ソフトウェア更新プログラムをインストールする (SharePoint Server 2013)Install a software update for SharePoint Server 2013

概要: SharePoint 2013 ファームのサーバーにソフトウェア更新プログラムをインストールして、ビルドからビルドへのアップグレードを行います。Summary: Install a software update to perform a build-to-build upgrade on servers in a SharePoint 2013 farm.

はじめにBefore you begin

ソフトウェア更新プロセスを開始する前に、必要な権限、ハードウェア要件、ソフトウェア要件、および更新プロセスに関する以下の情報を確認してください。Before you begin the software update process, review the following information about permissions, hardware requirements, software requirements, and update processes.

この記事の手順を実行するには、以下のメンバーシップとロールが必要です。To perform the procedures in this article, you must have the following memberships and roles:

  • SQL Server インスタンスの securityadmin 固定サーバー ロールsecurityadmin fixed server role on the SQL Server instance

  • 更新するすべてのデータベースの db_owner 固定データベース ロールdb_owner fixed database role on all databases that are to be updated

  • Microsoft PowerShell コマンドレットを実行するサーバーのローカル管理者Local administrator on the server on which you run the Microsoft PowerShell cmdlets

更新プログラムをインストールする前に、次の条件を満たしていることを確認します。Before you install an update, verify that the following conditions are satisfied:

  • すべてのフロントエンド Web サーバーがロード バランサーで負荷分散され、ローテーションで運用されている。All front-end web servers are load balanced together and are in rotation with the load balancer.

  • すべてのファーム サーバーが正常に動作します。Get SPEnterpriseSearchStatus マイクロソフトの PowerShell コマンドレットを使用して、またはサーバーの全体管理に移動して検索、サーバーの状態を表示することができます > サービス アプリケーションの管理 > Search_service_application_nameAll farm servers are operating properly. For Search, you can view server status by using the Microsoft PowerShell cmdlet Get-SPEnterpriseSearchStatus or by going to Central Administration > Manage Service Applications > Search_service_application_name.

  • すべてのデータベースがアクティブで、適切に動作している。All databases are active and operating properly.

上記の条件を 1 つでも満たしていない場合は、更新プログラムを起動しないでください。すべての問題を解決してから続行します。Do not start the update if any of the preceding conditions are not satisfied. Resolve all issues before you continue.

SharePoint 2013 では、更新プログラムの適用フェーズの終了後に一部のアップグレード エラーを処理できます。しかし、ビルドからビルドへのアップグレードが失敗した場合は、バックアップからの復元を行わなければならない可能性があります。したがって、更新プロセスを開始する前に完全バックアップを必ず実行してください。復元が完了したら、更新を再開できます。その時点で既に完了しているタスクは再度実行されません。詳細については、以下を参照してください。SharePoint 2013 can handle certain upgrade failures after the patching phase finishes. However, if the build-to-build upgrade fails, you might have to restore from a backup. Therefore, make sure that you perform a full backup before you start the update process. After the restore is complete, you can resume the update. Completed tasks do not run again. For more information, see the following resources:

更新方法を決定するDetermine the update strategy

ソフトウェア更新プログラムの展開を開始する前に、更新方法を使用するには、SharePoint 2013 環境に最適なことを確認します。ダウンタイムの削減、コスト、複雑さなど、使用してソフトウェア更新プログラムを展開する戦略を決定するいくつかの要因があります。(SharePoint 2013) のソフトウェア更新プログラムを展開する準備の「 SharePoint 2013 のソフトウェア更新プログラムを展開する準備フローチャートを使用して、使用する更新方法を決定する: インプレース、データベース接続、またはその組み合わせ。方法の詳細についてはデータベース接続のプロセスは、 SharePoint 2013 を SharePoint 2010 のアップグレード プロセスの概要の図を参照してください。Before you start to deploy a software update, verify that the update strategy that you plan to use is optimal for your SharePoint 2013 environment. There are several factors, such as downtime reduction, cost, and complexity that determine the strategy to use to deploy a software update. Use the flowchart in the Prepare to deploy software updates for SharePoint 2013 section of Prepare to deploy software updates (SharePoint 2013) to determine the update strategy that you want to use: in-place, database-attach, or a combination. For more information about how the database-attach process works, see the diagrams in Overview of the upgrade process from SharePoint 2010 to SharePoint 2013.

注意

この記事のリンクの中には、ビルドからビルドへのアップグレードではなく、バージョンからバージョンへのアップグレードについて扱ったコンテンツに移動するものがあります。しかし、これらの 2 種類のアップグレードの一般的なプロセスは類似しています。 たとえば、データベースのアップグレードのフェーズは、ビルドからビルドへのアップグレードでもバージョンからバージョンへのアップグレードでも基本的に同じです。Certain links in this article go to content that is about version-to-version upgrade rather than build-to-build upgrade. However, the general process is similar for the two types of upgrade. For example, the database upgrade phase is essentially the same for build-to-build upgrade and version-to-version upgrade.

インストールの進行状況を監視するMonitor installation progress

更新プログラムの展開処理を監視して、更新が予定どおりに進んでいることを確認します。問題が発生して処理が中断したり、更新後のファーム内の要素が期待どおりに機能しないことがあります。データベースの同期とカスタマイズには特に注意が必要です。Monitor the process that deploys updates to verify that the update is proceeding as planned. There might be issues that block the update or that result in an updated farm that has elements that do not work as expected. Pay extra attention to database synchronization and customizations.

サーバーの全体管理 の [ アップグレードと移行] ページを使用して、製品および更新プログラムのインストールの状態、データの状態、およびアップグレードの状態をリアルタイムで確認することをお勧めします。We recommend that you use the Upgrade and Migration page in Central Administration as the primary tool to view product and patch installation status, data status, and update status in real time.

セットアップの実行後、ログ ファイルを表示し、Microsoft PowerShell を使用してインストールの進行状況を確認することもできます。After Setup runs, you can also view the log files and use Microsoft PowerShell to check installation progress.

初期状態Initial state

次の図に、この記事の更新プログラムの適用シナリオの例で使用するファーム トポロジを示します。The following illustration shows the farm topology that is used as an example for each patching scenario that is described in this article.

修正プログラム適用のためのファーム トポロジの例を示しています

続行する準備ができたら、この記事に挙げる以下の手順の中から 1 つだけを実行して、更新プログラムをインストールします。When you are ready to continue, perform only one of the following procedures in this article to install the update:

  • 下位互換性のないインプレース方式を使用するUse the in-place method without backward compatibility

  • 下位互換性のあるインプレース方式を使用するUse the in-place method with backward compatibility

  • データベース アタッチ方式を使用して既存コンテンツの高可用性を維持するUse the database attach method for high availability of existing content

下位互換性のないインプレース方式を使用するUse the in-place method without backward compatibility

このシナリオでは無効にする、フロント エンド web サーバーへの着信方向の要求、ファーム全体を実質上停止します。すべてのファーム サーバーに更新プログラムをインストールします。この戦略では、更新プログラムとSharePoint 2013 に SharePoint 2010 のアップグレード プロセスの概要SharePoint サーバーの 2016年のソフトウェア更新プログラムの概要」に記載されているビルドへのアップグレード フェーズを結合します。In this scenario you disable incoming requests to the front-end web servers, thus effectively shutting down the entire farm. Then you install the update on all the farm servers. This strategy combines the update and the build-to-build upgrade phase that is described in the Software updates overview for SharePoint Server 2016 section of Overview of the upgrade process from SharePoint 2010 to SharePoint 2013.

次の図に、ファームに更新プログラムをインストールするのに必要な手順を示します。この図は、続きの操作 (「下位互換性のない更新プログラムをインストールするには 」) の各手順を実行する際に参考にできます。The following illustration shows the steps that are required to install the update on the farm. You can use the illustration as a guide as you go through the steps in the procedure that follows ("To install an update without backward compatibility").

各フロントエンド Web サーバーをオフラインにし、修正プログラムを適用し、オンラインに戻すという操作をどのように行うを示しています。各アプリケーション サーバーで SharePoint 製品構成ウィザードを実行し、続いて各フロントエンド Web サーバーで SharePoint 製品構成ウィザードを実行します。

下位互換性のない更新プログラムをインストールするのにはTo install an update without backward compatibility

  1. 更新プログラムのインストール中はファームが使用できなくなることをユーザーに通知しておきます。Notify users that the farm will not be available while you are installing the update.

  2. すべての Web サーバー (WEB-1 ~ WEB-4) をロード バランサーのローテーションから外すか、ロード バランサーを一時停止してサーバーへの着信要求を停止します。Remove all web servers (WEB-1 to WEB-4) from rotation in the load balancer, or pause the load balancer to stop incoming requests to the servers.

  3. 更新プログラムの実行ファイルを実行して、サーバーの全体管理 をホストするアプリケーション サーバー (APP-1) に更新プログラムをインストールします。Run the update executable file to install the update on the application server that hosts Central Administration (APP-1).

  4. ホスト検索コンポーネント (アプリケーション-2) でその他のすべてのアプリケーション サーバーの更新プログラムをインストールする更新プログラムの実行可能ファイルを実行します。これを行うには、この記事で後でSharePoint サーバーの 2016年のソフトウェア更新プログラムのインストールに表示される手順を実行し、この手順の次の手順に戻ります。この時点でこれらのサーバーに SharePoint 製品構成ウィザードを実行できません。Run the update executable file to install the update on all other application servers that host Search components (APP-2). To do this, perform the procedure Install a software update for SharePoint Server 2016 which appears later in this article, and then return to the next step in this procedure. Do not run the SharePoint Products Configuration Wizard on these servers at this time.

  5. アップグレード ログ ファイルを調べて、アプリケーション サーバーがすべて正常に更新されたことを確認します。Review the upgrade log files to verify that all the application servers were updated successfully.

    アップグレード ログ ファイルとアップグレード エラー ログ ファイルは、%COMMONPROGRAMFILES%\Microsoft にサーバーの extensions\15\LOGS にあります。次の形式では、アップグレード ログ ファイル名: アップグレードの_日付-時刻-SSS_.log、 YYYYMMDD_は、日付、_時刻 SSS_では、時間 (24 時間制形式、分、秒、ミリ秒単位の時間)。アップグレード エラー ログ ファイルは、すべてのエラーや警告は、アップグレードの_日付-時刻-SSS_という短い方のファイルを組み合わせて、error.log。The upgrade log file and the upgrade error log file are located at %COMMONPROGRAMFILES%\Microsoft Shared\Web server extensions\15\LOGS. Upgrade log file names are in the following format: Upgrade- _YYYYMMDD-HHMMSS-SSS.log, where YYYYMMDD is the date and HHMMSS-SSS is the time (hours in 24-hour clock format, minutes, seconds, and milliseconds). The upgrade error log file combines all errors and warnings in a shorter file that is named Upgrade- YYYYMMDD-HHMMSS-SSS-error.log.

  6. 1 番目の Web サーバー (WEB-1) にログオンします。Log on to the first web server (WEB-1).

  7. 実行ファイルを実行して、この Web サーバーに更新プログラムをインストールします。Run the executable file to install the update on the web server.

  8. 実行ファイルを実行して、残りの Web サーバー (WEB-2、WEB-3、および WEB-4) に更新プログラムをインストールします。Run the executable file to install the update on the remaining web servers (WEB-2, WEB-3, and WEB-4).

  9. アップグレード ログ ファイルを調べて、Web サーバーがすべて正常に更新されたことを確認します。Review the upgrade log files to verify that all the web servers were updated successfully.

  10. サーバーの全体管理サーバー (アプリケーション 1) では、SharePoint 製品構成ウィザードを実行します。構成データベースをアップグレードして、各コンテンツ データベースをアップグレードします。ウィザードを実行する方法の詳細については、資料3 層ファーム用の複数のサーバー間での SharePoint 2013 のインストール複数のサーバーの SharePoint サーバー 2016 のインストールを参照してください。Run the SharePoint Products Configuration Wizard on the Central Administration server (APP-1). This will upgrade the configuration database and upgrade each content database. For information about how to run the wizard, see Install SharePoint Server 2016 across multiple servers in the article Install SharePoint 2013 across multiple servers for a three-tier farm.

  11. 他のアプリケーション サーバーで SharePoint 製品構成ウィザード を実行します。Run the SharePoint Products Configuration Wizard on the other application servers.

  12. 1 番目の Web サーバーで SharePoint 製品構成ウィザード を実行します。Run the SharePoint Products Configuration Wizard on the first web server (WEB-1).

    注意

    特定のサーバーで更新プログラムが失敗した場合に、そのエラーが他の Web サーバーに伝播していないことを、構成ウィザードを実行して確認します。たとえば、1 台のサーバーで更新が失敗すると、1 つ以上のサイト コレクションで更新が失敗することがあります。Run the configuration wizard to ensure that if an update fails for a specific server, the error is not propagated to the other web servers. For example, a failed update for one server could make the update fail for one or more site collections.

  13. 上記の手順を残りの各 Web サーバーに対して繰り返します。Repeat the preceding step for each remaining web server.

  14. 更新が正常に完了したことを確認します。詳細については、「SharePoint 2013 のデータベースのアップグレードを検証する」を参照してください。Verify update completion and success. For more information, see Verify database upgrades in SharePoint 2013.

  15. Web サーバー (WEB-1 ~ WEB-4) をロード バランサーのローテーションに戻すか、ロード バランサーを再開してサーバーへの着信要求を有効にします。Add the web servers (WEB-1 to WEB-4) to the rotation in the load balancer, or start the load balancer to enable incoming requests to the servers.

  16. ファームが使用可能であることをユーザーに通知します。更新プログラムのインストールは終了しました。記事の内容の実行もこれで終わりです。Notify users that the farm is available. You are finished installing the update and using this article.

下位互換性のあるインプレース方式を使用するUse the in-place method with backward compatibility

このシナリオでは、SharePoint 2013 の下位互換性と遅延アップグレード機能を使用して、ソフトウェア更新プログラムの展開に必要なファームのダウンタイムを短縮します。ただし、ダウンタイムは完全にはなくなりません。データベース コンテンツのアップグレード中は、サイトとサービスを使用できません。This scenario takes advantage of the backward compatibility of SharePoint 2013 and the deferred upgrade feature to reduce the farm downtime that is required to deploy a software update. However, downtime is not completely eliminated. The sites and services will not be available while the database content is being upgraded.

この更新シナリオでは、2 つのフェーズを使用して、ファーム サーバーに更新プログラムをインストールします。これらのフェーズは次のとおりです。This update scenario uses two phases to install the update on farm servers. These phases are as follows:

  1. ファーム サーバーに更新プログラムをインストールします。Install the update on the farm servers.

  2. ビルドからビルドへのアップグレードを実行し、更新プログラムの適用処理を完了します。Perform a build-to-build upgrade to complete the patching process.

重要

更新フェーズ中、ファームは、最小限のダウンタイムで運用を続行できます。ただし、ビルドからビルドへのアップグレード フェーズ中は使用できません。ファームのアップグレード中に、ユーザーがコンテンツにアクセスを試みると、リソースの競合とロックが原因で、アップグレードが失敗したり、アップグレード処理が極端に低速になったりする可能性があります。このようなアクセス試行のテストは現段階では未実施で、サポートしていません。During the update phase, the farm can continue to be in production with minimal downtime. However, during the build-to-build upgrade phase, the farm will be unavailable. If users attempt to access content while the farm is upgrading, the result could be failed upgrades or excessive slowdowns in the upgrade process because of resource contention and locking. Such an attempt is unsupported and untested.

詳細については、 SharePoint 2013 を SharePoint 2010 のアップグレード プロセスの概要について説明するSharePoint Server 2016 のソフトウェア更新プログラムの概要」を参照してください。For more information, see the Software updates overview for SharePoint Server 2016 section in Overview of the upgrade process from SharePoint 2010 to SharePoint 2013.

更新フェーズUpdate phase

次の図に、ファームに更新プログラムをインストールするのに必要な手順を示します。この図は、次の操作 (「更新プログラムをインストールするには」) の各手順を実行する際に参照できます。The following illustration shows the steps that are required to install the update on the farm. You can use the illustration as a guide as you go through the steps in the following procedure, "To install the update".

下位互換性のある一括手法を採用すると、Web サーバーの半分をオフラインにし、それらに修正プログラムを適用し、オンラインに戻し、続いて残りの Web サーバーにも同じ操作を行うという処理がどのように進行するかを示しています。このステップでは SharePoint 製品構成ウィザードは実行されません。

更新プログラムをインストールするにはTo install the update

  1. 半分の Web サーバー (WEB-1 と WEB-2) をロード バランサーのローテーションから外すか、ロード バランサーを一時停止してサーバーへの着信要求を停止します。Remove half of the web servers (WEB-1 and WEB-2) from rotation in the load balancer, or pause the load balancer to stop incoming requests to the servers.

  2. 負荷分散のローテーションから外した各 Web サーバー (WEB-1 と WEB-2) で実行ファイルを実行して、更新プログラムをインストールします。これらのサーバーで SharePoint 製品構成ウィザード を実行しないでください。更新ログ ファイルを調べて、これらの Web サーバーが正常に更新されたことを確認します。On each web server that is out of the load-balancing rotation (WEB-1 and WEB-2), run the executable file to install the update. Do not run the SharePoint Products Configuration Wizard on these servers. Verify that these web servers were updated successfully by reviewing the upgrade log files.

    アップグレード ログ ファイルとアップグレード エラー ログ ファイルは、%COMMONPROGRAMFILES%\Microsoft にサーバーの extensions\15\LOGS にあります。次の形式では、アップグレード ログ ファイル名: アップグレードの_日付-時刻-SSS_.log、 YYYYMMDD_は、日付、_時刻 SSS_では、時間 (24 時間制形式、分、秒、ミリ秒単位の時間)。アップグレード エラー ログ ファイルは、すべてのエラーや警告は、アップグレードの_日付-時刻-SSS_という短い方のファイルを組み合わせて、error.log。The upgrade log file and the upgrade error log file are located at %COMMONPROGRAMFILES%\Microsoft Shared\Web server extensions\15\LOGS. Upgrade log file names are in the following format: Upgrade- _YYYYMMDD-HHMMSS-SSS.log, where YYYYMMDD is the date and HHMMSS-SSS is the time (hours in 24-hour clock format, minutes, seconds, and milliseconds). The upgrade error log file combines all errors and warnings in a shorter file that is named Upgrade- YYYYMMDD-HHMMSS-SSS-error.log.

  3. 残りの Web サーバー (WEB-3 と WEB-4) をロード バランサーのローテーションから外すか、ロード バランサーを一時停止してサーバーへの着信要求を停止します。Remove the remaining web servers (WEB-3 and WEB-4) from rotation in the load balancer, or pause the load balancer to stop incoming requests to the servers.

  4. 更新済みの Web サーバー (WEB-1 と WEB-2) を負荷分散のローテーションに戻します。Add the updated web servers (WEB-1 and WEB-2) back into the load-balancing rotation.

  5. 負荷分散のローテーションから外した各 Web サーバーで実行ファイルを実行して、更新プログラムをインストールします。この時点ではこれらのサーバーで SharePoint 製品構成ウィザード を実行しないでください。更新ログ ファイルを調べて、Web サーバーが両方とも正常に更新されたことを確認します。On each web server that is out of the load-balancing rotation, run the executable file to install the update. Do not run the SharePoint Products Configuration Wizard on these servers at this time. Verify that both of the web servers were updated successfully by reviewing the upgrade log files.

  6. 更新済みの Web サーバー (WEB-3 と WEB-4) を負荷分散のローテーションに戻します。Add the updated web servers (WEB-3 and WEB-4) back to the load-balancing rotation.

  7. (アプリケーション 1、アプリケーション 2) に、検索コンポーネントをホストするすべてのアプリケーション サーバーで更新プログラムをインストールします。これを行うには、この記事で後でSharePoint サーバーの 2016年のソフトウェア更新プログラムのインストールに表示される手順を実行し、この手順の次の手順に戻ります。この時点で、SharePoint 製品構成ウィザードを実行できません。Install the update on all application servers that host Search components (APP-1 and APP-2). To do this, perform the procedure Install a software update for SharePoint Server 2016 which appears later in this article, and then return to the next step in this procedure. Do not run the SharePoint Products Configuration Wizard at this time.

  8. 検索コンポーネントをホストしない追加のアプリケーション サーバーがファームにある場合、それらのサーバーで更新プログラムの実行ファイルを実行して、更新プログラムをインストールします。この時点ではこれらのサーバーで SharePoint 製品構成ウィザード を実行しないでください。If your farm has additional application servers that do not host Search components, run the update executable file to install the update on these servers. Do not run the SharePoint Products Configuration Wizard on these servers at this time.

  9. 更新ログ ファイルを調べて、これらのアプリケーション サーバーが正常に更新されたことを確認します。Review the upgrade log files to verify that these application servers were updated successfully.

この時点では、どのファーム サーバーでも SharePoint 製品構成ウィザード を実行していないため、データベースとその他の構成要素 (設定、機能、サイトレベルのデータなど) をアップグレードする必要が残っています。ただし、ファームは、下位互換性モードで実行できる必要があります。At this point in the process, the databases and other components such as settings, features, and site-level data must still be upgraded because the SharePoint Products Configuration Wizard was not run on any of the farm servers. However, the farm should be capable of running in backward compatibility mode.

アップグレード フェーズUpgrade phase

次の図に、ファーム サーバーをアップグレードすることにより、更新プログラムの適用処理を終了するのに必要な一連の手順を示します。この処理の実行中、ユーザーは、アップグレード中のサイトを使用できません。The following illustration shows the steps that upgrade the farm servers to finish the patching process. During this process, the sites that are being upgraded will not be available to users.

一括ソフトウェア更新のアップグレード フェーズ中に使用する手順

次の操作の手順を使用するときは、上記の図を参考にしてください。Use the preceding illustration as a guide to follow the steps in the following procedure.

重要

各サーバーのアップグレードの状態を監視してから、次のサーバーのアップグレードに進みます。アップグレードを開始する前に、ファームをバックアップすることを強くお勧めします。Monitor the status of the upgrade on each server before you upgrade the next server in the sequence. We recommend that you create a backup of the farm before you begin to upgrade.

次の手順は、ファームをアップグレードするすべてのステップを示しています。機能が停止している間にすべてのコンポーネントをアップグレードすることも、停止時間を分割して各時間内にファームのパーツを個別にアップグレードすることもできます。アップグレードを段階的に行う場合は、次のコンポーネントを停止時間を分けてアップグレードできます。The following procedure shows all the steps to upgrade the farm. You can upgrade all components within the same outage window, or you can take some smaller outage windows and upgrade separate parts of the farm at different times. If you want to break up the upgrade stage, you can upgrade the following components in separate outage windows:

  • サービスServices

    ソフトウェア更新プログラムに、適用する必要があるサービスへの更新が含まれている場合は、サービスのアップグレード後に、ファームの稼働を再開できます (次の操作の手順 8)。その後、ファームをさらに長い時間停止できる状況になったら、コンテンツとファームをアップグレードします。If the software update contains updates to services that must be applied, you can upgrade the service, and then resume operating the farm (step 8 in the following procedure) until it is possible to take a longer farm outage to complete the content and farm upgrade.

  • コンテンツ データベースContent databases

    ファームを短時間停止して、その都度、少数のコンテンツ データベースをアップグレードできます (次の操作の手順 3 および 4)。その後、ファームの稼働を再開できます (次の操作の手順 8)。停止時間を継続的に設定してアップグレードを繰り返すことにより、最終的にすべてのコンテンツをアップグレードして、ファーム サーバーをアップグレードできる状態にします。You can take a short farm outage to upgrade only a few content databases (steps 3 and 4 in the following procedure) each time and then resume farm operation (step 8 in the following procedure). You can repeat the process over successive outage windows until you upgrade all content and the farm servers are ready to be upgraded.

    また、コンテンツ データベース数がわずかであれば、各コンテンツ データベースを並行して同時にアップグレードすることもできます。ただし、コンテンツ データベースが大量にある場合は、並行してアップグレードしないでください。アップグレード処理全体が低速になり、それだけ停止時間が長くなります。同じ SQL Server ボリュームにあるコンテンツ データベースを一度に 3 つ以上アップグレードすることはお勧めできません。このような場合は、各コンテンツ データベースのアップグレードの開始時間を数分ずつずらして並行して行うようにして、アップグレード処理の開始時にロックが競合するのを回避します。また、単一の Web サーバーまたはアプリケーション サーバー上のアップグレード対象のコンテンツ データベースの数を制限します。追加のアップグレード処理が発生するたびに比較的多くのリソースが使用されます。一般に、1 台の Web サーバーまたはアプリケーション サーバーでアップグレードできるコンテンツ データベースの数は 4 つです。ただし、アップグレードを Web サーバーまたはアプリケーション サーバーのどちらのサーバーで開始する場合でも、各 SQL Server ボリュームでアップグレードするデータベースの制限数を超えないように注意してください。You can also upgrade individual content databases in parallel for a very small number of content databases at the same time. However, do not attempt to upgrade too many content databases in parallel because it will slow down the overall upgrade process and extend the outage time. We recommend that you do not upgrade more than two content databases on the same SQL Server volume at a time. Start the upgrade for each content database that will occur in parallel several minutes apart to prevent lock contention as the upgrade process starts. In addition, limit the number of content databases that you upgrade on a single web server or application server. Each additional upgrade process will consume a relatively large amount of resources. The typical number of content databases that you can upgrade per web server or application server is four databases. However, be sure not to exceed the number of databases that are being upgraded per SQL Server volume, no matter which web server or application server originates the upgrade.

    ファームをアップグレードするにはTo upgrade the farm

  1. Web サーバー (WEB-1 ~ WEB-4) をロード バランサーのローテーションから外すか、ロード バランサーを一時停止してサーバーへの着信要求を停止します。Remove the web servers (WEB-1 to WEB-4) from rotation in the load balancer, or pause the load balancer to stop incoming requests to the servers.

    重要

    サイトとサービスは、アップグレードが完了し、サーバーがアクティブな負荷分散状態に戻るまで使用できません。The sites and services will not be available until upgrade is complete and the servers are returned to an active load-balancing state.

  2. 必要に応じて、特定のサービスをアップグレードします。Upgrade specific services, as needed.

    一部の更新プログラムでは、特定のサービス アプリケーションをアップグレードするのには追加の PowerShell コマンドレットを実行する必要がありますも。メモ ソフトウェア更新プログラムの修正プログラムの適用後に続行できるように、特定のサービスをアップグレードすることがある可能性があります。これは、たとえば、旧バージョンとの互換モードで操作できないサービスに適用されます。Some updates might also require you to run additional PowerShell cmdlets to upgrade specific service applications. Notes for a software update might indicate that you have to upgrade a specific service so that it will continue to operate after patching. This applies to a service that cannot operate in backward compatibility mode, for example.

    完全なファームをアップグレードしなくても、サービスをアップグレードするのには短いオフライン期間を作成することができます。この場合に、ノートの特定のサービス アプリケーションをアップグレードするのには追加の PowerShell コマンドレットがあります。You can create a short offline period to upgrade the service without having to upgrade the complete farm. The additional PowerShell cmdlets to upgrade specific service applications should be in the notes if this is required.

  3. (省略可能)各コンテンツ データベースをアップグレードするのにには、アップグレード SPContentDatabaseの PowerShell コマンドレットを使用します。詳細については、アップグレード SPContentDatabaseを参照してください。(Optional) Use the PowerShell Upgrade-SPContentDatabase cmdlet to upgrade each content database. For more information, see Upgrade-SPContentDatabase.

    これは任意の手順ですが、最初にすべてのコンテンツ データベースをアップグレードできるので便利です。いくつかの並行処理を有効にして停止時間を短縮できるという利点があります。この手順を実行していない場合は、SharePoint 製品構成ウィザード を実行してファーム サーバーをアップグレードするときに、アップグレードされていない残りすべてのコンテンツ データベースが順次アップグレードされます。This is an optional step, but it will help ensure that all content databases are upgraded first. It has the advantage of enabling some parallelism to reduce the outage time. If it is not performed, all remaining non-upgraded content databases will be upgraded serially when you run the SharePoint Products Configuration Wizard to upgrade the farm servers.

    重要

    Upgrade-SPContentDatabase コマンドレットは、データベースごとに実行します。このコマンドレットは、アップグレード後の任意の Web サーバーまたはアプリケーション サーバーから実行できます。この処理がデータベースで実行されている間は、データベースのコンテンツを使用できません。Run the Upgrade-SPContentDatabase cmdlet for each database. You can run this cmdlet from any of the upgraded web servers or application servers. Note that the content for each database will be unavailable while this process is running on that database.

  4. サーバーの全体管理 サーバー (APP-1) で以下のいずれかを行います。On the Central Administration server (APP-1), do one of the following:

    • SharePoint 製品構成ウィザードを実行するRun the SharePoint Products Configuration Wizard

    • PowerShell コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。Run the following commands at the PowerShell command prompt:

    cd \Program Files\Common Files\Microsoft Shared\web server extensions\15\bin
    .\PSConfig.exe -cmd upgrade -inplace b2b -wait -cmd applicationcontent -install -cmd installfeatures -cmd secureresources
    

    重要

    SharePoint 製品構成ウィザード は、構成データベースと、まだアップグレードされていない他のデータベースのアップグレードも即座に開始します。前の手順でも説明しましたが、この時点で既にアップグレードが済んでいるのは、通常はコンテンツ データベースのみです。サービス アプリケーションのデータベースはすべて、この手順でアップグレードされます。この処理の実行中はサイトを使用できません。The SharePoint Products Configuration Wizard also starts an immediate upgrade of the configuration database and all other databases that are not already upgraded. Because it is likely that the content databases are the only databases that have already been upgraded, as described in the previous step, all the service application databases are also upgraded in this step. Your sites will not be available while this process runs.

  5. 残りのアプリケーション サーバー (APP-2) で SharePoint 製品構成ウィザード または PSConfig (この操作の手順 4 と同様) を実行します。Run the SharePoint Products Configuration Wizard or PSConfig (as in step 4 of this procedure) on the remaining application server (APP-2).

  6. Web サーバー (WEB-1 ~ WEB-4) で SharePoint 製品構成ウィザード または PSConfig (この操作の手順 4 と同様) を実行します。Run the SharePoint Products Configuration Wizard or PSConfig (as in step 4 of this procedure) on the web servers (WEB-1 to WEB-4).

  7. 更新が正常に完了したことを確認します。詳細については、「SharePoint 2013 のデータベースのアップグレードを検証する」を参照してください。Verify update completion and success. For more information, see Verify database upgrades in SharePoint 2013.

  8. 更新済みの Web サーバー (WEB-1 ~ WEB-4) を負荷分散のローテーションに戻します。Add the upgraded web servers (WEB-1 to WEB-4) back into rotation in the load balancer.

    更新プログラムのインストールは終了しました。記事の内容の実行もこれで終わりです。You are finished installing the update and using this article.

データベース アタッチ方式を使用して既存コンテンツの高可用性を維持するUse the database-attach method for high availability of existing content

このシナリオでは、既存のコンテンツの高可用性を維持するために、既存のファームで読み取り専用データベースを使用します。更新プログラムは新しいファームにインストールされ、ユーザー トラフィックはアップグレード完了後にその新しいファームにルーティングされます。To ensure high availability for existing content, this scenario uses read-only databases on the existing farm. You install the update on a new farm and route user traffic to the new farm after updates are complete.

次の図は、一連のデータベースを使用して新しいファームに更新プログラムをインストールする手順を示しますメソッドをアタッチします。詳細については、 SharePoint 2013 を SharePoint 2010 からコンテンツ データベースのアップグレードを参照してください。The following illustration shows the sequence of steps to follow to install the update on a new farm by using the database attach method. For more information, see Upgrade content databases from SharePoint 2010 to SharePoint 2013.

既存コンテンツの高可用性を考慮し、データベース接続を使用してソフトウェア更新プログラムをインストールする

次の操作の推奨手順を使用するときは、上記の図を参考にしてください。Use the preceding illustration as a guide to follow the recommended steps in the following procedure.

使用して更新プログラムをインストールするのには、データベースをアタッチする方法To install the update by using the database-attach method

  1. ソフトウェア更新プログラムをインストールする新しいファームを作成します。このファームには、フロントエンド Web サーバーは必要ありません。詳細については、「データベース接続アップグレード用の SharePoint 2013 ファームを作成する」を参照してください。Create a new farm where you will install the software update. This farm does not require front-end web servers. For more information, see Create the SharePoint 2013 farm for a database attach upgrade.

    注意

    元のファームでデータベースをミラーリングしている場合は、新しいファームへのソフトウェア更新プログラムを展開した後、ミラーリングを構成します。If the original farm uses a database mirror, configure mirroring after you deploy the software update on the new farm.

  2. 既存のファームのデータベースを読み取り専用に構成します。Configure the databases on the existing farm so that they are in a read-only state.

    注意

    既存のファームをミラーリングしている場合は、データベースを読み取り専用に設定する前に、ミラーリングを一時停止してください。If the existing farm is mirrored, pause mirroring before setting the databases to read-only.

    読み取り専用データベースを構成する方法の詳細については、 SharePoint 2013 を SharePoint 2010 からコンテンツ データベースをアップグレードすることで「読み取り専用 (データベース接続で読み取り専用データベース) を使用する前バージョン データベースを設定する」セクションを参照してくださいとSharePoint サーバーの読み取り専用のデータベースを使用するファームを実行します。For more information about how to configure read-only databases, see the "Set the Previous Version Databases to Be Read-Only (Database Attach with Read-Only Databases)" section in Upgrade content databases from SharePoint 2010 to SharePoint 2013 and Run a farm that uses read-only databases in SharePoint Server.

  3. 既存のファームにあるサービス アプリケーションのデータベースを読み取り専用に構成します。こうすることで、予期しない変更がサービス アプリケーションに行われるのを防止します。Configure the service application databases on the existing farm so that they are in a read-only state. This prevents unexpected changes to service applications.

  4. SharePoint Foundation 2013 に含まれていない User Profile Service のサービス アプリケーション データベースに更新プログラムを適用している場合は、古いデータベースから User Profile Synchronization Service の暗号化キーをエクスポートし、このキーを新しいデータベースにインポートする必要があります。このキーは Microsoft Identity Integration Server (MIIS) キー、Synchronization Service 暗号化キー、Forefront Identity Manager 2010 (FIM 2010) キーとも呼ばれます。キーのエクスポートとインポートが正しく行われないと、Synchronization Service は開始しません。暗号化キーをエクスポートするには、以下の手順を実行します。If you are patching the User Profile Service service application database, which is not in SharePoint Foundation 2013, you must export the User Profile Synchronization Service encryption key from the old database and then import the key to the new database. This key is also known as the Microsoft Identity Integration Server (MIIS) key, the Synchronization Service encryption key, and the Forefront Identity Manager 2010 (FIM 2010) key. If you do not export and then import the key correctly, the Synchronization Service will not start. To export the encryption key, complete these steps:

  5. ファーム管理者の資格情報を使用して、古い User Profile Service サービス アプリケーション データベースが格納されているコンピューターにログオンします。Use farm administrator credentials to log on to the computer that contains the old User Profile Service service application database.

  6. コマンド プロンプト ウィンドウを開き、次のフォルダーに移動します。Open the Command Prompt window, and then change to the following folder:

    %Program Files%\Microsoft Office Servers\15.0\Synchronization Service\Bin\%Program Files%\Microsoft Office Servers\15.0\Synchronization Service\Bin\

  7. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。Type the following command, and then press Enter:

    miiskmu.exe /e <Path>miiskmu.exe /e <Path>

    <Path> はキーをエクスポートするファイルの完全パスです。Where <Path> is the full path of the file to which you want to export the key.

  8. 既存のファームのコンテンツ データベースをバックアップします。詳細については、 SharePoint サーバーでバックアップ/リカバリの計画を参照してください。Back up the content databases on the existing farm. For more information, see Plan for backup and recovery in SharePoint Server.

  9. 暗号化キーをインポートするには、次の手順を実行します。To import the encryption key, perform these steps:

  10. ファーム管理者の資格情報を使用して、新しい User Profile Service サービス アプリケーション データベースが格納されているコンピューターにログオンします。Use farm administrator credentials to log on to the computer that contains the new User Profile Service service application database.

  11. User Profile Synchronization Service の開始を試みます。暗号化キーをまだインポートしていないため、サービスは開始しません。ULS ログを使用するか、サービスのステータスが [ 停止中] になっていることを確かめることで、サービスが開始しなかったことを確認します。Attempt to start the User Profile Synchronization service. Because you have not yet imported the encryption key, the service will not start. Confirm that the service did not start by using the ULS log or by making sure that the status of the service is Stopped.

  12. コマンド プロンプト ウィンドウを開き、次のフォルダーに移動します。Open the Command Prompt window, and then change to the following folder:

    %Program Files%\Microsoft Office Servers\15.0\Synchronization Service\Bin\%Program Files%\Microsoft Office Servers\15.0\Synchronization Service\Bin\

  13. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。Type the following command, and then press Enter:

    miiskmu.exe/i<のパス>* * {0E19E162-827E-4077-82D4-E6ABD531636E} * miiskmu.exe /i* <Path> ** {0E19E162-827E-4077-82D4-E6ABD531636E} **

    <Path> はキーをエクスポートしたファイルの完全パスです。Where <Path> is the full path of the file to which you exported the key.

  14. (オプション) 暗号化キーが正しくインポートされたことを確認するには、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。(Optional) To check that the encryption key was imported correctly, at the command prompt, type the following command, and then press Enter:

    miiskmu.exe /c {0E19E162-827E-4077-82D4-E6ABD531636E}miiskmu.exe /c {0E19E162-827E-4077-82D4-E6ABD531636E}

  15. コンテンツ データベースを新しいデータベース サーバーに復元します。Restore the content databases to the new database server.

  16. 古いファームの既存のサービス アプリケーションごとに、新しいファームにサービス アプリケーションを作成します。Create service applications on the new farm for each existing service application in the old farm.

    既存のファームからすべての設定を複製します。Duplicate all the settings from your existing farm.

  17. 使用して、データベース接続の新しいファームでデータベースを作成します。詳細については、 SharePoint サーバーの 2016年を SharePoint 2013 からデータベースをアップグレードアタッチおよび復元読み取り専用のコンテンツ データベースの SharePoint サーバーを参照してください。Use the database-attach method to create the databases on the new farm. For more information, see Upgrade databases from SharePoint 2013 to SharePoint Server 2016 and Attach and restore read-only content databases in SharePoint Server.

  18. 新しいファームに問題がないことを確認します。Verify that there are no issues with the new farm.

  19. DNS が新しいファームを指すように構成するか、新しいファームが負荷分散されるようにすることで、新しいファームを運用ファームとして有効にします。ユーザーが新しいファームにアクセスできることを確認します。Enable the new farm as the production farm by configuring DNS to point to the new farm or by making sure that the new farm is load balanced. Verify that users can access the new farm.

  20. ユーザーがキャッシュされた DNS から切り替える時間を取り、その後で古いファームを使用不可にします。Allow time for users to switch from cached DNS, and then decommission the old farm.

  21. 更新が正常に完了したことを確認します。詳細については、「SharePoint 2013 のデータベースのアップグレードを検証する」を参照してください。Verify update completion and success. For more information, see Verify database upgrades in SharePoint 2013.

    更新プログラムのインストールは終了しました。記事の内容の実行もこれで終わりです。You are finished installing the update and using this article.

検索コンポーネントをホストするサーバーにソフトウェアの更新プログラムをインストールするInstall a software update on servers that host Search components

このセクションの操作は、この記事の他の操作で指示されている場合に限り、実行するようにしてください。これには、このセクションに記載されている以下の操作が含まれます。Perform the procedures in this section only when they are pointed to from other procedures in this article. This includes the following procedures which are in this section:

  • 検索コンポーネントをホストするサーバーをファームのダウンタイムに更新するUpdate servers that host Search components during farm downtime

  • 検索コンポーネントをホストするサーバーを最小のダウンタイムで更新するUpdate servers that host Search components with minimal downtime

  • 最小のダウンタイムで更新するためのサーバー可用性グループを判別するDetermine server availability groups for update with minimal downtime

    検索コンポーネントをホストするサーバーをファームのダウンタイムに更新するUpdate servers that host Search components during farm downtime

  1. PowerShell コマンド プロンプトで以下のコマンドを入力して、Search Service アプリケーションを一時停止します。Pause the Search service application by typing the following commands at the PowerShell command prompt:

    $ssa=Get-SPEnterpriseSearchServiceApplication 
    Suspend-SPEnterpriseSearchServiceApplication -Identity $ssa
    
  2. 1 つまたは複数の検索コンポーネントをホストする各サーバーで、検索関連の Windows サービスを次の順序で停止します。On each server that hosts one or more Search components, stop the Search-related Windows services in the following order:

  3. SPTimerV4SPTimerV4

  4. Osearch15Osearch15

  5. SPSearchHostControllerSPSearchHostController

    重要

    各サービスが停止したことを確認してから、次のサービスを停止するようにしてください。Verify that each service is stopped before you stop the next service.

  6. 1 つまたは複数の検索コンポーネントをホストする各サーバーで、更新プログラムの実行ファイルを実行して、更新プログラムをインストールします。On each server that hosts one or more Search components, run the update executable file to install the update.

  7. 1 つまたは複数の検索コンポーネントをホストする各サーバーで、検索関連の Windows サービスを次の順序で開始します。On each server that hosts one or more Search components, start the Search-related Windows services in the following order:

  8. SPSearchHostControllerSPSearchHostController

  9. Osearch15Osearch15

  10. SPTimerV4SPTimerV4

  11. PowerShell コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、更新後、すべての検索コンポーネントがアクティブになったことを確認します。Verify that all Search components become active after the update by typing the following command at the PowerShell command prompt:

    Get-SPEnterpriseSearchStatus -SearchApplication $ssa | where {$_.State -ne "Active"} | fl
    

    出力に検索コンポーネントがまったく表示されなくなるまで、コマンドを再実行します。Rerun the command until no Search components are listed in the output.

  12. PowerShell コマンド プロンプトで以下のコマンドを入力して、Search Service アプリケーションを再開します。Resume the Search service application by typing the following command at the PowerShell command prompt:

    Resume-SPEnterpriseSearchServiceApplication -Identity $ssa
    
  13. 更新されたコンテンツをファームがクロールしており、新規または変更された文書のインデックスを作成できることを確認します。これを行うため、サイト コレクション内の項目を追加または変更し、ローカルの SharePoint サイトのコンテンツ ソースのクロールを実行してからその項目の検索を実行し、これが検索結果に現れることを確認します。Verify that the farm is crawling updated content and able to index new and modified documents. To do this, you can add or modify an item in a site collection, perform a crawl for the Local SharePoint sites content source, and then perform a search for the item and verify that it appears in the search results.

    検索コンポーネントをホストするサーバーを最小のダウンタイムで更新するUpdate servers that host Search components with minimal downtime

  14. 検索コンポーネントをホストするサーバーを 2 つの可用性グループに分け、その更新とビルドからビルドへのアップグレードの実行中に発生するダウンタイムを最小化します。(一方のグループがアクティブで正常である限り、ファームはクエリへの対応や、コンテンツのクロールとインデックス作成が可能です。) サーバーを 2 つの可用性グループに分ける方法については、この記事で後述する「最小のダウンタイムで更新するためのサーバー可用性グループを判別する」を参照してください。Divide the servers that host Search components into two availability groups to minimize downtime during their update and build-to-build upgrade. (As long as one of the groups is active and healthy, the farm can serve queries and crawl and index content.) For instructions about how to divide the servers into two availability groups, see the procedure Determine server availability groups for update with minimal downtime later in this article.

  15. PowerShell コマンド プロンプトで以下のコマンドを入力して、Search Service アプリケーションを一時停止します。Pause the Search service application by typing the following command at the PowerShell command prompt:

    Suspend-SPEnterpriseSearchServiceApplication -Identity $ssa
    
  16. サーバー可用性グループ 1 の各サーバーで、Search 関連の Windows サービスを以下の順序で停止します。On each server in server availability group 1, stop the Search-related Windows services in the following order:

  17. SPTimerV4SPTimerV4

  18. Osearch15Osearch15

  19. SPSearchHostControllerSPSearchHostController

    重要

    各サービスが停止したことを確認してから、次のサービスを停止するようにしてください。Verify that each service is stopped before you stop the next service.

  20. 可用性グループ 1 の各サーバーで更新プログラムの実行ファイルを実行し、更新プログラムをインストールします。On each server in availability group 1, run the update executable file to install the update.

  21. 可用性グループ 2 の各サーバーで、Search 関連の Windows サービスを可用性グループ 1 で指定されたのと同じ順序で停止します。各サービスが停止したことを確認してから次のサービスを停止することはここでも重要です。On each server in availability group 2, stop the Search-related Windows services in the same order that was prescribed for stopping them for availability group 1. Again, it is important to verify that each service is stopped before you stop the next service.

  22. 可用性グループ 1 の各サーバーで、Search 関連の Windows サービスを以下の順序で開始します。On each server in availability group 1, start the Search-related Windows services in the following order:

  23. SPSearchHostControllerSPSearchHostController

  24. Osearch15Osearch15

  25. SPTimerV4SPTimerV4

  26. 可用性グループ 1 に関連するすべての検索コンポーネントがアクティブになるまで待ちます。アクティブなコンポーネントを調べるには、PowerShell コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。Wait until all Search components associated with availability group 1 are active. To determine which components are active, type the following command at the PowerShell command prompt:

    Get-SPEnterpriseSearchStatus -SearchApplication $ssa | where {$_.State -eq "Active"} | fl
    

    可用性グループ 1 に関連するすべての検索コンポーネントが出力に表示されるようになるまで、コマンドを再実行します。Rerun the command until all Search components that are associated with availability group 1 are listed in the output.

  27. 可用性グループ 2 の各サーバーで更新プログラムの実行ファイルを実行し、更新プログラムをインストールします。On each server in availability group 2, run the update executable file to install the update.

  28. 可用性グループ 2 の各サーバーで、Search 関連の Windows サービスを可用性グループ 1 で指定されたのと同じ順序で開始します。On each server in availability group 2, start the Search-related Windows services in the same order that was prescribed for starting them for availability group 1.

  29. 可用性グループ 2 に関連するすべての検索コンポーネントがアクティブになるまで待ちます。アクティブなコンポーネントを調べるには、PowerShell コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。Wait until all Search components associated with availability group 2 are active. To determine which components are active, type the following command at the PowerShell command prompt:

    Get-SPEnterpriseSearchStatus -SearchApplication $ssa | where {$_.State -eq "Active"} | fl
    

    可用性グループ 2 に関連するすべての検索コンポーネントが出力に表示されるようになるまで、コマンドを再実行します。Rerun the command until all Search components that are associated with availability group 2 are listed in the output.

  30. PowerShell コマンド プロンプトで以下のコマンドを入力して、Search Service アプリケーションを再開します。Resume the Search service application by typing the following command at the PowerShell command prompt:

    Resume-SPEnterpriseSearchServiceApplication -Identity $ssa
    
  31. 更新されたコンテンツをファームがクロールしており、新規または変更された文書のインデックスを作成できることを確認します。これを行うため、サイト コレクション内の項目を追加または変更し、ローカルの SharePoint サイトのコンテンツ ソースのクロールを実行してからその項目の検索を実行し、これが検索結果に現れることを確認します。Verify that the farm is crawling updated content and able to index new and modified documents. To do this, you can add or modify an item in a site collection, perform a crawl for the Local SharePoint sites content source, and then perform a search for the item and verify that it appears in the search results.

    最小のダウンタイムで更新するためのサーバー可用性グループを判別するDetermine server availability groups for update with minimal downtime

  32. ファーム内の任意のサーバーで SharePoint 2013 管理シェルを開始します。Start a SharePoint 2013 Management Shell on any server in the farm.

  33. PowerShell コマンド プロンプトで以下のコマンドを入力し、プライマリ検索管理コンポーネントと、そのコンポーネントをホストするサーバーを判別します。Determine the primary Search administration component and the server that hosts the component by typing the following commands at the PowerShell command prompt:

    $ssa=Get-SPEnterpriseSearchServiceApplication
    Get-SPEnterpriseSearchStatus -SearchApplication $ssa | where { (($_.State -ne "Unknown") -and ($_.Name -match "Admin")) } | ForEach {if (Get-SPEnterpriseSearchStatus -SearchApplication $ssa -Component $_.Name -Primary) { Get-SPEnterpriseSearchTopology -SearchApplication $ssa -active | Get-SPEnterpriseSearchComponent -identity $($_.Name) } }
    
  34. 可用性グループ 1 に含めるサーバーのセットを決定します。これらのサーバーは以下の 3 つの要件を満たす必要があります。Determine the set of servers in availability group 1. These servers must fulfill the following three requirements:

    • セットには、以下の種類の検索コンポーネントを 1 つ以上含める必要があります。ただし、全部含めてはなりません。The set must contain one or more, but not all, of the following types of Search components:

    • コンテンツ処理コンポーネントContent processing component

    • クエリ処理コンポーネントQuery processing component

    • 分析処理コンポーネントAnalytics processing component

    • クロール コンポーネントCrawl component

    • インデックス コンポーネントIndex component

    • セットには、インデックス パーティションにつき 1 つ以上のインデックス コンポーネントを含める必要があります。ただし、全部含めてはなりません。The set must contain one or more, but not all, of the index components for each index partition.

    • セットには、検索管理コンポーネントを 1 つ含める必要があります。ただし、これは、この操作の手順 2 で識別されたプライマリ コンポーネントであってはなりません。The set must contain a Search administration component that is not the primary component that was identified in step 2 in this procedure.

  35. 可用性グループ 2 に含めるサーバーのセットを決定します。このセットには、検索コンポーネントをホストする残りのすべてのサーバーを含める必要があります。これには、この操作の手順 2 で識別された、プライマリ検索管理コンポーネントをホストするサーバーが含まれます。Determine the set of servers in availability group 2. This set must contain all remaining servers that host Search components, including the server that hosts the primary Search administration component that was identified in step 2 of this procedure.

検索コンポーネントをホストするサーバー上のソフトウェア更新プログラムのトラブルシューティングTroubleshoot software updates on servers that host Search componenets

  • 問題: 更新の後に、適切なレジストリ キーまたはファイル システムのアクセス許可を失っていることがあります。Issue: After an update you may no longer have proper registry key or file system permissions.

    • 解決策: 次のコマンドを実行します。Resolution: Run the following command:
    cd\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\web server extensions\15\bin.\PSConfig.exe -cmd secureresources
    

関連項目See also

Other ResourcesOther Resources

SharePoint の更新プログラムSharePoint updates