.NET SDK の概要

.NET SDK は一連のライブラリとツールであり、開発者はこれを利用して .NET のアプリケーションやライブラリを作成できます。 それには、アプリケーションのビルドと実行に使用される次のコンポーネントが含まれています。

  • .NET CLI。
  • .NET ライブラリとランタイム。
  • dotnet ドライバー

.NET SDK の入手

他のツールと同様に、最初にコンピューターにツールをインストールする必要があります。 シナリオに応じて、次のいずれかの方法で SDK をインストールできます。

  • ネイティブ インストーラーを使う。
  • インストール シェル スクリプトを使う。

開発者のコンピューターでは、ネイティブ インストーラーが利用されることが多いです。 SDK はサポートされるプラットフォームのネイティブ インストール メカニズムにより配信されます。たとえば、Ubuntu の場合は DEB パッケージ、Windows の場合は MSI バンドルです。 これらのインストーラーでは、インストール直後に、ユーザーが SDK を使うために必要な環境がインストールされて設定されます。 ただし、コンピューター上で管理者特権も必要になります。 インストールする SDK は、.NET ダウンロード ページで見つけることができます。

一方、インストール スクリプトでは、管理者特権は必要ありません。 ただし、いかなる前提条件もコンピューターにインストールされません。前提条件はすべてユーザーが手動でインストールする必要があります。 スクリプトは、通常、管理者特権なしでツールをインストールするとき、ビルド サーバーを設定するために利用されます (上の前提条件警告に注意してください)。 詳しくは、インストール スクリプト リファレンスに関する記事をご覧ください。 お使いの CI ビルド サーバーで SDK を設定する方法について関心がある場合は、「継続的インテグレーション (CI) で .NET SDK とツールを使用する」の記事をご覧ください。

既定では、SDK は "side-by-side" (SxS) 方式でインストールされます。つまり、複数のバージョンを 1 台のコンピューター上にいつでも共存させることができます。 CLI コマンドを実行したときにバージョンが選択される方法について詳しくは、使用する .NET のバージョンの選択に関する記事をご覧ください。

関連項目