ASDK の Azure への登録Register the ASDK with Azure

Azure Stack Development Kit (ASDK) インストールを Azure に登録して Azure からマーケットプレース項目をダウンロードしたり、Microsoft に返送するコマース データを設定したりできます。You can register your Azure Stack Development Kit (ASDK) installation with Azure to download marketplace items from Azure and to set up commerce data reporting back to Microsoft. マーケットプレース シンジケーションを含む、Azure Stack のすべての機能をサポートするには、登録が必要です。Registration is required to support full Azure Stack functionality, including marketplace syndication. マーケットプレース シンジケーションや使用状況レポートなどの Azure Stack の重要な機能をテストできるようにするには、登録が必要です。Registration is required to enable you to test important Azure Stack functionality like marketplace syndication and usage reporting. Azure Stack を登録すると、使用状況が Azure コマースにレポートされます。After you register Azure Stack, usage is reported to Azure commerce. 使用状況は、登録に使用したサブスクリプションの下に表示されます。You can see it under the subscription you used for registration. ただし、ASDK のユーザーは、レポートする使用状況に対して課金されることはありません。However, ASDK users aren't charged for any usage they report.

自分の ASDK を登録しない場合、ASDK を登録するように勧める警告アラート "アクティブ化が必要" が表示されます。If you don't register your ASDK, you might see an Activation Required warning alert that advises you to register your ASDK. これは正しい動作です。This behavior is expected.

前提条件Prerequisites

次の手順を使って Azure に ASDK を登録する前に、デプロイ後の構成の記事の説明に従って Azure Stack PowerShell をインストールし、Azure Stack ツールをダウンロードしたことを確認します。Before using these instructions to register the ASDK with Azure, ensure that you've installed the Azure Stack PowerShell and downloaded the Azure Stack tools as described in the post-deployment configuration article.

Azure に ASDK を登録するために使用されるコンピューター上で、PowerShell 言語モードを FullLanguage に設定する必要もあります。The PowerShell language mode must also be set to FullLanguage on the computer used to register the ASDK with Azure. 現在の言語モードが完全に設定されていることを確認するには、PowerShell ウィンドウを管理者特権で開き、次の PowerShell コマンドを実行します。To verify that the current language mode is set to full, open an elevated PowerShell window and run the following PowerShell commands:

$ExecutionContext.SessionState.LanguageMode

出力で FullLanguage が確実に返されるようにします。Ensure the output returns FullLanguage. その他の言語モードが返される場合は、別のコンピューターで再登録を実行するか、言語モードを FullLanguage に設定してから続行する必要があります。If any other language mode is returned, registration needs to be run on another computer or the language mode set to FullLanguage before continuing.

登録に使用される Azure AD アカウントは Azure サブスクリプションにアクセスできる必要があり、そのサブスクリプションに関連付けられているディレクトリで ID アプリとサービス プリンシパルを作成するアクセス許可を持っている必要があります。The Azure AD account used for registration needs to have access to the Azure subscription and have permissions to create identity apps and service principals in the directory associated with that subscription. 全体管理者の資格情報を使用するのではなく、登録に使用するサービス アカウントを作成することで、Azure Stack を Azure に登録することをお勧めします。We recommend you register Azure Stack with Azure by creating a service account to use for registration rather than using global admin credentials.

ASDK の登録Register the ASDK

次の手順に従って、ASDK を Azure に登録します。Follow these steps to register the ASDK with Azure.

注意

これらすべての手順は、特権エンドポイントにアクセスできるコンピューターから実行する必要があります。All these steps must be run from a computer that has access to the privileged endpoint. ASDK の場合は、ASDK のホスト コンピューターです。For the ASDK, that's the ASDK host computer.

  1. 管理者として PowerShell コンソールを開きます。Open a PowerShell console as an admin.

  2. 次の PowerShell コマンドを実行し、Azure に ASDK インストールを登録します。Run the following PowerShell commands to register your ASDK installation with Azure. Azure 課金サブスクリプション ID とローカル ASDK インストールの両方にサインインします。Sign in to both your Azure billing Subscription ID and the local ASDK installation. Azure 課金サブスクリプション ID をまだ持っていない場合は、こちらから無料の Azure アカウントを作成できます。If you don't have an Azure billing subscription ID yet, you can create a free Azure account here. Azure Stack を登録しても、Azure サブスクリプションに課金されることはありません。Registering Azure Stack incurs no cost on your Azure subscription.

    Set-AzsRegistration コマンドレットを実行するときに、登録用の一意の名前を設定します。Set a unique name for the registration when you run the Set-AzsRegistration cmdlet. RegistrationName パラメーターの既定値は AzureStackRegistration です。The RegistrationName parameter has a default value of AzureStackRegistration. ただし、複数の Azure Stack インスタンスに同じ名前を使用すると、スクリプトは失敗します。However, if you use the same name on more than one instance of Azure Stack, the script will fail.

    # Add the Azure cloud subscription environment name. 
    # Supported environment names are AzureCloud, AzureChinaCloud, or AzureUSGovernment depending which Azure subscription you're using.
    Add-AzureRmAccount -EnvironmentName "<environment name>"
    
    # Register the Azure Stack resource provider in your Azure subscription
    Register-AzureRmResourceProvider -ProviderNamespace Microsoft.AzureStack
    
    # Import the registration module that was downloaded with the GitHub tools
    Import-Module C:\AzureStack-Tools-master\Registration\RegisterWithAzure.psm1
    
    # If you have multiple subscriptions, run the following command to select the one you want to use:
    # Get-AzureRmSubscription -SubscriptionID "<subscription ID>" | Select-AzureRmSubscription
    
    # Register Azure Stack
    $AzureContext = Get-AzureRmContext
    $CloudAdminCred = Get-Credential -UserName AZURESTACK\CloudAdmin -Message "Enter the credentials to access the privileged endpoint."
    $RegistrationName = "<unique-registration-name>"
    Set-AzsRegistration `
    -PrivilegedEndpointCredential $CloudAdminCred `
    -PrivilegedEndpoint AzS-ERCS01 `
    -BillingModel Development `
    -RegistrationName $RegistrationName `
    -UsageReportingEnabled:$true
    
  3. スクリプトが完了すると、 「Your environment is now registered and activated using the provided parameters. (提供されたパラメーターを使用して環境が登録され、アクティブ化されました。)」 というメッセージが表示されます。When the script completes, you should see this message: Your environment is now registered and activated using the provided parameters.

    ご利用の環境がこれで登録されました

切断された環境での登録Register in disconnected environments

切断された (インターネット接続のない) 環境で Azure Stack を登録している場合は、Azure Stack 環境から登録トークンを取得してから、Azure に接続できるコンピューターでそのトークンを使用して、登録して、ASDK 環境のアクティベーション リソースを作成する必要があります。If you're registering Azure Stack in a disconnected environment (with no internet connectivity), you need to get a registration token from the Azure Stack environment and then use that token on a computer that can connect to Azure to register and create an activation resource for your ASDK environment.

重要

このような手順を使用して Azure Stack を登録する前に、デプロイ後の構成の記事に従って、ASDK ホスト コンピューターと、Azure への接続と登録に使用されるインターネット アクセスを備えたコンピューターの両方に PowerShell for Azure Stack をインストールし、Azure Stack ツールをダウンロードしておきます。Before using these instructions to register Azure Stack, ensure that you've installed PowerShell for Azure Stack and downloaded the Azure Stack tools as described in the post-deployment configuration article on both the ASDK host computer and the computer with internet access used to connect to Azure and register.

Azure Stack 環境から登録トークンを取得するGet a registration token from the Azure Stack environment

ASDK ホスト コンピューターで、管理者として PowerShell を起動し、Azure Stack ツールをダウンロードしたときに作成された AzureStack-Tools-master ディレクトリ内の Registration フォルダーに移動します。On the ASDK host computer, start PowerShell as an admin and navigate to the Registration folder in the AzureStack-Tools-master directory created when you downloaded the Azure Stack tools. 次の PowerShell コマンドを使用して RegisterWithAzure.psm1 モジュールをインポートし、Get-AzsRegistrationToken コマンドレットを使用して登録トークンを取得します。Use the following PowerShell commands to import the RegisterWithAzure.psm1 module and then use the Get-AzsRegistrationToken cmdlet to get the registration token:

# Import the registration module that was downloaded with the GitHub tools
Import-Module C:\AzureStack-Tools-master\Registration\RegisterWithAzure.psm1

# Create registration token
$CloudAdminCred = Get-Credential -UserName AZURESTACK\CloudAdmin -Message "Enter the credentials to access the privileged endpoint."
# File path to save the token. This example saves the file as C:\RegistrationToken.txt.
$FilePathForRegistrationToken = "$env:SystemDrive\RegistrationToken.txt"
$RegistrationToken = Get-AzsRegistrationToken -PrivilegedEndpointCredential $CloudAdminCred `
-UsageReportingEnabled:$false `
-PrivilegedEndpoint AzS-ERCS01 `
-BillingModel Development `
-MarketplaceSyndicationEnabled:$false `
-TokenOutputFilePath $FilePathForRegistrationToken

インターネット接続されたコンピューターで使用するためにこの登録トークンを保存します。Save this registration token for use on the internet-connected computer. $FilePathForRegistrationToken パラメーターによって作成されたファイルからファイルまたはテキストをコピーできます。You can copy the file or the text from the file created by the $FilePathForRegistrationToken parameter.

Azure に接続して登録するConnect to Azure and register

インターネット接続されたコンピューターで、次の PowerShell コマンドを使用して RegisterWithAzure.psm1 モジュールをインポートしてから、作成した登録トークンと一意の登録名で Register-AzsEnvironment コマンドレットを使用して Azure に登録します。On the internet-connected computer, use the following PowerShell commands to import the RegisterWithAzure.psm1 module and then use the Register-AzsEnvironment cmdlet to register with Azure using the registration token you just created and a unique registration name:

# Add the Azure cloud subscription environment name. 
# Supported environment names are AzureCloud, AzureChinaCloud or AzureUSGovernment depending which Azure subscription you are using.
Add-AzureRmAccount -EnvironmentName "<environment name>"

# If you have multiple subscriptions, run the following command to select the one you want to use:
# Get-AzureRmSubscription -SubscriptionID "<subscription ID>" | Select-AzureRmSubscription

# Register the Azure Stack resource provider in your Azure subscription
Register-AzureRmResourceProvider -ProviderNamespace Microsoft.AzureStack

# Import the registration module that was downloaded with the GitHub tools
Import-Module C:\AzureStack-Tools-master\Registration\RegisterWithAzure.psm1

# Register with Azure
# This example uses the C:\RegistrationToken.txt file.
$registrationToken = Get-Content -Path "$env:SystemDrive\RegistrationToken.txt"
$RegistrationName = "<unique-registration-name>"
Register-AzsEnvironment -RegistrationToken $registrationToken `
-RegistrationName $RegistrationName

または、Get-Content コマンドレットを使用して、登録トークンが含まれているファイルを示すことができます。Alternatively, you can use the Get-Content cmdlet to point to a file that contains your registration token:

# Add the Azure cloud subscription environment name. 
# Supported environment names are AzureCloud, AzureChinaCloud or AzureUSGovernment depending which Azure subscription you are using.
Add-AzureRmAccount -EnvironmentName "<environment name>"

# If you have multiple subscriptions, run the following command to select the one you want to use:
# Get-AzureRmSubscription -SubscriptionID "<subscription ID>" | Select-AzureRmSubscription

# Register the Azure Stack resource provider in your Azure subscription
Register-AzureRmResourceProvider -ProviderNamespace Microsoft.AzureStack

# Import the registration module that was downloaded with the GitHub tools
Import-Module C:\AzureStack-Tools-master\Registration\RegisterWithAzure.psm1

# Register with Azure 
# This example uses the C:\RegistrationToken.txt file.
$registrationToken = Get-Content -Path "$env:SystemDrive\RegistrationToken.txt"
Register-AzsEnvironment -RegistrationToken $registrationToken `
-RegistrationName $RegistrationName

登録が完了すると、次のようなメッセージが表示されます。Your Azure Stack environment is now registered with Azure. (Azure Stack 環境が Azure に登録されました。)When registration is complete, you should see a message similar to: Your Azure Stack environment is now registered with Azure.

重要

PowerShell ウィンドウを閉じないでください。Do not close the PowerShell window.

今後参照できるように登録トークンと登録リソース名を保存します。Save the registration token and registration resource name for future reference.

Azure の登録リソースからアクティブ化キーを取得するRetrieve an activation key from the Azure registration resource

この場合もインターネット接続されたコンピューター、および同じ PowerShell コンソール ウィンドウを使用して、Azure に登録したときに作成された登録リソースからアクティブ化キーを取得します。Still using the internet-connected computer, and the same PowerShell console window, retrieve an activation key from the registration resource created when you registered with Azure.

アクティブ化キーを取得するには、次の PowerShell コマンドを実行します。To get the activation key, run the following PowerShell commands. 前の手順で Azure に登録するときに指定したものと同じ一意の登録名の値を使用します。Use the same unique registration name value you provided when registering with Azure in the previous step:

$RegistrationResourceName = "<unique-registration-name>"
# File path to save the activation key. This example saves the file as C:\ActivationKey.txt.
$KeyOutputFilePath = "$env:SystemDrive\ActivationKey.txt"
$ActivationKey = Get-AzsActivationKey -RegistrationName $RegistrationResourceName `
-KeyOutputFilePath $KeyOutputFilePath

Azure Stack にアクティブ化リソースを作成するCreate an Activation Resource in Azure Stack

Get-AzsActivationKey から作成されたアクティブ化キーのファイルまたはテキストを使用して Azure Stack 環境に戻ります。Return to the Azure Stack environment with the file or text from the activation key created from Get-AzsActivationKey. 次の PowerShell コマンドを実行して、そのアクティブ化キーを使用して Azure Stack でアクティブ化リソースを作成します。Run the following PowerShell commands to create an activation resource in Azure Stack using that activation key:

# Import the registration module that was downloaded with the GitHub tools
Import-Module C:\AzureStack-Tools-master\Registration\RegisterWithAzure.psm1

$CloudAdminCred = Get-Credential -UserName AZURESTACK\CloudAdmin -Message "Enter the credentials to access the privileged endpoint."
$ActivationKey = "<activation key>"
New-AzsActivationResource -PrivilegedEndpointCredential $CloudAdminCred `
-PrivilegedEndpoint AzS-ERCS01 `
-ActivationKey $ActivationKey

または、Get-Content コマンドレットを使用して、登録トークンが含まれているファイルを示すことができます。Alternatively, you can use the Get-Content cmdlet to point to a file that contains your registration token:

# Import the registration module that was downloaded with the GitHub tools
Import-Module C:\AzureStack-Tools-master\Registration\RegisterWithAzure.psm1

$CloudAdminCred = Get-Credential -UserName AZURESTACK\CloudAdmin -Message "Enter the credentials to access the privileged endpoint."
# This example uses the C:\ActivationKey.txt file.
$ActivationKey = Get-Content -Path "$env:SystemDrive\Activationkey.txt"
New-AzsActivationResource -PrivilegedEndpointCredential $CloudAdminCred `
-PrivilegedEndpoint AzS-ERCS01 `
-ActivationKey $ActivationKey

アクティブ化が完了すると、次のようなメッセージが表示されます。Your environment has finished the registration and activation process. (環境で登録とアクティブ化プロセスが終了しました。)When activation is complete, you should see a message similar to: Your environment has finished the registration and activation process.

登録が成功したことを確認するVerify the registration was successful

Azure Stack の登録に成功したことは、 [Region management](リージョン管理) タイルを使用して確認できます。You can use the Region management tile to verify that the Azure Stack registration was successful. このタイルは、管理者ポータルの既定のダッシュボードにあります。This tile is available on the default dashboard in the administrator portal.

  1. Azure Stack 管理者ポータル (https://adminportal.local.azurestack.external) にサインインします。Sign in to the Azure Stack administrator portal https://adminportal.local.azurestack.external.

  2. ダッシュボードで、 [Region management](リージョン管理) を選択します。From the Dashboard, select Region management.

    Azure Stack 管理者ポータルの [region management](リージョン管理) タイルRegion management tile in Azure Stack administrator portal

  3. [プロパティ] を選択します。Select Properties. このブレードには、環境の状態と詳細が表示されます。This blade shows the status and details of your environment. [登録済み] 状態と [未登録] 状態とがあります。The status can be Registered or Not registered. 登録済みである場合は、Azure Stack の登録に使用した Azure サブスクリプション ID が、登録のリソース グループおよび名前と共に表示されます。If registered, it also shows the Azure subscription ID that you used to register your Azure Stack, along with the registration resource group and name.

登録リソースを移動するMove a registration resource

同じサブスクリプションのリソース グループ間で登録リソースを移動する操作は、サポートされていますMoving a registration resource between resource groups under the same subscription is supported. 新しいリソース グループへのリソースの移動については、「リソースを新しいリソース グループまたはサブスクリプションに移動する」を参照してください。For more info on moving resources to a new resource group, see Move resources to new resource group or subscription.

次のステップNext steps