課金データを Azure にアップロードして Azure portal に表示するUpload billing data to Azure and view it in the Azure portal

重要

Azure Arc 対応データ サービスの使用コストは、プレビュー期間中は発生しません。There is no cost to use Azure Arc enabled data services during the preview period. 課金システムはエンド ツー エンドで動作しますが、課金メーターは $0 に設定されます。Although the billing system works end to end the billing meter is set to $0. このシナリオに従った場合、請求書の現在のエントリでは、サービスの名前は hybrid data services (ハイブリッド データ サービス) になり、リソースの種類は microsoft.AzureData/<resource type> という名前になります。If you follow this scenario, you will see entries in your billing for a service currently named hybrid data services and for resources of a type called microsoft.AzureData/<resource type> . 作成した各データ サービス - Azure Arc のレコードを表示できますが、各レコードの請求額は $0 になります。You will be able to see a record for each data service - Azure Arc that you create, but each record will be billed for $0.

注意

この記事で紹介しているテクノロジはプレビュー機能であり、「Microsoft Azure プレビューの追加利用規約」に従うことを条件として提供されます。As a preview feature, the technology presented in this article is subject to Supplemental Terms of Use for Microsoft Azure Previews.

最新の制限については、リリース ノートで既知の問題を参照してください。For current limitations, check the known issues in the release notes.

接続モード - 課金データに対する影響Connectivity Modes - Implications for billing data

将来的に、次の 2 つのモードで Azure Arc 対応データ サービスを実行できるようになります。In the future, there will be two modes in which you can run your Azure Arc enabled data services:

  • 間接接続 - Azure に直接接続することはできません。Indirectly connected - There is no direct connection to Azure. データは、エクスポートとアップロードのプロセスを通してのみ Azure に送信されます。Data is sent to Azure only through an export/upload process. 現在のプレビューでは、Azure Arc データ サービスのすべてのデプロイはこのモードで動作します。All Azure Arc data services deployments work in this mode today in preview.
  • 直接接続 - このモードでは、Azure Arc 対応 Kubernetes サービスに存在する依存関係により、Azure と、Azure Arc 対応データ サービスが実行されている Kubernetes クラスターとの間に、直接接続が提供されます。Directly connected - In this mode there will be a dependency on the Azure Arc enabled Kubernetes service to provide a direct connection between Azure and the Kubernetes cluster on which the Azure Arc enabled data services are running. これにより、より多くの機能が有効になり、Azure PaaS でデータ サービスを管理するのと同じように、Azure portal と Azure CLI を使用して Azure Arc 対応データ サービスを管理することもできます。This will enable more capabilities and will also enable you to use the Azure portal and the Azure CLI to manage your Azure Arc enabled data services just like you manage your data services in Azure PaaS. この接続モードはプレビューではまだ使用できませんが、近日中に公開される予定です。This connectivity mode is not yet available in preview, but will be coming soon.

接続モードに関するページで、両者の違いの詳細を確認できます。You can read more about the difference between the connectivity modes.

間接接続モードでの課金データは、Azure Arc データ コントローラーからセキュリティで保護されたファイルに定期的にエクスポートされた後、Azure にアップロードされて処理されます。In the indirectly connected mode, billing data is periodically exported out of the Azure Arc data controller to a secure file and then uploaded to Azure and processed. 将来の直接接続モードでの課金データは、だいたい 1 時間に 1 回 Azure に自動的に送信され、サービスのコストをほぼリアルタイムで見ることができます。In the upcoming directly connected mode, the billing data will be automatically sent to Azure approximately 1/hour to give a near real-time view into the costs of your services. 間接接続モードでのデータのエクスポートとアップロードのプロセスは、スクリプトを使用して自動化でき、それを自動的に行うサービスが作成される可能性もあります。The process of exporting and uploading the data in the indirectly connected mode can also be automated using scripts or we may build a service that will do it for you.

課金データを Azure にアップロードするUpload billing data to Azure

課金データを Azure にアップロードするには、まず次のことを行う必要があります。To upload billing data to Azure, the following should happen first:

  1. Azure Arc 対応データ サービスがまだない場合は作成します。Create an Azure Arc enabled data service if you don't have one already. たとえば、次のいずれかを作成します。For example create one of the following:
  2. リソース インベントリ、使用状況データ、メトリック、およびログを Azure Monitor にアップロードします (まだ実行していない場合)。Upload resource inventory, usage data, metrics and logs to Azure Monitor if you haven't already.
  3. 課金テレメトリ収集プロセスで課金データを収集できるように、データ サービスが作成されてから少なくとも 2 時間待ちます。Wait for at least 2 hours since the creation of the data service so that the billing telemetry collection process can collect some billing data.

次のコマンドを実行して、課金データをエクスポートします。Run the following command to export out the billing data:

azdata arc dc export -t usage -p usage.json

現時点では、ファイルは暗号化されていないので、内容を確認することができます。For now, the file is not encrypted so that you can see the contents. テキスト エディターで自由に開き、どのような内容か確認してください。Feel free to open in a text editor and see what the contents look like.

resourcesdata の 2 つのデータのセットがあることがわかります。You will notice that there are two sets of data: resources and data. resources は、データ コントローラー、PostgreSQL Hyperscale サーバー グループ、および SQL Managed Instance です。The resources are the data controller, PostgreSQL Hyperscale server groups, and SQL Managed Instances. データ内の resources レコードには、作成日時、更新日時、削除日時など、リソースの履歴での関連イベントがキャプチャされます。The resources records in the data capture the pertinent events in the history of a resource - when it was created, when it was updated, and when it was deleted. data レコードには、1 時間ごとに特定のインスタンスで使用できたコアの数がキャプチャされます。The data records capture how many cores were available to be used by a given instance for every hour.

resource エントリの例:Example of a resource entry:

    {
        "customObjectName": "<resource type>-2020-29-5-23-13-17-164711",
        "uid": "4bc3dc6b-9148-4c7a-b7dc-01afc1ef5373",
        "instanceName": "sqlInstance001",
        "instanceNamespace": "arc",
        "instanceType": "<resource>",
        "location": "eastus",
        "resourceGroupName": "production-resources",
        "subscriptionId": "482c901a-129a-4f5d-86e3-cc6b294590b2",
        "isDeleted": false,
        "externalEndpoint": "32.191.39.83:1433",
        "vCores": "2",
        "createTimestamp": "05/29/2020 23:13:17",
        "updateTimestamp": "05/29/2020 23:13:17"
    }

data エントリの例:Example of a data entry:

        {
          "requestType": "usageUpload",
          "clusterId": "4b0917dd-e003-480e-ae74-1a8bb5e36b5d",
          "name": "DataControllerTestName",
          "subscriptionId": "482c901a-129a-4f5d-86e3-cc6b294590b2",
          "resourceGroup": "production-resources",
          "location": "eastus",
          "uploadRequest": {
            "exportType": "usages",
            "dataTimestamp": "2020-06-17T22:32:24Z",
            "data": "[{\"name\":\"sqlInstance001\",
                       \"namespace\":\"arc\",
                       \"type\":\"<resource type>\",
                       \"eventSequence\":1, 
                       \"eventId\":\"50DF90E8-FC2C-4BBF-B245-CB20DC97FF24\",
                       \"startTime\":\"2020-06-17T19:11:47.7533333\",
                       \"endTime\":\"2020-06-17T19:59:00\",
                       \"quantity\":1,
                       \"id\":\"4BC3DC6B-9148-4C7A-B7DC-01AFC1EF5373\"}]",
           "signature":"MIIE7gYJKoZIhvcNAQ...2xXqkK"
          }
        }

次のコマンドを実行して、usage.json ファイルを Azure にアップロードします。Run the following command to upload the usage.json file to Azure:

azdata arc dc upload -p usage.json

Azure portal で課金データを表示するView billing data in Azure portal

Azure portal で課金データを表示するには、次の手順のようにします。Follow these steps to view billing data in the Azure portal:

  1. 特殊な URL https://aka.ms/arcdata を使用して Azure portal を開きます。Open the Azure portal using the special URL: https://aka.ms/arcdata.
  2. 画面の上部にある検索ボックスに「 Cost Management 」と入力し、Cost Management サービスをクリックします。In the search box at the top of the screen type in Cost Management and click on the Cost Management service.
  3. 左側の [コスト分析] タブをクリックします。Click on the Cost analysis tab on the left.
  4. ビューの上部にある [リソースごとのコスト] ボタンをクリックします。Click the Cost by resource button on the top of the view.
  5. スコープが、データ サービス リソースが作成されたサブスクリプションに設定されていることを確認します。Make sure that your Scope is set to the subscription in which your data service resources were created.
  6. ビューの上部近くにある [スコープ] セレクターの横の [ビュー] ドロップダウンで、 [リソースごとのコスト] を選択します。Select Cost by resource in the View drop down next to the Scope selector near the top of the view.
  7. 日付フィルターが、 [今月] またはデータ サービス リソースを作成したときのタイミングによって意味のある他の時間範囲に設定されていることを確認します。Make sure the date filter is set to This month or some other time range that makes sense given the timing of when you created your data service resources.
  8. Azure Arc 対応データ サービスの 1 つの種類にフィルターを絞り込む場合は、 [フィルターの追加] をクリックし、 [リソースの種類] = microsoft.azuredata/<data service type> でフィルターを追加します。Click Add filter to add a filter by Resource type = microsoft.azuredata/<data service type> if you want to filter down to just one type of Azure Arc enabled data service.
  9. 作成されて Azure にアップロードされたすべてのリソースの一覧が表示されます。You will now see a list of all the resources that were created and uploaded to Azure. 課金メーターは $0 であるため、コストは常に $0 であることがわかります。Since the billing meter is $0, you will see that the cost is always $0.

課金データをダウンロードするDownload billing data

課金概要データを、Azure portal から直接ダウンロードできます。You can download billing summary data directly from the Azure portal.

  1. 上の手順に従って表示される [コスト分析] のリソース種類別ビュー で、上部の近くにある [ダウンロード] ボタンをクリックします。In the same Cost analysis -> view by resource type view that you reached by following the instructions above, click the Download button near the top.
  2. ダウンロード ファイルの種類 (Excel または CSV) を選択し、 [データのダウンロード] ボタンをクリックします。Choose your download file type - Excel or CSV - and click the Download data button.
  3. 選択したファイルの種類に応じて、適切なエディターでファイルを開きます。Open the file in an appropriate editor given the file type selected.

課金データをエクスポートするExport billing data

課金エクスポート ジョブを作成することにより、 詳細な 使用状況と課金データを Azure Storage コンテナーに定期的にエクスポートすることもできます。You can also periodically, automatically export detailed usage and billing data to an Azure Storage container by creating a billing export job. これは、請求期間内に特定のインスタンスが課金された時間数など、課金の詳細を確認したい場合に便利です。This is useful if you want to see the details of your billing such as how many hours a given instance was billed for in the billing period.

課金エクスポート ジョブを設定するには、次の手順のようにします。Follow these steps to set up a billing export job:

  1. 左側の [エクスポート] をクリックします。Click Exports on the left.
  2. [追加] をクリックします。Click Add .
  3. 名前とエクスポートの頻度を入力し、[次へ] をクリックします。Enter a name and export frequency and click Next.
  4. 新しいストレージ アカウントの作成または既存の使用を選択し、課金データ ファイルのエクスポート先のストレージ アカウント、コンテナー、ディレクトリ パスの指定をフォームに入力して、[次へ] をクリックします。Choose to either create a new storage account or use an existing one and fill out the form to specify the storage account, container, and directory path to export the billing data files to and click Next.
  5. Create をクリックしてください。Click Create .

課金データのエクスポート ファイルは約 4 時間使用でき、課金エクスポート ジョブを作成するときに指定したスケジュールに基づいてエクスポートされます。The billing data export files will be available in approximately 4 hours and will be exported on the schedule you specified when creating the billing export job.

エクスポートされた課金データ ファイルを表示するには、次の手順のようにします。Follow these steps to view the billing data files that are exported:

Azure portal で課金データ ファイルを検証できます。You can validate the billing data files in the Azure portal.

重要

課金エクスポート ジョブを作成した後、4 時間待ってから次の手順に進んでください。After you create the billing export job, wait 4 hours before you proceed with the following steps.

  1. ポータルの上部にある検索ボックスに「 ストレージ アカウント 」と入力し、 [ストレージ アカウント] をクリックし ます。In the search box at the top of the portal, type in Storage accounts and click on Storage Accounts .
  2. 上で課金エクスポート ジョブを作成するときに指定したストレージ アカウントをクリックします。Click on the storage account which you specified when creating the billing export job above.
  3. 左側の [コンテナー] をクリックします。Click on Containers on the left.
  4. 上で課金エクスポート ジョブを作成するときに指定したコンテナーをクリックします。Click on the container you specified when creating the billing export job above.
  5. 上で課金エクスポート ジョブを作成するときに指定したフォルダーをクリックします。Click on the folder you specified when creating the billing export job above.
  6. 生成されたフォルダーとファイルにドリルダウンし、生成された .csv ファイルの 1 つをクリックします。Drill down into the generated folders and files and click on one of the generated .csv files.
  7. [ダウンロード] ボタンをクリックすると、ファイルがローカル環境のダウンロード フォルダーに保存されます。Click the Download button which will save the file to your local Downloads folder.
  8. Excel などの .csv ファイル ビューアーを使用してファイルを開きます。Open the file using a .csv file viewer such as Excel.
  9. 結果をフィルター処理して、 リソースの種類 = Microsoft.AzureData/<data service resource type の行のみを表示します。Filter the results to show only the rows with the Resource Type = Microsoft.AzureData/<data service resource type.
  10. 現在の 24 時間の期間中にインスタンスが使用された時間数が、UsageQuantity 列に表示されます。You will see the number of hours the instance was used in the current 24 hour period in the UsageQuantity column.