Azure CLI 2.0 のインストール

今すぐ Azure CLI の新しいバージョンをインストールしてください。 Azure のリソース管理を目的とした優れたネイティブ コマンド ライン エクスペリエンスを実現するために強化して更新しました。 macOS、Linux、および Windows で使用できます。 最新リリースについては、リリース ノートを参照してください。

注意

Azure CLI の以前のバージョンが必要な場合は、Azure 1.0 をインストールする方法を参照してください。

macOS

  1. 1 つの curl コマンドで Azure CLI 2.0 をインストールします。

    curl -L https://aka.ms/InstallAzureCli | bash
    
  2. 場合によっては、変更を有効にするために、コマンド シェルを再起動する必要があります。

    exec -l $SHELL
    
  3. コマンド プロンプトから az コマンドを使用して、Azure CLI 2.0 を実行します。

注意

InstallAzureCli を使用してインストールした場合、az component update はサポートされません。 最新の CLI に更新するには、curl -L https://aka.ms/InstallAzureCli | bash をもう一度実行します。

アンインストールするには、手動のアンインストール手順を参照してください。

Windows

MSI を使用して CLI をインストールし、Windows コマンド ラインで使用するか、Bash on Ubuntu on Windows で apt-get を使用して、CLI をインストールできます。

Windows コマンド ライン用の MSI

Windows に CLI をインストールして、Windows コマンド ラインで使用するには、msi をダウンロードして実行します。

注意

msi を使用してインストールする場合、az component はサポートされません。 最新の CLI に更新するには、msi をもう一度実行します。

CLI をアンインストールするには、msi をもう一度実行して、アンインストールを選択します。

Bash on Ubuntu on Windows 用の apt-get

  1. Bash on Windows をインストールしていない場合は、インストールします

  2. Bash シェルを開きます。

  3. ソース リストを変更します。

    echo "deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/repos/azure-cli/ wheezy main" | \
         sudo tee /etc/apt/sources.list.d/azure-cli.list
    
  4. 次の sudo コマンドを実行します。

    sudo apt-key adv --keyserver packages.microsoft.com --recv-keys 417A0893
    sudo apt-get install apt-transport-https
    sudo apt-get update && sudo apt-get install azure-cli
    
注意

apt-get を使用してインストールした場合、az component はサポートされません。 CLI を更新するには、sudo apt-get update && sudo apt-get install azure-cli をもう一度実行します。

アンインストールするには、sudo apt-get remove azure-cli を実行します。

Linux

  1. Linux では、固有の前提条件をインストールすることが必要な場合があります。

  2. 1 つの curl コマンドで Azure CLI 2.0 をインストールします。

    curl -L https://aka.ms/InstallAzureCli | bash
    
  3. 場合によっては、変更を有効にするために、コマンド シェルを再起動する必要があります。

    exec -l $SHELL
    
  4. コマンド プロンプトから az コマンドを使用して、Azure CLI 2.0 を実行します。

注意

InstallAzureCli を使用してインストールした場合、az component update はサポートされません。 最新の CLI に更新するには、curl -L https://aka.ms/InstallAzureCli | bash をもう一度実行します。

アンインストールするには、手動のアンインストール手順を参照してください。

Docker

Microsoft では、Azure CLI が事前構成されている Docker イメージを保持しています。

docker run を使用して Azure CLI をインストールします。

docker run azuresdk/azure-cli-python:<version>

利用可能なバージョンについては、Docker のタグを参照してください。

注意

ユーザー環境から SSH キーを取得する場合は、-v ${HOME}:/root を使用して、$HOME を /root としてマウントできます。

docker run -v ${HOME}:/root azuresdk/azure-cli-python:<version>
注意

Docker イメージでは、component 機能がサポートされていません。 Azure CLI 2.0 を更新するには、docker run を使用して、最新のイメージまたは必要とする特定のイメージをインストールします。

apt-get

Debian/Ubuntu ベースのシステムでは、apt-get を使用して Azure CLI 2.0 をインストールできます。

  1. ソース リストを変更します。

    • 32 ビット システム

      echo "deb https://packages.microsoft.com/repos/azure-cli/ wheezy main" | \
           sudo tee /etc/apt/sources.list.d/azure-cli.list
      
    • 64 ビット システム

      echo "deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/repos/azure-cli/ wheezy main" | \
           sudo tee /etc/apt/sources.list.d/azure-cli.list
      
  2. 次の sudo コマンドを実行します。

    sudo apt-key adv --keyserver packages.microsoft.com --recv-keys 417A0893
    sudo apt-get install apt-transport-https
    sudo apt-get update && sudo apt-get install azure-cli
    
注意

apt-get を使用してインストールした場合、az component はサポートされません。 CLI を更新するには、sudo apt-get update && sudo apt-get install azure-cli をもう一度実行します。

アンインストールするには、sudo apt-get remove azure-cli を実行します。

Linux の前提条件

  1. Python をインストールしていない場合は、インストールします。

  2. お使いの Linux ディストリビューションに応じて、前提条件をインストールします。

    Platform              | Prerequisites
    ----------------------|---------------------------------------------
    Ubuntu 15.10 or 16.04 | sudo apt-get update && sudo apt-get install -y libssl-dev libffi-dev python-dev build-essential
    Ubuntu 12.04 or 14.04 | sudo apt-get update && sudo apt-get install -y libssl-dev libffi-dev python-dev
    Debian 8              | sudo apt-get update && sudo apt-get install -y libssl-dev libffi-dev python-dev build-essential
    Debian 7              | sudo apt-get update && sudo apt-get install -y libssl-dev libffi-dev python-dev
    CentOS 7.1 or 7.2     | sudo yum check-update; sudo yum install -y gcc libffi-devel python-devel openssl-devel
    RedHat 7.2            | sudo yum check-update; sudo yum install -y gcc libffi-devel python-devel openssl-devel
    SUSE OpenSUSE 13.2    | sudo zypper refresh && sudo zypper --non-interactive install gcc libffi-devel python-devel openssl-devel
    

トラブルシューティング

curl リダイレクトでのエラー

curl コマンドで -L パラメーターに関連するエラーが発生した場合や、"Object moved" というエラーが発生した場合は、aka.ms URL の代わりに完全な URL を使用してみてください。

# If you see this:
curl -L https://aka.ms/InstallAzureCli | bash
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100   175  100   175    0     0    562      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--   560
bash: line 1: syntax error near unexpected token `<'
'ash: line 1: `<html><head><title>Object moved</title></head><body>

#### Try this instead:
curl https://azurecliprod.blob.core.windows.net/install | bash

アンインストール

https://aka.ms/InstallAzureCli のスクリプトを使用して CLI をインストールした場合は、次の手順でアンインストールできます。

  1. インストールされたファイルを削除します。

    rm -r <install location>/lib/azure-cli
    rm <install location>/bin/az
    
  2. <install location>/.bash_profile から <install location>/lib/azure-cli/az.completion という行を削除します。

注意

既定のインストール場所は /Users/<username> です。

apt-get、Docker、または msi を使用して CLI をインストールした場合は、同じツールを使用してアンインストールします。

問題とフィードバックの報告

ツールにバグを発見した場合は、GitHub リポジトリの [Issues (問題)] セクションで問題を報告してください。 コマンド ラインからフィードバックを送るには、az feedback コマンドを試してください。