Azure Storage の冗長性Azure Storage redundancy

Microsoft Azure ストレージ アカウント内のデータは、持続性と高可用性を保証するため、常にレプリケートされています。The data in your Microsoft Azure storage account is always replicated to ensure durability and high availability. Azure Storage では、計画されたイベントや計画外のイベント (一時的なハードウェア障害、ネットワークの停止または停電、大規模な自然災害など) から保護するためにデータがコピーされます。Azure Storage copies your data so that it is protected from planned and unplanned events, including transient hardware failures, network or power outages, and massive natural disasters. 同じデータ センター内、同じリージョン内の複数のゾーン データ センター間、または地理的に分離されたリージョン間でデータをレプリケートすることもできます。You can choose to replicate your data within the same data center, across zonal data centers within the same region, or across geographically separated regions.

レプリケーションにより、障害が発生しても、ストレージ アカウントはストレージのサービス レベル アグリーメント (SLA) を満たすことができます。Replication ensures that your storage account meets the Service-Level Agreement (SLA) for Storage even in the face of failures. Azure Storage の持続性と可用性の保証については、SLA をご覧ください。See the SLA for information about Azure Storage guarantees for durability and availability.

Azure Storage では、巡回冗長検査 (CRCs) を使用して、格納データの整合性を定期的に検証します。Azure Storage regularly verifies the integrity of data stored using cyclic redundancy checks (CRCs). データの破損が検出された場合は、冗長データを使用して修復されます。If data corruption is detected, it is repaired using redundant data. また Azure Storage では、データの格納時または取得時にデータ パケットの破損を検出する目的ですべてのネットワーク トラフィックのチェックサムを計算します。Azure Storage also calculates checksums on all network traffic to detect corruption of data packets when storing or retrieving data.

冗長オプションの選択Choosing a redundancy option

ストレージ アカウントを作成するときは、次の冗長オプションのいずれかを選択できます。When you create a storage account, you can select one of the following redundancy options:

次の表は、特定の種類のイベント (または同様の影響を受けるイベント) に対して、各レプリケーション戦略が提供する持続性と可用性の範囲について概要を説明したものです。The following table provides a quick overview of the scope of durability and availability that each replication strategy will provide you for a given type of event (or event of similar impact).

シナリオScenario LRSLRS ZRSZRS GRS/RA-GRSGRS/RA-GRS GZRS/RA-GZRSGZRS/RA-GZRS
データ センター内でノードを使用できないNode unavailability within a data center はいYes はいYes はいYes はいYes
データ センター全体 (ゾーンまたは非ゾーン) が使用できなくなるAn entire data center (zonal or non-zonal) becomes unavailable いいえNo 可能Yes はいYes はいYes
リージョン全体の停止A region-wide outage いいえNo いいえNo 可能Yes はいYes
リージョン全体が使用できなくなった場合に (リモートの geo 冗長化されたリージョンの) データへの読み取りアクセスRead access to your data (in a remote, geo-replicated region) in the event of region-wide unavailability いいえNo いいえNo はい (RA-GRS を使用)Yes (with RA-GRS) はい (RA-GZRS を使用)Yes (with RA-GZRS)
指定された 1 年間にわたって __ オブジェクトの持続性を提供するように設計Designed to provide __ durability of objects over a given year 99.999999999% (イレブン ナイン) 以上at least 99.999999999% (11 9's) 99.9999999999% (トゥエルブ ナイン) 以上at least 99.9999999999% (12 9's) 99.99999999999999% (シックスティーン ナイン) 以上at least 99.99999999999999% (16 9's) 99.99999999999999% (シックスティーン ナイン) 以上at least 99.99999999999999% (16 9's)
サポートされるストレージ アカウントの種類Supported storage account types GPv2、GPv1、BLOBGPv2, GPv1, Blob GPv2GPv2 GPv2、GPv1、BLOBGPv2, GPv1, Blob GPv2、GPv1、BLOBGPv2, GPv1, Blob
読み取り要求の可用性 SLAAvailability SLA for read requests 99.9% 以上 (クール アクセス層の場合、99%)At least 99.9% (99% for cool access tier) 99.9% 以上 (クール アクセス層の場合、99%)At least 99.9% (99% for cool access tier) 99.9% 以上 (クール アクセス層の場合、99%)At least 99.9% (99% for cool access tier) 99.99% 以上 (クール アクセス層の場合、99.9%)At least 99.99% (99.9% for Cool Access Tier)
書き込み要求の可用性 SLAAvailability SLA for write requests 99.9% 以上 (クール アクセス層の場合、99%)At least 99.9% (99% for cool access tier) 99.9% 以上 (クール アクセス層の場合、99%)At least 99.9% (99% for cool access tier) 99.9% 以上 (クール アクセス層の場合、99%)At least 99.9% (99% for cool access tier) 99.9% 以上 (クール アクセス層の場合、99%)At least 99.9% (99% for cool access tier)

ブロック BLOB、追加 BLOB、ページ BLOB、キュー、テーブル、およびファイルを含むストレージ アカウント内のすべてのデータがレプリケートされます。All data in your storage account is replicated, including block blobs and append blobs, page blobs, queues, tables, and files. ZRS に必要なのは汎用 v2 ストレージ アカウントですが、すべての種類のストレージ アカウントがレプリケートされます。All types of storage accounts are replicated, although ZRS requires a general-purpose v2 storage account.

さまざまな冗長オプションの料金情報については、Azure Storage の価格に関するページをご覧ください。For pricing information for each redundancy option, see Azure Storage Pricing.

Azure Storage の持続性と可用性の保証については、Azure Storage の SLA に関するページをご覧ください。For information about Azure Storage guarantees for durability and availability, see the Azure Storage SLA.

注意

Azure Premium Storage でサポートされるのは、ローカル冗長ストレージ (LRS) だけです。Azure Premium Storage supports only locally redundant storage (LRS).

レプリケーション戦略の変更Changing replication strategy

Azure portalAzure PowerShellAzure CLIAzure Storage クライアント ライブラリのいずれかを使用して、ストレージ アカウントのレプリケーション戦略を変更できます。You can change your storage account's replication strategy by using the Azure portal, Azure Powershell, Azure CLI, or one of the Azure Storage client libraries. 使用しているストレージ アカウントのレプリケーションの種類を変更してもダウンタイムは発生しません。Changing the replication type of your storage account does not result in down time.

注意

現時点では、Azure portal または Azure Storage クライアント ライブラリを使用してアカウントを ZRS、GZRS、または RA-GZRS に変換することはできません。Currently, you cannot use the Azure portal or the Azure Storage client libraries to convert your account to ZRS, GZRS, or RA-GZRS. アカウントを ZRS に移行する方法の詳細については、「高可用 Azure Storage アプリケーションを構築するためのゾーン冗長ストレージ (ZRS)」を参照してください。To migrate your account to ZRS, see Zone-redundant storage (ZRS) for building highly available Azure Storage applications for details. GZRS または RA-GZRS を移行する方法の詳細については、高可用性と最大の持続性を実現するための geo ゾーン冗長ストレージ (プレビュー) に関するページを参照してください。To migrate GZRS or RA-GZRS, see Geo-zone-redundant storage for highly availability and maximum durability (preview) for details.

アカウントのレプリケーション戦略を変更するためにコストはかかりますかAre there any costs to changing my account's replication strategy?

変換パスによって変わります。It depends on your conversion path. Azure Storage には、最も低いコストから高いコストの順で LRS、ZRS、GRS、RA-GRS、GZRS、および RA-GZRS という冗長性のオファリングがあります。Ordering from least to the most expensive, Azure Storage redundancy offerings LRS, ZRS, GRS, RA-GRS, GZRS, and RA-GZRS. たとえば、LRS "から" 他の種類のレプリケーションに移行する場合、より高度な冗長性レベルに移行するので、追加料金が発生します。For example, going from LRS to any other type of replication will incur additional charges because you are moving to a more sophisticated redundancy level. GRS または RA-GRS "" 移行する場合、(プライマリ リージョン内の) データがリモートのセカンダリ リージョンにレプリケートされているため、エグレス帯域幅の料金がかかります。Migrating to GRS or RA-GRS will incur an egress bandwidth charge because your data (in your primary region) is being replicated to your remote secondary region. この料金は初回セットアップ時に 1 回だけかかる料金です。This charge is a one-time cost at initial setup. データがコピーされた後に、追加の移行料金はかかりません。After the data is copied, there are no further migration charges. 新しいデータや既存のデータへの更新をレプリケートする場合にのみ課金されます。You are only charged for replicating any new or updates to existing data. 帯域幅の料金の詳細については、Azure Storage の料金に関するページをご覧ください。For details on bandwidth charges, see Azure Storage Pricing page.

ストレージ アカウントを GRS から LRS に移行した場合、追加のコストは発生しませんが、レプリケートされたデータはセカンダリ ロケーションから削除されます。If you migrate your storage account from GRS to LRS, there is no additional cost, but your replicated data is deleted from the secondary location.

ストレージ アカウントを RA-GRS から GRS または LRS に移行した場合、そのアカウントは変換日からさらに 30 日間、RA-GRS として課金されることにご注意ください。If you migrate your storage account from RA-GRS to GRS or LRS, that account is billed as RA-GRS for an additional 30 days beyond the date that it was converted.

関連項目See also