Blazor ホスティングモデルの ASP.NET CoreASP.NET Core Blazor hosting models

Daniel RothBy Daniel Roth

重要

プレビュー段階の Blazor WebAssemblyBlazor WebAssembly in preview

" Blazor サーバー" は ASP.NET Core 3.0 でサポートされています。Blazor Server is supported in ASP.NET Core 3.0. " Blazor WebAssembly" は、ASP.NET Core 3.1 のプレビュー段階です。Blazor WebAssembly is in preview for ASP.NET Core 3.1.

Blazor は、ブラウザーでブラウザーでクライアント側を実行するために設計された web フレームワークであり、 webasに基づく .net ランタイム ( Blazor webassembly、または ASP.NET Core ( Blazor サーバー) のサーバー側で実行されます。 is a web framework designed to run client-side in the browser on a WebAssembly-based .NET runtime (Blazor WebAssembly) or server-side in ASP.NET Core (Blazor Server). ホスティングモデルに関係なく、アプリモデルとコンポーネントモデルは同じです。Regardless of the hosting model, the app and component models are the same.

この記事で説明されているホスティングモデルのプロジェクトを作成するには、「ASP.NET Core Blazor の概要」を参照してください。To create a project for the hosting models described in this article, see ASP.NET Core Blazor の概要.

詳細な構成については、「ASP.NET Core Blazor ホスティングモデルの構成」を参照してください。For advanced configuration, see ASP.NET Core Blazor ホスティングモデルの構成.

Blazor WebAssembly WebAssembly

Blazor のプリンシパルホスティングモデルは、ブラウザーでクライアント側で実行されます。The principal hosting model for Blazor is running client-side in the browser on WebAssembly. Blazor アプリ、その依存関係、.NET ランタイムがブラウザーにダウンロードされます。The Blazor app, its dependencies, and the .NET runtime are downloaded to the browser. アプリがブラウザー UI スレッド上で直接実行されます。The app is executed directly on the browser UI thread. UI の更新とイベントの処理は、同じプロセス内で行われます。UI updates and event handling occur within the same process. アプリの資産は静的ファイルとして、静的コンテンツをクライアントに提供できる web サーバーまたはサービスに展開されます。The app's assets are deployed as static files to a web server or service capable of serving static content to clients.

[!ファンド.NO LOC (Blazor)] WebAssembly [!ファンド.NO LOC (Blazor)] アプリは、ブラウザー内の UI スレッドで実行されます。 WebAssembly: The Blazor app runs on a UI thread inside the browser.

クライアント側のホスティングモデルを使用して Blazor アプリを作成するには、 Blazor WebAssembly アプリテンプレート (new blazorwasm) を使用します。To create a Blazor app using the client-side hosting model, use the Blazor WebAssembly App template (dotnet new blazorwasm).

Blazor WebAssemblyテンプレートを選択した後、[ホストされているASP.NET Core ] チェックボックス (dotnet new blazorwasm--hosted) を選択して、ASP.NET Core バックエンドを使用するようにアプリを構成することができます。After selecting the Blazor WebAssembly App template, you have the option of configuring the app to use an ASP.NET Core backend by selecting the ASP.NET Core hosted check box (dotnet new blazorwasm --hosted). ASP.NET Core アプリは、クライアントに対して Blazor アプリを提供します。The ASP.NET Core app serves the Blazor app to clients. Blazor WebAssembly は、web API 呼び出しまたはSignalR (Blazor WebAssembly で ASP.NET Core SignalR を使用する) を使用して、ネットワーク経由でサーバーと対話できます。The Blazor WebAssembly app can interact with the server over the network using web API calls or SignalR (Blazor WebAssembly で ASP.NET Core SignalR を使用する).

テンプレートには、を処理する blazor.webassembly.js スクリプトが含まれています。The templates include the blazor.webassembly.js script that handles:

  • .NET ランタイム、アプリ、およびアプリの依存関係をダウンロードしています。Downloading the .NET runtime, the app, and the app's dependencies.
  • アプリを実行するランタイムの初期化。Initialization of the runtime to run the app.

Blazor WebAssembly ホスティングモデルには、いくつかの利点があります。The Blazor WebAssembly hosting model offers several benefits:

  • .NET サーバー側の依存関係はありません。There's no .NET server-side dependency. クライアントにダウンロードされた後、アプリは完全に機能しています。The app is fully functioning after downloaded to the client.
  • クライアントのリソースと機能は完全に活用されています。Client resources and capabilities are fully leveraged.
  • 作業はサーバーからクライアントにオフロードされます。Work is offloaded from the server to the client.
  • アプリケーションをホストするために ASP.NET Core web サーバーは必要ありません。An ASP.NET Core web server isn't required to host the app. サーバーレスの展開シナリオが可能です (たとえば、CDN からアプリを提供するなど)。Serverless deployment scenarios are possible (for example, serving the app from a CDN).

Blazor Webasホストには欠点があります。There are downsides to Blazor WebAssembly hosting:

  • アプリは、ブラウザーの機能に制限されています。The app is restricted to the capabilities of the browser.
  • サポートされているクライアントハードウェアとソフトウェア (たとえば、WebAssembly サポート) が必要です。Capable client hardware and software (for example, WebAssembly support) is required.
  • ダウンロードサイズが大きくなり、アプリの読み込みに時間がかかります。Download size is larger, and apps take longer to load.
  • .NET ランタイムとツールのサポートの成熟度は低くなります。.NET runtime and tooling support is less mature. たとえば、 .NET Standardのサポートとデバッグには制限があります。For example, limitations exist in .NET Standard support and debugging.

Blazor サーバー Server

Blazor サーバーホスティングモデルでは、アプリは ASP.NET Core アプリ内からサーバー上で実行されます。With the Blazor Server hosting model, the app is executed on the server from within an ASP.NET Core app. UI の更新、イベント処理、JavaScript の呼び出しは、SignalR 接続経由で処理されます。UI updates, event handling, and JavaScript calls are handled over a SignalR connection.

![ブラウザーは、サーバー上の (ASP.NET Core アプリ内でホストされている) アプリと対話します。ファンド.NO LOC (SignalR)] 接続。](hosting-models/_static/blazor-server.png)

Blazor Server ホスティングモデルを使用して Blazor アプリを作成するには、ASP.NET Core Blazor サーバーアプリテンプレート (dotnet new blazorserver) を使用します。To create a Blazor app using the Blazor Server hosting model, use the ASP.NET Core Blazor Server App template (dotnet new blazorserver). ASP.NET Core アプリは、Blazor Server アプリをホストし、クライアントが接続する SignalR エンドポイントを作成します。The ASP.NET Core app hosts the Blazor Server app and creates the SignalR endpoint where clients connect.

ASP.NET Core アプリは、追加するアプリの Startup クラスを参照します。The ASP.NET Core app references the app's Startup class to add:

  • サーバー側サービス。Server-side services.
  • 要求処理パイプラインに対するアプリ。The app to the request handling pipeline.

blazor.server.js スクリプト† クライアント接続を確立します。The blazor.server.js script† establishes the client connection. アプリケーションの状態は、必要に応じて永続化および復元する必要があります (ネットワーク接続が切断された場合など)。It's the app's responsibility to persist and restore app state as required (for example, in the event of a lost network connection).

Blazor サーバーホスティングモデルには、いくつかの利点があります。The Blazor Server hosting model offers several benefits:

  • ダウンロードサイズは Blazor Webasapp よりも大幅に小さく、アプリの読み込みにかかる時間が大幅に短縮されます。Download size is significantly smaller than a Blazor WebAssembly app, and the app loads much faster.
  • このアプリでは、.NET Core と互換性のある Api の使用を含め、サーバーの機能を最大限に活用できます。The app takes full advantage of server capabilities, including use of any .NET Core compatible APIs.
  • サーバー上の .NET Core はアプリを実行するために使用されるため、デバッグなどの既存の .NET ツールは想定どおりに動作します。.NET Core on the server is used to run the app, so existing .NET tooling, such as debugging, works as expected.
  • シンクライアントがサポートされています。Thin clients are supported. たとえば、Blazor サーバーアプリは、WebAssembly サポートされていないブラウザーや、リソースが制限されたデバイスで動作します。For example, Blazor Server apps work with browsers that don't support WebAssembly and on resource-constrained devices.
  • アプリのコンポーネントコードをC#含む、アプリの .net/コードベースはクライアントに提供されません。The app's .NET/C# code base, including the app's component code, isn't served to clients.

Blazor サーバーのホストには欠点があります。There are downsides to Blazor Server hosting:

  • 通常、待機時間が長くなります。Higher latency usually exists. すべてのユーザーの操作には、ネットワークホップが関係します。Every user interaction involves a network hop.
  • オフラインサポートはありません。There's no offline support. クライアント接続が失敗した場合、アプリは動作を停止します。If the client connection fails, the app stops working.
  • 多くのユーザーがいるアプリでは、スケーラビリティが困難です。Scalability is challenging for apps with many users. サーバーは、複数のクライアント接続を管理し、クライアントの状態を処理する必要があります。The server must manage multiple client connections and handle client state.
  • アプリを提供するには、ASP.NET Core サーバーが必要です。An ASP.NET Core server is required to serve the app. サーバーレス展開シナリオは使用できません (たとえば、CDN からアプリを提供するなど)。Serverless deployment scenarios aren't possible (for example, serving the app from a CDN).

blazor.server.js スクリプトは、ASP.NET Core 共有フレームワークの埋め込みリソースから提供されます。†The blazor.server.js script is served from an embedded resource in the ASP.NET Core shared framework.

サーバーレンダリングの UI との比較Comparison to server-rendered UI

Blazor サーバーアプリを理解する方法の1つは、Razor ビューまたは Razor Pages を使用する ASP.NET Core アプリで UI をレンダリングするための従来のモデルとの違いを理解することです。One way to understand Blazor Server apps is to understand how it differs from traditional models for rendering UI in ASP.NET Core apps using Razor views or Razor Pages. どちらのモデルでも、Razor 言語を使用して HTML コンテンツを記述しますが、マークアップのレンダリング方法が大きく異なります。Both models use the Razor language to describe HTML content, but they significantly differ in how markup is rendered.

Razor ページまたはビューがレンダリングされると、Razor コードのすべての行で HTML がテキスト形式で出力されます。When a Razor Page or view is rendered, every line of Razor code emits HTML in text form. レンダリング後、サーバーは、生成されたすべての状態を含むページまたはビューインスタンスを破棄します。After rendering, the server disposes of the page or view instance, including any state that was produced. サーバーの検証に失敗し、検証の概要が表示される場合など、ページに対する別の要求が発生したとき。When another request for the page occurs, for instance when server validation fails and the validation summary is displayed:

  • ページ全体が HTML テキストに再び表示されます。The entire page is rerendered to HTML text again.
  • ページがクライアントに送信されます。The page is sent to the client.

Blazor アプリは、コンポーネントと呼ばれる UI の再利用可能な要素で構成されます。A Blazor app is composed of reusable elements of UI called components. コンポーネントにはC# 、コード、マークアップ、およびその他のコンポーネントが含まれています。A component contains C# code, markup, and other components. コンポーネントがレンダリングされると、Blazor は HTML または XML ドキュメントオブジェクトモデル (DOM) のような、含まれているコンポーネントのグラフを生成します。When a component is rendered, Blazor produces a graph of the included components similar to an HTML or XML Document Object Model (DOM). このグラフには、プロパティとフィールドに保持されているコンポーネントの状態が含まれます。This graph includes component state held in properties and fields. Blazor は、コンポーネントグラフを評価して、マークアップのバイナリ表現を生成します。 evaluates the component graph to produce a binary representation of the markup. バイナリ形式は次のようになります。The binary format can be:

  • HTML テキストに変換されます (†のプリレンダリング中)。Turned into HTML text (during prerendering†).
  • 通常のレンダリング中にマークアップを効率的に更新するために使用されます。Used to efficiently update the markup during regular rendering.

要求された Razor コンポーネントは、サーバー上で静的 HTML にコンパイルされ、クライアントに送信され、ユーザーに表示されるように、プリレンダリング– †ます。Prerendering – The requested Razor component is compiled on the server into static HTML and sent to the client, where it's rendered to the user. クライアントとサーバーの間で接続が確立されると、コンポーネントの静的な prerendered 要素が対話型要素に置き換えられます。After the connection is made between the client and the server, the component's static prerendered elements are replaced with interactive elements. プリレンダリングによって、ユーザーによるアプリの応答性が向上します。Prerendering makes the app feel more responsive to the user.

Blazor の UI の更新は、次の方法でトリガーされます。A UI update in Blazor is triggered by:

  • ユーザー操作 (ボタンの選択など)。User interaction, such as selecting a button.
  • タイマーなどのアプリトリガー。App triggers, such as a timer.

グラフが再ピアリングされ、UI diff (差分) が計算されます。The graph is rerendered, and a UI diff (difference) is calculated. この diff は、クライアントで UI を更新するために必要な DOM 編集の最小セットです。This diff is the smallest set of DOM edits required to update the UI on the client. Diff はバイナリ形式でクライアントに送信され、ブラウザーによって適用されます。The diff is sent to the client in a binary format and applied by the browser.

コンポーネントは、ユーザーがクライアント上で移動した後に破棄されます。A component is disposed after the user navigates away from it on the client. ユーザーがコンポーネントを操作している間、コンポーネントの状態 (サービス、リソース) は、サーバーのメモリに保持されている必要があります。While a user is interacting with a component, the component's state (services, resources) must be held in the server's memory. 多くのコンポーネントの状態は同時にサーバーによって維持される可能性があるため、メモリ不足に対処する必要があります。Because the state of many components might be maintained by the server concurrently, memory exhaustion is a concern that must be addressed. サーバーメモリを最大限に活用するために Blazor Server アプリを作成する方法については、「ASP.NET Core Blazor サーバーアプリをセキュリティで保護する」を参照してください。For guidance on how to author a Blazor Server app to ensure the best use of server memory, see ASP.NET Core Blazor サーバーアプリをセキュリティで保護する.

回線Circuits

Blazor サーバーアプリはASP.NET Core SignalRの上に構築されています。A Blazor Server app is built on top of ASP.NET Core SignalR. 各クライアントは、回線と呼ばれる1つ以上の SignalR 接続を介してサーバーと通信します。Each client communicates to the server over one or more SignalR connections called a circuit. 回線は、一時的なネットワーク中断が許容される SignalR 接続に対して Blazor抽象化されています。A circuit is Blazor's abstraction over SignalR connections that can tolerate temporary network interruptions. Blazor クライアントは、SignalR 接続が切断されていることを確認すると、新しい SignalR 接続を使用してサーバーへの再接続を試みます。When a Blazor client sees that the SignalR connection is disconnected, it attempts to reconnect to the server using a new SignalR connection.

Blazor Server アプリに接続されている各ブラウザー画面 (ブラウザータブまたは iframe) は、SignalR 接続を使用します。Each browser screen (browser tab or iframe) that is connected to a Blazor Server app uses a SignalR connection. これは、サーバーでレンダリングされる一般的なアプリと比較して、もう1つ重要な違いです。This is yet another important distinction compared to typical server-rendered apps. サーバー側でレンダリングされるアプリでは、複数のブラウザー画面で同じアプリを開くのは、通常、サーバーに対する追加のリソース要求には変換されません。In a server-rendered app, opening the same app in multiple browser screens typically doesn't translate into additional resource demands on the server. Blazor サーバーアプリでは、各ブラウザー画面に個別の回線が必要で、コンポーネント状態の個別のインスタンスがサーバーによって管理されます。In a Blazor Server app, each browser screen requires a separate circuit and separate instances of component state to be managed by the server.

Blazor は、ブラウザータブを閉じるか、外部 URL に移動して正常に終了すると見なされます。 considers closing a browser tab or navigating to an external URL a graceful termination. 正常な終了が発生した場合、回線と関連するリソースが直ちに解放されます。In the event of a graceful termination, the circuit and associated resources are immediately released. クライアントは、ネットワークの中断などによって、正常に切断されることもあります。A client may also disconnect non-gracefully, for instance due to a network interruption. Blazor サーバーは、クライアントが再接続できるように、接続されていない回線を構成可能な間隔で格納します。 Server stores disconnected circuits for a configurable interval to allow the client to reconnect.

UI の待機時間UI Latency

UI 待機時間とは、開始されたアクションから UI が更新されるまでにかかる時間のことです。UI latency is the time it takes from an initiated action to the time the UI is updated. アプリがユーザーに応答できるようにするには、UI の待機時間の値を小さくすることが不可欠です。Smaller values for UI latency are imperative for an app to feel responsive to a user. Blazor Server アプリでは、各アクションがサーバーに送信され、処理されて、UI diff が返されます。In a Blazor Server app, each action is sent to the server, processed, and a UI diff is sent back. その結果、UI の待機時間は、ネットワーク待機時間の合計と、アクションを処理するサーバーの待機時間です。Consequently, UI latency is the sum of network latency and the server latency in processing the action.

企業のプライベートネットワークに限定された基幹業務アプリの場合、ネットワーク待機時間による待ち時間のユーザーへの影響は、通常はなるべくです。For a line of business app that's limited to a private corporate network, the effect on user perceptions of latency due to network latency are usually imperceptible. インターネット経由で展開されたアプリの場合、ユーザーにとって待機時間が顕著になる可能性があります。ユーザーが地理的に広く分散している場合は特にそうです。For an app deployed over the Internet, latency may become noticeable to users, particularly if users are widely distributed geographically.

メモリ使用量は、アプリの待機時間に寄与する場合もあります。Memory usage can also contribute to app latency. メモリ使用量が増加すると、ガベージコレクションまたはメモリのページングが頻繁に発生します。どちらの場合も、アプリのパフォーマンスが低下し、その結果、UI の遅延が増加します。Increased memory usage results in frequent garbage collection or paging memory to disk, both of which degrade app performance and consequently increase UI latency. 詳細については、「ASP.NET Core Blazor サーバーアプリをセキュリティで保護する」を参照してください。For more information, see ASP.NET Core Blazor サーバーアプリをセキュリティで保護する.

Blazor サーバーアプリは、ネットワーク待機時間とメモリ使用量を削減することで、UI の待機時間を最小限に抑えるように最適化する必要があります。 Server apps should be optimized to minimize UI latency by reducing network latency and memory usage. ネットワーク待機時間を測定する方法については、「ASP.NET Core Blazor サーバーのホストとデプロイ」を参照してください。For an approach to measuring network latency, see ASP.NET Core Blazor サーバーのホストとデプロイ. SignalR と Blazorの詳細については、以下を参照してください。For more information on SignalR and Blazor, see:

サーバーへの接続Connection to the server

Blazor サーバーアプリには、サーバーへのアクティブな SignalR 接続が必要です。 Server apps require an active SignalR connection to the server. 接続が失われた場合、アプリはサーバーへの再接続を試みます。If the connection is lost, the app attempts to reconnect to the server. クライアントの状態がまだメモリ内にある限り、クライアントセッションは状態を失うことなく再開されます。As long as the client's state is still in memory, the client session resumes without losing state.

最初のクライアント要求への応答としての Blazor Server アプリ prerenders。これにより、サーバー上で UI の状態が設定されます。A Blazor Server app prerenders in response to the first client request, which sets up the UI state on the server. クライアントが SignalR 接続を作成しようとすると、クライアントは同じサーバーに再接続する必要があります。When the client attempts to create a SignalR connection, the client must reconnect to the same server. 複数のバックエンドサーバーを使用する Blazor サーバーアプリは、SignalR 接続用の固定セッションを実装する必要があります。Blazor Server apps that use more than one backend server should implement sticky sessions for SignalR connections.

サーバー アプリには SignalRAzure ServiceBlazor を使用することをお勧めします。We recommend using the Azure SignalR Service for Blazor Server apps. このサービスでは、多数の同時 Blazor 接続に対して SignalR Server アプリをスケールアップできます。The service allows for scaling up a Blazor Server app to a large number of concurrent SignalR connections. Azure SignalR サービスでは、サービスの ServerStickyMode オプションまたは構成値を Requiredに設定することにより、固定セッションが有効になります。Sticky sessions are enabled for the Azure SignalR Service by setting the service's ServerStickyMode option or configuration value to Required. 詳細については、「ASP.NET Core Blazor サーバーのホストとデプロイ」を参照してください。For more information, see ASP.NET Core Blazor サーバーのホストとデプロイ.

IIS を使用すると、スティッキー セッションはアプリケーション要求ルーティングによって有効になります。When using IIS, sticky sessions are enabled with Application Request Routing. 詳しくは、「アプリケーション要求ルーティングを使用した HTTP 負荷分散」をご覧ください。For more information, see HTTP Load Balancing using Application Request Routing.

その他のリソースAdditional resources