Azure Active Directory B2C:利用可能なリージョンとデータの保存場所Azure Active Directory B2C: Region availability & data residency

利用可能なリージョンとデータの保存場所は、まったく異なる 2 つの概念です。また、Azure AD B2C とそれ以外の Azure サービスとでは、利用可能なリージョンとデータの保存場所との関係が異なります。Region availability and data residency are two very different concepts that apply differently to Azure AD B2C from the rest of Azure. この記事では、これら 2 つの概念の違いについて説明するとともに、Azure と Azure AD B2C に対してそれらがどのように適用されるかを比較します。This article explains the differences between these two concepts, and compares how they apply to Azure versus Azure AD B2C.

Azure AD B2C は世界中で一般提供されており、データの保存場所としては米国、ヨーロッパ、またはアジア太平洋を選択することができます。Azure AD B2C is generally available worldwide with the option for data residency in the United States, Europe, or Asia Pacific.

利用可能なリージョンとは、サービスを使用できる場所を指します。Region availability refers to where a service is available for use.

データの保存場所とは、ユーザー データがどこに保存されるかを示します。Data residency refers to where user data is stored.

利用可能なリージョンRegion availability

Azure AD B2C は、Azure パブリック クラウドを介して全世界で提供されています。Azure AD B2C is available worldwide via the Azure public cloud.

この点が、通常は利用可能な場所データの保存場所とが結び付いている、他のほとんどの Azure サービスに採用されているモデルと異なります。This differs from the model followed by most other Azure services, which typically couple availability with data residency. その例は、Azure の「リージョン別の利用可能な製品」ページと Active Directory B2C の価格に関するページで確認できます。You can see examples of this in both Azure's Products Available By Region page and the Active Directory B2C pricing calculator.

データの保存場所Data residency

Azure AD B2C では、ユーザー データが米国、ヨーロッパ、またはアジア太平洋のリージョンに保存されます。Azure AD B2C stores user data in either United States, Europe, or the Asia Pacific region.

データの保存場所は、Azure AD B2C のテナントを作成するときに選択した国/地域によって決まります。Data residency is determined by the country/region you select when you create an Azure AD B2C tenant:

プレビュー テナントのスクリーンショット

次の国/地域の場合、データは米国に保存されます。Data resides in the United States for the following countries/regions:

米国、カナダ、コスタリカ、ドミニカ共和国、エルサルバドル、グアテマラ、メキシコ、パナマ、プエルトリコ、トリニダード・トバゴUnited States, Canada, Costa Rica, Dominican Republic, El Salvador, Guatemala, Mexico, Panama, Puerto Rico and Trinidad & Tobago

次の国/地域の場合、データはヨーロッパに保存されます。Data resides in Europe for the following countries/regions:

アルジェリア、オーストリア、アゼルバイジャン、バーレーン、ベラルーシ、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、エジプト、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イスラエル、イタリア、ヨルダン、カザフスタン、ケニア、クウェート、ラトビア、レバノン、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、北マケドニア、マルタ、モンテネグロ、モロッコ、オランダ、ナイジェリア、ノルウェー、オマーン、パキスタン、ポーランド、ポルトガル、カタール、ルーマニア、ロシア、サウジアラビア、セルビア、スロバキア、スロベニア、南アフリカ、スペイン、スウェーデン、スイス、チュニジア、トルコ、ウクライナ、アラブ首長国連邦、イギリスAlgeria, Austria, Azerbaijan, Bahrain, Belarus, Belgium, Bulgaria, Croatia, Cyprus, Czech Republic, Denmark, Egypt, Estonia, Finland, France, Germany, Greece, Hungary, Iceland, Ireland, Israel, Italy, Jordan, Kazakhstan, Kenya, Kuwait, Latvia, Lebanon, Liechtenstein, Lithuania, Luxembourg, North Macedonia, Malta, Montenegro, Morocco, Netherlands, Nigeria, Norway, Oman, Pakistan, Poland, Portugal, Qatar, Romania, Russia, Saudi Arabia, Serbia, Slovakia, Slovenia, South Africa, Spain, Sweden, Switzerland, Tunisia, Turkey, Ukraine, United Arab Emirates and United Kingdom.

次の国/地域の場合、データはアジア太平洋に保存されます。Data resides in Asia Pacific for the following countries/regions:

アフガニスタン、香港特別行政区、インド、インドネシア、日本、韓国、マレーシア、フィリピン、シンガポール、スリランカ、台湾、タイAfghanistan, Hong Kong SAR, India, Indonesia, Japan, Korea, Malaysia, Philippines, Singapore, Sri Lanka, Taiwan, and Thailand.

以下の国/地域については今後追加されていく予定です。The following countries/regions are in the process of being added to the list. 差し当たって、上記のいずれかの国/地域を選ぶことによって Azure AD B2C を使用することができます。For now, you can still use Azure AD B2C by picking any of the countries/regions above.

アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、チリ、コロンビア、エクアドル、イラク、ニュージーランド、パラグアイ、ペルー、ウルグアイ、ベネズエラArgentina, Australia, Brazil, Chile, Colombia, Ecuador, Iraq, New Zealand, Paraguay, Peru, Uruguay, and Venezuela.

プレビュー テナントPreview tenant

Azure AD B2C のプレビュー期間中に B2C テナントを作成した場合は、通常、 [テナントの種類][Preview tenant (プレビュー テナント)] になります。If you had created a B2C tenant during Azure AD B2C's preview period, it's likely that your Tenant type says Preview tenant.

その場合は、開発とテストの目的のみにテナントを使用する必要があります。If this is the case, you must use your tenant ONLY for development and testing purposes. 運用アプリケーションにはプレビュー テナントを使わないでください。DO NOT use a preview tenant for production applications.

プレビュー B2C テナントから運用スケール B2C テナントへの移行パスはありませんThere is no migration path from a preview B2C tenant to a production-scale B2C tenant. 運用アプリケーション用の新しい B2C テナントを作成する必要があります。You must create a new B2C tenant for your production applications.

プレビュー B2C テナントを削除し、同じドメイン名で運用スケール B2C テナントを作成する場合、既知の問題があります。There are known issues when you delete a preview B2C tenant and create a production-scale B2C tenant with the same domain name. 運用スケール B2C テナントは異なるドメイン名で作成する必要がありますYou must create a production-scale B2C tenant with a different domain name.

プレビュー テナントのスクリーンショット