Application Insights リソースの作成Create an Application Insights resource

Azure Application Insights には、Microsoft Azure リソースのアプリケーションに関するデータが表示されます。Azure Application Insights displays data about your application in a Microsoft Azure resource. したがって、新しいリソースの作成は、新しいアプリケーションを監視するための Application Insights の設定の一部です。Creating a new resource is therefore part of setting up Application Insights to monitor a new application. 多くの場合、リソースの作成は IDE によって自動的に行われます。In many cases, creating a resource can be done automatically by the IDE. ただし、たとえば、アプリケーションの開発ビルドと運用ビルドそれぞれに個別にリソースを設定するために、リソースを手動で作成することがあります。But in some cases, you create a resource manually - for example, to have separate resources for development and production builds of your application.

リソースを作成した後、インストルメンテーション キーを取得し、それを使用してアプリケーション内の SDK を構成します。After you have created the resource, you get its instrumentation key and use that to configure the SDK in the application. リソース キーによって、テレメトリがリソースに紐付けられます。The resource key links the telemetry to the resource.

Microsoft Azure へのサインアップSign up to Microsoft Azure

取得していない場合、Microsoft アカウントをここで取得してくださいIf you haven't got a Microsoft account, get one now. (Outlook.com、OneDrive、Windows Phone、XBox Live などのサービスを利用している場合、Microsoft アカウントを持っています。)(If you use services like Outlook.com, OneDrive, Windows Phone, or XBox Live, you already have a Microsoft account.)

Microsoft Azureのサブスクリプションも必要になります。You also need a subscription to Microsoft Azure. チームまたは組織で Azure サブスクリプションを所有している場合、所有者は Windows Live ID を使用してあなたを追加できます。If your team or organization has an Azure subscription, the owner can add you to it, using your Windows Live ID. 課金対象となるのは、使用した分だけです。You're only charged for what you use. 既定の Basic プランでは、試験段階の一定量を無料で使用できます。The default basic plan allows for a certain amount of experimental use free of charge.

サブスクリプションへのアクセスを取得したら、Application Insights ( http://portal.azure.com) にログインし、Live ID を使用してログインしてください。When you've got access to a subscription, log in to Application Insights at http://portal.azure.com, and use your Live ID to login.

Application Insights リソースの作成Create an Application Insights resource

portal.azure.comで、Application Insights リソースを追加します。In the portal.azure.com, add an Application Insights resource:

[新規]、[Application Insights] の順にクリックする

  • アプリケーションの種類に応じて、概要ブレードに表示されるものと、メトリック エクスプローラーで使用できるプロパティが決まります。Application type affects what you see on the overview blade and the properties available in metric explorer. お使いの種類のアプリが表示されない場合は、[General (汎用)] を選択します。If you don't see your type of app, choose General.
  • サブスクリプション は、Azure での支払いアカウントです。Subscription is your payment account in Azure.
  • リソース グループ は、アクセス制御などのプロパティを管理するのに便利です。Resource group is a convenience for managing properties like access control. その他の Azure リソースが既に作成されている場合、新しいリソースを同じグループに入れることもできます。If you have already created other Azure resources, you can choose to put this new resource in the same group.
  • 場所 は、データの保存場所です。Location is where we keep your data.
  • [ダッシュボードにピン留めする] をオンにすると、Azure のホーム ページにそのリソースに対するクイック アクセス タイルを追加できます。Pin to dashboard puts a quick-access tile for your resource on your Azure Home page. 推奨。Recommended.

アプリが作成されると、新しいブレードが開きます。When your app has been created, a new blade opens. そのブレードには、アプリに関するパフォーマンスと使用状況データが表示されます。This blade is where you see performance and usage data about your app.

次回 Azure にログインするときにそこへ戻るには、スタート画面 (ホーム画面) 上のアプリのクイック スタート タイルを探してください。To get back to it next time you log in to Azure, look for your app's quick-start tile on the start board (home screen). あるいは、[参照] ボタンをクリックして探します。Or click Browse to find it.

インストルメンテーション キーのコピーCopy the instrumentation key

インストルメンテーション キーは作成したリソースを識別します。The instrumentation key identifies the resource that you created. これは、SDK に渡すために必要です。You need it to give to the SDK.

Essentials、インストルメンテーション キーの順にクリックし、Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

アプリケーションでの SDK のインストールInstall the SDK in your app

アプリで Application Insights SDK をインストールします。Install the Application Insights SDK in your app. この手順は、アプリケーションの種類に大きく依存します。This step depends heavily on the type of your application.

インストルメンテーション キーを使用して、アプリケーションにインストールする SDK を構成します。Use the instrumentation key to configure the SDK that you install in your application.

SDK には、コードを記述せずにテレメトリを送信する標準的なモジュールが含まれています。The SDK includes standard modules that send telemetry without you having to write any code. ユーザーの操作を追跡したり、問題をより詳しく診断したりするには、API を使用して、独自のテレメトリを送信します。To track user actions or diagnose issues in more detail, use the API to send your own telemetry.

テレメトリ データを参照See telemetry data

クイック スタート ブレードを閉じ、Azure Portal のアプリケーション ブレードに戻ります。Close the quick start blade to return to your application blade in the Azure portal.

[検索] タイルをクリックして [診断検索] を確認します。ここには、最初のイベントが表示されます。Click the Search tile to see Diagnostic Search, where the first events appear.

大量のデータが予想される場合は、数秒後に [最新の情報に更新] をクリックします。If you're expecting more data, click Refresh after a few seconds .

リソースの自動作成Creating a resource automatically

PowerShell スクリプト を作成して、リソースを自動で作成できます。You can write a PowerShell script to create a resource automatically.

次のステップNext steps