Azure Resource Manager のリソース グループとリソースの削除Azure Resource Manager resource group and resource deletion

この記事では、リソース グループとリソースを削除する方法について示します。This article shows how to delete resource groups and resources. ここでは、リソース グループを削除するときに、Azure Resource Manager によってリソースの削除がどのように並べ替えられるかについて説明します。It describes how Azure Resource Manager orders the deletion of resources when you delete a resource group.

削除の順序が決定される方法How order of deletion is determined

リソース グループを削除する際に、Resource Manager によってリソースを削除する順序が決定されます。When you delete a resource group, Resource Manager determines the order to delete resources. 次の順序が使用されます。It uses the following order:

  1. すべての子 (入れ子) リソースが削除されます。All the child (nested) resources are deleted.

  2. 次に、他のリソースを管理するリソースが削除されます。Resources that manage other resources are deleted next. リソースには、別のリソースによって管理されていることを示す managedBy プロパティが設定されている場合があります。A resource can have the managedBy property set to indicate that a different resource manages it. このプロパティが設定されている場合、他のリソースを管理しているリソースは、その管理対象リソースより前に削除されます。When this property is set, the resource that manages the other resource is deleted before the other resources.

  3. 残りのリソースは、前の 2 つのカテゴリより後に削除されます。The remaining resources are deleted after the previous two categories.

順序が決定された後、Resource Manager によって、各リソースに対して DELETE 操作が発行されます。After the order is determined, Resource Manager issues a DELETE operation for each resource. 先に進む前に、すべての依存関係が完了するまで待ちます。It waits for any dependencies to finish before proceeding.

同期操作の場合、期待される正常な応答コードは次のとおりです。For synchronous operations, the expected successful response codes are:

  • 200200
  • 204204
  • 404404

非同期操作の場合、期待される正常な応答は 202 です。For asynchronous operations, the expected successful response is 202. Resource Manager では、location ヘッダーまたは azure-async 操作ヘッダーが追跡されて、非同期の削除操作の状態が確認されます。Resource Manager tracks the location header or the azure-async operation header to determine the status of the asynchronous delete operation.

削除エラーDeletion errors

削除操作からエラーが返された場合、Resource Manager によって DELETE 呼び出しが再試行されます。When a delete operation returns an error, Resource Manager retries the DELETE call. 再試行は、5xx、429、408 の状態コードに対して行われます。Retries happen for the 5xx, 429 and 408 status codes. 既定では、再試行の間隔は 15 分です。By default, the time period for retry is 15 minutes.

削除後After deletion

Resource Manager では、削除が試行されるリソースごとに GET 呼び出しが発行されます。Resource Manager issues a GET call on each resource that it tried to delete. この GET 呼び出しの応答として、404 が期待されます。The response of this GET call is expected to be 404. Resource Manager が 404 を受け取った場合は、削除が正常に完了したと見なされます。When Resource Manager gets a 404, it considers the deletion to have completed successfully. Resource Manager によって、そのキャッシュからリソースが削除されます。Resource Manager removes the resource from its cache.

一方、リソースに対する GET 呼び出しで 200 または 201 が返された場合は、Resource Manager によってリソースが再作成されます。However, if the GET call on the resource returns a 200 or 201, Resource Manager recreates the resource.

GET 操作からエラーが返された場合、次のエラー コードであれば Resource Manager によって GET が再試行されます。If the GET operation returns an error, Resource Manager retries the GET for the following error code:

  • 100 未満Less than 100
  • 408408
  • 429429
  • 500 より大きいGreater than 500

その他のエラー コードの場合は、Resource Manager によるリソースの削除が失敗します。For other error codes, Resource Manager fails the deletion of the resource.

重要

リソース グループの削除は元に戻すことができません。Resource Group deletion is irreversible.

リソース グループの削除Delete resource group

リソース グループを削除するには、次のいずれかのメソッドを使用します。Use one of the following methods to delete the resource group.

Remove-AzResourceGroup -Name ExampleResourceGroup

Delete resourceDelete resource

リソースを削除するには、次のいずれかのメソッドを使用します。Use one of the following methods to delete a resource.

Remove-AzResource `
  -ResourceGroupName ExampleResourceGroup `
  -ResourceName ExampleVM `
  -ResourceType Microsoft.Compute/virtualMachines

次のステップNext steps