Azure ストレージ アカウントの概要Azure storage account overview

Azure ストレージ アカウントには、すべての Azure Storage データ オブジェクト (BLOB、ファイル、キュー、テーブル、およびディスク) が含まれます。An Azure storage account contains all of your Azure Storage data objects: blobs, files, queues, tables, and disks. ストレージ アカウントでは、世界中のどこからでも HTTP または HTTPS 経由でアクセスできる Azure Storage データ用の一意の名前空間が提供されます。The storage account provides a unique namespace for your Azure Storage data that is accessible from anywhere in the world over HTTP or HTTPS. Azure ストレージ アカウント内のデータは、持続性があり、高可用性で、セキュリティ保護されており、非常にスケーラブルです。Data in your Azure storage account is durable and highly available, secure, and massively scalable.

Azure ストレージ アカウントの作成方法については、「ストレージ アカウントの作成」を参照してください。To learn how to create an Azure storage account, see Create a storage account.

ストレージ アカウントの種類Types of storage accounts

Azure Storage では、数種類のストレージ アカウントが提供されています。Azure Storage offers several types of storage accounts. 各種類は異なる機能をサポートし、独自の価格モデルがあります。Each type supports different features and has its own pricing model. アプリケーションに最適な種類を判断するために、ストレージ アカウントを作成する前にこれらの違いを検討してください。Consider these differences before you create a storage account to determine the type of account that is best for your applications. ストレージ アカウントには、次の種類があります。The types of storage accounts are:

  • 汎用 v2 アカウント:BLOB、ファイル、キュー、およびテーブル用の基本的なストレージ アカウントの種類。General-purpose v2 accounts: Basic storage account type for blobs, files, queues, and tables. Azure Storage を使用するほとんどのシナリオにお勧めします。Recommended for most scenarios using Azure Storage.
  • 汎用 v1 アカウント:BLOB、ファイル、キュー、およびテーブル用の従来のアカウントの種類。General-purpose v1 accounts: Legacy account type for blobs, files, queues, and tables. 可能な場合は汎用 v2 アカウントを代わりに使用してください。Use general-purpose v2 accounts instead when possible.
  • ブロック BLOB ストレージ アカウント:Premium パフォーマンスの特徴を持つ BLOB 専用ストレージ アカウント。Block blob storage accounts: Blob-only storage accounts with premium performance characteristics. トランザクション レートが高く、比較的小さなオブジェクトが使用される、またはストレージ待ち時間が一貫して短いことが要求されるシナリオに推奨されます。Recommended for scenarios with high transactions rates, using smaller objects, or requiring consistently low storage latency.
  • FileStorage (プレビュー) ストレージ アカウント:Premium パフォーマンスの特徴を持つファイル専用ストレージ アカウント。FileStorage (preview) storage accounts: Files-only storage accounts with premium performance characteristics. エンタープライズまたはハイ パフォーマンス スケール アプリケーションにお勧めします。Recommended for enterprise or high performance scale applications.
  • BLOB ストレージ アカウント:BLOB 専用ストレージ アカウント。Blob storage accounts: Blob-only storage accounts. 可能な場合は汎用 v2 アカウントを代わりに使用してください。Use general-purpose v2 accounts instead when possible.

次の表は、ストレージ アカウントの種類とその機能について説明しています。The following table describes the types of storage accounts and their capabilities:

ストレージ アカウントの種類Storage account type サポートされているサービスSupported services サポートされているパフォーマンス レベルSupported performance tiers サポートされているアクセス層Supported access tiers レプリケーション オプションReplication options デプロイメント モデルDeployment model
11
暗号化Encryption
22
汎用 v2General-purpose V2 BLOB、ファイル、キュー、テーブル、およびディスクBlob, File, Queue, Table, and Disk Standard、PremiumStandard, Premium
55
ホット、クール、アーカイブHot, Cool, Archive
33
LRS、GRS、RA-GRS、ZRSLRS, GRS, RA-GRS, ZRS
44
リソース マネージャーResource Manager 暗号化Encrypted
汎用 v1General-purpose V1 BLOB、ファイル、キュー、テーブル、およびディスクBlob, File, Queue, Table, and Disk Standard、PremiumStandard, Premium
55
該当なしN/A LRS、GRS、RA-GRSLRS, GRS, RA-GRS Resource Manager、クラシックResource Manager, Classic 暗号化Encrypted
ブロック BLOB ストレージBlock blob storage BLOB (ブロック BLOB と追加 BLOB のみ)Blob (block blobs and append blobs only) PremiumPremium 該当なしN/A LRSLRS リソース マネージャーResource Manager 暗号化Encrypted
FileStorage (プレビュー)FileStorage (preview) ファイル専用Files only PremiumPremium 該当なしN/A LRSLRS リソース マネージャーResource Manager 暗号化Encrypted
BLOB ストレージBlob storage BLOB (ブロック BLOB と追加 BLOB のみ)Blob (block blobs and append blobs only) StandardStandard ホット、クール、アーカイブHot, Cool, Archive
33
LRS、GRS、RA-GRSLRS, GRS, RA-GRS リソース マネージャーResource Manager 暗号化Encrypted
1 Azure Resource Manager デプロイ モデルが推奨されます。1Using the Azure Resource Manager deployment model is recommended. 一部の場所では、クラシック デプロイ モデルを使用するストレージ アカウントを引き続き作成でき、既存のクラシック アカウントもサポートされます。Storage accounts using the classic deployment model can still be created in some locations, and existing classic accounts continue to be supported. 詳細については、「Azure Resource Manager とクラシック デプロイ:デプロイ モデルとリソースの状態について」を参照してください。For more information, see Azure Resource Manager vs. classic deployment: Understand deployment models and the state of your resources.
2 すべてのストレージ アカウントは、保存データ用の Storage Service Encryption (SSE) を使用して暗号化されます。2All storage accounts are encrypted using Storage Service Encryption (SSE) for data at rest. 詳細については、「保存データ向け Azure Storage Service Encryption」をご覧ください。For more information, see Azure Storage Service Encryption for Data at Rest.
3 アーカイブ 層は、個々の BLOB のレベルでのみ利用でき、ストレージ アカウント レベルでは利用できません。3The Archive tier is available at level of an individual blob only, not at the storage account level. ブロック BLOB と追加 BLOB のみをアーカイブできます。Only block blobs and append blobs can be archived. 詳細については、「Azure BLOB ストレージ: ホット ストレージ層、クール ストレージ層、アーカイブ ストレージ層」をご覧ください。For more information, see Azure Blob storage: Hot, Cool, and Archive storage tiers.
4 ゾーン冗長ストレージ (ZRS) は、標準的な汎用 v2 ストレージ アカウントでのみ使用できます。4Zone-redundant storage (ZRS) is available only for standard general-purpose v2 storage accounts. ZRS に関する詳細については、「ゾーン冗長ストレージ (ZRS): 高可用 Azure Storage アプリケーション」をご覧ください。For more information about ZRS, see Zone-redundant storage (ZRS): Highly available Azure Storage applications. レプリケーション オプションの詳細については、「Azure Storage のレプリケーション」を参照してください。For more information about other replication options, see Azure Storage replication.
汎用 v2 および汎用 V1 アカウント用の 5 Premium パフォーマンスは、ディスクとページ BLOB でのみ使用できます。5Premium performance for general-purpose v2 and general-purpose v1 accounts is available for disk and page blob only.

汎用 v2 アカウントGeneral-purpose v2 accounts

汎用 v2 ストレージ アカウントは、最新の Azure Storage の機能をサポートし、汎用 v1 と BLOB ストレージ アカウントのすべての機能が組み込まれています。General-purpose v2 storage accounts support the latest Azure Storage features and incorporate all of the functionality of general-purpose v1 and Blob storage accounts. 汎用 v2 アカウントは、Azure Storage に対してギガバイトあたり最低のキャパシティ価格で提供されます。これは業界内の他社に勝るトランザクション料金でもあります。General-purpose v2 accounts deliver the lowest per-gigabyte capacity prices for Azure Storage, as well as industry-competitive transaction prices. 汎用 v2 ストレージ アカウントは、次の Azure Storage サービスをサポートします。General-purpose v2 storage accounts support these Azure Storage services:

  • BLOB (すべての種類:ブロック、追加、ページ)Blobs (all types: Block, Append, Page)
  • ファイルFiles
  • ディスクDisks
  • キューQueues
  • テーブルTables

注意

Microsoft では、ほとんどのシナリオで汎用 v2 ストレージ アカウントを使用することをお勧めしています。Microsoft recommends using a general-purpose v2 storage account for most scenarios. 汎用 v1 または BLOB ストレージ アカウントは汎用 v2 アカウントに簡単にアップグレードできます。そのとき、ダウンタイムは発生せず、データをコピーする必要はありません。You can easily upgrade a general-purpose v1 or Blob storage account to a general-purpose v2 account with no downtime and without the need to copy data.

汎用 v2 アカウントへのアップグレードの詳細については、汎用 v2 ストレージ アカウントへのアップグレードに関する記事を参照してください。For more information on upgrading to a general-purpose v2 account, see Upgrade to a general-purpose v2 storage account.

汎用 v2 ストレージ アカウントには、使用パターンに基づいてデータを格納するための複数のアクセス層があります。General-purpose v2 storage accounts offer multiple access tiers for storing data based on your usage patterns. 詳細については、「ブロック BLOB データ用のアクセス層」を参照してください。For more information, see Access tiers for block blob data.

汎用 v1 アカウントGeneral-purpose v1 accounts

汎用 v1 アカウントでは、すべての Azure Storage サービスにアクセスできますが、最新の機能が利用できない場合があるほか、GB 単価もやや高いことがあります。General-purpose v1 accounts provide access to all Azure Storage services, but may not have the latest features or the lowest per gigabyte pricing. 汎用 v1 ストレージ アカウントは、次の Azure Storage サービスをサポートします。General-purpose v1 storage accounts support these Azure Storage services:

  • BLOB (すべての種類)Blobs (all types)
  • ファイルFiles
  • ディスクDisks
  • キューQueues
  • テーブルTables

汎用 v2 アカウントは、ほとんどのシナリオで推奨されますが、次のシナリオには汎用 v1 アカウントが最も適しています。While general-purpose v2 accounts are recommended in most cases, general-purpose v1 accounts are best suited to these scenarios:

  • アプリケーションで、Azure クラシック デプロイ モデルが必要である。Your applications require the Azure classic deployment model. 汎用 v2 アカウントと BLOB ストレージ アカウントは、Azure Resource Manager デプロイ モデルのみをサポートします。General-purpose v2 accounts and Blob storage accounts support only the Azure Resource Manager deployment model.

  • アプリケーションがトランザクション集約型である、またはかなりの geo レプリケーション帯域幅を使用するが、大きなキャパシティは不要である。Your applications are transaction-intensive or use significant geo-replication bandwidth, but do not require large capacity. この場合は、汎用 v1 が最も経済的な選択肢になる可能性があります。In this case, general-purpose v1 may be the most economical choice.

  • Storage Services REST API の 2014-02-14 より前のバージョンか、クライアント ライブラリの 4.x より前のバージョンを使用していて、アプリケーションをアップグレードできない。You use a version of the Storage Services REST API that is earlier than 2014-02-14 or a client library with a version lower than 4.x, and cannot upgrade your application.

ブロック BLOB ストレージ アカウントBlock blob storage accounts

ブロック BLOB ストレージ アカウントとは、非構造化オブジェクト データをブロック BLOB として格納するための特化されたストレージ アカウントです。A block blob storage account is a specialized storage account for storing unstructured object data as block blobs. このストレージ アカウント タイプはブロック BLOB と追加 BLOB をサポートしますが、ページ BLOB、テーブル、およびキューはサポートしません。This storage account type supports block blobs and append blobs, but not page blobs, tables or queues.

汎用 v2 ストレージ アカウントおよび BLOB ストレージ アカウントと比べると、ブロック BLOB ストレージ アカウントは待ち時間が一貫して低く、高いトランザクション レートを実現します。Compared with general-purpose v2 and blob storage accounts, block blob storage accounts provide low and consistent latency, and higher transaction rates.

ブロック BLOB ストレージ アカウントは、ホット アクセス層、クール アクセス層、またはアーカイブ アクセス層への階層化を現在サポートしていません。Block blob storage accounts do not currently support tiering to hot, cool, or archive access tiers.

FileStorage (プレビュー) ストレージ アカウントFileStorage (preview) storage accounts

FileStorage ストレージ アカウントは、Premium ファイル共有の格納と作成に特化したストレージ アカウントです。A FileStorage storage account is a specialized storage account used to store and create premium file shares. FileStorage ストレージ アカウントは、IOPS バーストなど、固有のパフォーマンスに特化した特性を備えています。FileStorage storage accounts offer unique performance dedicated characteristics such as IOPS bursting. これらの特性の詳細については、Files の計画に関するガイドの「ファイル共有のパフォーマンス レベル」セクションを参照してください。For more information on these characteristics, see the File share performance tiers section of the Files planning guide.

ストレージ アカウントの名前付けNaming storage accounts

ストレージ アカウントに名前を付けるときは、次の規則に注意してください。When naming your storage account, keep these rules in mind:

  • ストレージ アカウント名の長さは 3 ~ 24 文字で、数字と小文字のみを使用できます。Storage account names must be between 3 and 24 characters in length and may contain numbers and lowercase letters only.
  • ストレージ アカウント名は Azure 内で一意である必要があります。Your storage account name must be unique within Azure. 複数のストレージ アカウントが同じ名前を持つことはできません。No two storage accounts can have the same name.

パフォーマンス レベルPerformance tiers

汎用ストレージ アカウントは、次のパフォーマンス レベルのいずれか向けに構成できます。General-purpose storage accounts may be configured for either of the following performance tiers:

  • BLOB、ファイル、テーブル、キュー、および Azure 仮想マシン ディスクを格納するための Standard パフォーマンス レベル。A standard performance tier for storing blobs, files, tables, queues, and Azure virtual machine disks.
  • アンマネージド仮想マシン ディスクのみを格納するための Premium パフォーマンス レベル。A premium performance tier for storing unmanaged virtual machine disks only.

ブロック BLOB ストレージ アカウントは、ブロック BLOB および追加 BLOB を格納するための Premium パフォーマンス レベルを提供します。Block blob storage accounts provide a premium performance tier for storing block blobs and append blobs.

FileStorage (プレビュー) ストレージ アカウントは、Azure ファイル共有のための Premium パフォーマンス レベルを提供します。FileStorage (preview) storage accounts provide a premium performance tier for Azure file shares.

ブロック BLOB 用のデータ アクセス層Access tiers for block blob data

Azure Storage では、使用パターンに基づいて、ブロック BLOB データにアクセスするためのさまざまなオプションを用意しています。Azure Storage provides different options for accessing block blob data based on usage patterns. Azure Storage 内の各アクセス層は、特定のデータの使用パターン用に最適化されています。Each access tier in Azure Storage is optimized for a particular pattern of data usage. ニーズに合った適切なアクセス層を選択することで、最も費用対効果の高い方法でブロック BLOB データを格納できます。By selecting the right access tier for your needs, you can store your block blob data in the most cost-effective manner.

使用可能なアクセス層は次のとおりです。The available access tiers are:

  • ホット アクセス層は、ストレージ アカウント内のオブジェクトへの頻繁なアクセスに対応するように最適化されています。The Hot access tier, which is optimized for frequent access of objects in the storage account. ホット層でのデータのアクセスは、費用対効果は最も高くなりますが、ストレージ コストは高くなります。Accessing data in the hot tier is most cost-effective, while storage costs are higher. 新しいストレージ アカウントは、既定ではホット層に作成されます。New storage accounts are created in the hot tier by default.
  • クール ストレージ層は、アクセスされる頻度が低いデータで、少なくとも 30 日以上保管される大量のデータの格納に適しています。The Cool access tier, which is optimized for storing large amounts of data that is infrequently accessed and stored for at least 30 days. クール層でのデータの格納は、費用対効果が高くなりますが、データへのアクセスがホット層でのデータへのアクセスよりも高くなる場合があります。Storing data in the cool tier is more cost-effective, but accessing that data may be more expensive than accessing data in the hot tier.
  • アーカイブ層は、個々のブロック BLOB 用にのみ使用できます。The Archive tier, which is available only for individual block blobs. この層は、数時間の取得待機時間が許容され、少なくとも 180 日以上アーカイブ層に保持されるデータ用に最適化されています。The archive tier is optimized for data that can tolerate several hours of retrieval latency and will remain in the Archive tier for at least 180 days. アーカイブ層は、データの格納オプションとしては費用対効果が最も高くなりますが、データへのアクセスは、ホット層またはクール層でのアクセスよりも高くなります。The archive tier is the most cost-effective option for storing data, but accessing that data is more expensive than accessing data in the hot or cool tiers.

データの使用パターンが変化した場合は、いつでもこれらのアクセス層を切り替えることができます。If there is a change in the usage pattern of your data, you can switch between these access tiers at any time. アクセス層の詳細については、「Azure Blob Storage: ホット、クール、アーカイブ ストレージ層」を参照してください。For more information about access tiers, see Azure Blob storage: hot, cool, and archive access tiers.

重要

既存のストレージ アカウントまたは BLOB のアクセス レベルを変更すると、追加料金が発生する場合があります。Changing the access tier for an existing storage account or blob may result in additional charges. 詳しくは、「ストレージ アカウントの課金」セクションをご覧ください。For more information, see the Storage account billing section.

レプリケーションReplication

ストレージ アカウントのレプリケーション オプションには、次のようなものがあります。Replication options for a storage account include:

ストレージのレプリケーションの詳細については、「Azure Storage のレプリケーション」を参照してください。For more information about storage replication, see Azure Storage replication.

暗号化Encryption

ストレージ アカウント内のすべてのデータは、サービス側で暗号化されます。All data in your storage account is encrypted on the service side. 暗号化の詳細については、「保存データ向け Azure Storage Service Encryption」をご覧ください。For more information about encryption, see Azure Storage Service Encryption for data at rest.

ストレージ アカウント エンドポイントStorage account endpoints

ストレージ アカウントは、データ用の一意の名前空間を Azure 内に用意します。A storage account provides a unique namespace in Azure for your data. Azure Storage 内に格納されるすべてのオブジェクトには、一意のアカウント名を含むアドレスが割り当てられます。Every object that you store in Azure Storage has an address that includes your unique account name. アカウント名と Azure Storage サービス エンドポイントの組み合わせによって、ストレージ アカウント用のエンドポイントが形成されます。The combination of the account name and the Azure Storage service endpoint forms the endpoints for your storage account.

たとえば、汎用ストレージ アカウントの名前が mystorageaccount の場合、そのアカウントの既定のエンドポイントは次のようになります。For example, if your general-purpose storage account is named mystorageaccount, then the default endpoints for that account are:

  • BLOB サービス: http://mystorageaccount.blob.core.windows.netBlob storage: http://mystorageaccount.blob.core.windows.net
  • Table Storage: http://mystorageaccount.table.core.windows.netTable storage: http://mystorageaccount.table.core.windows.net
  • Queue Storage: http://mystorageaccount.queue.core.windows.netQueue storage: http://mystorageaccount.queue.core.windows.net
  • Azure Files: http://mystorageaccount.file.core.windows.netAzure Files: http://mystorageaccount.file.core.windows.net

注意

ブロック BLOB および BLOB ストレージ アカウントは、Blob service エンドポイントのみを公開します。Block blob and blob storage accounts expose only the blob service endpoint.

ストレージ アカウント内のオブジェクトにアクセスするための URL は、ストレージ アカウント内のオブジェクトの場所をエンドポイントに追加することで作成されます。The URL for accessing an object in a storage account is constructed by appending the object's location in the storage account to the endpoint. たとえば、BLOB アドレスは、 http://mystorageaccount.blob.core.windows.net/mycontainer/myblob のような形式になります。For example, a blob address might have this format: http://mystorageaccount.blob.core.windows.net/mycontainer/myblob.

BLOB 用のカスタム ドメインを使用するようにストレージ アカウントを構成することもできます。You can also configure your storage account to use a custom domain for blobs. 詳細については、「Azure Storage アカウントのカスタム ドメイン名の構成」をご覧ください。For more information, see Configure a custom domain name for your Azure Storage account.

アカウント データへのアクセスの制御Control access to account data

既定では、アカウントのデータはアカウント所有者だけが使用できます。By default, the data in your account is available only to you, the account owner. データにアクセスできるユーザーと、各ユーザーに付与するアクセス許可を制御できます。You have control over who may access your data and what permissions they have.

ストレージ アカウントに対して行われるすべての要求は、承認される必要があります。Every request made against your storage account must be authorized. サービス レベルでは、有効な承認 ヘッダーを要求に含める必要があります。ヘッダーには、サービスが要求を実行する前に、要求を検証するために必要な情報が含まれます。At the level of the service, the request must include a valid Authorization header, which includes all of the information necessary for the service to validate the request before executing it.

次の方法のいずれかを使用して、ストレージ アカウント内のデータへのアクセス権を付与できます。You can grant access to the data in your storage account using any of the following approaches:

  • Azure Active Directory: Azure Active Directory (Azure AD) の資格情報を使用して、ユーザー、グループ、またはその他の ID による BLOB データとキュー データへのアクセスを認証します。Azure Active Directory: Use Azure Active Directory (Azure AD) credentials to authenticate a user, group, or other identity for access to blob and queue data. ID の認証が成功した場合、Azure AD は、Azure Blob Storage または Queue Storage に対する要求の承認で使用されるトークンを返します。If authentication of an identity is successful, then Azure AD returns a token to use in authorizing the request to Azure Blob storage or Queue storage. 詳細については、「Azure Active Directory を使用して Azure Storage へのアクセスを認証する」を参照してください。For more information, see Authenticate access to Azure Storage using Azure Active Directory.
  • 共有キーによる承認: ストレージ アカウント アクセス キーを使用して、アプリケーションが実行時に Azure Storage にアクセスするために使用する接続文字列を構成します。Shared Key authorization: Use your storage account access key to construct a connection string that your application uses at runtime to access Azure Storage. 接続文字列内の値を使用して、Azure Storage に渡される "承認" ヘッダーが作成されます。The values in the connection string are used to construct the Authorization header that is passed to Azure Storage. 詳細については、「Azure Storage の接続文字列を構成する」を参照してください。For more information, see Configure Azure Storage connection strings.
  • 共有アクセス署名: 共有アクセス署名を使用して、ストレージ アカウント内のリソースにアクセス権を委任します (Azure AD 認証を使用していない場合)。Shared access signature: Use a shared access signature to delegate access to resources in your storage account, if you are not using Azure AD authentication. 共有アクセス署名は、URL 上の Azure Storage への要求を承認するために必要なすべての情報をカプセル化するトークンです。A shared access signature is a token that encapsulates all of the information needed to authorize a request to Azure Storage on the URL. ストレージ リソース、与えられるアクセス許可、そのアクセス許可が共有アクセス署名の一部として有効である期間を指定できます。You can specify the storage resource, the permissions granted, and the interval over which the permissions are valid as part of the shared access signature. 詳細については、「Shared Access Signatures (SAS) の使用」をご覧ください。For more information, see Using shared access signatures (SAS).

注意

Azure AD の資格情報を使用したユーザーまたはアプリケーションの認証は、セキュリティと使いやすさで他の承認手段よりも優れています。Authenticating users or applications using Azure AD credentials provides superior security and ease of use over other means of authorization. アプリケーションで共有キー承認を引き続き使うことはできますが、Azure AD を使うと、コードでアカウント アクセス キーを保存する必要がなくなります。While you can continue to use Shared Key authorization with your applications, using Azure AD circumvents the need to store your account access key with your code. Shared Access Signature (SAS) を使ってストレージ アカウント内のリソースに対するきめ細かいアクセスの許可を続けることもできますが、Azure AD は、SAS トークンを管理したり侵害された SAS の取り消しを心配したりする必要なしに、同様の機能を提供します。You can also continue to use shared access signatures (SAS) to grant fine-grained access to resources in your storage account, but Azure AD offers similar capabilities without the need to manage SAS tokens or worry about revoking a compromised SAS.

Azure Storage の BLOB アプリケーションとキュー アプリケーションでは、できる限り Azure AD 認証を使用することをお勧めします。Microsoft recommends using Azure AD authentication for your Azure Storage blob and queue applications when possible.

ストレージ アカウントへのデータのコピーCopying data into a storage account

Microsoft では、オンプレミス ストレージ デバイスまたはサード パーティのクラウド ストレージ プロバイダーからデータをインポートするためのユーティリティとライブラリを提供しています。Microsoft provides utilities and libraries for importing your data from on-premises storage devices or third-party cloud storage providers. 使用するソリューションは、転送するデータの量によって決まります。Which solution you use depends on the quantity of data you are transferring.

汎用 v1 アカウントまたは BLOB ストレージ アカウントから汎用 v2 アカウントにアップグレードした場合、データは自動的に移行されます。When you upgrade to a general-purpose v2 account from a general-purpose v1 or Blob storage account, your data is automatically migrated. アカウントをアップグレードする際は、この経路を使用することをお勧めします。Microsoft recommends this pathway for upgrading your account. ただし、汎用 v1 アカウントから BLOB ストレージ アカウントにデータを移動する場合は、以下で説明するツールとライブラリを使用して、データを手動で移行する必要があります。However, if you decide to move data from a general-purpose v1 account to a Blob storage account, then you'll need to migrate your data manually, using the tools and libraries described below.

AzCopyAzCopy

AzCopy は、Azure Storage との間で高パフォーマンスのデータ コピーを行うように設計された Windows コマンドライン ユーティリティです。AzCopy is a Windows command-line utility designed for high-performance copying of data to and from Azure Storage. AzCopy を使用して、既存の汎用ストレージ アカウントから BLOB ストレージ アカウントにデータをコピーできます。またオンプレミス ストレージ デバイスから データをアップロードできます。You can use AzCopy to copy data into a Blob storage account from an existing general-purpose storage account, or to upload data from on-premises storage devices. 詳細については、AzCopy コマンド ライン ユーティリティを使用したデータの転送に関するページをご覧ください。For more information, see Transfer data with the AzCopy Command-Line Utility.

データ移動ライブラリData movement library

Azure Storage Data Movement Library for .Net は、AzCopy を動作させているコア データ移動フレームワークに基づいています。The Azure Storage data movement library for .NET is based on the core data movement framework that powers AzCopy. ライブラリは、AzCopy と同じように、高パフォーマンスで信頼性が高く簡単なデータ転送操作ができるように設計されています。The library is designed for high-performance, reliable, and easy data transfer operations similar to AzCopy. これを使用すると、AzCopy で提供される機能をアプリケーションでネイティブに活用できます。その際、AzCopy の外部インスタンスを実行したり監視したりする必要はありません。You can use it to take advantage of the features provided by AzCopy in your application natively without having to deal with running and monitoring external instances of AzCopy. 詳細については、Azure Storage Data Movement Library for .Net に関するページを参照してください。For more information, see Azure Storage Data Movement Library for .Net

REST API またはクライアント ライブラリREST API or client library

Azure クライアント ライブラリのいずれかまたは Azure ストレージ サービス REST API を使用して、データを BLOB ストレージ アカウントに移行するためのカスタム アプリケーションを作成することができます。You can create a custom application to migrate your data into a Blob storage account using one of the Azure client libraries or the Azure storage services REST API. Azure Storage には、.NET、Java、C++、Node.js、PHP、Ruby、Python などの複数の言語とプラットフォーム用の豊富なクライアント ライブラリが用意されています。Azure Storage provides rich client libraries for multiple languages and platforms like .NET, Java, C++, Node.JS, PHP, Ruby, and Python. クライアント ライブラリは、再試行ロジック、ログ、並列アップロードといった高度な機能を提供します。The client libraries offer advanced capabilities such as retry logic, logging, and parallel uploads. また、REST API を直接使用して開発することもでき、HTTP/HTTPS 要求を行うどの言語からでも呼び出すことができます。You can also develop directly against the REST API, which can be called by any language that makes HTTP/HTTPS requests.

Azure Storage REST API の詳細については、「Azure Storage Services REST API Reference」(Azure Storage Services REST API リファレンス) を参照してください。For more information about the Azure Storage REST API, see Azure Storage Services REST API Reference.

重要

クライアント側の暗号化を使用して暗号化された BLOB には、BLOB と共に暗号化関連メタデータが格納されます。Blobs encrypted using client-side encryption store encryption-related metadata with the blob. クライアント側の暗号化で暗号化された BLOB をコピーする場合は、コピー操作の際に BLOB メタデータ、特に暗号化関連のメタデータが保持されるようにしてください。If you copy a blob that is encrypted with client-side encryption, ensure that the copy operation preserves the blob metadata, and especially the encryption-related metadata. 暗号化メタデータなしで BLOB をコピーした場合、BLOB コンテンツを再度取得することはできません。If you copy a blob without the encryption metadata, the blob content cannot be retrieved again. 暗号化関連メタデータの詳細については、Azure Storage のクライアント側の暗号化に関するページを参照してください。For more information regarding encryption-related metadata, see Azure Storage Client-Side Encryption.

Azure Import/Export サービスAzure Import/Export service

ストレージ アカウントにインポートする大量のデータがある場合は、Azure Import/Export サービスを検討してください。If you have a large amount of data to import to your storage account, consider the Azure Import/Export service. Import/Export サービスでは、Azure データセンターにディスク ドライブを送付することで、Azure Blob Storage と Azure Files に大量のデータを安全にインポートできます。The Import/Export service is used to securely import large amounts of data to Azure Blob storage and Azure Files by shipping disk drives to an Azure datacenter.

Import/Export サービスは、Azure Blob Storage からディスク ドライブにデータを転送し、オンプレミス サイトに送付するために使用することもできます。The Import/Export service can also be used to transfer data from Azure Blob storage to disk drives and ship to your on-premises sites. 1 つまたは複数のディスク ドライブからのデータを、Azure Blob Storage または Azure Files にインポートできます。Data from one or more disk drives can be imported either to Azure Blob storage or Azure Files. 詳細については、「Azure Import/Export サービスとは」を参照してください。For more information, see What is Azure Import/Export service?.

ストレージ アカウントの課金Storage account billing

Azure Storage は、ストレージ アカウントに基づいた使用量によって課金されます。You are billed for Azure Storage based on your storage account usage. ストレージ アカウント内のすべてのオブジェクトは、グループとしてまとめて課金されます。All objects in a storage account are billed together as a group.

ストレージのコストは、リージョン/場所、アカウントの種類、アクセス層、ストレージ容量、レプリケーション スキーム、ストレージ トランザクション、および送信データ転送に従って計算されます。Storage costs are calculated according to the following factors: region/location, account type, access tier, storage capacity, replication scheme, storage transactions, and data egress.

  • リージョンとは、自分のアカウントがベースとしている地理的領域を指します。Region refers to the geographical region in which your account is based.
  • アカウントの種類とは、使用するストレージ アカウントの種類を指します。Account type refers to the type of storage account you are using.
  • アクセス層とは、汎用 v2 または BLOB ストレージ アカウント用に指定したデータの使用状況パターンを指します。Access tier refers to the data usage pattern you have specified for your general-purpose v2 or Blob storage account.
  • ストレージ容量とは、データの保存に使用するためにストレージ アカウントに割り当てられた容量を指します。Storage Capacity refers to how much of your storage account allotment you are using to store data.
  • レプリケーションは、1 回に保持するデータのコピー数とデータの場所を決定します。Replication determines how many copies of your data are maintained at one time, and in what locations.
  • トランザクションとは、Azure Storage に対するすべての読み取り操作と書き込み操作を指します。Transactions refer to all read and write operations to Azure Storage.
  • データ転送とは、Azure リージョンから転送されるデータを指します。Data egress refers to any data transferred out of an Azure region. 他のリージョンで動作しているアプリケーションがストレージ アカウント内のデータにアクセスした場合は、送信データ転送として課金されますWhen the data in your storage account is accessed by an application that is not running in the same region, you are charged for data egress. リソース グループを使用してデータとサービスを同じリージョンにグループ化してエグレス料金を制限する方法については、「Azure リソース グループとは」を参照してください。For information about using resource groups to group your data and services in the same region to limit egress charges, see What is an Azure resource group?.

アカウントの種類、ストレージ容量、レプリケーション、およびトランザクションに基づく詳細な料金情報については、「 Azure Storage 料金 」ページを参照してください。The Azure Storage Pricing page provides detailed pricing information based on account type, storage capacity, replication, and transactions. 送信データ転送の価格の詳細については、「 データ転送の価格の詳細 」を参照してください。The Data Transfers Pricing Details provides detailed pricing information for data egress. コストの見積には、 計算ツール をご利用ください。You can use the Azure Storage Pricing Calculator to help estimate your costs.

次の手順Next steps