Azure Storage アカウントの作成Create an Azure Storage account

Azure ストレージ アカウントには、すべての Azure Storage データ オブジェクト (BLOB、ファイル、キュー、テーブル、およびディスク) が含まれます。An Azure storage account contains all of your Azure Storage data objects: blobs, files, queues, tables, and disks. ストレージ アカウントでは、世界中のどこからでも HTTP または HTTPS 経由でアクセスできる Azure Storage データ用の一意の名前空間が提供されます。The storage account provides a unique namespace for your Azure Storage data that is accessible from anywhere in the world over HTTP or HTTPS. Azure ストレージ アカウント内のデータは、持続性があり、高可用性で、セキュリティ保護されており、非常にスケーラブルです。Data in your Azure storage account is durable and highly available, secure, and massively scalable.

このハウツー記事では、Azure portalAzure PowerShellAzure CLI、または Azure Resource Manager テンプレートを使ってストレージ アカウントを作成する方法を説明します。In this how-to article, you learn to create a storage account using the Azure portal, Azure PowerShell, Azure CLI, or an Azure Resource Manager template.

注意

この記事は、新しい Azure PowerShell Az モジュールを使用するために更新されました。This article has been updated to use the new Azure PowerShell Az module. AzureRM モジュールはまだ使用でき、少なくとも 2020 年 12 月までは引き続きバグ修正が行われます。You can still use the AzureRM module, which will continue to receive bug fixes until at least December 2020. Az モジュールと AzureRM の互換性の詳細については、「Introducing the new Azure PowerShell Az module (新しい Azure PowerShell Az モジュールの概要)」を参照してください。To learn more about the new Az module and AzureRM compatibility, see Introducing the new Azure PowerShell Az module. Az モジュールのインストール手順については、Azure PowerShell のインストールを参照してください。For Az module installation instructions, see Install Azure PowerShell.

前提条件Prerequisites

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に 無料アカウント を作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

[なし] :None.

Azure へのサインインSign in to Azure

Azure portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

ストレージ アカウントの作成Create a storage account

これで、ストレージ アカウントを作成する準備ができました。Now you are ready to create a storage account.

すべてのストレージ アカウントは、Azure リソース グループに属している必要があります。Every storage account must belong to an Azure resource group. リソース グループは、Azure サービスをグループ化するための論理コンテナーです。A resource group is a logical container for grouping your Azure services. ストレージ アカウントを作成するときに、新しいリソース グループを作成するか、既存のリソース グループを使用するかを選択できます。When you create a storage account, you have the option to either create a new resource group, or use an existing resource group. この記事では、新しいリソース グループを作成する方法を示します。This article shows how to create a new resource group.

汎用 v2 ストレージ アカウントでは、すべての Azure Storage サービス (BLOB、ファイル、キュー、テーブル、ディスク) へのアクセスが提供されます。A general-purpose v2 storage account provides access to all of the Azure Storage services: blobs, files, queues, tables, and disks. ここで説明する手順では汎用 v2 ストレージ アカウントを作成しますが、作成手順はどの種類のストレージ アカウントでも似ています。The steps outlined here create a general-purpose v2 storage account, but the steps to create any type of storage account are similar.

Azure Portal で汎用 v2 ストレージ アカウントを作成するには、次の手順に従います。To create a general-purpose v2 storage account in the Azure portal, follow these steps:

  1. Azure portal のメニューで [すべてのサービス] を選択します。On the Azure portal menu, select All services. リソースの一覧で「ストレージ アカウント」と入力します。In the list of resources, type Storage Accounts. 入力を始めると、入力内容に基づいて、一覧がフィルター処理されます。As you begin typing, the list filters based on your input. [ストレージ アカウント] を選択します。Select Storage Accounts.

  2. 表示された [ストレージ アカウント] ウィンドウで [追加] を選択します。On the Storage Accounts window that appears, choose Add.

  3. ストレージ アカウントを作成するサブスクリプションを選択します。Select the subscription in which to create the storage account.

  4. [リソース グループ] フィールドの下の [新規作成] を選択します。Under the Resource group field, select Create new. 次の図のように、新しいリソース グループの名前を入力します。Enter a name for your new resource group, as shown in the following image.

    ポータルでリソース グループを作成する方法を示すスクリーンショット

  5. 次に、ストレージ アカウントの名前を入力します。Next, enter a name for your storage account. 選択する名前は Azure 全体で一意である必要があります。The name you choose must be unique across Azure. また、名前の長さは 3 から 24 文字とし、数字と小文字のみを使用できます。The name also must be between 3 and 24 characters in length, and can include numbers and lowercase letters only.

  6. ストレージ アカウントの場所を選択するか、または既定の場所を使います。Select a location for your storage account, or use the default location.

  7. 以下のフィールドは既定値に設定されたままにします。Leave these fields set to their default values:

    フィールドField Value
    デプロイメント モデルDeployment model リソース マネージャーResource Manager
    パフォーマンスPerformance StandardStandard
    アカウントの種類Account kind StorageV2 (汎用 v2)StorageV2 (general-purpose v2)
    レプリケーションReplication 読み取りアクセス geo 冗長ストレージ (RA-GRS)Read-access geo-redundant storage (RA-GRS)
    アクセス層Access tier ホットHot
  8. Azure Data Lake Storage を使用する予定がある場合は、 [Advanced](詳細) タブを選択し、 [階層型名前空間][Enabled](有効) に設定します。If you plan to use Azure Data Lake Storage, choose the Advanced tab, and then set Hierarchical namespace to Enabled.

  9. [確認および作成] を選択して、ストレージ アカウントの設定を確認し、アカウントを作成します。Select Review + Create to review your storage account settings and create the account.

  10. 作成 を選択します。Select Create.

ストレージ アカウントの種類およびその他のストレージ アカウントの設定について詳しくは、「Azure ストレージ アカウントの概要」をご覧ください。For more information about types of storage accounts and other storage account settings, see Azure storage account overview. リソース グループの詳細については、「Azure Resource Manager の概要」をご覧ください。For more information on resource groups, see Azure Resource Manager overview.

利用可能なレプリケーション オプションの詳細については、ストレージのレプリケーション オプションに関するページを参照してください。For more information about available replication options, see Storage replication options.

ストレージ アカウントを削除するDelete a storage account

ストレージ アカウントを削除すると、アカウント内のすべてのデータを含むアカウント全体が削除され、元に戻すことができなくなります。Deleting a storage account deletes the entire account, including all data in the account, and cannot be undone.

  1. Azure portal でストレージ アカウントに移動します。Navigate to the storage account in the Azure portal.
  2. [削除] をクリックします。Click Delete.

また、リソース グループを削除して、ストレージ アカウントとそのリソース グループ内の他のリソースを削除することもできます。Alternately, you can delete the resource group, which deletes the storage account and any other resources in that resource group. リソース グループの削除の詳細については、リソース グループの削除に関するページを参照してください。For more information about deleting a resource group, see Delete resource group and resources.

警告

削除したストレージ アカウントを復元することも、削除前にアカウントに含まれていたコンテンツを取得することもできません。It's not possible to restore a deleted storage account or retrieve any of the content that it contained before deletion. アカウントを削除する前に、保存する必要のあるデータを必ずバックアップしてください。Be sure to back up anything you want to save before you delete the account. これはアカウントのどのリソースにも当てはまります。BLOB、テーブル、キュー、またはファイルを削除すると、完全に削除されます。This also holds true for any resources in the account—once you delete a blob, table, queue, or file, it is permanently deleted.

Azure 仮想マシンに関連付けられているストレージ アカウントを削除しようとすると、まだ使用しているストレージ アカウントに関するエラー メッセージが表示されることがあります。If you try to delete a storage account associated with an Azure virtual machine, you may get an error about the storage account still being in use. このエラーのトラブルシューティングについては、ストレージ アカウントを削除する際のエラーのトラブルシューティングに関するページを参照してください。For help troubleshooting this error, see Troubleshoot errors when you delete storage accounts.

次のステップNext steps

このハウツー記事では、汎用 v2 標準ストレージ アカウントを作成しました。In this how-to article, you've created a general-purpose v2 standard storage account. ストレージ アカウントとの間で BLOB をアップロードおよびダウンロードする方法を学習するには、Blob Storage のクイックスタートのいずれかに進みます。To learn how to upload and download blobs to and from your storage account, continue to one of the Blob storage quickstarts.