Azure Functions バインド拡張機能をポータルから手動でインストールまたは更新するManually install or update Azure Functions binding extensions from the portal

Azure Functions バージョン 2.x ランタイムは、トリガーとバインドのコードを実装するためにバインド拡張機能を使用します。The Azure Functions version 2.x runtime uses binding extensions to implement code for triggers and bindings. バインド拡張機能は、NuGet パッケージで提供されます。Binding extensions are provided in NuGet packages. 拡張機能を登録するには、パッケージをインストールします。To register an extension, you essentially install a package. 関数を開発しているときに、バインド拡張機能をインストールする方法は、開発環境に応じて異なります。When developing functions, the way that you install binding extensions depends on the development environment. 詳細については、トリガーとバインドに関する記事の「バインド拡張機能を登録する」をご覧ください。For more information, see Register binding extensions in the triggers and bindings article.

ときおり、バインド拡張機能を Azure portal から手動でインストールまたは更新することが必要になる場合があります。Sometimes you need to manually install or update your binding extensions in the Azure portal. たとえば、登録済みのバインドを新しいバージョンに更新する必要がある場合があります。For example, you may need to update a registered binding to a newer version. また、ポータルの [統合] タブにはインストールできない、サポート対象のバインドを登録する必要がある場合もあります。You may also need to register a supported binding that can't be installed in the Integrate tab in the portal.

バインド拡張機能をインストールするInstall a binding extension

拡張機能をポータルから手動でインストールまたは更新するには、次の手順を使用します。Use the following steps to manually install or update extensions from the portal.

  1. Azure portal で、ご使用の関数アプリを検索し、選択します。In the Azure portal, locate your function app and select it. [概要] タブを選択し、 [停止] を選択します。Choose the Overview tab and select Stop. 関数アプリを停止すると、ファイルのロックが解除されるため、変更を加えられるようになります。Stopping the function app unlocks files so that changes can be made.

  2. [プラットフォーム機能] タブを選択し、 [開発ツール] の下で [高度なツール (Kudu)] を選択します。Choose the Platform features tab and under Development tools select Advanced Tools (Kudu). Kudu エンドポイント (https://<APP_NAME>.scm.azurewebsites.net/) が新しいウィンドウで開きます。THe Kudu endpoint (https://<APP_NAME>.scm.azurewebsites.net/) is opened in a new window.

  3. Kudu ウィンドウで、 [デバッグ コンソール] > [CMD] の順に選択します。In the Kudu window, select Debug console > CMD.

  4. コマンド ウィンドウで、D:\home\site\wwwroot に移動し、bin の横にある削除アイコンを選択してフォルダーを削除します。In the command window, navigate to D:\home\site\wwwroot and choose the delete icon next to bin to delete the folder. [OK] を選択して削除を確定します。Select OK to confirm the deletion.

  5. extensions.csproj ファイルの隣にある編集アイコンを選択します。このファイルでは、関数アプリのバインド拡張機能を定義します。Choose the edit icon next to the extensions.csproj file, which defines the binding extensions for the function app. プロジェクト ファイルがオンライン エディターで開きます。The project file is opened in the online editor.

  6. ItemGroup 内の PackageReference 項目に必要な追加と更新を行い、 [保存] を選択します。Make the required additions and updates of PackageReference items in the ItemGroup, then select Save. 現在サポートされているパッケージ バージョンの一覧は、「What packages do I need? (必要なパッケージ)」という wiki 記事をご覧ください。The current list of supported package versions can be found in the What packages do I need? wiki article. 3 つの Azure Storage バインドすべてには Microsoft.Azure.WebJobs.Extensions.Storage パッケージが必要です。All three Azure Storage bindings require the Microsoft.Azure.WebJobs.Extensions.Storage package.

  7. wwwroot フォルダーから次のコマンドを実行して、bin フォルダーにある参照アセンブリをリビルドします。From the wwwroot folder, run the following command to rebuild the referenced assemblies in the bin folder.

    dotnet build extensions.csproj -o bin --no-incremental --packages D:\home\.nuget
    
  8. ポータルの [概要] タブに戻り、 [開始] を選択して関数アプリを再起動します。Back in the Overview tab in the portal, choose Start to restart the function app.

次の手順Next steps