F# のガイド

F# は、.NET 用のクロス プラットフォームのオープン ソース プログラミング言語であり、オブジェクト指向プログラミングと命令型プログラミングのサポートと共に、関数型プログラミングの優れたサポートを提供します。 Visual F# コンパイラとツールは Microsoft による F# プログラミング言語の実装であり、これにより F# は .NET のファースト クラスのメンバーになっています。

プログラミングについて詳しくない場合

プログラミングに慣れていない場合は、チュートリアル セクションから始めてください。 チュートリアルには、独自の F# プログラムを作成して実行する方法を説明する初心者向けのセクションがあります。

または、F# のテーマの概要とその特徴的な機能の一部を知りたい場合は、「F# のツアー」を参照してください。

F の経験がない場合#

プログラミング方法を理解していても F# に詳しくない場合は、初めに「F#のツアー」で言語の概要を理解してください。

Introduction to Functional Progamming」 (関数型プログラミングの概要) を参照して、F# での操作に不可欠な関数型プログラミングの概念を理解することもお勧めします。

チュートリアルには、さまざまなスキル レベルと言語の機能のステップ バイ ステップ ガイドもあります。

F#の経験が豊富な場合

F# の使用方法がわかっている場合、言語リファレンスで多くの使用方法を知ることができます。多数のコード サンプルで補足された言語のあらゆる側面を徹底的に解説しています。 「F# Core Library Reference」 (F# コア ライブラリ リファレンス) にも多くの使用方法が記載されています。

F# Software Foundationについて

マイクロソフトは、F# 言語および Visual F# ツールの主な開発者ですが、F# は、F# Software Foundation (FSSF) という独立した団体によってもサポートされています。

F# Software Foundation の使命は、F# プログラミング言語の促進、保護、進歩であり、F# プログラマーの多様なインターナショナル コミュニティをサポートし、成長を促進しています。

詳細およびコミュニティへの参加については、fsharp.org を参照してください。

ドキュメント

オンライン リソース

ビデオ学習リソース

他のリソース