Azure Automation State Configuration の概要Azure Automation State Configuration Overview

Azure Automation State Configuration は、PowerShell の Desired State Configuration (DSC) 構成の書き込み、管理、コンパイル、DSC リソースのインポート、および構成のターゲット ノードへの割り当てを、すべてクラウドで実行できる Azure サービスです。Azure Automation State Configuration is an Azure service that allows you to write, manage, and compile PowerShell Desired State Configuration (DSC) configurations, import DSC Resources, and assign configurations to target nodes, all in the cloud.

Azure Automation State Configuration を使用する理由Why use Azure Automation State Configuration

Azure Automation State Configuration には、Azure の外部で DSC を使用する際にいくつかの利点があります。Azure Automation State Configuration provides several advantages over using DSC outside of Azure.

組み込みのプル サーバーBuilt-in pull server

Azure Automation State Configuration には、ターゲット ノードが自動的に構成を受信して、目的の状態に適合し、その準拠の状態に関するレポートを返すことができる Windows Feature DSC-Service と似た DSC プル サーバーが用意されています。Azure Automation State Configuration provides a DSC pull server similar to the Windows Feature DSC-Service so that target nodes automatically receive configurations, conform to the desired state, and report back on their compliance. Azure Automation の組み込みのプル サーバーでは、独自のプル サーバーを設定して管理する必要はありません。The built-in pull server in Azure Automation eliminates the need to set up and maintain your own pull server. Azure Automation は、クラウドまたはオンプレミスの仮想または物理的な Windows コンピューターや Linux コンピューターを対象とすることができます。Azure Automation can target virtual or physical Windows or Linux machines, in the cloud or on-premises.

すべての DSC アーティファクトの管理Management of all your DSC artifacts

Azure Automation State Configuration は、Azure Automation が PowerShell スクリプト用に提供するものと同じ管理レイヤーを PowerShell Desired State Configuration に提供します。Azure Automation State Configuration brings the same management layer to PowerShell Desired State Configuration as Azure Automation offers for PowerShell scripting.

Azure Portal から、または PowerShell から、すべての DSC 構成、リソース、およびターゲット ノードを管理できます。From the Azure portal, or from PowerShell, you can manage all your DSC configurations, resources, and target nodes.

Azure Automation ページのスクリーンショット

Azure Monitor ログへのレポート データのインポートImport reporting data into Azure Monitor logs

Azure Automation State Configuration で管理されているノードは、組み込みのプル サーバーに詳細なレポート ステータス データを送信します。Nodes that are managed with Azure Automation State Configuration send detailed reporting status data to the built-in pull server. Azure Automation State Configuration を構成して、このデータを Log Analytics ワークスペースに送信できます。You can configure Azure Automation State Configuration to send this data to your Log Analytics workspace. Log Analytics ワークスペースに State Configuration 状態データを送信する方法については、「Azure Monitor ログへの Azure Automation State Configuration レポート データの転送」を参照してください。To learn how to send State Configuration status data to your Log Analytics workspace, see Forward Azure Automation State Configuration reporting data to Azure Monitor logs.

前提条件Prerequisites

Azure Automation State Configuration (DSC) を使用する場合は、次の要件を検討してください。Please consider the following requirements when using Azure Automation State Configuration (DSC).

オペレーティング システムの要件Operating System Requirements

Windows を実行しているノードの場合は、次のバージョンがサポートされます。For nodes running Windows, the following versions are supported:

  • Windows Server 2019Windows Server 2019
  • Windows Server 2016Windows Server 2016
  • Windows Server 2012R2Windows Server 2012R2
  • Windows Server 2012Windows Server 2012
  • Windows Server 2008 R2 SP1Windows Server 2008 R2 SP1
  • Windows 10Windows 10
  • Windows 8.1Windows 8.1
  • Windows 7Windows 7

Linux を実行しているノードの場合は、次のディストリビューション/バージョンがサポートされます。For nodes running Linux, the following distros/versions are supported:

DSC Linux 拡張機能では、以下を除き、Azure で動作保証済みの Linux ディストリビューションがすべてサポートされます。The DSC Linux extension supports all the Linux distributions endorsed on Azure except:

ディストリビューションDistribution バージョンVersion
DebianDebian すべてのバージョンall versions
UbuntuUbuntu 18.0418.04

DSC 要件DSC requirements

Azure で実行されているすべての Windows ノードに対して、WMF 5.1 がオンボード中にインストールされます。For all Windows nodes running in Azure, WMF 5.1 will be installed during onboarding. Windows Server 2012 および Windows 7 を実行しているノードでは、WinRM が有効になりますFor nodes running Windows Server 2012 and Windows 7, WinRM will be enabled.

Azure で実行しているすべての Linux ノードで、オンボード中に Linux 用の PowerShell DSC がインストールされます。For all Linux nodes running in Azure, PowerShell DSC for Linux will be installed during onboarding.

プライベート ネットワークを構成するConfigure private networks

ノードが非公開ネットワーク内にある場合、State Configuration (DSC) が Automation と通信するには、次のポートと URL が必要です。If your nodes are located within a private network, the following port and URLs are required for State Configuration (DSC) to communicate with Automation:

  • ポート: 送信インターネット アクセスには TCP 443 のみが必要です。Port: Only TCP 443 is required for outbound internet access.
  • グローバル URL: *.azure-automation.netGlobal URL: *.azure-automation.net
  • 米国バージニア州 (政府機関向け) のグローバル URL: *.azure automation.usGlobal URL of US Gov Virginia: *.azure-automation.us
  • エージェント サービス: https://<workspaceId>.agentsvc.azure-automation.netAgent service: https://<workspaceId>.agentsvc.azure-automation.net

プロキシのサポートProxy Support

DSC エージェントのプロキシは、Windows バージョン 1809 以降でサポートされます。Proxy support for the DSC agent is available in Windows version 1809 and later. このオプションを構成するには、ノードの登録に使用される metaconfiguration スクリプトProxyURLProxyCredential の値を設定します。To configure this option, set the value for ProxyURL and ProxyCredential in the metaconfiguration script used to register nodes. 以前のバージョンの Windows では、DSC のプロキシは利用できません。Proxy is not available in DSC for previous versions of Windows.

Linux ノードでは、DSC エージェントがプロキシをサポートしており、http_proxy 変数を利用して URL が特定されます。For Linux nodes, the DSC agent supports proxy and will utilize the http_proxy variable to determine the url.

Azure State Configuration のネットワークの範囲と名前空間Azure State Configuration network ranges and namespace

例外を定義するときは、一覧に示されているアドレスを使用することをお勧めします。It's recommended to use the addresses listed when defining exceptions. Microsoft Azure データセンターの IP 範囲の IP アドレスをダウンロードできます。For IP addresses you can download the Microsoft Azure Datacenter IP Ranges. このファイルは毎週更新され、現在デプロイされている範囲と今後変更される IP 範囲が反映されます。This file is updated weekly, and has the currently deployed ranges and any upcoming changes to the IP ranges.

特定のリージョンに対して定義された Automation アカウントがある場合は、そのリージョン データセンターへの通信を制限できます。If you have an Automation account that's defined for a specific region, you can restrict communication to that regional datacenter. 次の表は、リージョンごとの DNS レコードを示しています。The following table provides the DNS record for each region:

[リージョン]Region DNS レコードDNS record
米国中西部West Central US wcus-jobruntimedata-prod-su1.azure-automation.netwcus-jobruntimedata-prod-su1.azure-automation.net
wcus-agentservice-prod-1.azure-automation.netwcus-agentservice-prod-1.azure-automation.net
米国中南部South Central US scus-jobruntimedata-prod-su1.azure-automation.netscus-jobruntimedata-prod-su1.azure-automation.net
scus-agentservice-prod-1.azure-automation.netscus-agentservice-prod-1.azure-automation.net
米国東部 2East US 2 eus2-jobruntimedata-prod-su1.azure-automation.neteus2-jobruntimedata-prod-su1.azure-automation.net
eus2-agentservice-prod-1.azure-automation.neteus2-agentservice-prod-1.azure-automation.net
カナダ中部Canada Central cc-jobruntimedata-prod-su1.azure-automation.netcc-jobruntimedata-prod-su1.azure-automation.net
cc-agentservice-prod-1.azure-automation.netcc-agentservice-prod-1.azure-automation.net
西ヨーロッパWest Europe we-jobruntimedata-prod-su1.azure-automation.netwe-jobruntimedata-prod-su1.azure-automation.net
we-agentservice-prod-1.azure-automation.netwe-agentservice-prod-1.azure-automation.net
北ヨーロッパNorth Europe ne-jobruntimedata-prod-su1.azure-automation.netne-jobruntimedata-prod-su1.azure-automation.net
ne-agentservice-prod-1.azure-automation.netne-agentservice-prod-1.azure-automation.net
東南アジアSouth East Asia sea-jobruntimedata-prod-su1.azure-automation.netsea-jobruntimedata-prod-su1.azure-automation.net
sea-agentservice-prod-1.azure-automation.netsea-agentservice-prod-1.azure-automation.net
インド中部Central India cid-jobruntimedata-prod-su1.azure-automation.netcid-jobruntimedata-prod-su1.azure-automation.net
cid-agentservice-prod-1.azure-automation.netcid-agentservice-prod-1.azure-automation.net
東日本Japan East jpe-jobruntimedata-prod-su1.azure-automation.netjpe-jobruntimedata-prod-su1.azure-automation.net
jpe-agentservice-prod-1.azure-automation.netjpe-agentservice-prod-1.azure-automation.net
オーストラリア東南部Australia South East ase-jobruntimedata-prod-su1.azure-automation.netase-jobruntimedata-prod-su1.azure-automation.net
ase-agentservice-prod-1.azure-automation.netase-agentservice-prod-1.azure-automation.net
英国南部UK South uks-jobruntimedata-prod-su1.azure-automation.netuks-jobruntimedata-prod-su1.azure-automation.net
uks-agentservice-prod-1.azure-automation.netuks-agentservice-prod-1.azure-automation.net
米国政府バージニア州US Gov Virginia usge-jobruntimedata-prod-su1.azure-automation.ususge-jobruntimedata-prod-su1.azure-automation.us
usge-agentservice-prod-1.azure-automation.ususge-agentservice-prod-1.azure-automation.us

リージョン名の代わりにリージョン IP アドレスの一覧を入手するには、Microsoft ダウンロード センターから Azure データセンター IP アドレス XML ファイルをダウンロードします。For a list of region IP addresses instead of region names, download the Azure Datacenter IP address XML file from the Microsoft Download Center.

注意

Azure データセンター IP アドレス XML ファイルには、Microsoft Azure データセンターで使用されている IP アドレス範囲が一覧表示されています。The Azure Datacenter IP address XML file lists the IP address ranges that are used in the Microsoft Azure datacenters. このファイルには、計算、SQL、およびストレージの範囲が含まれています。The file includes compute, SQL, and storage ranges.

更新されたファイルが毎週投稿されます。An updated file is posted weekly. このファイルには、現在デプロイされている範囲と、次に予定されている IP 範囲の変更が反映されています。The file reflects the currently deployed ranges and any upcoming changes to the IP ranges. このファイルに現れる新しい範囲は、少なくとも 1 週間はデータセンターで使用されません。New ranges that appear in the file aren't used in the datacenters for at least one week.

新しい XML ファイルを毎週ダウンロードすることをお勧めします。It's a good idea to download the new XML file every week. その後、Azure で実行されているサービスを正しく識別するようにサイトを更新します。Then, update your site to correctly identify services running in Azure. Azure ExpressRoute ユーザーは、このファイルが、毎月第 1 週に Azure 領域の Border Gateway Protocol (BGP) アドバタイズを更新するために使用されることに注意してください。Azure ExpressRoute users should note that this file is used to update the Border Gateway Protocol (BGP) advertisement of Azure space in the first week of each month.

紹介ビデオIntroduction video

読むより見る方がよければ、Prefer watching to reading? Azure Automation State Configuration が初めて発表された 2015 年 5 月に公開された次のビデオをご覧ください。Have a look at the following video from May 2015, when Azure Automation State Configuration was first announced.

注意

このビデオで解説されている概念とライフ サイクルは正しいものですが、このビデオが作成されてから Azure Automation State Configuration はかなり進歩しています。While the concepts and life cycle discussed in this video are correct, Azure Automation State Configuration has progressed a lot since this video was recorded. Azure Automation DSC は一般公開され、Azure ポータルでさまざまな UI を使用できるようになり、多数の機能がサポートされています。It is now generally available, has a much more extensive UI in the Azure portal, and supports many additional capabilities.

次の手順Next steps