Azure Stack Hub 使用状況データの Azure への報告

使用状況データ (使用量データとも呼ばれる) は、使用されたリソースの量を表します。

従量制の課金モデルを採用する Azure Stack Hub マルチノード システムは、課金のために使用状況データを Azure に報告する必要があります。 Azure Stack Hub オペレーターは、使用状況データを Azure に報告するように Azure Stack Hub インスタンスを構成する必要があります。

重要

すべてのワークロードは、Azure Stack Hub のライセンス条項に従って、テナント サブスクリプションでデプロイする必要があります

使用状況データの報告は、従量課金モデルのライセンスを持つ Azure Stack Hub マルチノードのユーザーにとっては必須事項です。 容量モデルのライセンスを持つお客様の場合、これは省略できます (購入方法に関するページを参照してください)。 Azure Stack Development Kit (ASDK) ユーザーの場合は、Azure Stack Hub オペレーターが使用状況データを報告し、機能をテストできます。 ただし、ユーザーの使用に対して課金されることはありません。

billing flow for usage data in Azure Stack Hub

使用状況データは、Azure Bridge 経由で Azure Stack Hub から Azure に送信されます。 Azure では、コマース システムが使用状況データを処理し、課金を生成します。 課金が生成された後、Azure サブスクリプションの所有者はそれを表示したり、Azure アカウント センターからダウンロードしたりできます。 Azure Stack Hub のライセンス供与方法については、「Microsoft Azure Stack Hub のパッケージ化と価格」を参照してください。

使用状況データ レポートの設定

使用状況データ レポートを設定するには、Azure Stack Hub インスタンスを Azure に登録する必要があります。 登録プロセスの一部として、Azure Stack Hub の Azure Bridge コンポーネントが構成されます。 Azure Bridge コンポーネントによって、Azure Stack Hub が Azure に接続されます。 次の使用状況データが Azure Stack Hub から Azure に送信されます。

  • メーター ID - 使用されたリソースの一意の ID。
  • 数量 - リソース使用状況の量。
  • 場所 – 現在の Azure Stack Hub リソースがデプロイされている場所。
  • リソース URI - 使用状況が報告されているリソースの完全修飾 URI。
  • サブスクリプション ID – ローカルの (Azure Stack Hub) サブスクリプションである、Azure Stack Hub ユーザーのサブスクリプション ID。
  • 時間 - 使用状況データの開始および終了時間。 これらのリソースが Azure Stack Hub で使用された時間と、使用状況データがコマースに報告された時間の間にはある程度の遅延が存在します。 Azure Stack Hub は 24 時間ごとに使用状況データを集計し、その使用状況データを Azure のコマース パイプラインに報告するにはさらに数時間かかります。 そのため、午前 0 時の少し前に発生した使用状況は翌日 Azure に表示される可能性があります。

使用状況データ レポートの生成

  • 使用状況データ レポートをテストするには、Azure Stack Hub でいくつかのリソースを作成します。 たとえば、コアの使用状況がどのように報告されるかを確認するには、Basic および Standard SKU でストレージ アカウントWindows Server VM、および Linux VM を作成できます。 異なる種類のリソースの使用状況データは、別のメーターのもとに報告されます。

  • リソースを数時間実行されたままにします。 使用状況の情報は、1 時間ごとに約 1 回収集されます。 収集の後、このデータは Azure に送信され、Azure コマース システムに処理されます。 このプロセスは、最大数時間かかることがあります。

使用状況の表示 - CSP サブスクリプション

Azure Stack ハブを CSP サブスクリプションを使用して登録した場合は、Azure の消費量を表示するのと同じ方法で、使用状況と請求金額を表示できます。 Azure Stack Hub の使用状況は請求書と調整ファイルに含まれます。これらはパートナー センターを通して入手できます。 調整ファイルは月単位で更新されます。 Azure Stack Hub の最近の使用状況情報にアクセスする必要がある場合は、パートナー センター API を使用できます。

View Azure Stack Hub billing and usage data in Microsoft Partner Center

使用状況の表示 - Enterprise Agreement サブスクリプション

Azure Stack Hub を Enterprise Agreement サブスクリプションを使用して登録した場合は、EA ポータルで使用状況と請求金額を確認できます。 Azure Stack Hub の使用状況は、このポータルのレポート セクションで、高度なダウンロードの中に Azure の使用状況と共に含まれています。

使用状況の表示 - その他のサブスクリプション

Azure Stack ハブをその他のサブスクリプションの種類 (従量課金制など) を使用して登録した場合は、Azure アカウント センターで使用状況と請求金額を確認できます。 Azure アカウント管理者として Azure アカウント センターにサインインし、Azure Stack Hub を登録するために使用した Azure サブスクリプションを選択します。 次の図に示すように、Azure Stack Hub 使用状況データ (使用された各リソースの課金される量) を表示できます。

View billing and usage flow in Azure Account Center

ASDK の場合、Azure Stack Hub リソースは課金されないため、表示される価格は $0.00 です。

どの Azure Stack Hub デプロイが課金されますか?

ASDK では、リソースの使用は無料です。 Azure Stack Hub マルチノード システム、ワークロード VM、ストレージ サービス、および App Services は課金されます。

ユーザーはインフラストラクチャ VM に対して課金されますか?

いいえ。 一部の Azure Stack Hub リソース プロバイダー VM の使用状況データは Azure に報告されますが、これらの VM に対する課金はなく、Azure Stack Hub インフラストラクチャを有効にするためにデプロイ中に作成された VM も課金の対象になりません。

課金は、テナント サブスクリプションの下で実行されている VM に対してのみ行われます。 すべてのワークロードは、Azure Stack Hub のライセンス条項に従って、テナント サブスクリプションでデプロイする必要があります。

Windows Server ライセンスを持っています。Azure Stack Hub で使用したいのですが、どうすればよいですか?

既存のライセンスを使用すると、使用状況メーターの生成を回避できます。 既存の Windows Server ライセンスを Azure Stack Hub で使用できます。 このプロセスについては、「Azure Stack Hub ライセンス ガイド」の「Azure Stack Hub で既存のソフトウェアを使用する」を参照してください。 既存のライセンスを使用するには、「Windows Server 向け Azure Hybrid Benefit」で説明されているように、Windows Server VM をデプロイする必要があります。

使用されたリソースに対してどのサブスクリプションが課金されますか?

Azure Stack Hub を Azure に登録するときに指定されたサブスクリプションが課金されます。

使用状況データ レポートでは、どのような種類のサブスクリプションがサポートされますか?

Azure Stack Hub マルチノードでは、Enterprise Agreement (EA) と CSP サブスクリプションがサポートされます。 ASDK の場合、Enterprise Agreement (EA)、従量課金制、CSP、および MSDN サブスクリプションで、使用状況データの報告がサポートされます。

使用状況データ レポートはソブリン クラウドで機能しますか?

ASDK では、使用状況データ レポートにはグローバルな Azure システムで作成されたサブスクリプションが必要です。 ソブリン クラウド (Azure Government、Azure Germany、および Azure China 21Vianet クラウド) のいずれかで作成されたサブスクリプションは Azure に登録できないため、使用状況データ レポートはサポートされません。

Azure Stack Hub で報告された使用状況が Azure アカウント センターから生成されたレポートと一致しないのはなぜですか?

Azure Stack Hub 使用状況 API を使用して使用状況データを報告する場合と、Azure アカウント センターで使用状況データを報告する場合とでは常に時間差があります。 この遅延は、使用状況データを Azure Stack Hub から Azure コマースにアップロードするために必要な時間です。 この遅延のために、午前 0 時の少し前に発生した使用状況は翌日 Azure に表示される可能性があります。 Azure Stack Hub 使用状況 API を使用し、その結果を Azure 課金ポータルで報告された使用状況と比較すると、違いを確認することができます。

次のステップ