Azure Arc 対応サーバー エージェントの概要Overview of Azure Arc enabled servers agent

Azure Arc 対応サーバー Connected Machine エージェントを使用すると、企業ネットワークまたは他のクラウド プロバイダー上の Azure の外部でホストされている Windows および Linux コンピューターを管理できます。The Azure Arc enabled servers Connected Machine agent enables you to manage your Windows and Linux machines hosted outside of Azure on your corporate network or other cloud provider. この記事では、エージェント、システムとネットワークの要件、およびさまざまなデプロイ方法の概要の詳細を示します。This article provides a detailed overview of the agent, system and network requirements, and the different deployment methods.

注意

2020 年 9 月の Azure Arc 対応サーバーの一般リリース以降では、Azure Connected Machine エージェント (バージョン 1.0 以前のエージェント) のプレリリース バージョンはすべて、 2021 年 2 月 2 日 までに 非推奨 となります。Starting with the general release of Azure Arc enabled servers in September 2020, all pre-release versions of the Azure Connected Machine agent (agents with versions less than 1.0) are being deprecated by February 2, 2021 . プレリリースされたエージェントが Azure Arc 対応サーバー サービスと通信できなくなる前に、この期間にバージョン 1.0 以降にアップグレードすることができます。This time frame allows you to upgrade to version 1.0 or higher before the pre-released agents are no longer able to communicate with the Azure Arc enabled servers service.

エージェント コンポーネントの詳細Agent component details

Azure Connected Machine エージェント パッケージには、まとめてバンドルされているいくつかの論理コンポーネントが含まれています。The Azure Connected Machine agent package contains several logical components, which are bundled together.

  • Hybrid Instance Metadata Service (HIMDS) は、Azure への接続と接続されたマシンの Azure ID を管理します。The Hybrid Instance Metadata service (HIMDS) manages the connection to Azure and the connected machine's Azure identity.

  • ゲスト構成エージェントは、ゲスト内ポリシーとゲスト構成機能 (そのマシンが必要なポリシーに準拠しているかどうかの評価など) を提供します。The Guest Configuration agent provides In-Guest Policy and Guest Configuration functionality, such as assessing whether the machine complies with required policies.

    切断されたマシンに対する Azure Policy のゲスト構成での次の動作に注意してください。Note the following behavior with Azure Policy Guest Configuration for a disconnected machine:

    • 切断されたマシンを対象とするゲスト構成ポリシー割り当てには影響を与えません。A Guest Configuration policy assignment that targets disconnected machines is unaffected.
    • ゲスト割り当ては 14 日間ローカルに格納されます。Guest assignment is stored locally for 14 days. 14 日の期間内に Connected Machine エージェントがサービスに再接続した場合は、ポリシー割り当てが再適用されます。Within the 14-day period, if the Connected Machine agent reconnects to the service, policy assignments are reapplied.
    • 割り当ては 14 日後に削除され、14 日の期間の後にマシンに再割り当てされることはありません。Assignments are deleted after 14 days, and are not reassigned to the machine after the 14-day period.
  • 拡張エージェントは VM 拡張機能 (インストール、アンインストール、アップグレードなど) を管理します。The Extension agent manages VM extensions, including install, uninstall, and upgrade. 拡張機能は Azure からダウンロードされ、Windows では %SystemDrive%\AzureConnectedMachineAgent\ExtensionService\downloads フォルダー、Linux の場合は /opt/GC_Ext/downloads にコピーされます。Extensions are downloaded from Azure and copied to the %SystemDrive%\AzureConnectedMachineAgent\ExtensionService\downloads folder on Windows, and for Linux to /opt/GC_Ext/downloads. Windows では、拡張機能はパス %SystemDrive%\Packages\Plugins\<extension> にインストールされます。Linux では、拡張機能は /var/lib/waagent/<extension> にインストールされます。On Windows, the extension is installed to the following path %SystemDrive%\Packages\Plugins\<extension>, and on Linux the extension is installed to /var/lib/waagent/<extension>.

エージェントをダウンロードするDownload agents

Windows および Linux 用の Azure Connected Machine エージェント パッケージは、以下の場所からダウンロードできます。You can download the Azure Connected Machine agent package for Windows and Linux from the locations listed below.

Windows および Linux 用の Azure Connected Machine エージェントは、要件に応じて、手動または自動で最新リリースにアップグレードできます。The Azure Connected Machine agent for Windows and Linux can be upgraded to the latest release manually or automatically depending on your requirements. 詳細については、このページを参照してください。For more information, see here.

前提条件Prerequisites

サポートされるオペレーティング システムSupported operating systems

Azure Connected Machine エージェントでは、次のバージョンの Windows および Linux オペレーティング システムが正式にサポートされています。The following versions of the Windows and Linux operating system are officially supported for the Azure Connected Machine agent:

  • Windows Server 2012 R2 以上 (Windows Server Core を含む)Windows Server 2012 R2 and higher (including Windows Server Core)
  • Ubuntu 16.04 および 18.04 LTS (x64)Ubuntu 16.04 and 18.04 LTS (x64)
  • CentOS Linux 7 (x64)CentOS Linux 7 (x64)
  • SUSE Linux Enterprise Server (SLES) 15 (x64)SUSE Linux Enterprise Server (SLES) 15 (x64)
  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7 (x64)Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7 (x64)
  • Amazon Linux 2 (x64)Amazon Linux 2 (x64)

必要なアクセス許可Required permissions

  • マシンをオンボードするには、 Azure Connected Machine のオンボード ロールのメンバーである必要があります。To onboard machines, you are a member of the Azure Connected Machine Onboarding role.

  • マシンの読み取り、変更、再オンボード、および削除を行うには、 Azure Connected Machine のリソース管理者 ロールのメンバーである必要があります。To read, modify, reonboard, and delete a machine, you are a member of the Azure Connected Machine Resource Administrator role.

Azure サブスクリプションとサービスの制限Azure subscription and service limits

Azure Arc 対応サーバーでコンピューターを構成する前に、Azure Resource Manager のサブスクリプションの制限リソース グループの制限を確認して、接続されるコンピューターの数を計画してください。Before configuring your machines with Azure Arc enabled servers, review the Azure Resource Manager subscription limits and resource group limits to plan for the number of machines to be connected.

トランスポート層セキュリティ 1.2 プロトコルTransport Layer Security 1.2 protocol

Azure に転送中のデータのセキュリティを確保するには、トランスポート層セキュリティ (TLS) 1.2 を使用するようにマシンを構成することを強くお勧めします。To ensure the security of data in transit to Azure, we strongly encourage you to configure machine to use Transport Layer Security (TLS) 1.2. 以前のバージョンの TLS/SSL (Secure Sockets Layer) は脆弱であることが確認されています。現在、これらは下位互換性を維持するために使用可能ですが、 推奨されていませんOlder versions of TLS/Secure Sockets Layer (SSL) have been found to be vulnerable and while they still currently work to allow backwards compatibility, they are not recommended .

プラットフォーム/言語Platform/Language サポートSupport 詳細情報More Information
LinuxLinux Linux ディストリビューションでは、TLS 1.2 のサポートに関して OpenSSL に依存する傾向があります。Linux distributions tend to rely on OpenSSL for TLS 1.2 support. OpenSSL の Changelog を参照して、使用している OpenSSL のバージョンがサポートされていることを確認してください。Check the OpenSSL Changelog to confirm your version of OpenSSL is supported.
Windows Server 2012 R2 以降Windows Server 2012 R2 and higher サポートされています。既定で有効になっています。Supported, and enabled by default. 既定の設定を使用していることを確認するには。To confirm that you are still using the default settings.

ネットワーク構成Networking configuration

Linux と Windows 用の Connected Machine エージェントは、TCP ポート 443 を介して安全に Azure Arc へのアウトバウンド通信を行います。The Connected Machine agent for Linux and Windows communicates outbound securely to Azure Arc over TCP port 443. インターネット経由で通信するためにマシンがファイアウォールやプロキシ サーバーを介して接続する場合、以下の要件を確認してネットワーク構成の要件を把握してください。If the machine connects through a firewall or proxy server to communicate over the Internet, review requirements below to understand the network configuration requirements.

アウトバウンド接続がファイアウォールやプロキシ サーバーによって制限されている場合は、以下に示す URL がブロックされていないことを確認してください。If outbound connectivity is restricted by your firewall or proxy server, make sure the URLs listed below are not blocked. エージェントに必要な IP 範囲またはドメイン名のみにサービスとの通信を許可する場合は、次のサービス タグおよび URL へのアクセスも許可する必要があります。If you only allow the IP ranges or domain names required for the agent to communicate with the service, you must also allow access to the following Service Tags and URLs.

サービス タグ:Service Tags:

  • AzureActiveDirectoryAzureActiveDirectory
  • AzureTrafficManagerAzureTrafficManager
  • AzureResourceManagerAzureResourceManager
  • AzureArcInfrastructureAzureArcInfrastructure

URL:URLs:

エージェントのリソースAgent resource 説明Description
management.azure.com Azure Resource ManagerAzure Resource Manager
login.windows.net Azure Active DirectoryAzure Active Directory
dc.services.visualstudio.com Application InsightsApplication Insights
*.guestconfiguration.azure.com ゲスト構成Guest Configuration
*.his.arc.azure.com ハイブリッド ID サービスHybrid Identity Service

プレビュー エージェント (バージョン 0.11 以下) でも、次の URL へのアクセスが必要になります。Preview agents (version 0.11 and lower) also require access to the following URLs:

エージェントのリソースAgent resource 説明Description
agentserviceapi.azure-automation.net ゲスト構成Guest Configuration
*-agentservice-prod-1.azure-automation.net ゲスト構成Guest Configuration

各サービス タグ/リージョンの IP アドレスの一覧については、「Azure IP 範囲とサービス タグ – パブリック クラウド」という JSON ファイルを参照してください。For a list of IP addresses for each service tag/region, see the JSON file - Azure IP Ranges and Service Tags – Public Cloud. Microsoft では、各 Azure サービスとそれが使用する IP 範囲を含む更新プログラムを毎週発行しています。Microsoft publishes weekly updates containing each Azure Service and the IP ranges it uses. 詳細については、「サービス タグ」を参照してください。For more information, review Service tags.

前の表に記載した URL は、サービス タグの IP アドレス範囲情報とは別に必要となります。現在、ほとんどのサービスにはサービス タグの登録がないためです。The URLs in the previous table are required in addition to the Service Tag IP address range information because the majority of services do not currently have a Service Tag registration. 結果として IP アドレスが変更される可能性があります。As such, the IP addresses are subject to change. ファイアウォール構成に IP アドレス範囲が必要な場合は、 AzureCloud サービス タグを使用して、すべての Azure サービスへのアクセスを許可してください。If IP address ranges are required for your firewall configuration, then the AzureCloud Service Tag should be used to allow access to all Azure services. これらの URL のセキュリティ監視または検査を無効にせず、他のインターネット トラフィックと同様に許可してください。Do not disable security monitoring or inspection of these URLs, allow them as you would other Internet traffic.

Azure リソースプロバイダーを登録するRegister Azure resource providers

Azure Arc 対応サーバーは、このサービスを使用するために、サブスクリプション内の次の Azure リソース プロバイダーに依存しています。Azure Arc enabled servers depends on the following Azure resource providers in your subscription in order to use this service:

  • Microsoft.HybridComputeMicrosoft.HybridCompute
  • Microsoft.GuestConfigurationMicrosoft.GuestConfiguration

これらが登録されていない場合は、次のコマンドを使って登録できます。If they are not registered, you can register them using the following commands:

Azure PowerShell:Azure PowerShell:

Login-AzAccount
Set-AzContext -SubscriptionId [subscription you want to onboard]
Register-AzResourceProvider -ProviderNamespace Microsoft.HybridCompute
Register-AzResourceProvider -ProviderNamespace Microsoft.GuestConfiguration

Azure CLI:Azure CLI:

az account set --subscription "{Your Subscription Name}"
az provider register --namespace 'Microsoft.HybridCompute'
az provider register --namespace 'Microsoft.GuestConfiguration'

Azure portal」の手順に従って、Azure portal でリソースプロバイダーを登録することもできます。You can also register the resource providers in the Azure portal by following the steps under Azure portal.

インストールと構成Installation and configuration

要件に応じたさまざまな方法を使用して、ハイブリッド環境内のマシンを直接 Azure に接続することができます。Connecting machines in your hybrid environment directly with Azure can be accomplished using different methods depending on your requirements. 次の表は、どの方法が組織にとって最も効果的であるかを判断するために各方法について説明しています。The following table highlights each method to determine which works best for your organization.

重要

Connected Machine エージェントを Azure Windows 仮想マシンにインストールすることはできません。The Connected Machine agent cannot be installed on an Azure Windows virtual machine. インストールを試みた場合は、インストールによってこの操作が検出され、ロールバックされます。If you attempt to, the installation detects this and rolls back.

MethodMethod 説明Description
対話型Interactively Azure portal からマシンを接続する方法に関するページの手順に従って、1 台のマシンまたは少数のマシンにエージェントを手動でインストールします。Manually install the agent on a single or small number of machines following the steps in Connect machines from Azure portal.
Azure portal からスクリプトを生成し、マシン上で実行することによって、エージェントのインストールおよび構成手順を自動化することができます。From the Azure portal, you can generate a script and execute it on the machine to automate the install and configuration steps of the agent.
大規模At scale サービス プリンシパルを使用したマシンの接続に関するページに従って、複数のマシン用にエージェントをインストールして構成します。Install and configure the agent for multiple machines following the Connect machines using a Service Principal.
この方法では、非対話形式でマシンを接続するためのサービス プリンシパルが作成されます。This method creates a service principal to connect machines non-interactively.
大規模At scale Windows PowerShell DSC の使用方法に関するページの説明に従って複数のマシンにエージェントをインストールして構成します。Install and configure the agent for multiple machines following the method Using Windows PowerShell DSC.
この方法では、サービス プリンシパルを使用し、PowerShell DSC から非対話形式でマシンを接続します。This method uses a service principal to connect machines non-interactively with PowerShell DSC.

Connected Machine エージェントの技術概要Connected Machine agent technical overview

Windows エージェントのインストールの詳細Windows agent installation details

Windows 用 Connected Machine エージェントは、次の 3 つの方法のいずれかを使用してインストールできます。The Connected Machine agent for Windows can be installed by using one of the following three methods:

  • AzureConnectedMachineAgent.msi ファイルをダブルクリックする。Double-click the file AzureConnectedMachineAgent.msi.
  • コマンド シェルから Windows インストーラー パッケージ AzureConnectedMachineAgent.msi を実行して手動で。Manually by running the Windows Installer package AzureConnectedMachineAgent.msi from the Command shell.
  • スクリプト化されたメソッドを使用して PowerShell セッションから。From a PowerShell session using a scripted method.

Windows 用 Connected Machine エージェントをインストールした後、次のシステム全体の構成の変更がさらに適用されます。After installing the Connected Machine agent for Windows, the following additional system-wide configuration changes are applied.

  • 次のインストール フォルダーは、セットアップ中に作成されます。The following installation folders are created during setup.

    FolderFolder 説明Description
    %ProgramFiles%\AzureConnectedMachineAgent%ProgramFiles%\AzureConnectedMachineAgent エージェント サポート ファイルが含まれている既定のインストール パス。Default installation path containing the agent support files.
    %ProgramData%\AzureConnectedMachineAgent%ProgramData%\AzureConnectedMachineAgent エージェント構成ファイルが含まれています。Contains the agent configuration files.
    %ProgramData%\AzureConnectedMachineAgent\Tokens%ProgramData%\AzureConnectedMachineAgent\Tokens 取得したトークンが含まれています。Contains the acquired tokens.
    %ProgramData%\AzureConnectedMachineAgent\Config%ProgramData%\AzureConnectedMachineAgent\Config サービスへの登録情報を記録する agentconfig.json エージェント構成ファイルが含まれています。Contains the agent configuration file agentconfig.json recording its registration information with the service.
    %SystemDrive%\Program Files\ArcConnectedMachineAgent\ExtensionService\GC%SystemDrive%\Program Files\ArcConnectedMachineAgent\ExtensionService\GC ゲスト構成エージェント ファイルを含むインストール パス。Installation path containing the Guest Configuration agent files.
    %ProgramData%\GuestConfig%ProgramData%\GuestConfig Azure からの (適用された) ポリシーが含まれています。Contains the (applied) policies from Azure.
    %SystemDrive%\AzureConnectedMachineAgent\ExtensionService\downloads%SystemDrive%\AzureConnectedMachineAgent\ExtensionService\downloads 拡張機能は Azure からダウンロードされ、ここにコピーされます。Extensions are downloaded from Azure and copied here.
  • エージェントのインストール中に、次の Windows サービスがターゲット マシン上に作成されます。The following Windows services are created on the target machine during installation of the agent.

    [サービス名]Service name Display nameDisplay name [処理名]Process name 説明Description
    himdshimds Azure Hybrid Instance Metadata ServiceAzure Hybrid Instance Metadata Service himds.exehimds.exe このサービスは、Azure への接続と接続されたマシンの Azure ID を管理するために Azure Instance Metadata Service (IMDS) を実装します。This service implements the Azure Instance Metadata service (IMDS) to manage the connection to Azure and the connected machine's Azure identity.
    DscServiceDscService ゲスト構成サービスGuest Configuration Service dsc_service.exedsc_service.exe ゲスト内ポリシーを実装するために Azure 内部で使用される Desired State Configuration (DSC v2) コードベースです。The Desired State Configuration (DSC v2) codebase used inside Azure to implement In-Guest Policy.
  • 次の環境変数は、エージェントのインストール中に作成されます。The following environmental variables are created during agent installation.

    名前Name 既定値Default value 説明Description
    IDENTITY_ENDPOINTIDENTITY_ENDPOINT http://localhost:40342/metadata/identity/oauth2/token
    IMDS_ENDPOINTIMDS_ENDPOINT http://localhost:40342
  • トラブルシューティングに使用できるログ ファイルがいくつかあります。There are several log files available for troubleshooting. これらについては、次の表で説明します。They are described in the following table.

    ログLog 説明Description
    %ProgramData%\AzureConnectedMachineAgent\Log\himds.log%ProgramData%\AzureConnectedMachineAgent\Log\himds.log エージェント (HIMDS) サービスや Azure との対話の詳細を記録します。Records details of the agents (HIMDS) service and interaction with Azure.
    %ProgramData%\AzureConnectedMachineAgent\Log\azcmagent.log%ProgramData%\AzureConnectedMachineAgent\Log\azcmagent.log 詳細 (-v) 引数が使用されている場合は、azcmagent ツール コマンドの出力が含まれます。Contains the output of the azcmagent tool commands, when the verbose (-v) argument is used.
    %ProgramData%\GuestConfig\gc_agent_logs\gc_agent.log%ProgramData%\GuestConfig\gc_agent_logs\gc_agent.log DSC サービス アクティビティの詳細を記録しますRecords details of the DSC service activity,
    (特に、HIMDS サービスと Azure Policy の間の接続)。in particular the connectivity between the HIMDS service and Azure Policy.
    %ProgramData%\GuestConfig\gc_agent_logs\gc_agent_telemetry.txt%ProgramData%\GuestConfig\gc_agent_logs\gc_agent_telemetry.txt DSC サービス テレメトリと詳細ログの詳細を記録します。Records details about DSC service telemetry and verbose logging.
    %SystemDrive%\ProgramData\GuestConfig\ext_mgr_logs%SystemDrive%\ProgramData\GuestConfig\ext_mgr_logs 拡張エージェント コンポーネントに関する詳細を記録します。Records details about the Extension agent component.
    %SystemDrive%\ProgramData\GuestConfig\extension_logs<Extension>%SystemDrive%\ProgramData\GuestConfig\extension_logs<Extension> インストールされた拡張機能の詳細を記録します。Records details from the installed extension.
  • ローカル セキュリティ グループの ハイブリッド エージェント拡張アプリケーション が作成されます。The local security group Hybrid agent extension applications is created.

  • エージェントのアンインストール中に、次の成果物は削除されません。During uninstall of the agent, the following artifacts are not removed.

    • *%ProgramData%\AzureConnectedMachineAgent\Log*%ProgramData%\AzureConnectedMachineAgent\Log
    • %ProgramData%\AzureConnectedMachineAgent とサブディレクトリ%ProgramData%\AzureConnectedMachineAgent and subdirectories
    • %ProgramData%\GuestConfig%ProgramData%\GuestConfig

Linux エージェントのインストールの詳細Linux agent installation details

Linux 用の Connected Machine エージェントは、Microsoft パッケージ リポジトリでホストされたディストリビューション (.RPM または .DEB) に適したパッケージ形式で提供されます。The Connected Machine agent for Linux is provided in the preferred package format for the distribution (.RPM or .DEB) that's hosted in the Microsoft package repository. エージェントは、シェル スクリプト バンドルの Install_linux_azcmagent.sh を使用してインストールおよび構成されます。The agent is installed and configured with the shell script bundle Install_linux_azcmagent.sh.

Linux 用 Connected Machine エージェントをインストールした後、次のシステム全体の構成変更がさらに適用されます。After installing the Connected Machine agent for Linux, the following additional system-wide configuration changes are applied.

  • 次のインストール フォルダーは、セットアップ中に作成されます。The following installation folders are created during setup.

    FolderFolder 説明Description
    /var/opt/azcmagent//var/opt/azcmagent/ エージェント サポート ファイルが含まれている既定のインストール パス。Default installation path containing the agent support files.
    /opt/azcmagent//opt/azcmagent/
    /opt/GC_Ext/opt/GC_Ext ゲスト構成エージェント ファイルを含むインストール パス。Installation path containing the Guest Configuration agent files.
    /opt/DSC//opt/DSC/
    /var/opt/azcmagent/tokens/var/opt/azcmagent/tokens 取得したトークンが含まれています。Contains the acquired tokens.
    /var/lib/GuestConfig/var/lib/GuestConfig Azure からの (適用された) ポリシーが含まれています。Contains the (applied) policies from Azure.
    /opt/GC_Ext/downloads/opt/GC_Ext/downloads 拡張機能は Azure からダウンロードされ、ここにコピーされます。Extensions are downloaded from Azure and copied here.
  • 次のデーモンは、エージェントのインストール中にターゲット マシン上に作成されます。The following daemons are created on the target machine during installation of the agent.

    [サービス名]Service name Display nameDisplay name [処理名]Process name 説明Description
    himdsd.servicehimdsd.service Azure Hybrid Instance Metadata ServiceAzure Hybrid Instance Metadata Service /opt/azcmagent/bin/himds/opt/azcmagent/bin/himds このサービスは、Azure への接続と接続されたマシンの Azure ID を管理するために Azure Instance Metadata Service (IMDS) を実装します。This service implements the Azure Instance Metadata service (IMDS) to manage the connection to Azure and the connected machine's Azure identity.
    dscd.servicedscd.service ゲスト構成サービスGuest Configuration Service /opt/DSC/dsc_linux_service/opt/DSC/dsc_linux_service これは、ゲスト内ポリシーを実装するために Azure 内部で使用される Desired State Configuration (DSC v2) コードベースです。This is the Desired State Configuration (DSC v2) codebase used inside Azure to implement In-Guest Policy.
  • トラブルシューティングに使用できるログ ファイルがいくつかあります。There are several log files available for troubleshooting. これらについては、次の表で説明します。They are described in the following table.

    ログLog 説明Description
    /var/opt/azcmagent/log/himds.log/var/opt/azcmagent/log/himds.log エージェント (HIMDS) サービスや Azure との対話の詳細を記録します。Records details of the agents (HIMDS) service and interaction with Azure.
    /var/opt/azcmagent/log/azcmagent.log/var/opt/azcmagent/log/azcmagent.log 詳細 (-v) 引数が使用されている場合は、azcmagent ツール コマンドの出力が含まれます。Contains the output of the azcmagent tool commands, when the verbose (-v) argument is used.
    /opt/logs/dsc.log/opt/logs/dsc.log DSC サービス アクティビティの詳細を記録しますRecords details of the DSC service activity,
    (特に、himds サービスと Azure Policy 間の接続)。in particular the connectivity between the himds service and Azure Policy.
    /opt/logs/dsc.telemetry.txt/opt/logs/dsc.telemetry.txt DSC サービス テレメトリと詳細ログの詳細を記録します。Records details about DSC service telemetry and verbose logging.
    /var/lib/GuestConfig/ext_mgr_logs/var/lib/GuestConfig/ext_mgr_logs 拡張エージェント コンポーネントに関する詳細を記録します。Records details about the Extension agent component.
    /var/lib/GuestConfig/extension_logs/var/lib/GuestConfig/extension_logs インストールされた拡張機能の詳細を記録します。Records details from the installed extension.
  • 次の環境変数は、エージェントのインストール中に作成されます。The following environmental variables are created during agent installation. これらの変数は /lib/systemd/system.conf.d/azcmagent.conf に設定されます。These variables are set in /lib/systemd/system.conf.d/azcmagent.conf.

    名前Name 既定値Default value 説明Description
    IDENTITY_ENDPOINTIDENTITY_ENDPOINT http://localhost:40342/metadata/identity/oauth2/token
    IMDS_ENDPOINTIMDS_ENDPOINT http://localhost:40342
  • エージェントのアンインストール中に、次の成果物は削除されません。During uninstall of the agent, the following artifacts are not removed.

    • /var/opt/azcmagent/var/opt/azcmagent
    • /opt/logs/opt/logs

次のステップNext steps