size of its BLOB data can expand quickly and grow larger than the total size of the document metadata and other structured data that is stored in the database. BLOB data can consume lots of space and uses server resources that are optimized for database access patterns. Therefore, it can be helpful to move BLOB data out of the SQL Server database, and onto commodity or content addressable storage. To do this, you can use RBS.

RBS は、以下をインストールするときにインストールできるアドイン Feature Pack として組み込まれている SQL Server ライブラリ API のセットです。RBS is a SQL Server library API set that is incorporated as an add-in feature pack that you can install when you install the following:

  • SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1)SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1)

  • SQL Server 2014SQL Server 2014

  • SQL Server 2012SQL Server 2012

  • SQL Server 2008 R2 ExpressSQL Server 2008 R2 Express

  • SQL Server 2008 R2SQL Server 2008 R2

  • SQL Server 2008SQL Server 2008

RBS 機能は、SharePoint Server などのアプリケーションが、コンテンツ データベース以外の場所に BLOB を格納できるようにします。BLOB を外部に格納すると、必要とされる SQL Server データベース記憶域の領域を減らすことができます。各 BLOB のメタデータは SQL Server データベースに格納され、BLOB は RBS ストアに格納されます。The RBS feature enables applications, such as SharePoint Server, to store BLOBs in a location outside the content databases. Storing the BLOBs externally can reduce how much SQL Server database storage space is required. The metadata for each BLOB is stored in the SQL Server database and the BLOB is stored in the RBS store.

SharePoint Serverは、RBS の機能を使用して、BLOB をコンテンツ データベースの外側に格納します。SQL Server と SharePoint Serverは連携して、データベース レコードと RBS 外部ストアのコンテンツ間のデータ整合性をデータベース単位で管理します。SharePoint Server uses the RBS feature to store BLOBs outside the content database. SQL Server and SharePoint Server jointly manage the data integrity between the database records and contents of the RBS external store on a per-database basis.

RBS は、次のコンポーネントで構成されています。RBS is composed of the following components:

  • RBS クライアント ライブラリRBS client library

    RBS クライアント ライブラリは、SharePoint Serverと共に BLOB ストレージを調整する管理されたライブラリ、SQL Server、および RBS プロバイダー コンポーネントで構成されます。An RBS client library consists of a managed library that coordinates the BLOB storage with SharePoint Server, SQL Server, and RBS provider components.

  • リモート BLOB ストレージ プロバイダーRemote BLOB Storage provider

    RBS プロバイダーは、管理されたライブラリ、および BLOB ストアと通信するネイティブ ライブラリのセット (オプション) で構成されます。An RBS provider consists of a managed library and, optionally, a set of native libraries that communicate with the BLOB store.

    RBS プロバイダーの例として、SQL FILESTREAM プロバイダーがあります。SQL FILESTREAM プロバイダーは、SQL Server 2014 (SP1) と NTFS ファイル システムを組み合わせて使用して、BLOB データの保管と BLOB データへの効率的なアクセスを可能にする SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1) のアドイン機能です。FILESTREAM の詳細については、「FILESTREAM (SQL Server)」を参照してください。FILESTREAM を有効にして構成する方法の詳細については、「FILESTREAM の有効化と構成」を参照してください。An example of an RBS provider is the SQL FILESTREAM provider. The SQL FILESTREAM provider is an add-in feature of SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1) that enables storage of and efficient access to BLOB data by using a combination of SQL Server 2014 (SP1) and the NTFS file system. For more information about FILESTREAM, see FILESTREAM (SQL Server) For information about how to enable and configure FILESTREAM, see Enable and Configure FILESTREAM.

  • BLOB ストアBLOB store

    BLOB ストアは、BLOB データの格納に使用されるエンティティです。これは、コンテンツ アドレッサブル ストレージ (CAS) ソリューション、サーバー メッセージ ブロック (SMB) をサポートするファイル サーバー、または SQL Server データベースのいずれかになります。A BLOB store is an entity that is used to store BLOB data. This can be a content-addressable storage (CAS) solution, a file server that supports Server Message Block (SMB), or a SQL Server database.

RBS プロバイダーRBS providers

RBS は、プロバイダーを使用して、RBS API を使用した任意の専用 BLOB ストアに接続します。SharePoint Serverは、こうしたプロバイダー経由で RBS API を使用して BLOB データにアクセスする BLOB ストレージ実装をサポートします。RBS プロバイダーには、ローカルとリモートの 2 種類があります。RBS uses a provider to connect to any dedicated BLOB store that uses the RBS APIs. SharePoint Server supports a BLOB storage implementation that accesses BLOB data by using the RBS APIs through such a provider. There are two kinds of RBS providers, local and remote.

RBS プロバイダーが BLOB データを保存する場所は、使用するプロバイダーに応じて変わります。FILESTREAM プロバイダーの場合には、データの保存先は .mdf ファイルではなく、データベースに関連付けられた別のフォルダーとなります。The location in which an RBS provider stores the BLOB data depends on the provider that you use. In the case of the FILESTREAM provider, the data is not stored in the .mdf file. Instead, it is stored in another folder that is associated with the database.

ローカル RBS プロバイダーLocal RBS provider

ローカル プロバイダーは、データベースの外側といっても SQL Server を実行しているのと同じサーバー上に BLOB を格納します。ローカルの RBS FILESTREAM プロバイダーを使用して、抽出された BLOB データを別の (つまり、リソース消費のより少ない) ローカル ディスクに配置することで、リソースを節約できます。BLOB はメタデータと同じファイルグループに格納されるため、サーバーの全体管理 におけるバックアップや復元といった SharePoint Server の機能を使用できます。A local provider stores the BLOBS outside the database but on the same server that is running SQL Server. You can conserve resources by using the local RBS FILESTREAM provider to put the extracted BLOB data on a different (that is, less resource-intensive) local disk. Because the BLOBs are stored in the same Filegroup as the metadata, SharePoint Server features, such as backup and restore in Central Administration, can be used.

RBS FILESTREAM プロバイダーは、SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1) をインストールするときにアドインとして入手可能です。RBS FILESTREAM プロバイダーは、SQL Server FILESTREAM 機能を使用して、同じデータベースに接続されていてサーバー上にローカルに保存されている追加的なリソースに BLOB を格納します。FILESTREAM 機能は、基盤となる NTFS ファイル システムを使用して、SQL データベース内の BLOB を管理します。The RBS FILESTREAM provider is available as an add-in when you install SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1). The RBS FILESTREAM provider uses the SQL Server FILESTREAM feature to store BLOBs in an additional resource that is attached to the same database and stored locally on the server. The FILESTREAM feature manages BLOBs in a SQL database by using the underlying NTFS file system.

重要

ローカル RBS FILESTREAM プロバイダーは、ローカル ハード ディスク ドライブまたは接続されている Internet Small Computer System Interface (iSCSI) デバイス上で使用する場合にのみサポートされています。ネットワーク接続ストレージ (NAS) などのリモート ストレージ デバイス上では、ローカル FILESTREAM プロバイダーを使用できません。The local FILESTREAM provider is supported only when it is used on local hard disk drives or an attached Internet Small Computer System Interface (iSCSI) device. You cannot use the local RBS FILESTREAM provider on remote storage devices such as network attached storage (NAS).

リモート RBS プロバイダーRemote RBS provider

リモート RBS プロバイダーは、BLOB を別のサーバーに格納します。通常、これはデータベース サーバーと同じネットワーク上にある別のボリュームです。A remote RBS provider stores the BLOBs on a separate server. This is typically on a separate volume on the same network as the database server.

BLOB はメタデータと同じファイルグループには格納されないため、一部の SharePoint Server 機能 (たとえば、サーバーの全体管理のバックアップや復元) は、リモート RBS プロバイダーでは使用できません。メタデータと BLOB は、別々に管理する必要があります。こうしたプロバイダーでどんな機能が使用できるのかの詳細については、プロバイダーの製造元に問い合わせてください。Because the BLOBs are not stored in the same Filegroup with the metadata, some SharePoint Server features — for example, backup and restore in Central Administration — cannot be used with remote RBS providers. The metadata and the BLOBs must be managed separately. For more information about what features can be used with the provider, contact the provider manufacturer.

RBS を SharePoint Server と共に使用するUsing RBS together with SharePoint Server

SharePoint Server 2016 は、SQL Server 2014 (SP1) に含まれている FILESTREAM プロバイダーをサポートしています。RBS のこのバージョンは SQL Server のインストール メディアに含まれていますが、SQL Server セットアップ プログラムではインストールされません。SharePoint Server 2016 supports the FILESTREAM provider that is included in SQL Server 2014 (SP1). This version of RBS is included on the SQL Server installation media, but is not installed by the SQL Server Setup program..

SharePoint 2013 は、SQL Server 2008 R2 用 Feature Pack に含まれる SQL Server リモート BLOB ストア インストール パッケージ、SQL Server 2012、および SQL Server 2014 に含まれる FILESTREAM プロバイダーをサポートします。これらのバージョンの RBS は次の場所で使用できます。SharePoint 2013 supports the FILESTREAM provider that is included in the SQL Server Remote BLOB Store installation package from the Feature Pack for SQL Server 2008 R2, SQL Server 2012, and SQL Server 2014. These versions of RBS are available at the following locations:

SharePoint Server 2016 がサポートする RBS のバージョンは、SQL Server 2014 用の SQL Server Remote BLOB Store インストール パッケージのみであることに注意してください。SharePoint 2013 がサポートする RBS のバージョンは SQL Server 2008 R2 用 Feature Pack に含まれる SQL Server リモート BLOB ストア インストール パッケージ 以降のみです。以前のバージョンはサポートされていません。サード パーティ製の RBS プロバイダーと RBS API を使用して、SharePoint Server と互換性のある BLOB ストレージ ソリューションを作成することもできます。Be aware that SQL Server Remote BLOB Store installation package for SQL Server 2014 is the only version of RBS that is supported by SharePoint Server 2016. SQL Server Remote BLOB Store installation package from the Feature Pack for SQL Server 2008 R2 and later are the only versions of RBS that are supported by SharePoint 2013. Earlier versions are not supported. Third-party RBS providers can also be used with the RBS APIs to create a BLOB storage solution that is compatible with SharePoint Server.

SharePoint Serverでは、サイト コレクションのバックアップと復元、およびサイトのインポートまたはエクスポートにおいては、使用している RBS プロバイダーに関係なく、ファイルのコンテンツがダウンロードされ、再度サーバーにアップロードされます。このプロセスは、ディープ コピーと呼ばれます。ただし、SharePoint Serverのファーム データベースのバックアップと復元の操作でサポートされているプロバイダーは、現時点では FILESTREAM プロバイダーのみです。In SharePoint Server, site collection backup and restore and site import or export will download the file contents and upload them back to the server regardless of which RBS provider is being used. This process is known as a deep copy. However, the FILESTREAM provider is the only provider that is currently supported for SharePoint Server farm database backup and restore operations.

RBS を使用するには、SharePoint Server がインストールされている各サーバーとそのトポロジ内の各データベース サーバーに RBS プロバイダーをインストールする必要があります。こうしたプロバイダーには、RBS API のメソッドを実装し、BLOB 外部化の実際の操作を実行する DLL のセットが含まれます。To use RBS, you must install an RBS provider on each server where SharePoint Server is installed and on each database server in the topology. The provider includes a set of DLLs that implement methods for the RBS APIs and perform the actual operation of externalizing the BLOBs.

注意

RBS プロバイダーがインストールされていない SharePoint Server アプリケーション サーバーで Visio Web サービスを実行する場合、このサーバーから Visio 図面を開こうとすると、Visio のエラーが発生します。Visio Graphics Service を実行する SharePoint Server サーバーで Visio 図面を開く場合は、このサーバーに RBS クライアントをインストールする必要があります。If Visio web services runs on SharePoint Server application servers that do not have an RBS provider installed, a Visio error occurs when you attempt to open a Visio diagram from this server. You must install an RBS client on SharePoint Server servers that run the Visio Graphics Service if you want to open Visio diagrams on that server.

SharePoint Server 2016: RBS をリモート サーバーで実行するには、メタデータがデータベースに格納されている、SQL Server を実行しているサーバーで SQL Server 2014 (SP1) Enterprise を実行している必要があります。SharePoint Server 2016: To run RBS on a remote server, you must be running SQL Server 2014 (SP1) Enterprise on the server that is running SQL Server where the metadata is stored in the database.

SharePoint Server 2016 のコンテンツ データベースとは別の RBS ストアに BLOB データを格納する予定の場合は、SQL Server 2014 (SP1) を実行する必要があります。これは、すべての RBS プロバイダーに当てはまります。If you plan to store BLOB data in an RBS store that differs from your SharePoint Server 2016 content databases, you must run SQL Server 2014 (SP1). This is true for all RBS providers.

SharePoint Server 2013: RBS をリモート サーバーで実行するには、メタデータがデータベースに格納された、SQL Server を実行しているサーバーで、SQL Server 2008 R2、SQL Server 2012、または SQL Server 2014 Enterprise を実行している必要があります。SharePoint Server 2013: To run RBS on a remote server, you must be running SQL Server 2008 R2, SQL Server 2012, or SQL Server 2014 Enterprise on the server that is running SQL Server where the metadata is stored in the database.

SharePoint 2013 のコンテンツ データベースとは別の RBS ストアに BLOB データを格納する予定の場合は、SQL Server 2008 SP1 (累積的な更新プログラム 2 を適用済み)、SQL Server 2012、または SQL Server 2014 を実行する必要があります。これは、すべての RBS プロバイダーに当てはまります。If you plan to store BLOB data in an RBS store that differs from your SharePoint 2013 content databases, you must run SQL Server 2008 with SP1 and Cumulative Update 2, SQL Server 2012, or SQL Server 2014. This is true for all RBS providers.

4 GB を超えるコンテンツ データベースを持つ Windows SharePoint Services 3.0 のスタンドアロン インストールから SharePoint 2013 へのアップグレードで推奨されている FILESTREAM プロバイダーは、データを現在のコンテンツ データベースに対してローカルに関連付けます。SQL Server は必要ありません。The FILESTREAM provider that is recommended for upgrading from stand-alone installations of Windows SharePoint Services 3.0 that have content databases that are over 4 gigabytes (GB) to SharePoint 2013 associates data locally with the current content database, and does not require SQL Server Enterprise.

重要

RBS を使用すると BLOB データを外部に格納できますが、こうした BLOB については、SharePoint Server以外のいかなるツールや製品を使用したアクセスまたは変更もサポートされていません。すべてのアクセスは、SharePoint Serverのみを使用して行う必要があります。Although RBS can be used to store BLOB data externally, accessing or changing those BLOBs is not supported using any tool or product other than SharePoint Server. All access must occur by using SharePoint Server only.

関連項目See also

その他のリソースOther Resources

バイナリ ラージ オブジェクト (Blob) データ (SQLServer)Binary Large Object (Blob) Data (SQL Server)

FILESTREAM (SQL Server)FILESTREAM (SQL Server)

リモート BLOB ストア プロバイダー ライブラリの実装の仕様Remote BLOB Store Provider Library Implementation Specification

SharePoint 2013 および SQL Server 2012 で RBS をインストールおよび構成するInstall and configure RBS with SharePoint 2013 and SQL Server 2012