Windows 11 バージョン 22H2 でのドライバー開発に関する最新情報

このセクションでは、Windows 11 バージョン 22H2 でのドライバー開発に関する新機能と更新された機能について説明します。

WPP レコーダー

ドライバーは、インフライト トレース レコーダー (IFR) ログ エントリにタイムスタンプを追加できます。 タイムスタンプでは、ミリ秒またはマイクロ秒の 10 分の 1 の粒度を指定できます。

ACPI

ACPI ドキュメントが、Windows 11 バージョン 22H2 の新しい_OSI 文字列情報によって更新されました。

カメラとストリーミング メディア ドライバー

カメラ ドライバーのドキュメントが、Windows 11 バージョン 22H2 で使用できる背景セグメンテーション モードと視線入力モードに関する情報で更新されました。

印刷サポート アプリ (PSA) 設計ガイドが、Windows 11 バージョン 22H2 以降で利用できる新しい PSA 機能についての情報で更新されました。

  • 表示名のローカライズと PDL パススルー API の統合
  • ページ レベル機能のサポートと操作属性
  • PSA による印刷ダイアログの拡張
  • ホストベースの処理フラグを使用した PDL 変換
  • 印刷デバイス機能 (PDC) 更新ポリシーの設定

モバイル ブロードバンド

Windows 11 バージョン 22H2 では、次のモバイル ブロードバンド機能が導入されています。

オーディオ

Windows デバッグ ツール

ドライバーのセキュリティ

  • 新しいコード スキャン CodeQL ルールと更新されたインストール手順が利用可能になりました。 詳しくは、「CodeQL と静的ツール ロゴ テスト」をご覧ください。

実稼働前ドライバーを読み込むためのプロビジョニング サポート

過去の Windows リリースのドライバー関連最新情報については、以下のページを参照してください。

ページのトップへ