お使いの関数アプリの管理Manage your function app

Azure Functions では、関数アプリに個々の関数の実行コンテキストが用意されています。In Azure Functions, a function app provides the execution context for your individual functions. 関数アプリの動作は、特定の関数アプリによってホストされるすべての関数に適用されます。Function app behaviors apply to all functions hosted by a given function app. 関数アプリ内のすべての関数は、同じ言語である必要があります。All functions in a function app must be of the same language.

関数アプリ内の個々の関数は、共に配置され、共にスケーリングされます。Individual functions in a function app are deployed together and are scaled together. 同じ関数アプリ内のすべての関数は、関数アプリがスケーリングされるときに、インスタンスごとに同じリソースを使用します。All functions in the same function app share resources, per instance, as the function app scales.

接続文字列、環境変数、およびその他のアプリケーション設定は、関数アプリごとに別に定義されます。Connection strings, environment variables, and other application settings are defined separately for each function app. 関数アプリ間で共有する必要があるすべてのデータは、外部の永続化されたストアに格納する必要があります。Any data that must be shared between function apps should be stored externally in a persisted store.

この記事では、お使いの関数アプリを構成および管理する方法を説明します。This article describes how to configure and manage your function apps.

ヒント

多くの構成オプションは、Azure CLI を使用して管理することもできます。Many configuration options can also be managed by using the Azure CLI.

Azure portal での作業開始Get started in the Azure portal

  1. まず、Azure Portal に移動し、Azure アカウントにサインインします。To begin, go to the Azure portal and sign in to your Azure account. ポータルの上部にある検索バーで関数アプリの名前を入力し、一覧からその関数アプリを選択します。In the search bar at the top of the portal, enter the name of your function app and select it from the list.

  2. 左側のウィンドウの [設定] で、 [構成] を選択します。Under Settings in the left pane, select Configuration.

    Azure portal の関数アプリの概要

関数アプリの管理に必要なすべての機能には、概要ページからアクセスできます (特に [アプリケーションの設定][プラットフォーム機能] )。You can navigate to everything you need to manage your function app from the overview page, in particular the Application settings and Platform features.

アプリケーションの設定Application settings

[アプリケーションの設定] タブでは、関数アプリに使用される設定を管理します。The Application settings tab maintains settings that are used by your function app. これらの設定は暗号化されて格納されているため、ポータルで値を表示するには [値を表示する] を選択する必要があります。These settings are stored encrypted, and you must select Show values to see the values in the portal. また、Azure CLI を使用してアプリケーション設定にアクセスすることもできます。You can also access application settings by using the Azure CLI.

ポータルPortal

ポータルに設定を追加するには、 [新しいアプリケーション設定] を選択して新しいキーと値のペアを追加します。To add a setting in the portal, select New application setting and add the new key-value pair.

Azure portal の関数アプリの設定。

Azure CLIAzure CLI

az functionapp config appsettings list コマンドでは、次の例のように、既存のアプリケーションの設定を返します。The az functionapp config appsettings list command returns the existing application settings, as in the following example:

az functionapp config appsettings list --name <FUNCTION_APP_NAME> \
--resource-group <RESOURCE_GROUP_NAME>

az functionapp config appsettings set コマンドでは、アプリケーション設定を追加または更新します。The az functionapp config appsettings set command adds or updates an application setting. 次の例では、CUSTOM_FUNCTION_APP_SETTING という名前のキーと 12345 の値で設定を作成しています。The following example creates a setting with a key named CUSTOM_FUNCTION_APP_SETTING and a value of 12345:

az functionapp config appsettings set --name <FUNCTION_APP_NAME> \
--resource-group <RESOURCE_GROUP_NAME> \
--settings CUSTOM_FUNCTION_APP_SETTING=12345

アプリケーションの設定Use application settings

関数アプリの設定値は、コードの中で環境変数として読み込むこともできます。The function app settings values can also be read in your code as environment variables. 詳細については、以下の言語固有のリファレンス トピックの「環境変数」のセクションを参照してください。For more information, see the Environment variables section of these language-specific reference topics:

ローカルで関数アプリを開発する場合、これらの値を、local.settings.json プロジェクト ファイルにローカルのコピーとして保持する必要があります。When you develop a function app locally, you must maintain local copies of these values in the local.settings.json project file. 詳細については、ローカルの設定ファイルに関するページを参照してください。To learn more, see Local settings file.

プラットフォーム機能Platform features

関数アプリは、Azure App Service プラットフォームで実行され、管理されます。Function apps run in, and are maintained by, the Azure App Service platform. このため、Azure の主要 Web ホスティング プラットフォームのほとんどの機能にアクセスできます。As such, your function apps have access to most of the features of Azure's core web hosting platform. 左側のウィンドウでは、関数アプリで使用できる App Service プラットフォームの多くの機能にアクセスできます。The left pane is where you access the many features of the App Service platform that you can use in your function apps.

注意

関数アプリが従量課金ホスティング プランで実行されている場合は、一部の App Service 機能が使用できません。Not all App Service features are available when a function app runs on the Consumption hosting plan.

この記事の残りの部分では、Functions で便利な Azure portal で使用できる次の App Service 機能について説明します。The rest of this article focuses on the following App Service features in the Azure portal that are useful for Functions:

App Service の設定を使用する方法の詳細については、Azure App Service の設定の構成に関するページをご覧ください。For more information about how to work with App Service settings, see Configure Azure App Service Settings.

App Service EditorApp Service editor

App Service Editor

App Service Editor は、JSON 構成ファイルとコード ファイルを変更するために使用できる高度なポータル内エディターです。The App Service editor is an advanced in-portal editor that you can use to modify JSON configuration files and code files alike. このオプションを選択すると、別のブラウザー タブが基本的なエディターで起動します。Choosing this option launches a separate browser tab with a basic editor. これにより、Git リポジトリとの統合、コードの実行とデバッグ、および関数アプリの設定変更を行うことができます。This enables you to integrate with the Git repository, run and debug code, and modify function app settings. このエディターは、組み込みの関数アプリ エディターと比較して、お使いの関数の開発環境が強化されています。This editor provides an enhanced development environment for your functions compared with the built-in function editor.

お使いの関数は、お使いのローカル コンピューターで開発することを検討することをお勧めします。We recommend that you consider developing your functions on your local computer. ローカルで開発し、Azure に発行する場合、お使いのプロジェクト ファイルはポータルで読み取り専用になります。When you develop locally and publish to Azure, your project files are read-only in the portal. 詳細については、「Azure Functions をローカルでコーディングしてテストする」を参照してください。To learn more, see Code and test Azure Functions locally.

コンソールConsole

関数アプリ コンソール

ポータル内コンソールは、コマンド ラインから関数アプリを操作するのに適した開発者ツールです。The in-portal console is an ideal developer tool when you prefer to interact with your function app from the command line. 一般的なコマンドには、ディレクトリやファイルの作成、ナビゲーション、バッチ ファイルやスクリプトの実行などがあります。Common commands include directory and file creation and navigation, as well as executing batch files and scripts.

ローカルで開発する場合、Azure Functions Core Tools および Azure CLI を使用することをお勧めします。When developing locally, we recommend using the Azure Functions Core Tools and the Azure CLI.

高度なツール (Kudu)Advanced tools (Kudu)

Kudu の構成

App Service 用の高度なツール (Kudu とも呼ばれます) を使用すると、関数アプリの高度な管理機能にアクセスできます。The advanced tools for App Service (also known as Kudu) provide access to advanced administrative features of your function app. Kudu から、システム情報、アプリ設定、環境変数、サイト拡張機能、HTTP ヘッダー、およびサーバー変数を管理します。From Kudu, you manage system information, app settings, environment variables, site extensions, HTTP headers, and server variables. また、https://<myfunctionapp>.scm.azurewebsites.net/ など、関数アプリの SCM エンドポイントにアクセスして、Kudu を起動することもできますYou can also launch Kudu by browsing to the SCM endpoint for your function app, like https://<myfunctionapp>.scm.azurewebsites.net/

デプロイ センターDeployment Center

ソース管理ソリューションを使用してお使いの関数コードを開発および管理する場合、デプロイ センターを使用すると、ソース管理からビルドおよびデプロイをすることができます。When you use a source control solution to develop and maintain your functions code, Deployment Center lets you build and deploy from source control. 更新を行う場合、お使いのプロジェクトは Azure にビルドされ、デプロイされます。Your project is built and deployed to Azure when you make updates. 詳細については、「Azure Functions のデプロイ テクノロジ」を参照してください。For more information, see Deployment technologies in Azure Functions.

クロス オリジン リソース共有Cross-origin resource sharing

最新のブラウザーでは、クライアントで悪意のあるコードが実行されるのを防ぐために、Web アプリケーションから別のドメインで実行されるリソースへの要求をブロックします。To prevent malicious code execution on the client, modern browsers block requests from web applications to resources running in a separate domain. クロス オリジン リソース共有 (CORS) を使用すると、お使いの関数アプリでどこのオリジンがエンドポイントを呼び出せるかを Access-Control-Allow-Origin ヘッダーで宣言できます。Cross-origin resource sharing (CORS) lets an Access-Control-Allow-Origin header declare which origins are allowed to call endpoints on your function app.

ポータルPortal

お使いの関数アプリの [許可されたオリジン] 一覧を構成すると、お使いの関数アプリの HTTP エンドポイントからのすべての応答に Access-Control-Allow-Origin ヘッダーが自動追加されます。When you configure the Allowed origins list for your function app, the Access-Control-Allow-Origin header is automatically added to all responses from HTTP endpoints in your function app.

関数アプリの CORS 一覧の構成

ワイルドカード (*) を使用すると、他のすべてのドメインは無視されます。When the wildcard (*) is used, all other domains are ignored.

許可されたオリジンの一覧にドメインを追加するには、az functionapp cors add コマンドを使用します。Use the az functionapp cors add command to add a domain to the allowed origins list. 次の例では、contoso.com ドメインが追加されます。The following example adds the contoso.com domain:

az functionapp cors add --name <FUNCTION_APP_NAME> \
--resource-group <RESOURCE_GROUP_NAME> \
--allowed-origins https://contoso.com

現在許可されているオリジンを列挙するには、az functionapp cors show コマンドを使用します。Use the az functionapp cors show command to list the current allowed origins.

認証Authentication

関数アプリの認証を構成

関数が HTTP トリガーを使用するとき、呼び出しに、最初に認証を必須とすることができます。When functions use an HTTP trigger, you can require calls to first be authenticated. App Service では、Azure Active Directory 認証と、Facebook、Microsoft、Twitter などのソーシャル プロバイダーを使用したサインインがサポートされます。App Service supports Azure Active Directory authentication and sign-in with social providers, such as Facebook, Microsoft, and Twitter. 特定の認証プロバイダーの構成の詳細については、Azure App Service での認証の概要に関するページを参照してください。For details on configuring specific authentication providers, see Azure App Service authentication overview.

次のステップNext steps