.NET 用語集.NET Glossary

この用語集の主な目的は、.NET のドキュメントで定義なしに頻繁に出現する用語と頭字語の意味を明確にすることです。The primary goal of this glossary is to clarify meanings of selected terms and acronyms that appear frequently in the .NET documentation without definitions.

AOTAOT

Ahead Of Time コンパイラ。Ahead-of-time compiler.

JIT と同様に、このコンパイラも IL をマシン コードに変換します。Similar to JIT, this compiler also translates IL to machine code. JIT コンパイルとは異なり、AOT コンパイルはアプリケーションが実行される前に行われ、通常は、別のコンピューターで実行されます。In contrast to JIT compilation, AOT compilation happens before the application is executed and is usually performed on a different machine. AOT ツール チェーンは実行時にコンパイルしないので、コンパイルに費やされる時間を最小限に抑える必要はありません。Because AOT tool chains don't compile at runtime, they don't have to minimize time spent compiling. つまり、より多くの時間を最適化に費やすことができます。That means they can spend more time optimizing. AOT のコンテキストはアプリケーション全体であるため、AOT コンパイラはモジュール間のリンクとプログラム全体の分析も実行します。これは、すべての参照が追跡されて、1 つの実行可能ファイルが生成されることを意味します。Since the context of AOT is the entire application, the AOT compiler also performs cross-module linking and whole-program analysis, which means that all references are followed and a single executable is produced.

CoreRT」と「.NET Native」を参照してください。See CoreRT and .NET Native.

ASP.NETASP.NET

.NET Framework に付属している ASP.NET の元の実装。The original ASP.NET implementation that ships with the .NET Framework.

ASP.NET は、ASP.NET Core を含む ASP.NET の両方の実装を指す包括的な用語として使われることがあります。Sometimes ASP.NET is an umbrella term that refers to both ASP.NET implementations including ASP.NET Core. どちらを意味するかはコンテキストによって決まります。The meaning that the term carries in any given instance is determined by context. 両方の実装を意味するために ASP.NET を使っているのではないことを明確にしたい場合は、ASP.NET 4.x を参照してください。Refer to ASP.NET 4.x when you want to make it clear that you’re not using ASP.NET to mean both implementations.

ASP.NET のドキュメントをご覧ください。See ASP.NET documentation.

ASP.NET CoreASP.NET Core

.NET Core 上に構築された ASP.NET のクロスプラットフォームで高パフォーマンスなオープン ソースの実装。A cross-platform, high-performance, open source implementation of ASP.NET built on .NET Core.

ASP.NET Core のドキュメントをご覧ください。See ASP.NET Core documentation.

アセンブリassembly

アプリケーションまたは他のアセンブリから呼び出すことができる API のコレクションを含む .dll/ .exe ファイル。A .dll/.exe file that can contain a collection of APIs that can be called by applications or other assemblies.

アセンブリは、インターフェイス、クラス、構造体、列挙型、デリゲートなどの種類を含むことができます。An assembly may include types such as interfaces, classes, structures, enumerations, and delegates. プロジェクトの bin フォルダー内のアセンブリは、"バイナリ" と呼ばれることもあります。Assemblies in a project's bin folder are sometimes referred to as binaries. ライブラリ」もご覧ください。See also library.

CLRCLR

共通言語ランタイム (Common Language Runtime)。Common Language Runtime.

厳密な意味はコンテキストによって異なりますが、通常は、.NET Framework のランタイムを指します。The exact meaning depends on the context, but this usually refers to the runtime of the .NET Framework. CLR は、メモリの割り当てと管理を行います。The CLR handles memory allocation and management. CLR は、アプリの実行だけでなく、JIT コンパイラを使って実行時にコードを生成してコンパイルする仮想マシンでもあります。The CLR is also a virtual machine that not only executes apps but also generates and compiles code on-the-fly using a JIT compiler. 現在の Microsoft CLR の実装は Windows だけです。The current Microsoft CLR implementation is Windows only.

CoreCLRCoreCLR

.NET Core 共通言語ランタイム (.NET Core Common Language Runtime)。.NET Core Common Language Runtime.

この CLR は、CLR と同じコード ベースから作成されます。This CLR is built from the same code base as the CLR. もともと、CoreCLR は Silverlight のランタイムであり、複数のプラットフォーム (具体的には Windows と OS X) で実行するように設計されていました。現在の CoreCLR は .NET Core の一部であり、CLR の簡素化されたバージョンを表します。Originally, CoreCLR was the runtime of Silverlight and was designed to run on multiple platforms, specifically Windows and OS X. CoreCLR is now part of .NET Core and represents a simplified version of the CLR. まだクロスプラットフォーム ランタイムであり、多くの Linux ディストリビューションのサポートを含むようになっています。It's still a cross-platform runtime, now including support for many Linux distributions. CoreCLR は、JIT とコード実行機能を備えた仮想マシンでもあります。CoreCLR is also a virtual machine with JIT and code execution capabilities.

CoreFXCoreFX

.NET Core 基本クラス ライブラリ (BCL).NET Core Base Class Library (BCL)

System.* (および限られた範囲の Microsoft.*) 名前空間を構成するライブラリのセット。A set of libraries that comprise the System.* (and to a limited extent Microsoft.*) namespaces. BCL は汎用の下位レベル フレームワークであり、ASP.NET Core などの上位レベル アプリケーション フレームワークはそれを基にして構築されています。The BCL is a general purpose, lower-level framework that higher-level application frameworks, such as ASP.NET Core, build on. .NET Core BCL のソース コードは CoreFX リポジトリに含まれます。The source code of the .NET Core BCL is contained in the CoreFX repository. ただし、.NET Core API の大部分は .NET Framework でも使うことができるため、CoreFX は .NET Framework BCL が分岐したものと考えることができます。However, the majority of the .NET Core APIs are also available in the .NET Framework, so you can think of CoreFX as a fork of the .NET Framework BCL.

CoreRTCoreRT

.NET Core ランタイム。.NET Core runtime.

CLR/CoreCLR とは異なり、CoreRT は仮想マシンではありません。つまり、JIT が含まれないため、実行時にコードを生成して実行する機能はありません。In contrast to the CLR/CoreCLR, CoreRT is not a virtual machine, which means it doesn't include the facilities to generate and run code on-the-fly because it doesn't include a JIT. ただし、GC およびランタイム型識別 (RTTI) とリフレクションの機能は備えています。It does, however, include the GC and the ability for runtime type identification (RTTI) and reflection. ただ、CoreRT の型システムはリフレクション用のメタデータが必要ないように設計されています。However, its type system is designed so that metadata for reflection isn't required. これにより、AOT ツール チェーンで余分なメタデータのリンクを削除し、(さらに重要なこととして) アプリが使っていないコードを特定することができます。This enables having an AOT tool chain that can link away superfluous metadata and (more importantly) identify code that the app doesn't use. CoreRT は開発中です。CoreRT is in development.

Intro to .NET Native and CoreRT」(.NET Native と CoreRT の概要) をご覧ください。See Intro to .NET Native and CoreRT

クロスプラットフォームcross-platform

Linux、Windows、iOS など、複数の異なるオペレーティング システム上で使用できるアプリケーションを開発し、実行することができます。OS ごとに作成し直す必要はありません。The ability to develop and execute an application that can be used on multiple different operating systems, such as Linux, Windows and iOS, without having to re-write specifically for each one. そのため、異なるプラットフォーム上のアプリケーション間でコードを再利用し、一貫性を保つことができます。This enables code re-use and consistency between applications on different platforms.

エコシステムecosystem

特定のテクノロジ用のアプリケーションを構築して実行するために使われるすべての実行時ソフトウェア、開発ツール、およびコミュニティ リソース。All of the runtime software, development tools, and community resources that are used to build and run applications for a given technology.

".NET エコシステム" という用語は ".NET スタック" などの用語と似ていますが、サードパーティのアプリとライブラリを含む点が異なります。The term ".NET ecosystem" differs from similar terms such as ".NET stack" in its inclusion of third-party apps and libraries. 文章での使用例を次に示します。Here's an example in a sentence:

  • ".NET Standard の背後にある意図は、.NET エコシステムの高度な統一性を確立することです。""The motivation behind the .NET Standard is to establish greater uniformity in the .NET ecosystem."

フレームワークframework

一般に、特定のテクノロジに基づくアプリケーションの開発と展開を容易にする API の包括的なコレクション。In general, a comprehensive collection of APIs that facilitates development and deployment of applications that are based on a particular technology. この一般的な意味でのアプリケーション フレームワークの例としては、ASP.NET Core や Windows フォームなどがあります。In this general sense, ASP.NET Core and Windows Forms are examples of application frameworks. ライブラリ」もご覧ください。See also library.

以下の語句で使われている "フレームワーク" という用語には、さらに具体的な技術的意味があります。The word "framework" has a more specific technical meaning in the following terms:

既存のドキュメントでは、.NET の実装を指して "フレームワーク" が使われていることがあります。In the existing documentation, "framework" sometimes refers to an implementation of .NET. たとえば、.NET Core をフレームワークと呼んでいる場合があります。For example, an article may call .NET Core a framework. このような混乱を招く使用法をドキュメントから除去することが予定されています。We plan to eliminate this confusing usage from the documentation.

[GC]GC

ガベージ コレクター (Garbage Collector)。Garbage collector.

ガベージ コレクターは、自動メモリ管理の実装です。The garbage collector is an implementation of automatic memory management. GC は、使われなくなったオブジェクトによって占有されているメモリを解放します。The GC frees memory occupied by objects that are no longer in use.

ガベージ コレクション」をご覧ください。See Garbage Collection.

ILIL

中間言語 (Intermediate Language)。Intermediate language.

C# などの高レベル .NET 言語は、中間言語 (IL) と呼ばれるハードウェアに依存しない命令セットにコンパイルされます。Higher-level .NET languages, such as C#, compile down to a hardware-agnostic instruction set, which is called Intermediate Language (IL). IL は、MSIL (Microsoft IL) や CIL (Common IL) などと呼ばれることもあります。IL is sometimes referred to as MSIL (Microsoft IL) or CIL (Common IL).

JITJIT

Just-In-Time コンパイラ。Just-in-time compiler.

AOT と同様に、このコンパイラは IL をプロセッサが理解するマシン コードに変換します。Similar to AOT, this compiler translates IL to machine code that the processor understands. AOT とは異なり、JIT のコンパイルはオンデマンドで行われ、コードを実行する必要があるコンピューター上で実行されます。Unlike AOT, JIT compilation happens on demand and is performed on the same machine that the code needs to run on. JIT コンパイルはアプリケーションの実行中に行われるため、コンパイル時間は実行時間の一部になります。Since JIT compilation occurs during execution of the application, compile time is part of the run time. したがって、JIT コンパイラでは、コードの最適化に要する時間と、結果のコードによって得られる時間の節約のバランスを考える必要があります。Thus, JIT compilers have to balance time spent optimizing code against the savings that the resulting code can produce. ただし、JIT は実際のハードウェアを認識するので、開発者はさまざまな実装を出荷する必要がなくなります。But a JIT knows the actual hardware and can free developers from having to ship different implementations.

.NET の実装implementation of .NET

.NET の実装には次のものが含まれます。An implementation of .NET includes the following:

  • 1 つまたは複数のランタイム。One or more runtimes. 次に例を示します。 CLR、CoreCLR、CoreRT。Examples: CLR, CoreCLR, CoreRT.
  • .NET Standard の 1 つのバージョンを実装し、他の API を含むことができるクラス ライブラリ。A class library that implements a version of the .NET Standard and may include additional APIs. たとえば、.NET Framework 基本クラス ライブラリや .NET Core 基本クラス ライブラリなどです。Examples: .NET Framework Base Class Library, .NET Core Base Class Library.
  • 必要に応じて、1 つまたは複数のアプリケーション フレームワーク。Optionally, one or more application frameworks. 次に例を示します。 .NET Framework には ASP.NET、Windows フォーム、WPF が含まれます。Examples: ASP.NET, Windows Forms, and WPF are included in the .NET Framework.
  • 必要に応じて、開発ツール。Optionally, development tools. 一部の開発ツールは、複数の実装間で共有されます。Some development tools are shared among multiple implementations.

.NET の実装の例:Examples of .NET implementations:

ライブラリlibrary

アプリまたは他のライブラリで呼び出すことができる API のコレクション。A collection of APIs that can be called by apps or other libraries. .NET ライブラリは 1 つ以上のアセンブリで構成されます。A .NET library is composed of one or more assemblies.

ライブラリとフレームワークは同義語として使われることがよくあります。The words library and framework are often used synonymously.

メタパッケージmetapackage

それ自体のライブラリを持たず、依存するもののリストのみを含む NuGet パッケージ。A NuGet package that has no library of its own but is only a list of dependencies. 含まれるパッケージは、必要に応じて、ターゲット フレームワーク用の API を確立できます。The included packages can optionally establish the API for a target framework.

パッケージ、メタパッケージ、フレームワーク」をご覧ください。See Packages, Metapackages and Frameworks

MonoMono

Mono はオープン ソースであり、主に小規模なランタイムが必要な場合に使用されるクロスプラットフォームの .NET 実装です。Mono is an open source, cross-platform .NET implementation that is mainly used when a small runtime is required. Android、Mac、iOS、tvOS、および watchOS 上の Xamarin アプリケーションで利用されるランタイムで、フットプリントが小さいアプリに重点を置いています。It is the runtime that powers Xamarin applications on Android, Mac, iOS, tvOS and watchOS and is focused primarily on apps that require a small footprint.

現在公開されているすべての .NET Standard バージョンをサポートしています。It supports all of the currently published .NET Standard versions.

これまで Mono は .NET Framework の多数の API を実装し、Unix で人気の高い機能の一部をエミュレートしていました。Historically, Mono implemented the larger API of the .NET Framework and emulated some of the most popular capabilities on Unix. また、Unix のそのような機能に依存する .NET アプリケーションを実行するために使用されることもあります。It is sometimes used to run .NET applications that rely on those capabilities on Unix.

一般的に Mono は、Just-In-Time コンパイラと共に使用されますが、iOS のようなプラットフォームに使用される完全な静的コンパイラ (Ahead Of Time コンパイル) としても機能します。Mono is typically used with a just-in-time compiler, but it also features a full static compiler (ahead-of-time compilation) that is used on platforms like iOS.

Mono について詳しくは、Mono のドキュメントをご覧ください。To learn more about Mono, see the Mono documentation.

.NET.NET

.NET Standard とすべての .NET の実装およびワークロードを表す包括的な用語。The umbrella term for .NET Standard and all .NET implementations and workloads. 常にすべて大文字で表し、".Net" とは表記されません。Always capitalized, never ".Net".

.NET ガイド」をご覧ください。See the .NET Guide

.NET Core.NET Core

.NET のクロスプラットフォームで高パフォーマンスなオープン ソースの実装。A cross-platform, high-performance, open source implementation of .NET. Core 共通言語ランタイム (CoreCLR)、Core AOT ランタイム (CoreRT、開発中)、Core 基本クラス ライブラリ、Core SDK が含まれます。Includes the Core Common Language Runtime (CoreCLR), the Core AOT Runtime (CoreRT, in development), the Core Base Class Library, and the Core SDK.

.NET Core」をご覧ください。See .NET Core.

.NET Core CLI.NET Core CLI

.NET Core アプリケーション開発用のクロスプラットフォーム ツールチェーン。A cross-platform toolchain for developing .NET Core applications.

.NET Core コマンドライン インターフェイス (CLI) ツール」をご覧ください。See .NET Core command-line interface (CLI) tools.

.NET Core SDK.NET Core SDK

一連のライブラリとツールであり、開発者はこれを利用して .NET Core のアプリケーションやライブラリを作成できます。A set of libraries and tools that allow developers to create .NET Core applications and libraries. アプリ構築用の .NET Core CLI、アプリの構築および実行用の .NET Core ライブラリとランタイム、CLI コマンドとアプリケーションを実行する dotnet 実行可能ファイル (dotnet.exe) が含まれます。Includes the .NET Core CLI for building apps, .NET Core libraries and runtime for building and running apps, and the dotnet executable (dotnet.exe) that runs CLI commands and runs applications.

.NET Core SDK 概要」をご覧ください。See .NET Core SDK Overview.

.NET Framework.NET Framework

Windows でのみ動作する .NET の実装。An implementation of .NET that runs only on Windows. 共通言語ランタイム (CLR)、基本クラス ライブラリ、および ASP.NET、Windows フォーム、WPF などのアプリケーション フレームワーク ライブラリが含まれます。Includes the Common Language Runtime (CLR), the Base Class Library, and application framework libraries such as ASP.NET, Windows Forms, and WPF.

.NET Framework ガイド」をご覧ください。See .NET Framework Guide.

.NET Native.NET Native

Just-In-Time (JIT) ではなく Ahead Of Time (AOT) でネイティブ コードを生成するコンパイラ ツール チェーン。A compiler tool chain that produces native code ahead-of-time (AOT), as opposed to just-in-time (JIT).

コンパイルは、C++ のコンパイラやリンカーと同様に、開発者のコンピューターで行われます。Compilation happens on the developer's machine similar to the way a C++ compiler and linker works. 未使用のコードが削除され、より多くの時間がコードの最適化に費やされます。It removes unused code and spends more time optimizing it. ライブラリからコードを抽出し、実行可能ファイルにそれらをマージします。It extracts code from libraries and merges them into the executable. 結果は、アプリ全体を表す 1 つのモジュールです。The result is a single module that represents the entire app.

UWP は、.NET Native によってサポートされる最初のアプリケーション フレームワークでした。UWP was the first application framework supported by .NET Native. 現在では、Windows、macOS、Linux 用のネイティブ コンソール アプリの構築がサポートされています。Now, we support building native console apps for Windows, macOS, and Linux.

Intro to .NET Native and CoreRT」(.NET Native と CoreRT の概要) をご覧ください。See Intro to .NET Native and CoreRT

.NET Standard.NET Standard

.NET の各実装で使用可能な .NET API の正式な仕様。A formal specification of .NET APIs that are available in each .NET implementation.

.NET Standard の仕様は、ドキュメントではライブラリとも呼ばれます。The .NET Standard specification is sometimes called a library in the documentation. ライブラリには仕様 (インターフェイス) だけでなく API の実装も含まれるため、.NET Standard を "ライブラリ" と呼ぶのは誤解を招きます。Because a library includes API implementations, not only specifications (interfaces), it's misleading to call .NET Standard a "library." .NET Standard メタパッケージ (NETStandard.Library) の名前を参照する場合を除き、そのような使用法をドキュメントから消去する予定です。We plan to eliminate that usage from the documentation, except in reference to the name of the .NET Standard metapackage (NETStandard.Library).

.NET Standard」をご覧ください。See .NET Standard.

NGENNGEN

ネイティブ (イメージ) 生成。Native (image) generation.

このテクノロジは、永続的な JIT コンパイラと考えることができます。You can think of this technology as a persistent JIT compiler. 通常はコードが実行されるコンピューター上でコードをコンパイルしますが、一般にコンパイルはインストール時に行われます。It usually compiles code on the machine where the code is executed, but compilation typically occurs at install time.

packagepackage

NuGet パッケージ — または単にパッケージ — は、同じ名前の 1 つまたは複数のアセンブリと、作成者名などの追加メタデータを含む、 .zip ファイルです。A NuGet package — or just a package — is a .zip file with one or more assemblies of the same name along with additional metadata such as the author name.

.zip ファイルは、拡張子が .nupkg であり、複数のターゲット フレームワークとバージョンで使う .dll ファイルや .xml ファイルなどのアセットを含むことができます。The .zip file has a .nupkg extension and may contain assets, such as .dll files and .xml files, for use with multiple target frameworks and versions. アプリまたはライブラリでインストールされるときに、アプリまたはライブラリで指定されているターゲット フレームワークに基づいて適切なアセットが選択されます。When installed in an app or library, the appropriate assets are selected based on the target framework specified by the app or library. インターフェイスを定義するアセットは ref フォルダーにあり、実装を定義するアセットは lib フォルダーにあります。The assets that define the interface are in the ref folder, and the assets that define the implementation are in the lib folder.

platformplatform

オペレーティング システムとそれが動作するハードウェア (Windows、macOS、Linux、iOS、Android)。An operating system and the hardware it runs on, such as Windows, macOS, Linux, iOS, and Android.

文章での使用例を次に示します。Here are examples of usage in sentences:

  • ".NET Core は、.NET のクロスプラットフォームの実装です。"".NET Core is a cross-platform implementation of .NET."
  • "PCL プロファイルは Microsoft のプラットフォームを表し、.NET Standard はプラットフォームに依存しません。""PCL profiles represent Microsoft platforms, while the .NET Standard is agnostic to platform."

.NET のドキュメントでは、.NET の実装またはすべての実装を含む .NET スタックの意味で ".NET プラットフォーム" が使われることがよくあります。The .NET documentation frequently uses ".NET platform" to mean either an implementation of .NET or the .NET stack including all implementations. これらの使用法はどちらも本来の (OS/ハードウェア) の意味と紛らわしい場合があるので、ドキュメントから削除される予定です。Both of these usages tend to get confused with the primary (OS/hardware) meaning, so we plan to eliminate these usages from the documentation.

ランタイムruntime

マネージド プログラムの実行環境。The execution environment for a managed program.

OS は、ランタイム環境の一部ですが、.NET ランタイムの一部ではありません。The OS is part of the runtime environment but is not part of the .NET runtime. .NET ランタイムの例を次に示します。Here are some examples of .NET runtimes:

  • 共通言語ランタイム (CLR)Common Language Runtime (CLR)
  • Core 共通言語ランタイム (CoreCLR)Core Common Language Runtime (CoreCLR)
  • .NET Native (UWP の場合).NET Native (for UWP)
  • Mono ランタイムMono runtime

.NET のドキュメントでは、.NET の実装の意味で "ランタイム" が使われることがあります。The .NET documentation sometimes uses "runtime" to mean an implementation of .NET. たとえば、次の文章の "ランタイム" は "実装" に置き換える必要があります。For example, in the following sentences "runtime" should be replaced with "implementation":

  • "さまざまな .NET ランタイムで、.NET Standard の特定のバージョンが実装されます。""The various .NET runtimes implement specific versions of .NET Standard."
  • "複数のランタイムでの実行を意図したライブラリは、このフレームワークを対象とする必要があります。""Libraries that are intended to run on multiple runtimes should target this framework." (.NET Standard を指している場合)(referring to .NET Standard)
  • "さまざまな .NET ランタイムで、.NET Standard の特定のバージョンが実装されます。"The various .NET runtimes implement specific versions of .NET Standard. .NET ランタイムの各バージョンは、サポートしている .NET Standard の最高のバージョンをアドバタイズします …"Each .NET runtime version advertises the highest .NET Standard version it supports …"

このような一貫性のない使用法は除去される予定です。We plan to eliminate this inconsistent usage.

スタックstack

全体としてアプリケーションの構築と実行に使われるプログラミング テクノロジのセット。A set of programming technologies that are used together to build and run applications.

".NET スタック" は、.NET Standard および .NET のすべての実装を指します。"The .NET stack" refers to the .NET Standard and all .NET implementations. ".NET スタック" という語句が .NET の 1 つの実装を示すこともあります。The phrase "a .NET stack" may refer to one implementation of .NET.

対象フレームtarget framework

.NET アプリまたはライブラリが依存する API のコレクション。The collection of APIs that a .NET app or library relies on.

アプリまたはライブラリは、.NET Standard の 1 つのバージョン (.NET Standard 2.0 など) をターゲットにできます。 .NET Standard は、.NET のすべての実装で標準化された API のセットの仕様です。An app or library can target a version of .NET Standard (for example, .NET Standard 2.0), which is specification for a standardized set of APIs across all .NET implementations. また、アプリまたはライブラリは、.NET の特定の実装のバージョンをターゲットにすることもでき、その場合は実装固有の API にアクセスできます。An app or library can also target a version of a specific .NET implementation, in which case it gets access to implementation-specific APIs. たとえば、Xamarin.iOS をターゲットにするアプリは、Xamarin が提供する iOS API ラッパーにアクセスできます。For example, an app that targets Xamarin.iOS gets access to Xamarin-provided iOS API wrappers.

一部のターゲット フレームワーク (.NET Framework など) では、使用可能な API は .NET の実装がシステムにインストールするアセンブリによって定義され、アプリケーション フレームワーク API (たとえば ASP.NET、WinForms) を含む場合があります。For some target frameworks (for example, the .NET Framework) the available APIs are defined by the assemblies that a .NET implementation installs on a system, which may include application framework APIs (for example, ASP.NET, WinForms). パッケージ ベースのターゲット フレームワーク (.NET Standard、.NET Core など) では、フレームワーク API はアプリまたはライブラリでインストールされるパッケージによって定義されます。For package-based target frameworks (such as .NET Standard and .NET Core), the framework APIs are defined by the packages installed in the app or library. その場合、ターゲット フレームワークでは、全体としてフレームワークを構成するすべてのパッケージを参照するメタパッケージが暗黙的に指定されます。In that case, the target framework implicitly specifies a metapackage that references all the packages that together make up the framework.

ターゲット フレームワーク」をご覧ください。See Target Frameworks.

TFMTFM

ターゲット フレームワーク モニカー (Target Framework Moniker)。Target framework moniker.

.NET アプリまたはライブラリのターゲット フレームワークを指定するための標準化されたトークン形式。A standardized token format for specifying the target framework of a .NET app or library. 通常、ターゲット フレームワークは短い名前によって参照されます (net462 など)。Target frameworks are typically referenced by a short name, such as net462. 長い形式の TFM (.NETFramework,Version=4.6.2 など) も存在しますが、一般に、ターゲット フレームワークの指定には使われません。Long-form TFMs (such as .NETFramework,Version=4.6.2) exist but are not generally used to specify a target framework.

ターゲット フレームワーク」をご覧ください。See Target Frameworks.

UWPUWP

ユニバーサル Windows プラットフォーム (Universal Windows Platform)。Universal Windows Platform.

モノのインターネット (IoT) のために最新のタッチ対応の Windows アプリケーションとソフトウェアを構築するために使われる .NET の実装。An implementation of .NET that is used for building modern, touch-enabled Windows applications and software for the Internet of Things (IoT). PC、タブレット、ファブレット、携帯電話、Xbox など、ターゲットにする可能性があるさまざまな種類のデバイスを統一するように設計されています。It's designed to unify the different types of devices that you may want to target, including PCs, tablets, phablets, phones, and even the Xbox. UWP は、一元的なアプリ ストア、実行環境 (AppContainer)、Win32 の代わりに使う Windows API のセット (WinRT) など、多くのサービスを提供します。UWP provides many services, such as a centralized app store, an execution environment (AppContainer), and a set of Windows APIs to use instead of Win32 (WinRT). アプリは、C++、C#、VB.NET、および JavaScript で記述することができます。Apps can be written in C++, C#, VB.NET, and JavaScript. C# と VB.NET を使うときは、.NET Core によって .NET API が提供されます。When using C# and VB.NET, the .NET APIs are provided by .NET Core.

関連項目See also