Azure Active Directory B2C を使用して Twitter アカウントでのサインアップおよびサインインを設定するSet up sign-up and sign-in with a Twitter account using Azure Active Directory B2C

アプリケーションの作成Create an application

Azure AD B2C で ID プロバイダーとして Twitter を使用するには、Twitter アプリケーションを作成する必要があります。To use Twitter as an identity provider in Azure AD B2C, you need to create a Twitter application. まだ Twitter アカウントを持っていない場合は、https://twitter.com/signup でサインアップできます。If you don't already have a Twitter account, you can sign up at https://twitter.com/signup.

  1. Twitter アカウント資格情報を使用して Twitter Developers Web サイトにサインインします。Sign in to the Twitter Developers website with your Twitter account credentials.
  2. [アプリの作成] を選択します。Select Create an app.
  3. アプリ名アプリケーションの説明を入力します。Enter an App name and an Application description.
  4. Web サイトの URL で、https://your-tenant.b2clogin.comを入力します。In Website URL, enter https://your-tenant.b2clogin.com. your-tenant をテナントの名前に置き換えます。Replace your-tenant with the name of your tenant. たとえば、「 https://contosob2c.b2clogin.com 」のように入力します。For example, https://contosob2c.b2clogin.com.
  5. [Callback URL] に「https://your-tenant.b2clogin.com/your-tenant.onmicrosoft.com/your-user-flow-Id/oauth1/authresp」と入力します。For the Callback URL, enter https://your-tenant.b2clogin.com/your-tenant.onmicrosoft.com/your-user-flow-Id/oauth1/authresp. your-tenant を自分のテナント名に置き換え、your-user-flow-Id を自分のユーザー フローの識別子に置き換えます。Replace your-tenant with the name of your tenant name and your-user-flow-Id with the identifier of your user flow. たとえば、「 b2c_1A_signup_signin_twitter 」のように入力します。For example, b2c_1A_signup_signin_twitter. テナント名とユーザー フロー ID が Azure AD B2C に大文字で定義されている場合でも、それらを入力するときに、すべて小文字を使用する必要があります。You need to use all lowercase letters when entering your tenant name and user flow id even if they are defined with uppercase letters in Azure AD B2C.
  6. ページ下部の使用条件を確認して同意し、 [作成] を選択します。At the bottom of the page, read and accept the terms, and then select Create.
  7. [アプリの詳細] ページで、 [編集 > 詳細の編集] を選択して、 [Twitter でサインインを有効にする] のチェック ボックスにチェックを入れ、 [保存] を選択します。On the App details page, select Edit > Edit details, check the box for Enable Sign in with Twitter, and then select Save.
  8. [キーとトークン] を選択し、後で使用される [コンシューマー API キー][コンシューマー API のシークレット キー] の値を記録します。Select Keys and tokens and record the Consumer API Key and the Consumer API secret key values to be used later.

テナントで ID プロバイダーとして Twitter を構成するConfigure Twitter as an identity provider in your tenant

  1. Azure AD B2C テナントの全体管理者として Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal as the global administrator of your Azure AD B2C tenant.
  2. ご利用の Azure AD B2C テナントを含むディレクトリを使用していることを確認してください。そのためには、トップ メニューにある [ディレクトリ + サブスクリプション] フィルターを選択して、ご利用のテナントを含むディレクトリを選択します。Make sure you're using the directory that contains your Azure AD B2C tenant by selecting the Directory + subscription filter in the top menu and choosing the directory that contains your tenant.
  3. Azure Portal の左上隅の [すべてのサービス] を選択し、 [Azure AD B2C] を検索して選択します。Choose All services in the top-left corner of the Azure portal, search for and select Azure AD B2C.
  4. [ID プロバイダー] を選択してから、 [Twitter] を選択します。Select Identity providers, then select Twitter.
  5. [名前] を入力します。Enter a Name. たとえば、「Twitter」とします。For example, Twitter.
  6. [クライアント ID] には、前に作成した Twitter アプリケーションのコンシューマー API キーを入力します。For the Client ID, enter the Consumer API Key of the Twitter application that you created earlier.
  7. [クライアント シークレット] には、記録したコンシューマー API シークレット キーを入力します。For the Client secret, enter the Consumer API secret key that you recorded.
  8. [保存] を選択します。Select Save.