Azure portal からハイブリッド マシンを Azure に接続するConnect hybrid machines to Azure from the Azure portal

手動で一連の手順を実行することで、ご自分の環境内の 1 つまたは少数の Windows マシンまたは Linux マシン用に Azure Arc for servers (プレビュー) を有効にすることができます。You can enable Azure Arc for servers (preview) for one or a small number of Windows or Linux machines in your environment by performing a set of steps manually. または、提供されているテンプレート スクリプトを実行することで、自動化された方法を使用することもできます。Or you can use an automated method by running a template script that we provide. このスクリプトは、両方のエージェントのダウンロードとインストールを自動化するものです。This script automates the download and installation of both agents.

この方法では、エージェントをインストールおよび構成するために、マシンに対する管理者権限が必要です。This method requires that you have administrator permissions on the machine to install and configure the agent. Linux ではルート アカウントを使用し、Windows ではローカルの Administrators グループのメンバーである必要があります。On Linux, by using the root account, and on Windows, you are member of the Local Administrators group.

開始する前に、必ず前提条件を確認し、ご利用のサブスクリプションおよびリソースが要件を満たしていることを確認してください。Before you get started, be sure to review the prerequisites and verify that your subscription and resources meet the requirements.

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に 無料アカウント を作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

Azure portal からインストール スクリプトを生成するGenerate the installation script from the Azure portal

ダウンロードとインストールを自動化し、Azure Arc との接続を確立するスクリプトは、Azure portal から入手できます。The script to automate the download and installation, and to establish the connection with Azure Arc, is available from the Azure portal. そのプロセスを完了するには、次の手順を実行します。To complete the process, do the following:

  1. お使いのブラウザーで Azure portal に移動します。From your browser, go to the Azure portal.

  2. [マシン - Azure Arc] ページで、左上にある [追加] か、中央のペインの下部にある [Create machine - Azure Arc](マシンの作成 - Azure Arc) オプションを選択します。On the Machines - Azure Arc page, select either Add, at the upper left, or the Create machine - Azure Arc option at the bottom of the middle pane.

  3. [メソッドの選択] ページで、 [Add machines using interactive script](対話型スクリプト タイルを使用してマシンを追加) タイルを選択し、 [スクリプトの生成] を選択します。On the Select a method page, select the Add machines using interactive script tile, and then select Generate script.

  4. [スクリプトの生成] ページで、Azure 内でマシンを管理するサブスクリプションとリソース グループを選択します。On the Generate script page, select the subscription and resource group where you want the machine to be managed within Azure. マシンのメタデータが格納される Azure の場所を選択します。Select an Azure location where the machine metadata will be stored.

    注意

    Azure Arc for servers (プレビュー) では、次のリージョンのみがサポートされます。Azure Arc for servers (preview) supports only the following regions:

    • WestUS2WestUS2
    • 西ヨーロッパWestEurope
    • WestAsiaWestAsia

    リージョンを選択時のその他の考慮事項については、概要記事のこちらを参照してください。Review additional considerations when selecting a region here in the Overview article.

  5. [スクリプトの生成] ページの [オペレーティング システム] ボックスの一覧で、スクリプトを実行するオペレーティング システムを選択します。On the Generate script page, in the Operating system drop-down list, select the operating system that the script will be running on.

  6. マシンがインターネットに接続するためにプロキシ サーバー経由で通信している場合は、 [Next: Proxy Server](次へ: プロキシ サーバー) を選択します。If the machine is communicating through a proxy server to connect to the internet, select Next: Proxy Server.

  7. [プロキシ サーバー] タブで、プロキシ サーバーの IP アドレスか、マシンがプロキシ サーバーとの通信に使用する名前およびポート番号を指定します。On the Proxy server tab, specify the proxy server IP address or the name and port number that the machine will use to communicate with the proxy server. http://<proxyURL>:<proxyport> の形式で値を入力します。Enter the value in the format http://<proxyURL>:<proxyport>.

  8. [確認と生成] を選択します。Select Review + generate.

  9. [確認と生成] タブで概要情報を確認し、 [ダウンロード] を選択します。On the Review + generate tab, review the summary information, and then select Download. 引き続き変更が必要な場合は、 [前へ] を選択します。If you still need to make changes, select Previous.

Windows でエージェントをインストールして検証するInstall and validate the agent on Windows

手動でインストールするInstall manually

Windows インストーラー パッケージ AzureConnectedMachineAgent.msi を実行することで、Connected Machine エージェントを手動でインストールできます。You can install the Connected Machine agent manually by running the Windows Installer package AzureConnectedMachineAgent.msi.

注意

  • エージェントをインストールまたはアンインストールするには、"管理者" アクセス許可が必要です。To install or uninstall the agent, you must have Administrator permissions.
  • まず、インストーラー パッケージをダウンロードし、ターゲット サーバー上のフォルダーにコピーするか、共有ネットワーク フォルダーからコピーする必要があります。You must first download and copy the Installer package to a folder on the target server, or from a shared network folder. オプションを指定せずにこのインストーラー パッケージを実行すると、セットアップ ウィザードが起動します。ここで、指示に従って対話形式でエージェントをインストールできます。If you run the Installer package without any options, it starts a setup wizard that you can follow to install the agent interactively.

マシンがプロキシ サーバーを介してサービスと通信する必要がある場合は、エージェントをインストールした後、この記事で後ほど説明するコマンドを実行する必要があります。If the machine needs to communicate through a proxy server to the service, after you install the agent you need to run a command that's described later in the article. これにより、プロキシ サーバーのシステム環境変数 https_proxy が設定されます。This sets the proxy server system environment variable https_proxy.

次の表に、コマンド ラインからのエージェントのセットアップでサポートされているパラメーターを示します。The following table highlights the parameters that are supported by setup for the agent from the command line.

パラメーターParameter 説明Description
/?/? コマンド ライン オプションの一覧を返します。Returns a list of the command-line options.
/S/S ユーザーの操作を必要とせずに、サイレント インストールを実行します。Performs a silent installation with no user interaction.

たとえば、/? パラメーターを使用してインストール プログラムを実行するには、「msiexec.exe /i AzureConnectedMachineAgent.msi /?」と入力します。For example, to run the installation program with the /? parameter, enter msiexec.exe /i AzureConnectedMachineAgent.msi /?.

Connected Machine エージェントのファイルは、既定では C:\Program Files\AzureConnectedMachineAgent にインストールされます。Files for the Connected Machine agent are installed in C:\Program Files\AzureConnectedMachineAgent by default. セットアップの完了後にエージェントが起動しない場合は、詳細なエラー情報のログを確認します。If the agent fails to start after setup is finished, check the logs for detailed error information. ログ ディレクトリは %Programfiles%\AzureConnectedMachineAgentAgent\logs です。The log directory is %Programfiles%\AzureConnectedMachineAgentAgent\logs.

スクリプト化された手法を使用してインストールするInstall with the scripted method

  1. サーバーにログインします。Log in to the server.

  2. 管理者特権の PowerShell コマンド プロンプトを開きます。Open an elevated PowerShell command prompt.

  3. スクリプトをコピーしたフォルダーまたは共有に移動し、./OnboardingScript.ps1 スクリプトを実行することでそのスクリプトをサーバー上で実行します。Change to the folder or share that you copied the script to, and execute it on the server by running the ./OnboardingScript.ps1 script.

エージェント プロキシ設定を構成するConfigure the agent proxy setting

プロキシ サーバーの環境変数を設定するには、次のコマンドを実行します。To set the proxy server environment variable, run the following command:

# If a proxy server is needed, execute these commands with the proxy URL and port.
[Environment]::SetEnvironmentVariable("https_proxy", "http://{proxy-url}:{proxy-port}", "Machine")
$env:https_proxy = [System.Environment]::GetEnvironmentVariable("https_proxy","Machine")
# For the changes to take effect, the agent service needs to be restarted after the proxy environment variable is set.
Restart-Service -Name himds

注意

このプレビューでは、エージェントでプロキシ認証の設定はサポートされていません。The agent does not support setting proxy authentication in this preview.

エージェントの通信を構成するConfigure agent communication

エージェントをインストールした後は、次のコマンドを実行して、Azure Arc サービスと通信するようにエージェントを構成する必要があります。After installing the agent, you need to configure the agent to communicate with the Azure Arc service by running the following command:

%ProgramFiles%\AzureConnectedMachineAgent\azcmagent.exe" connect --resource-group "<resourceGroupName>" --tenant-id "<tenantID>" --location "<regionName>" --subscription-id "<subscriptionID>"

Linux でエージェントをインストールして検証するInstall and validate the agent on Linux

Linux 用の Connected Machine エージェントは、Microsoft パッケージ リポジトリでホストされたディストリビューション (.RPM または .DEB) に適したパッケージ形式で提供されます。The Connected Machine agent for Linux is provided in the preferred package format for the distribution (.RPM or .DEB) that's hosted in the Microsoft package repository. このシェル スクリプト バンドル Install_linux_azcmagent.sh により、次のアクションが実行されます。The shell script bundle Install_linux_azcmagent.sh performs the following actions:

  • packages.microsoft.com からエージェント パッケージをダウンロードするようにホスト マシンを構成します。Configures the host machine to download the agent package from packages.microsoft.com.
  • ハイブリッド リソース プロバイダー パッケージをインストールします。Installs the Hybrid Resource Provider package.

必要に応じて、--proxy "{proxy-url}:{proxy-port}" パラメーターを含めることで、プロキシ情報を使用してエージェントを構成できます。Optionally, you can configure the agent with your proxy information by including the --proxy "{proxy-url}:{proxy-port}" parameter.

このスクリプトには、サポートされているディストリビューションとサポートされていないディストリビューションを識別するロジックも含まれており、インストールの実行に必要なアクセス許可が検証されます。The script also contains logic to identify the supported and unsupported distributions, and it verifies the permissions that are required to perform the installation.

次の例では、エージェントをダウンロードしてインストールします。The following example downloads the agent and installs it:

# Download the installation package.
wget https://aka.ms/azcmagent -O ~/Install_linux_azcmagent.sh

# Install the connected machine agent. 
bash ~/Install_linux_azcmagent.sh

プロキシ サーバー経由で通信するようにエージェントを構成するための --proxy パラメーターを含めてエージェントをダウンロードし、インストールするには、次のコマンドを実行します。To download and install the agent, including the --proxy parameter for configuring the agent to communicate through your proxy server, run the following commands:

# Download the installation package.
wget https://aka.ms/azcmagent -O ~/Install_linux_azcmagent.sh

# Install the connected machine agent. 
bash ~/Install_linux_azcmagent.sh --proxy "{proxy-url}:{proxy-port}"

エージェントの通信を構成するConfigure the agent communication

エージェントをインストールした後は、次のコマンドを実行して、Azure Arc サービスと通信するように構成する必要があります。After you install the agent, configure it to communicate with the Azure Arc service by running the following command:

/opt/azcmagent/bin/azcmagent.exe" connect --resource-group "<resourceGroupName>" --tenant-id "<tenantID>" --location "<regionName>" --subscription-id "<subscriptionID>"

Azure Arc との接続を検証するVerify the connection with Azure Arc

エージェントをインストールし、Azure Arc for servers (プレビュー) に接続するように構成したら、Azure portal に移動して、サーバーが正常に接続されていることを確認します。After you install the agent and configure it to connect to Azure Arc for servers (preview), go to the Azure portal to verify that the server has been successfully connected. 自分のマシンは Azure portal に表示されます。View your machines in the Azure portal.

成功したサーバー接続

クリーンアップClean up

Azure Arc for servers (プレビュー) からマシンの接続を切断するには、次の手順を実行します。To disconnect a machine from Azure Arc for servers (preview), do the following:

  1. Azure portal に移動して、Azure Arc for servers (プレビュー) を開きます。Open Azure Arc for servers (preview) by going to the Azure portal.

  2. 一覧でマシンを選択し、省略記号 ( ... ) を選択してから、 [削除] を選択します。Select the machine in the list, select the ellipsis (...), and then select Delete.

  3. マシンから Windows エージェントをアンインストールするには、次の手順を実行します。To uninstall the Windows agent from the machine, do the following:

    a.a. 管理者のアクセス許可を持つアカウントを使用してコンピューターにサインインします。Sign in to the computer with an account that has administrator permissions.
    b.b. コントロール パネルで、 [プログラムと機能] を選択します。In Control Panel, select Programs and Features.
    c.c. [プログラムと機能] で、 [Azure Connected Machine Agent] を選択し、 [アンインストール] を選択してから、 [はい] を選択します。In Programs and Features, select Azure Connected Machine Agent, select Uninstall, and then select Yes.

    注意

    AzureConnectedMachineAgent.msi インストーラー パッケージをダブルクリックして、エージェントのセットアップ ウィザードを実行することもできます。You can also run the agent setup wizard by double-clicking the AzureConnectedMachineAgent.msi installer package.

    エージェント削除のスクリプトを作成する場合は、次の例を使用できます。この例では、Msiexec.exe コマンド ラインである msiexec /x {Product Code} を使用して、製品コードを取得し、エージェントをアンインストールします。If you want to script removal of the agent, you can use the following example, which retrieves the product code and uninstalls the agent by using the Msiexec.exe command line - msiexec /x {Product Code}. そのためには次を行います。To do so:

    a.a. レジストリ エディターを開きます。Open the Registry Editor.
    b.b. レジストリ キー HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall で、製品コード GUID を探してコピーします。Under registry key HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall, look for and copy the product code GUID.
    c.c. その後、Msiexec を使用してエージェントをアンインストールできます。You can then uninstall the agent by using Msiexec.

    次の例は、このエージェントをアンインストールする方法を示しています。The following example demonstrates how to uninstall the agent:

    Get-ChildItem -Path HKLM:\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall | `
    Get-ItemProperty | `
    Where-Object {$_.DisplayName -eq "Azure Connected Machine Agent"} | `
    ForEach-Object {MsiExec.exe /x "$($_.PsChildName)" /qn}
    
  4. Linux エージェントをアンインストールするために使用するコマンドは、Linux オペレーティング システムによって異なります。To uninstall the Linux agent, the command to use depends on the Linux operating system.

    • Ubuntu の場合は、次のコマンドを実行します。For Ubuntu, run the following command:

      sudo apt purge azcmagent
      
    • RHEL、CentOS、Amazon Linux の場合は、次のコマンドを実行します。For RHEL, CentOS, and Amazon Linux, run the following command:

      sudo yum remove azcmagent
      
    • SLES の場合は、次のコマンドを実行します。For SLES, run the following command:

      sudo zypper remove azcmagent
      

次のステップNext steps

  • Azure Policy を使用してマシンを管理する方法を確認します。VM のゲスト構成、マシンの報告先が、予期された Log Analytics ワークスペースであることの確認、VM での Azure Monitor を使用した監視の有効化などの方法です。Learn how to manage your machine using Azure Policy, for such things as VM guest configuration, verifying the machine is reporting to the expected Log Analytics workspace, enable monitoring with Azure Monitor with VMs, and much more.

  • Log Analytics エージェントの詳細を確認します。Learn more about the Log Analytics agent. マシン上で実行されている OS とワークロードをプロアクティブに監視したい場合、それを Automation Runbook やソリューション (Update Management など) を使用して管理したい場合、または他の Azure サービス (Azure Security Center など) を使用したい場合は、Windows 用および Linux 用の Log Analytics エージェントが必要となります。The Log Analytics agent for Windows and Linux is required when you want to proactively monitor the OS and workloads running on the machine, manage it using Automation runbooks or solutions like Update Management, or use other Azure services like Azure Security Center.