Visual Studio Code を使用して Azure Functions を開発するDevelop Azure Functions by using Visual Studio Code

Visual Studio Code 用 Azure Functions 拡張機能を使用すると、関数をローカルで開発して、Azure にデプロイすることができます。The Azure Functions extension for Visual Studio Code lets you locally develop functions and deploy them to Azure. Azure Functions を初めて使用する場合は、詳細について、「Azure Functions の概要」を参照してください。If this experience is your first with Azure Functions, you can learn more at An introduction to Azure Functions.

Azure Functions 拡張機能には、次のような利点があります。The Azure Functions extension provides these benefits:

  • ローカル開発用コンピューターで関数を編集、作成、および実行できます。Edit, build, and run functions on your local development computer.
  • Azure に直接 Azure Functions プロジェクトを発行できます。Publish your Azure Functions project directly to Azure.
  • Visual Studio Code の利点を活用しながら、さまざまな言語で関数を作成できます。Write your functions in various languages while taking advantage of the benefits of Visual Studio Code.

拡張機能は、Azure Functions バージョン 2.x ランタイムでサポートされている次の言語で使用できます。The extension can be used with the following languages, which are supported by the Azure Functions version 2.x runtime:

*C# スクリプトを既定のプロジェクト言語として設定する必要があります。*Requires that you set C# script as your default project language.

この記事の例は、現在、JavaScript (Node.js) と C# クラス ライブラリの関数でのみ使用可能です。In this article, examples are currently available only for JavaScript (Node.js) and C# class library functions.

この記事では、Azure Functions 拡張機能を使って関数を開発して Azure に発行する方法に関する詳細情報を提供します。This article provides details about how to use the Azure Functions extension to develop functions and publish them to Azure. この記事を読む前に、Visual Studio Code を使って最初の関数を作成してください。Before you read this article, you should create your first function by using Visual Studio Code.

重要

1 つの関数アプリにローカル開発とポータル開発を混在させないでください。Don't mix local development and portal development for a single function app. ローカル プロジェクトから関数アプリに発行すると、ポータルで開発した関数がデプロイ プロセスによって上書きされます。When you publish from a local project to a function app, the deployment process overwrites any functions that you developed in the portal.

前提条件Prerequisites

Azure Functions 拡張機能をインストールして実行する前に、次の要件を満たす必要があります。Before you install and run the Azure Functions extension, you must meet these requirements:

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に無料アカウントを作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

Azure Storage アカウントなどのその他の必要なリソースは、Visual Studio Code を使って発行するときに、お使いのサブスクリプションに作成されます。Other resources that you need, like an Azure storage account, are created in your subscription when you publish by using Visual Studio Code.

重要

関数をローカルで開発し、それらをローカルで開始して実行することなく、Azure に発行できます。You can develop functions locally and publish them to Azure without having to start and run them locally. 関数をローカルで実行するには、Azure Functions Core Tools の自動ダウンロードなどの追加要件を満たす必要があります。To run your functions locally, you'll need to meet some additional requirements, including an automatic download of Azure Functions Core Tools. 詳細については、プロジェクトをローカルで実行するための追加の要件に関する記事を参照してください。To learn more, see Additional requirements for running a project locally.

Azure Functions 拡張機能をインストールするInstall the Azure Functions extension

Azure Functions 拡張機能を使用すると、関数を作成してテストし、Azure にデプロイすることができます。You can use the Azure Functions extension to create and test functions and deploy them to Azure.

  1. Visual Studio Code で [拡張機能] を開き、azure functions を検索するか、Visual Studio Code でこのリンクを選択します。In Visual Studio Code, open Extensions and search for azure functions, or select this link in Visual Studio Code.

  2. [インストール] を選択して、Visual Studio Code に拡張機能をインストールします。Select Install to install the extension for Visual Studio Code:

    Azure Functions の拡張機能をインストールする

  3. Visual Studio Code を再起動し、アクティビティ バーの Azure アイコンを選択します。Restart Visual Studio Code and select the Azure icon on the Activity bar. サイド バーに Azure Functions 領域が表示されます。You should see an Azure Functions area in the Side Bar.

    サイド バーの Azure Functions 領域

Azure Functions プロジェクトを作成するCreate an Azure Functions project

Functions の拡張機能により、最初の関数と共に関数アプリ プロジェクトを作成できます。The Functions extension lets you create a function app project, along with your first function. 次の手順では、HTTP によってトリガーされる関数を新しい Functions プロジェクトに作成する方法を示します。The following steps show how to create an HTTP-triggered function in a new Functions project. HTTP トリガーは、実演する最も単純な関数トリガー テンプレートです。HTTP trigger is the simplest function trigger template to demonstrate.

  1. [Azure:Functions][関数の作成] アイコンを選択します。From Azure: Functions, select the Create Function icon:

    関数を作成する

  2. 関数アプリ プロジェクト用のフォルダーを選択し、次に関数プロジェクト用の言語を選択しますSelect the folder for your function app project, and then Select a language for your function project.

  3. HTTP トリガー関数テンプレートを選択するか、 [Skip for now](今はしない) を選択して、関数なしでプロジェクトを作成できます。Select the HTTP trigger function template, or you can select Skip for now to create a project without a function. 後でいつでも、プロジェクトに関数を追加できます。You can always add a function to your project later.

    HTTP トリガー テンプレートを選択する

  4. 関数名として HTTPTrigger を入力して Enter キーを選択してから、 [関数] の承認を選択します。Type HTTPTrigger for the function name and select Enter, and then select Function authorization. この承認レベルでは、関数エンドポイントを呼び出すときに関数キーを指定する必要があります。This authorization level requires you to provide a function key when you call the function endpoint.

    関数の承認を選択する

    選択した言語と、HTTP によってトリガーされる関数のテンプレートで、関数が作成されます。A function is created in your chosen language and in the template for an HTTP-triggered function.

    Visual Studio Code の HTTP によってトリガーされる関数のテンプレート

このプロジェクト テンプレートは、選択した言語でプロジェクトを作成し、必要な依存関係をインストールします。The project template creates a project in your chosen language and installs required dependencies. どの言語の場合も、新しいプロジェクトには次のファイルが含まれます。For any language, the new project has these files:

  • host.json:Functions のホストを構成できます。host.json: Lets you configure the Functions host. これらの設定は、関数をローカルで実行している場合と、Azure で実行している場合に適用されます。These settings apply when you're running functions locally and when you're running them in Azure. 詳細については、host.json のリファレンスを参照してください。For more information, see host.json reference.

  • local.settings.json:関数をローカルで実行するときに使用される設定を保持します。local.settings.json: Maintains settings used when you're running functions locally. これらの設定は、関数をローカルで実行するときにのみ使用されます。These settings are used only when you're running functions locally. 詳細については、「ローカル設定ファイル」を参照してください。For more information, see Local settings file.

    重要

    local.settings.json ファイルにはシークレットを含めることができるため、それをプロジェクト ソース管理から除外する必要があります。Because the local.settings.json file can contain secrets, you need to exclude it from your project source control.

この時点で、function.json ファイルを変更するか、パラメーターを C# クラス ライブラリ関数に追加することにより、関数に入出力バインドを追加できます。At this point, you can add input and output bindings to your function by modifying the function.json file or by adding a parameter to a C# class library function.

また、新しい関数をプロジェクトに追加することもできます。You can also add a new function to your project.

バインディング拡張機能をインストールするInstall binding extensions

HTTP トリガーとタイマー トリガーを除き、バインドは拡張機能パッケージで実装されます。Except for HTTP and timer triggers, bindings are implemented in extension packages. 拡張機能パッケージは、それらを必要とするトリガーおよびバインド用のものをインストールする必要があります。You must install the extension packages for the triggers and bindings that need them. バインドの拡張機能をインストールするプロセスは、プロジェクトの言語によって異なります。The process for installing binding extensions depends on your project's language.

バインド拡張機能をインストールする最も簡単な方法は、拡張機能のバンドルを有効にすることです。The easiest way to install binding extensions is to enable extension bundles. バンドルを有効にすると、事前定義された一連の拡張機能パッケージが自動的にインストールされます。When you enable bundles, a predefined set of extension packages is automatically installed.

拡張機能のバンドルを有効にするには、host.json ファイルを開き、その内容を次のコードに合わせて更新します。To enable extension bundles, open the host.json file and update its contents to match the following code:

{
    "version": "2.0",
    "extensionBundle": {
        "id": "Microsoft.Azure.Functions.ExtensionBundle",
        "version": "[1.*, 2.0.0)"
    }
}

プロジェクトに関数を追加するAdd a function to your project

定義済みの Functions トリガー テンプレートのいずれかを使用して、既存のプロジェクトに新しい関数を追加できます。You can add a new function to an existing project by using one of the predefined Functions trigger templates. 新しい関数トリガーを追加するには、F1 キーを押してコマンド パレットを開き、次のコマンドを探して実行します: Azure Functions: Create FunctionTo add a new function trigger, select F1 to open the command palette, and then search for and run the command Azure Functions: Create Function. プロンプトに従ってトリガーの種類を選択し、そのトリガーの必要な属性を定義します。Follow the prompts to choose your trigger type and define the required attributes of the trigger. トリガーで、サービスに接続するためのアクセス キーまたは接続文字列が必要な場合は、関数トリガーを作成する前にそれを準備しておいてください。If your trigger requires an access key or connection string to connect to a service, get it ready before you create the function trigger.

このアクションの結果は、お使いのプロジェクトの言語によって異なります。The results of this action depend on your project's language:

プロジェクト内に新しいフォルダーが作成されます。A new folder is created in the project. そのフォルダーには、新しい function.json ファイルと新しい JavaScript コード ファイルが含まれています。The folder contains a new function.json file and the new JavaScript code file.

入出力バインドを追加するAdd input and output bindings

入出力バインドを追加することで、関数を拡張できます。You can expand your function by adding input and output bindings. バインドを追加するプロセスは、プロジェクトの言語によって異なります。The process for adding bindings depends on your project's language. バインドの詳細については、「Azure Functions でのトリガーとバインドの概念」を参照してください。To learn more about bindings, see Azure Functions triggers and bindings concepts.

次の例では、outqueue という名前のストレージ キューに接続します。ここで、ストレージ アカウントの接続文字列は、local.settings.json の MyStorageConnection アプリケーション設定に指定されています。The following examples connect to a storage queue named outqueue, where the connection string for the storage account is set in the MyStorageConnection application setting in local.settings.json.

Visual Studio Code では、便利な一連のプロンプトに従って、function.json ファイルにバインドを追加できます。Visual Studio Code lets you add bindings to your function.json file by following a convenient set of prompts. バインドを作成するには、関数フォルダー内の function.json ファイルを右クリック (macOS では Ctrl を押しながらクリック) して [バインドの追加] を選択します。To create a binding, right-click (Ctrl+click on macOS) the function.json file in your function folder and select Add binding:

既存の JavaScript 関数にバインドを追加するAdd a binding to an existing JavaScript function

以下は、新しいストレージ出力バインドを定義するためのプロンプト例です。Following are example prompts to define a new storage output binding:

PromptPrompt Value 説明Description
Select binding direction (バインド方向を選択する)Select binding direction out バインドは出力バインドです。The binding is an output binding.
Select binding with direction (方向を使用してバインドを選択する)Select binding with direction Azure Queue Storage バインドは Azure Storage キュー バインドです。The binding is an Azure Storage queue binding.
コードでこのバインドの特定に使用する名前The name used to identify this binding in your code msg コードで参照されているバインド パラメーターを識別する名前。Name that identifies the binding parameter referenced in your code.
The queue to which the message will be sent (メッセージの送信先のキュー)The queue to which the message will be sent outqueue バインドが書き込むキューの名前。The name of the queue that the binding writes to. queueName が存在しない場合は、バインドによって最初に使用されるときに作成されます。When the queueName doesn't exist, the binding creates it on first use.
Select setting from "local.setting.json" ("local.setting.json" から設定を選択する)Select setting from "local.setting.json" MyStorageConnection ストレージ アカウントの接続文字列を含むアプリケーション設定の名前。The name of an application setting that contains the connection string for the storage account. AzureWebJobsStorage 設定には、関数アプリで作成したストレージ アカウントの接続文字列が含まれています。The AzureWebJobsStorage setting contains the connection string for the storage account you created with the function app.

この例では、次のバインドが function.json ファイルの bindings 配列に追加されます。In this example, the following binding is added to the bindings array in your function.json file:

{
    "type": "queue",
    "direction": "out",
    "name": "msg",
    "queueName": "outqueue",
    "connection": "MyStorageConnection"
}

また、同じバインド定義を function.json に直接追加することもできます。You can also add the same binding definition directly to your function.json.

関数コードで、msg バインドは次の例のように context からアクセスされます。In your function code, the msg binding is accessed from the context, as in this example:

context.bindings.msg = "Name passed to the function: " req.query.name;

詳細については、キュー ストレージの出力バインドの参照をご覧ください。To learn more, see the Queue storage output binding reference.

msg パラメーターは ICollector<T> 型です。これは、関数の完了時に出力バインドに書き込まれるメッセージのコレクションを表します。The msg parameter is an ICollector<T> type, which represents a collection of messages that are written to an output binding when the function completes. 1 つ以上のメッセージをコレクションに追加します。You add one or more messages to the collection. これらのメッセージは、関数の完了時にキューに送信されます。These messages are sent to the queue when the function completes.

詳細については、キュー ストレージの出力バインドに関するドキュメントをご覧ください。To learn more, see the Queue storage output binding documentation.

この表は、Azure Functions の 2 つのメジャー バージョンのランタイムでサポートされているバインディングを示しています。This table shows the bindings that are supported in the two major versions of the Azure Functions runtime:

種類Type 1.x1.x 2.x12.x1 トリガーTrigger 入力Input OutputOutput
Blob StorageBlob storage
Cosmos DBCosmos DB
Event GridEvent Grid
Event HubsEvent Hubs
HTTP と WebhookHTTP & webhooks
IoT HubIoT Hub
Microsoft Graph
Excel テーブル
Microsoft Graph
Excel tables
Microsoft Graph
OneDrive ファイル
Microsoft Graph
OneDrive files
Microsoft Graph
Outlook メール
Microsoft Graph
Outlook email
Microsoft Graph
イベント
Microsoft Graph
events
Microsoft Graph
Auth トークン
Microsoft Graph
Auth tokens
Mobile AppsMobile Apps
Notification HubsNotification Hubs
Queue StorageQueue storage
SendGridSendGrid
Service BusService Bus
SignalRSignalR
Table StorageTable storage
TimerTimer
TwilioTwilio

1 2.x では、HTTP と Timer を除くすべてのバインドを登録する必要があります。1 In 2.x, all bindings except HTTP and Timer must be registered. バインディング拡張機能を登録する」を参照してください。See Register binding extensions.

Azure に発行するPublish to Azure

Visual Studio Code を使用すると、Functions プロジェクトを Azure に直接発行できます。Visual Studio Code lets you publish your Functions project directly to Azure. このプロセスでは、Azure サブスクリプションに関数アプリと関連リソースを作成します。In the process, you create a function app and related resources in your Azure subscription. 関数アプリは、関数の実行コンテキストを提供します。The function app provides an execution context for your functions. プロジェクトがパッケージ化され、Azure サブスクリプション内の新しい関数アプリにデプロイされます。The project is packaged and deployed to the new function app in your Azure subscription.

Visual Studio Code から Azure の新しい関数アプリに発行すると、関数アプリのクイック作成パスと高度なパスの両方が提供されます。When you publish from Visual Studio Code to a new function app in Azure, you are offered both a quick function app create path and an advanced path.

Visual Studio Code から発行するときには、ZIP デプロイ テクノロジを利用できます。When you publish from Visual Studio Code, you take advantage of the Zip deploy technology.

関数アプリのクイック作成Quick function app create

[+ Create New Function App in Azure...](+ Azure で新しい関数アプリを作成する...) を選択すると、関数アプリに必要な Azure リソースの値が拡張機能によって自動的に生成されます。When you choose + Create new function app in Azure..., the extension automatically generates values for the Azure resources needed by your function app. これらの値は、選択した関数アプリ名に基づきます。These values are based on the function app name that you choose. 既定値を使ってプロジェクトを Azure の新しい関数アプリに発行する例については、Visual Studio Code のクイックスタートに関する記事を参照してください。For an example of using defaults to publish your project to a new function app in Azure, see the Visual Studio Code quickstart article.

作成したリソースに明示的な名前を指定する場合は、高度な作成パスを選択する必要があります。If you want to provide explicit names for the created resources, you must choose the advanced create path.

高度なオプションを使用して Azure の新しい関数アプリにプロジェクトを発行するPublish a project to a new function app in Azure by using advanced options

次の手順では、高度な作成オプションを使用して作成された新しい関数アプリにプロジェクトを発行します。The following steps publish your project to a new function app created with advanced create options:

  1. [Azure: Functions] 領域で、 [Deploy to Function App](関数アプリにデプロイ) アイコンを選択します。In the Azure: Functions area, select the Deploy to Function App icon.

    Function App の設定

  2. サインしていない場合は、Azure にサインインするよう求められます。If you're not signed in, you're prompted to Sign in to Azure. 無料の Azure アカウントを作成することもできます。You can also Create a free Azure account. ブラウザーからサインインしたら、Visual Studio Code に戻ります。After signing in from the browser, go back to Visual Studio Code.

  3. 複数のサブスクリプションがある場合、関数アプリのサブスクリプションを選択してから、 [+ Create New Function App in Azure... Advanced](+ Azure で新しい関数アプリを作成... 詳細) を選択します。If you have multiple subscriptions, Select a subscription for the function app, and then select + Create New Function App in Azure... Advanced. この_高度_なオプションを使用すると、Azure で作成するリソースをより細かく制御できます。This Advanced option gives you more control over the resources you create in Azure.

  4. プロンプトに従って、次の情報を入力します。Following the prompts, provide this information:

    PromptPrompt Value 説明Description
    Select function app in Azure (Azure で関数アプリを選択する)Select function app in Azure + Create New Function App in Azure (+ Azure で新しい関数アプリを作成する)Create New Function App in Azure 次のプロンプトで、新しい関数アプリを識別するグローバルに一意の名前を入力し、Enter キーを選択します。At the next prompt, type a globally unique name that identifies your new function app and then select Enter. 関数アプリ名の有効な文字は、a-z0-9- です。Valid characters for a function app name are a-z, 0-9, and -.
    Select an OS (OS を選択する)Select an OS WindowsWindows 関数アプリは Windows で実行されます。The function app runs on Windows.
    Select a hosting plan (ホスティング プランを選択する)Select a hosting plan 従量課金プランConsumption plan サーバーレス従量課金プランでのホスティングが使用されます。A serverless Consumption plan hosting is used.
    Select a runtime for your new app (新しいアプリのランタイムを選択する)Select a runtime for your new app プロジェクトの言語Your project language ランタイムは、発行するプロジェクトに一致している必要があります。The runtime must match the project that you're publishing.
    Select a resource group for new resources (新しいリソースのリソース グループを選択する)Select a resource group for new resources 新しいリソース グループの作成Create New Resource Group 次のプロンプトで、myResourceGroup のようなリソース グループ名を入力し、Enter キーを選択します。At the next prompt, type a resource group name, like myResourceGroup, and then select enter. 既存のリソース グループを選択することもできます。You can also select an existing resource group.
    Select a storage account (ストレージ アカウントを選択する)Select a storage account 新しいストレージ アカウントを作成するCreate new storage account 次のプロンプトで、関数アプリで使用する新しいストレージ アカウントのグローバルに一意の名前を入力して、Enter キーを選択します。At the next prompt, type a globally unique name for the new storage account used by your function app and then select Enter. ストレージ アカウント名の長さは 3 文字から 24 文字で、数字と小文字のみを使用できます。Storage account names must be between 3 and 24 characters long and can contain only numbers and lowercase letters. 既存のアカウントを選択することもできます。You can also select an existing account.
    Select a location for new resources (新しいリソースの場所を選択する)Select a location for new resources regionregion 自分の近く、または関数がアクセスする他のサービスの近くのリージョン内の場所を選択します。Select a location in a region near you or near other services that your functions access.

    関数アプリが作成され、展開パッケージが適用されると、通知が表示されます。A notification appears after your function app is created and the deployment package is applied. この通知の [View Output](出力の表示) を選択すると、作成済みの Azure リソースなど、作成とデプロイの結果が表示されます。Select View Output in this notification to view the creation and deployment results, including the Azure resources that you created.

プロジェクト ファイルを再発行するRepublish project files

継続的なデプロイをセットアップすると、接続されているソースの場所でソース ファイルが更新されると必ず Azure の関数アプリが更新されます。When you set up continuous deployment, your function app in Azure is updated whenever source files are updated in the connected source location. 継続的デプロイが推奨されますが、Visual Studio Code からプロジェクト ファイルの更新を再発行することもできます。We recommend continuous deployment, but you can also republish your project file updates from Visual Studio Code.

重要

既存の関数アプリに発行すると、Azure のそのアプリのコンテンツが上書きされます。Publishing to an existing function app overwrites the content of that app in Azure.

  1. Visual Studio Code で、F1 キーを選択してコマンド パレットを開きます。In Visual Studio Code, select F1 to open the command palette. コマンド パレットで、次のコマンドを探して実行します: Azure Functions: Deploy to function appIn the command palette, search for and select Azure Functions: Deploy to function app.

  2. サインしていない場合は、Azure にサインインするよう求められます。If you're not signed in, you're prompted to Sign in to Azure. ブラウザーからサインインしたら、Visual Studio Code に戻ります。After you sign in from the browser, go back to Visual Studio Code. 複数のサブスクリプションがある場合は、自分の関数アプリが含まれているサブスクリプションを選択します。If you have multiple subscriptions, Select a subscription that contains your function app.

  3. Azure で既存の関数アプリを選択します。Select your existing function app in Azure. 関数アプリ内のすべてのファイルが上書きされるという警告が表示された場合は、 [デプロイ] を選択して警告を確認して続行します。When you're warned about overwriting all files in the function app, select Deploy to acknowledge the warning and continue.

プロジェクトが再構築され、再パッケージされて、Azure にアップロードされます。The project is rebuilt, repackaged, and uploaded to Azure. 既存のプロジェクトが新しいパッケージに置き換えられて、関数アプリが再起動します。The existing project is replaced by the new package, and the function app restarts.

デプロイされた関数の URL を取得するGet the URL of the deployed function

HTTP によってトリガーされる関数を呼び出すには、関数アプリにデプロイされたときの関数の URL が必要です。To call an HTTP-triggered function, you need the URL of the function when it's deployed to your function app. この URL には、必要なすべての関数キーが含まれています。This URL includes any required function keys. デプロイした関数のこれらの URL を取得するには、拡張機能を使用できます。You can use the extension to get these URLs for your deployed functions.

  1. F1 キーを選択してコマンド パレットを開き、次のコマンドを検索して実行します: Azure Functions: Copy Function URLSelect F1 to open the command palette, and then search for and run the command Azure Functions: Copy Function URL.

  2. プロンプトに従って、Azure で関数アプリを選択し、次に、起動する特定の HTTP トリガーを選択します。Follow the prompts to select your function app in Azure and then the specific HTTP trigger that you want to invoke.

code クエリ パラメーターで渡された必要なキーとともに、関数の URL がクリップボードにコピーされます。The function URL is copied to the clipboard, along with any required keys passed by the code query parameter. HTTP ツールを使って POST 要求を送信するか、ブラウザーを使って GET 要求をリモート関数に送信します。Use an HTTP tool to submit POST requests, or a browser for GET requests to the remote function.

関数をローカルで実行するRun functions locally

Azure Functions 拡張機能を使用すると、ローカルの開発用コンピューターで Functions プロジェクトを実行できます。The Azure Functions extension lets you run a Functions project on your local development computer. ローカル ランタイムは、Azure で関数アプリをホストしているのと同じランタイムです。The local runtime is the same runtime that hosts your function app in Azure. ローカル設定は、local.settings.json ファイルから読み取られます。Local settings are read from the local.settings.json file.

プロジェクトをローカルで実行するための追加の要件Additional requirements for running a project locally

Functions プロジェクトをローカルで実行するには、これらの追加要件を満たす必要があります。To run your Functions project locally, you must meet these additional requirements:

ローカルで実行するようにプロジェクトを構成するConfigure the project to run locally

Functions ランタイムは、HTTP と Webhook を除くすべてのトリガーの種類に対して内部で Azure Storage アカウントを使用します。The Functions runtime uses an Azure Storage account internally for all trigger types other than HTTP and webhooks. したがって、Values.AzureWebJobsStorage キーを、有効な Azure Storage アカウントの接続文字列に設定する必要があります。So you need to set the Values.AzureWebJobsStorage key to a valid Azure Storage account connection string.

このセクションでは、Visual Studio Code 用の Azure Storage 拡張機能Azure Storage Explorer と共に使用して、ストレージ接続文字列の接続と取得を行います。This section uses the Azure Storage extension for Visual Studio Code with Azure Storage Explorer to connect to and retrieve the storage connection string.

ストレージ アカウントの接続文字列を設定するには、次のようにします。To set the storage account connection string:

  1. Visual Studio で Cloud Explorer を開き、 [ストレージ アカウント] > [Your Storage Account](自分のストレージ アカウント) を展開し、 [プロパティ] を選択し、 [プライマリ接続文字列] 値をコピーします。In Visual Studio, open Cloud Explorer, expand Storage Account > Your Storage Account, and then select Properties and copy the Primary Connection String value.

  2. プロジェクトで、local.settings.json ファイルを開き、コピーした接続文字列に AzureWebJobsStorage キーの値を設定します。In your project, open the local.settings.json file and set the value of the AzureWebJobsStorage key to the connection string you copied.

  3. 前の手順を繰り返し、関数に必要なその他のすべての接続について、Values 配列に一意のキーを追加します。Repeat the previous step to add unique keys to the Values array for any other connections required by your functions.

詳細については、「ローカル設定ファイル」を参照してください。For more information, see Local settings file.

関数をローカルでデバッグするDebugging functions locally

関数をデバッグするには、F5 キーを選択します。To debug your functions, select F5. Core Tools をまだダウンロードしていない場合は、そうするよう求められます。If you haven't already downloaded Core Tools, you're prompted to do so. Core Tools がインストールされて実行されると、ターミナルに出力が表示されます。When Core Tools is installed and running, output is shown in the Terminal. これは、func host start Core Tools コマンドをターミナルから実行するのと同じですが、追加のビルド タスクと、接続されたデバッガーが含まれます。This is the same as running the func host start Core Tools command from the Terminal, but with additional build tasks and an attached debugger.

プロジェクトが実行されているときは、プロジェクトを Azure にデプロイしたときと同様に関数をトリガーすることができます。When the project is running, you can trigger your functions as you would when the project is deployed to Azure. プロジェクトがデバッグ モードで実行されている場合は、予期したとおりに Visual Studio Code でブレークポイントがヒットします。When the project is running in debug mode, breakpoints are hit in Visual Studio Code, as expected.

HTTP トリガーの要求 URL がターミナルの出力に表示されます。The request URL for HTTP triggers is displayed in the output in the Terminal. プロジェクトがローカルで実行されているときは、HTTP トリガーの関数キーは使用されません。Function keys for HTTP triggers aren't used when a project is running locally. 詳細については、「Azure Functions のコードをテストするための戦略」を参照してください。For more information, see Strategies for testing your code in Azure Functions.

詳細については、「Azure Functions Core Tools の操作」を参照してください。To learn more, see Work with Azure Functions Core Tools.

ローカル設定ファイルLocal settings file

local.settings.json ファイルには、アプリの設定、接続文字列、およびローカルの開発ツールによって使用される設定が格納されます。The local.settings.json file stores app settings, connection strings, and settings used by local development tools. local.settings.json ファイル内の設定は、プロジェクトをローカルで実行している場合にのみ使用されます。Settings in the local.settings.json file are used only when you're running projects locally. ローカル設定ファイルの構造は次のとおりです。The local settings file has this structure:

{
  "IsEncrypted": false,
  "Values": {
    "FUNCTIONS_WORKER_RUNTIME": "<language worker>",
    "AzureWebJobsStorage": "<connection-string>",
    "AzureWebJobsDashboard": "<connection-string>",
    "MyBindingConnection": "<binding-connection-string>"
  },
  "Host": {
    "LocalHttpPort": 7071,
    "CORS": "*",
    "CORSCredentials": false
  },
  "ConnectionStrings": {
    "SQLConnectionString": "<sqlclient-connection-string>"
  }
}

これらの設定は、プロジェクトをローカルで実行する場合にサポートされます。These settings are supported when you run projects locally:

SettingSetting 説明Description
IsEncrypted この設定を true にすると、すべての値がローカル コンピューターのキーを使用して暗号化されます。When this setting is set to true, all values are encrypted with a local machine key. func settings コマンドと共に使用されます。Used with func settings commands. 既定値は false です。Default value is false.
Values プロジェクトをローカルで実行するときに使用されるアプリケーション設定と接続文字列の配列です。Array of application settings and connection strings used when a project is running locally. これらのキーと値 (文字列と文字列) のペアは、AzureWebJobsStorage など、Azure 内の関数アプリでのアプリケーション設定に対応します。These key-value (string-string) pairs correspond to application settings in your function app in Azure, like AzureWebJobsStorage. 多くのトリガーおよびバインドには、BLOB ストレージ トリガーConnection など、接続文字列アプリ設定を参照するプロパティがあります。Many triggers and bindings have a property that refers to a connection string app setting, like Connection for the Blob storage trigger. これらのプロパティでは、Values 配列にアプリケーション設定を定義する必要があります。For these properties, you need an application setting defined in the Values array.
AzureWebJobsStorage は、HTTP 以外のトリガーに必要なアプリ設定です。AzureWebJobsStorage is a required app setting for triggers other than HTTP.
Functions ランタイムのバージョン 2.x には、[FUNCTIONS_WORKER_RUNTIME] 設定が必要です。これは、Core Tools によってご自分のプロジェクトのために生成されます。Version 2.x of the Functions runtime requires the [FUNCTIONS_WORKER_RUNTIME] setting, which is generated for your project by Core Tools.
Azure ストレージ エミュレーターがローカルにインストールされ、AzureWebJobsStorageUseDevelopmentStorage=true に設定すると、Core Tools ではエミュレーターが使用されます。When you have the Azure storage emulator installed locally and you set AzureWebJobsStorage to UseDevelopmentStorage=true, Core Tools uses the emulator. エミュレーターは開発中には便利ですが、デプロイする前に実際のストレージに接続してテストする必要があります。The emulator is useful during development, but you should test with an actual storage connection before deployment.
値は、JSON オブジェクトまたは配列ではなく文字列である必要があります。Values must be strings and not JSON objects or arrays. 設定名には、コロン (:)、2 つの連続する下線 (__) を含めることはできません。Setting names can't include a colon (:) or a double underline (__). これらの文字はランタイムで予約されています。These characters are reserved by the runtime.
Host このセクションの設定により、ローカルでプロジェクトを実行するときの Functions ホスト プロセスをカスタマイズできます。Settings in this section customize the Functions host process when you run projects locally. これらの設定は、Azure でプロジェクトを実行するときにも適用される、host.json 設定とは別のものです。These settings are separate from the host.json settings, which also apply when you run projects in Azure.
LocalHttpPort ローカルの Functions ホストの実行時に使用される既定のポートを設定します (func host startfunc run)。Sets the default port used when running the local Functions host (func host start and func run). --port コマンド ライン オプションは、この設定より優先されます。The --port command-line option takes precedence over this setting.
CORS クロス オリジン リソース共有 (CORS) で許可されるオリジンを定義します。Defines the origins allowed for cross-origin resource sharing (CORS). スペースなしのコンマ区切りのリストでオリジンを指定します。Origins are supplied as a comma-separated list with no spaces. ワイルドカード値 (*) がサポートされており、これによって任意のオリジンからの要求を許可できます。The wildcard value (*) is supported, which allows requests from any origin.
CORSCredentials true に設定すると、withCredentials 要求が許可されます。When set to true, allows withCredentials requests.
ConnectionStrings コレクションです。A collection. 関数のバインディングで使用される接続文字列にこのコレクションを使用しないでください。Don't use this collection for the connection strings used by your function bindings. このコレクションは、Entity Framework など、構成ファイルの ConnectionStrings セクションから接続文字列を取得するのが一般的なフレームワークでのみ使用されます。This collection is used only by frameworks that typically get connection strings from the ConnectionStrings section of a configuration file, like Entity Framework. このオブジェクト内の接続文字列は、System.Data.SqlClient のプロバイダーの種類と共に、環境に追加されます。Connection strings in this object are added to the environment with the provider type of System.Data.SqlClient. 他のアプリ設定では、このコレクション内の項目は Azure に発行されません。Items in this collection aren't published to Azure with other app settings. ご自分の関数アプリの設定の Connection strings コレクションに、これらの値を明示的に追加する必要があります。You must explicitly add these values to the Connection strings collection of your function app settings. 関数コードで SqlConnection を作成する場合は、接続文字列の値を他の接続と共に、ポータル内のアプリケーション設定に格納する必要があります。If you're creating a SqlConnection in your function code, you should store the connection string value with your other connections in Application Settings in the portal.

既定では、プロジェクトが Azure に発行されても、これらの設定は自動的に移行されません。By default, these settings aren't migrated automatically when the project is published to Azure. 発行が完了すると、local.settings.json から Azure の関数アプリに設定を発行するオプションが提供されます。After publishing finishes, you're given the option of publishing settings from local.settings.json to your function app in Azure. 詳細については、「アプリケーション設定を発行する」を参照してください。To learn more, see Publish application settings.

ConnectionStrings 内の値は発行されません。Values in ConnectionStrings are never published.

関数アプリケーションの設定値は、コード内で環境変数として読み取ることもできます。The function application settings values can also be read in your code as environment variables. 詳細については、これらの言語固有のリファレンス記事の「環境変数」のセクションを参照してください。For more information, see the Environment variables sections of these language-specific reference articles:

Azure のアプリケーション設定Application settings in Azure

プロジェクトでの local.settings.json ファイルの設定は、Azure の関数アプリのアプリケーション設定と同じである必要があります。The settings in the local.settings.json file in your project should be the same as the application settings in the function app in Azure. local.settings.json に追加したすべての設定は、Azure の関数アプリにも追加する必要があります。Any settings you add to local.settings.json must also be added to the function app in Azure. プロジェクトを発行するときに、これらの設定は自動的にアップロードされません。These settings aren't uploaded automatically when you publish the project. 同様に、ポータル内の関数アプリで作成する設定はすべて、ローカル プロジェクトにダウンロードする必要があります。Likewise, any settings that you create in your function app in the portal must be downloaded to your local project.

アプリケーション設定を発行するPublish application settings

Azure の関数アプリに必要な設定を発行する最も簡単な方法は、プロジェクトが発行された後に表示される [Upload settings](設定のアップロード) リンクを使用することです。The easiest way to publish the required settings to your function app in Azure is to use the Upload settings link that appears after you publish your project:

アプリケーション設定をアップロードする

設定を発行するには、Azure Functions: Upload Local Setting コマンド (コマンド パレット) を使用することもできます。You can also publish settings by using the Azure Functions: Upload Local Setting command in the command palette. Azure のアプリケーション設定に個々の設定を追加するには、Azure Functions: Add New Setting コマンドを使用します。You can add individual settings to application settings in Azure by using the Azure Functions: Add New Setting command.

ヒント

発行する前に local.settings.json ファイルを必ず保存してください。Be sure to save your local.settings.json file before you publish it.

ローカル ファイルが暗号化されている場合は、復号化され、発行されて、再び暗号化されます。If the local file is encrypted, it's decrypted, published, and encrypted again. 2 つの場所で値が競合する設定がある場合は、続行する方法を選択するように求められます。If there are settings that have conflicting values in the two locations, you're prompted to choose how to proceed.

既存のアプリ設定を Azure: Functions 領域で表示するには、サブスクリプション、関数アプリ、 [アプリケーションの設定] を展開します。View existing app settings in the Azure: Functions area by expanding your subscription, your function app, and Application Settings.

Visual Studio Code で関数アプリの設定を表示する

Azure から設定をダウンロードするDownload settings from Azure

Azure でアプリケーション設定を作成した場合は、次のコマンドを使用してそれらを local.settings.json ファイルにダウンロードできます: [Azure Functions: リモート設定のダウンロード] コマンドを選択することもできます。If you've created application settings in Azure, you can download them into your local.settings.json file by using the Azure Functions: Download Remote Settings command.

アップロードと同様に、ローカル ファイルが暗号化されている場合は、復号化され、更新されて、再び暗号化されます。As with uploading, if the local file is encrypted, it's decrypted, updated, and encrypted again. 2 つの場所で値が競合する設定がある場合は、続行する方法を選択するように求められます。If there are settings that have conflicting values in the two locations, you're prompted to choose how to proceed.

関数の監視Monitoring functions

関数をローカルで実行しているときは、ログ データがターミナル コンソールにストリーミングされます。When you run functions locally, log data is streamed to the Terminal console. また、Functions プロジェクトが Azure の関数アプリで実行されているときにもログ データを取得できます。You can also get log data when your Functions project is running in a function app in Azure. Azure のストリーミング ログに接続してほぼリアルタイムのログ データを表示するか、関数アプリの動作をより完全に把握するために Application Insights を有効にすることができます。You can either connect to streaming logs in Azure to see near-real-time log data, or you can enable Application Insights for a more complete understanding of how your function app is behaving.

ストリーミング ログStreaming logs

アプリケーションを開発しているとき、ログ情報をほぼリアルタイムで参照すると役立つことがよくあります。When you're developing an application, it's often useful to see logging information in near-real time. 関数によって生成されているログ ファイルのストリームを表示できます。You can view a stream of log files being generated by your functions. この出力は、HTTP によってトリガーされた関数への要求のストリーミング ログの例です。This output is an example of streaming logs for a request to an HTTP-triggered function:

HTTP トリガーのストリーミング ログ出力

詳細については、「ストリーミング ログ」を参照してください。To learn more, see Streaming logs.

Azure で関数アプリのストリーミング ログを有効にするには:To turn on the streaming logs for your function app in Azure:

  1. F1 キーを選択してコマンド パレットを開き、次のコマンドを検索して実行します: Azure Functions: Start Streaming LogsSelect F1 to open the command palette, and then search for and run the command Azure Functions: Start Streaming Logs.

  2. Azure で関数アプリを選択してから、 [はい] を選択して関数アプリのアプリケーションのログ記録を有効にします。Select your function app in Azure, and then select Yes to enable application logging for the function app.

  3. Azure で関数をトリガーします。Trigger your functions in Azure. ログ データが Visual Studio Code の [出力] ウィンドウに表示されていることがわかります。Notice that log data is displayed in the Output window in Visual Studio Code.

  4. 完了したら、忘れずにコマンド Azure Functions: Stop Streaming Logs を実行して、関数アプリのログを無効にしてください。When you're done, remember to run the command Azure Functions: Stop Streaming Logs to disable logging for the function app.

注意

ストリーミング ログでは、Functions ホストの 1 つのインスタンスしかサポートされません。Streaming logs support only a single instance of the Functions host. 関数が複数のインスタンスにスケール調整されている場合、他のインスタンスからのデータはログ ストリームに表示されません。When your function is scaled to multiple instances, data from other instances isn't shown in the log stream. Application Insights の Live Metrics Stream では、複数のインスタンスがサポートされます。Live Metrics Stream in Application Insights does support multiple instances. これもほぼリアルタイムですが、ストリーミング分析はサンプリングされたデータに基づいています。While also in near-real time, streaming analytics is based on sampled data.

Application InsightsApplication Insights

関数アプリを Application Insights と統合することによって、関数の実行を監視することをお勧めします。We recommend that you monitor the execution of your functions by integrating your function app with Application Insights. Azure portal で関数アプリを作成する場合、この統合は、既定で行われます。When you create a function app in the Azure portal, this integration occurs by default. Visual Studio の発行中に関数アプリを作成する場合は、Application Insights を自分で統合する必要があります。When you create your function app during Visual Studio publishing, you need to integrate Application Insights yourself.

Functions を使用すると、Azure portal から関数アプリに Application Insights 統合を簡単に追加できます。Functions makes it easy to add Application Insights integration to a function app from the Azure portal.

  1. ポータル で、 [すべてのサービス] > [Function App] を選択し、関数アプリを選択してから、ウィンドウの上部にある Application Insights バナーを選択しますIn the portal, select All services > Function Apps, select your function app, and then select the Application Insights banner at the top of the window

    ポータルから Application Insights を有効にする

  2. 画像の下の表に指定されている設定を使用して、Application Insights リソースを作成します。Create an Application Insights resource by using the settings specified in the table below the image.

    Application Insights リソースの作成

    SettingSetting 推奨値Suggested value DescriptionDescription
    NameName 一意のアプリ名Unique app name 関数アプリと同じ名前を使用するのが最も簡単です。この名前は、サブスクリプション内で一意である必要があります。It's easiest to use the same name as your function app, which must be unique in your subscription.
    LocationLocation 西ヨーロッパWest Europe 可能であれば、お使いの関数アプリと同じリージョン、または近隣のリージョンを使用してください。If possible, use the same region as your function app, or one that's close to that region.
  3. [OK] を選択します。Select OK. Application Insights リソースは、関数アプリと同じリソース グループおよびサブスクリプションに作成されます。The Application Insights resource is created in the same resource group and subscription as your function app. リソースが作成されたら、Application Insights ウィンドウを閉じます。After the resource is created, close the Application Insights window.

  4. 対象の関数アプリに戻り、 [アプリケーション設定] を選択し、 [アプリケーション設定] まで下にスクロールします。Back in your function app, select Application settings, and then scroll down to Application settings. APPINSIGHTS_INSTRUMENTATIONKEY という設定が表示された場合は、Azure で実行されている関数アプリに対して Application Insights 統合が有効になっています。If you see a setting named APPINSIGHTS_INSTRUMENTATIONKEY, Application Insights integration is enabled for your function app running in Azure.

詳細については、「Azure Functions を監視する」を参照してください。To learn more, see Monitor Azure Functions.

C# スクリプト プロジェクトC# script projects

既定では、すべての C# プロジェクトは C# コンパイル済みクラス ライブラリ プロジェクトとして作成されます。By default, all C# projects are created as C# compiled class library projects. 代わりに C# スクリプト プロジェクトを操作したい場合は、Azure Functions 拡張機能設定で、既定言語として C# スクリプトを選択する必要があります。If you prefer to work with C# script projects instead, you must select C# script as the default language in the Azure Functions extension settings:

  1. [ファイル] > [Preferences](ユーザー設定) > [設定] を選択します。Select File > Preferences > Settings.

  2. [ユーザー設定] > [拡張機能] > [Azure Functions] にアクセスします。Go to User Settings > Extensions > Azure Functions.

  3. C#ScriptAzure Function: Project Language から選択します。Select C#Script from Azure Function: Project Language.

これらの手順を完了した後、基盤となる Core Tools への呼び出しには、C# スクリプト (.csx) プロジェクト ファイルを生成して発行する --csx オプションが含まれます。After you complete these steps, calls made to the underlying Core Tools include the --csx option, which generates and publishes C# script (.csx) project files. この既定の言語を指定すると、作成するすべてのプロジェクトは既定で C# スクリプト プロジェクトになります。When you have this default language specified, all projects that you create default to C# script projects. 既定が設定されているときは、プロジェクト言語を選択するよう求められません。You're not prompted to choose a project language when a default is set. 他の言語でプロジェクトを作成するには、この設定を変更するか、ユーザーの settings.json ファイルから削除する必要があります。To create projects in other languages, you must change this setting or remove it from the user settings.json file. この設定を削除すると、プロジェクトを作成するときに、言語を選択するよう再び求められます。After you remove this setting, you're again prompted to choose your language when you create a project.

コマンド パレットのリファレンスCommand palette reference

Azure Functions 拡張機能には、Azure の関数アプリと対話するための領域に便利なグラフィカル インターフェイスが用意されています。The Azure Functions extension provides a useful graphical interface in the area for interacting with your function apps in Azure. 同じ機能が、コマンド パレット (F1) のコマンドとしても使用できます。The same functionality is also available as commands in the command palette (F1). これらの Azure Functions コマンドを使用できます。These Azure Functions commands are available:

Azure Functions のコマンドAzure Functions command 説明Description
Add New SettingsAdd New Settings Azure に新しいアプリケーション設定を作成します。Creates a new application setting in Azure. 詳細については、「アプリケーション設定を発行する」を参照してください。To learn more, see Publish application settings. また、この設定をローカル設定にダウンロードする必要がある場合もあります。You might also need to download this setting to your local settings.
Configure Deployment SourceConfigure Deployment Source Azure の関数アプリをローカル Git リポジトリに接続します。Connects your function app in Azure to a local Git repository. 詳細については、「Azure Functions の継続的なデプロイ」をご覧ください。To learn more, see Continuous deployment for Azure Functions.
Connect to GitHub RepositoryConnect to GitHub Repository 関数アプリを GitHub リポジトリに接続します。Connects your function app to a GitHub repository.
Copy Function URLCopy Function URL Azure で実行されている、HTTP によってトリガーされる関数のリモート URL を取得します。Gets the remote URL of an HTTP-triggered function that's running in Azure. 詳細については、デプロイされた関数の URL を取得することに関するセクションを参照してください。To learn more, see Get the URL of the deployed function.
Create function app in AzureCreate function app in Azure Azure のサブスクリプションに新しいアプリを作成します。Creates a new function app in your subscription in Azure. 詳細については、Azure で新しい関数アプリを発行する方法に関するセクションを参照してください。To learn more, see the section on how to publish to a new function app in Azure.
Decrypt SettingsDecrypt Settings ローカル設定を復号化します。これは、Azure Functions: Encrypt Settings によって暗号化されています。Decrypts local settings that have been encrypted by Azure Functions: Encrypt Settings.
Delete Function AppDelete Function App Azure のサブスクリプションから関数アプリを削除します。Removes a function app from your subscription in Azure. App Service プランに他のアプリがない場合は、それも削除することを選択できます。When there are no other apps in the App Service plan, you're given the option to delete that too. ストレージ アカウントやリソース グループなどの他のリソースは削除されません。Other resources, like storage accounts and resource groups, aren't deleted. すべてのリソースを削除するには、代わりにリソース グループを削除してください。To remove all resources, you should instead delete the resource group. ローカル プロジェクトには影響はありません。Your local project isn't affected.
Delete FunctionDelete Function Azure の関数アプリから既存の関数を削除します。Removes an existing function from a function app in Azure. この削除はローカル プロジェクトに影響を与えないため、代わりに、関数をローカルで削除してから、プロジェクトを再発行することを検討してください。Because this deletion doesn't affect your local project, instead consider removing the function locally and then republishing your project.
Delete ProxyDelete Proxy Azure の関数アプリから Azure Functions プロキシを削除します。Removes an Azure Functions proxy from your function app in Azure. プロキシについて詳しくは、「Azure Functions プロキシの操作」をご覧ください。To learn more about proxies, see Work with Azure Functions Proxies.
Delete SettingDelete Setting Azure の関数アプリの設定を削除します。Deletes a function app setting in Azure. この削除は、local.settings.json ファイルの設定には影響を与えません。This deletion doesn't affect settings in your local.settings.json file.
Disconnect from RepoDisconnect from Repo Azure の関数アプリとソース管理リポジトリの間の継続的デプロイ接続を削除します。Removes the continuous deployment connection between a function app in Azure and a source control repository.
Download Remote SettingsDownload Remote Settings Azure の選択した関数アプリから local.settings.json ファイルに設定をダウンロードします。Downloads settings from the chosen function app in Azure into your local.settings.json file. ローカル ファイルが暗号化されている場合は、復号化され、更新されて、再び暗号化されます。If the local file is encrypted, it's decrypted, updated, and encrypted again. 2 つの場所で値が競合する設定がある場合は、続行する方法を選択するように求められます。If there are settings that have conflicting values in the two locations, you're prompted to choose how to proceed. このコマンドを実行する前に local.settings.json ファイルに変更を必ず保存してください。Be sure to save changes to your local.settings.json file before you run this command.
Edit settingsEdit settings Azure の既存の関数アプリ設定の値を変更します。Changes the value of an existing function app setting in Azure. このコマンドは、local.settings.json ファイルの設定に影響を与えません。This command doesn't affect settings in your local.settings.json file.
Encrypt settingsEncrypt settings ローカル設定Values 配列の個別の項目を暗号化します。Encrypts individual items in the Values array in the local settings. このファイルでは、IsEncryptedtrue に設定されます。これは、ローカル ランタイムが設定を使用する前に復号化することを指定します。In this file, IsEncrypted is also set to true, which specifies that the local runtime will decrypt settings before using them. 貴重な情報が漏洩するリスクを減らすために、ローカル設定を暗号化します。Encrypt local settings to reduce the risk of leaking valuable information. Azure では、アプリケーション設定は常に、暗号化されて格納されます。In Azure, application settings are always stored encrypted.
Execute Function NowExecute Function Now Azure でタイマーによってトリガーされる関数を手動で開始します。Manually starts a timer-triggered function in Azure. このコマンドはテストに使用されます。This command is used for testing. Azure での HTTP 以外の関数のトリガーついては、「HTTP によってトリガーされない関数を手動で実行する」をご覧ください。To learn more about triggering non-HTTP functions in Azure, see Manually run a non HTTP-triggered function.
Initialize Project for Use with VS CodeInitialize Project for Use with VS Code 必要な Visual Studio Code プロジェクト ファイルを既存の Functions プロジェクトに追加します。Adds the required Visual Studio Code project files to an existing Functions project. このコマンドは、Core Tools を使用して作成したプロジェクトを操作するために使用します。Use this command to work with a project that you created by using Core Tools.
Install or Update Azure Functions Core ToolsInstall or Update Azure Functions Core Tools ローカルで関数を実行するために使用される Azure Functions Core Tools をインストールまたは更新します。Installs or updates Azure Functions Core Tools, which is used to run functions locally.
RedeployRedeploy 接続された Git リポジトリから Azure の特定のデプロイにプロジェクト ファイルを再デプロイできます。Lets you redeploy project files from a connected Git repository to a specific deployment in Azure. Visual Studio Code からローカル更新を再発行するには、プロジェクトを再発行します。To republish local updates from Visual Studio Code, republish your project.
Rename SettingsRename Settings Azure の既存の関数アプリ設定のキー名を変更します。Changes the key name of an existing function app setting in Azure. このコマンドは、local.settings.json ファイルの設定に影響を与えません。This command doesn't affect settings in your local.settings.json file. Azure で設定の名前を変更したら、それらの変更をローカル プロジェクトにダウンロードする必要があります。After you rename settings in Azure, you should download those changes to the local project.
RestartRestart Azure で関数アプリを再起動します。Restarts the function app in Azure. 更新をデプロイしても関数アプリが再起動されます。Deploying updates also restarts the function app.
Set AzureWebJobsStorageSet AzureWebJobsStorage AzureWebJobsStorage アプリケーション設定の値を設定します。Sets the value of the AzureWebJobsStorage application setting. この設定は、Azure Functions によって必要になります。This setting is required by Azure Functions. これは、Azure で関数アプリが作成されるときに設定されます。It's set when a function app is created in Azure.
StartStart Azure の停止された関数アプリを起動します。Starts a stopped function app in Azure.
Start Streaming LogsStart Streaming Logs Azure の関数アプリのストリーミング ログを開始します。Starts the streaming logs for the function app in Azure. ロギング情報をほぼリアルタイムで確認する必要がある場合は、Azure でのリモート トラブルシューティング中にストリーミング ログを使用します。Use streaming logs during remote troubleshooting in Azure if you need to see logging information in near-real time. 詳細については、「ストリーミング ログ」を参照してください。To learn more, see Streaming logs.
StopStop Azure で実行されている関数アプリを停止します。Stops a function app that's running in Azure.
Stop Streaming LogsStop Streaming Logs Azure の関数アプリのストリーミング ログを停止します。Stops the streaming logs for the function app in Azure.
Toggle as Slot SettingToggle as Slot Setting 有効になっている場合は、指定したデプロイ スロットに対してアプリケーション設定が保持されるようにします。When enabled, ensures that an application setting persists for a given deployment slot.
Uninstall Azure Functions Core ToolsUninstall Azure Functions Core Tools 拡張機能に必要な Azure Functions Core Tools を削除します。Removes Azure Functions Core Tools, which is required by the extension.
Upload Local SettingsUpload Local Settings local.settings.json ファイルから、選択した Azure の関数アプリに設定をアップロードします。Uploads settings from your local.settings.json file to the chosen function app in Azure. ローカル ファイルが暗号化されている場合は、復号化され、アップロードされて、再び暗号化されます。If the local file is encrypted, it's decrypted, uploaded, and encrypted again. 2 つの場所で値が競合する設定がある場合は、続行する方法を選択するように求められます。If there are settings that have conflicting values in the two locations, you're prompted to choose how to proceed. このコマンドを実行する前に local.settings.json ファイルに変更を必ず保存してください。Be sure to save changes to your local.settings.json file before you run this command.
View Commit in GitHubView Commit in GitHub 関数アプリがリポジトリに接続されているとき、特定のデプロイでの最新のコミットを表示します。Shows you the latest commit in a specific deployment when your function app is connected to a repository.
View Deployment LogsView Deployment Logs Azure の関数アプリへの具体的なデプロイ用のログを表示します。Shows you the logs for a specific deployment to the function app in Azure.

次の手順Next steps

Azure Functions Core Tools の詳細については、「Azure Functions Core Tools の操作」を参照してください。To learn more about Azure Functions Core Tools, see Work with Azure Functions Core Tools.

.NET クラス ライブラリとしての関数の開発の詳細については、「Azure Functions C# developer reference (Azure Functions C# 開発者向けリファレンス)」を参照してください。To learn more about developing functions as .NET class libraries, see Azure Functions C# developer reference. この記事は、Azure Functions でサポートされる各種バインドを宣言するための属性の使用例へのリンクも提供しています。This article also provides links to examples of how to use attributes to declare the various types of bindings supported by Azure Functions.