macOS での Azure CLI のインストール

Azure コマンド ライン インターフェイス (CLI) では、対話型のコマンド ライン プロンプトを使用したターミナルまたはスクリプトを通じてコマンドを実行できます。 Azure CLI は、macOS のコンピューター上にローカルにインストールできます。 macOS 上の Azure CLI では、対話型のコマンド ライン プロンプトを使用したターミナルまたはスクリプトを通じてさまざまなコマンドを実行できます。

macOS プラットフォームの場合は、Homebrew パッケージ マネージャーで Azure CLI をインストールできます。 Homebrew を使用すると、CLI のインストールを最新の状態に保つことが容易になります。 CLI パッケージは、macOS バージョン 10.9 以降でテストされています。

Azure CLI の現在のバージョンは 2.32.0 です。 最新リリースについては、リリース ノートをご覧ください。 インストール済みのバージョンを見つけ、更新する必要があるかどうかを確認するには、az version を実行します。

Homebrew でインストールする

CLI インストールを管理する方法としては、Homebrew を使用するのが最も簡単です。 これには、便利なインストール、更新、およびアンインストール手段が用意されています。 システムで使用できる Homebrew がない場合は、Homebrew をインストールしてから操作を続行します。

Azure CLI を macOS にインストールするには、brew リポジトリ情報を更新し、install コマンドを実行します。

brew update && brew install azure-cli

重要

Azure CLI は Homebrew の python3 パッケージに依存しているため、これをインストールします。 Azure CLI は、Homebrew で公開される python3 の最新バージョンと互換性があることが保証されています。

トラブルシューティング

Homebrew を使用した CLI のインストール時に問題が発生した場合、一般的なエラーを以下に示します。 ここで取り上げていない問題が発生した場合は、GitHub で問題を報告してください。

補完が機能していません

Azure CLI の Homebrew formula では、Homebrew によって管理される補完ディレクトリ (既定の場所は /usr/local/etc/bash_completion.d/) に az という名前の補完ファイルがインストールされます。 補完を有効にするには、Homebrew の指示 (ここ) に従ってしてください。

Python またはインストールされているパッケージが見つかりません

Homebrew のインストール中に、マイナー バージョンの不一致またはその他の問題が発生した可能性があります。 CLI では Python 仮想環境を使用しないため、インストールされている Python バージョンを見つけることができる必要があります。 考えられる修正案は、Homebrew から python3 の依存関係をインストールして再リンクすることです。

brew update && brew install python3 && brew upgrade python3
brew link --overwrite python3

CLI バージョン 1.x がインストールされている

古いバージョンがインストールされている場合は、Homebrew の古いキャッシュが原因と考えられます。 更新の手順に従ってください。

プロキシによる接続のブロック

お使いのプロキシを使用するように適切に構成しない限り、Homebrew からリソースを取得することができない場合があります。 Homebrew プロキシの構成手順に従ってください。

重要

プロキシの内側にいる場合は、CLI によって Azure サービスに接続するように HTTP_PROXYHTTPS_PROXY を設定する必要があります。 基本認証を使用しない場合は、.bashrc ファイルでこれらの変数をエクスポートすることをお勧めします。 常に、貴社のビジネスのセキュリティ ポリシーと、システム管理者の要件に従ってください。

Homebrew からボトル リソースを取得するには、プロキシで次のアドレスへの HTTPS 接続を許可する必要があります。

  • https://formulae.brew.sh
  • https://homebrew.bintray.com

更新

CLI は、バグの修正、機能強化、新機能、およびプレビュー機能で定期的に更新されています。 新しいリリースは約 3 週間ごとに入手できます。

CLI には、最新バージョンに更新するためのツール内コマンドが用意されています。

az upgrade

注意

az upgrade コマンドはバージョン 2.11.0 で追加されたもので、2.11.0 より前のバージョンでは動作しません。 以前のバージョンは、「Azure CLI のインストール」の説明に従って再インストールすることによって更新できます。

このコマンドを使用すると、インストールされているすべての拡張機能も既定で更新されます。 az upgrade オプションの詳細については、コマンド リファレンス ページを参照してください。

また、ローカルの Homebrew リポジトリ情報を更新してから azure-cli パッケージをアップグレードすることもできます。

brew update && brew upgrade azure-cli

アンインストール

Azure CLI が不要であると判断した場合は、アンインストールできます。 アンインストールする前に、az feedback コマンドを使用して、どのような改善または修正が可能かをお知らせください。 Microsoft の目標は、Azure CLI のバグをなくし、使いやすいものにすることです。 バグが見つかった場合は、GitHub で問題を報告していただきますよう、よろしくお願いいたします。

Homebrew を使用して、azure-cli パッケージをアンインストールします。

brew uninstall azure-cli

[データを削除する]

Azure CLI を再インストールする予定がない場合は、そのデータを削除します。

rm -rf ~/.azure

その他のインストール方法

Homebrew を使用して環境に Azure CLI をインストールできない場合は、Linux の手動手順を使用できます。 正式には、このプロセスは macOS との互換性が維持されていないことに注意してください。 Homebrew などのパッケージ マネージャーを使用することを常にお勧めします。 他の選択肢を利用できない場合のみ、手動によるインストール方法を使用します。

手動インストールの手順については、「Linux での Azure CLI の手動インストール」参照してください。

次の手順

これで Azure CLI を macOS にインストールできました。次は、その機能と一般的なコマンドを簡単に見ていきましょう。