クイック スタート:コスト分析を使用してコストを調査および分析する

Azure コストを正しく制御して最適化するには、コストが組織内のどこで発生しているかを把握する必要があります。 また、サービスのコストがどれくらいの金額であり、どのような環境やシステムをサポートしているかを認識することも有効です。 あらゆるコストを調査することは、組織の消費パターンを正確に把握するために重要です。 消費パターンを使用して、コスト管理のメカニズム (予算など) を適用できます。

このクイック スタートでは、コスト分析を使用して組織のコストを調査および分析します。 組織ごとの集計コストを表示することで、時間の経過に伴いコストがどこで発生しているかを把握したり、消費傾向を識別したりできます。 一定期間の累積コストを表示することで、予算に対する月単位、四半期ごと、場合によっては年単位のコスト傾向を見積もることができます。 予算を使用すれば、コストが特定のしきい値を超えたときに通知を受け取ることができます。

このクイックスタートでは、次の方法について説明します。

  • コスト分析を開始する
  • コスト ビューを選択する
  • 日付の範囲を選択します
  • コストを表示する
  • コストをグループ化する
  • 実際のコストと償却コストを切り替える
  • コストをテーブル形式で表示する

前提条件

コスト分析では、さまざまな種類の Azure アカウントがサポートされています。 サポートされているアカウントの種類の完全な一覧については、「Understand Cost Management data (Cost Management データの概要)」を参照してください。 コスト データを表示するには、少なくとも Azure アカウントの読み取りアクセス許可が必要です。

新しいサブスクリプションをご利用の場合、すぐには Cost Management 機能を使用できません。 すべての Cost Management 機能を使用できるようになるまでに、最大 48 時間かかる場合があります。

Azure へのサインイン

コスト分析を開始する

コスト分析でコストを確認するには、Azure portal でスコープを開き、メニューで [コスト分析] を選択します。 たとえば、 [サブスクリプション] に移動し、一覧からサブスクリプションを選択して、メニューから [コスト分析] を選択します。

コスト分析で別のスコープに切り替えるには、 [スコープ] ピルを使用します。

選択したスコープは、データの統合とコスト情報へのアクセスの制御のために、Cost Management 全体を通して使用されます。 スコープを使用する場合は、複数選択を行いません。 代わりに、他のユーザーがロールアップする、より大きなスコープを選択してから、必要な入れ子のスコープにフィルターで絞り込みます。 ユーザーによっては、複数の入れ子になったスコープをカバーする単一の親スコープにアクセスできない場合があるため、このアプローチを理解することは重要です。

初期のコスト分析ビューには、次の領域が含まれています。

現在選択されているビュー: 定義済みのコスト分析ビューの構成を表します。 各ビューには、日付範囲、細分性、グループ化、フィルターの設定が含まれます。 既定のビューでは現在の請求期間に対する累積コストが示されますが、他の組み込みビューに変更できます。

コスト: 当月の合計使用量と購入コストが表示されます。この値が計上されて請求書で示されます。

予測: 選択した期間に対する合計予想コストが表示されます。

予算 (選択した場合): 選択されたスコープの計画的な使用制限を示します (使用可能な場合)。

細分性の累積: 請求期間の開始から始めて、日単位のコストの総集計が示されます。 請求先アカウントまたはサブスクリプションのための予算を作成した後、予算に対する消費傾向をすばやく確認できます。 日付の上にカーソルを置くと、その日までの累積コストが表示されます。

ピボット (ドーナツ) グラフ: 総コストを一般的な標準プロパティのセット別に分割する動的ピボットが提供されます。 当月のコストが、大きいものから小さいものの順に表示されます。

Initial view of cost analysis in the Azure portal

予測について

コスト予測では、最近の使用状況に基づいて、選択した期間の推定コストの予測が表示されます。 コスト分析で予算が設定されている場合は、予測支出が予算しきい値を超える可能性が高い時期を確認できます。 予測モデルでは、最大 1 年間の将来のコストを予測できます。 選択したディメンションの詳細な予測コストを表示するには、フィルターを選択します。

コスト ビューを選択する

コスト分析には、最も一般的な目標に合わせて最適化された 4 つの組み込みビューがあります。

表示 答える質問の例
累積コスト 今月のこれまでの出費はどれくらいですか。 予算内に収まるでしょうか。
1 日あたりのコスト 過去 30 日間の 1 日あたりのコストに増加はみられましたか。
サービスごとのコスト 過去 3 回分の請求書で月間使用量はどのように推移しましたか。
リソースごとのコスト 今月はこれまで、どのリソースに最もコストがかかっていますか。
請求書の詳細 前回の請求書にはどのような料金がありましたか。

[リソースごとのコスト] ビューは、サブスクリプション スコープとリソース グループ スコープでのみ利用できます。

View selector showing an example selection for this month

日付の範囲を選択します

ただし、より深い分析が必要な多くのケースが存在します。 カスタマイズは、ページの一番上の日付の選択から始まります。

コスト分析では、既定では当月のデータが示されます。 一般的な日付範囲にすばやく切り替えるには、日付セレクターを使用します。 例としては、過去 7 日間、先月、今年、またはカスタムの日付範囲があります。 従量課金制サブスクリプションには、現在の請求期間や最後の請求書のように、カレンダーの月に制約されない請求期間に基づいた日付範囲も含まれます。

Date selector showing an example selection for this month

コストを表示する

コスト分析では、既定では累積コストも示されます。 累積コストには前の数日に加えて、各日のすべてのコストが含まれており、日単位の集計コストの絶えず増加するビューが表示されます。 このビューは、選択された時間範囲の間、予算に対してどのような傾向があるかを示すように最適化されています。

予算オーバーの可能性を明らかにするには、予測グラフ ビューを使用します。 予算オーバーの可能性がある場合は、予想される支出超過が赤で示されます。 グラフにもインジケーター シンボルが表示されます。 シンボルをポイントすると、予算をオーバーする推定日が表示されます。

Example showing potential budget breach

毎日のコストを示す日単位のビューもあります。 日単位のビューには、増加の傾向は示されません。 このビューは、不規則性をコストの急上昇または日ごとの低下として示すように設計されています。 予算を選択した場合、日単位のビューにも日単位の予算の見積もりが表示されます。

支出の予測を有効にした場合の最近の支出の日単位表示を次に示します。 Daily view showing example daily costs for the current month

支出予測を無効にすると、将来の日付の予想支出は表示されません。 また、過去の期間のコストを調べるときは、コスト予測は表示されません。

一般に、8 から 12 時間以内の消費リソースのデータまたは通知を見ることができます。

コストをグループ化する

共通のプロパティでグループ化してコストを明細化し、最も寄与した要因を識別します。 たとえば、リソース タグでグループ化するには、グループ化の基準とするタグ キーを選択します。 タグの値ごとのコスト明細が表示され、そのタグが適用されていないリソースについては別途セグメントが表示されます。

ほとんどの Azure リソースでは、タグ付けがサポートされています。 ただし、一部のタグは Cost Management および請求で使用できません。 また、リソース グループのタグはサポートされていません。 タグのサポートは、タグがリソースに適用された "" にレポートされた使用状況に適用されます。 タグは、過去のコスト データには適用されません。

サービス名でグループ化された、今月の Azure サービス コストの表示を次に示します。

Grouped daily accumulated view showing example Azure service costs for last month

次の図では、リソース グループ名が示されています。 タグでグループ化してタグ別に合計コストを表示したり、 [リソースごとのコスト] ビューを使って特定のリソースのすべてのタグを表示したりできます。

Full data for current view showing resource group names

特定の属性によってコストをグループ化すると、上位 10 個のコスト要因が高いものから順に表示されます。 10 個を超える場合、上位 9 個のコスト要因と、 [その他] グループが表示されます。このグループは、残りのすべてのグループをまとめて表しています。 タグでグループ化すると、タグ キーが適用されていないコストについて [タグなし] グループが表示されます。 タグなしのコストがタグ付きのコストより高い場合でも、 [タグなし] は常に最後になります。 タグの値が 10 個以上ある場合、タグなしのコストは、 [その他] に含められます。 テーブル ビューに切り替え、細分性を [なし] に変更して、すべての値が最高コストから最低コストまで順位付けされていることを確認します。

クラシックの仮想マシン、ネットワーク、およびストレージ リソースでは、詳細な課金データは共有されません。 それらは、コストをグループ化する場合、クラシック サービスとしてマージされます。

メイン グラフの下のピボット グラフには、選択された期間やフィルターに対応するコストの全体像が把握しやすいよう各種のグループが表示されます。 プロパティまたはタグを選択すると、あらゆるディメンションに基づく集計コストが表示されます。

Example showing pivot charts

実際のコストと償却コストを切り替える

既定では、コスト分析には発生して請求書に記載予定のすべての使用および購入のコストが表示されます (実際のコストとも呼ばれます)。 実際コストを表示することは、請求書を調整するために最適です。 ただし、支出の異常やその他のコスト変化を監視している場合、購入コストの急増は警告を示す可能性があります。 予約購入コストが原因の急増を平坦化するには、償却コストに切り替えます。

Change between actual and amortized cost to see reservation purchases spread across the term and allocated to the resources that used the reservation

償却コストでは、予約購入が日単位に分割されて、予約期間全体に分配されます。 ほとんどの予約期間は 1 年または 3 年です。 1 年間の予約の例を見てみましょう。 1 月 1 日に 365 ドルで購入したのではなく、1 月 1 日から 12 月 31 日までの毎日 1.00 ドルずつ購入したように表示されます。 基本の償却に加えて、これらのコストは予約を使用した特定のリソースに再割り当てされて関連付けられます。 たとえば、その 1 日あたり 1.00 ドルの料金が 2 つの仮想マシン間で分割された場合、その日には 2 つの 0.50 ドルの料金が表示されます。 予約の一部がその日に利用されていない場合、該当する仮想マシンに関連付けられた 0.50 ドルの料金が 1 つ表示され、もう 1 つの 0.50 ドルの料金には料金種類 UnusedReservation が表示されます。 未使用予約コストは償却コストを表示するときにだけ表示できます。

5 月 26 日に前払いで 1 年間の予約を購入した場合、償却コストは 365 で割り (閏年ではないと仮定)、5 月 26 日から翌年の 5 月 25 日までに分散されます。 月払いを行う場合、月額料金はその月の日数で割り、5 月 26 日から 6 月 25 日までに等しく分散され、翌月の料金は 6 月 26 日から 7 月 25 日までに分散されます。

コスト表示方法の変更のため、実際コストおよび償却コストの表示では表示される合計の値が異なることに注意することが重要です。 一般に、予約購入の月の合計コストは償却コストを表示すると減少し、予約購入の後の月は増加します。 償却は予約購入でのみ使用でき、この時点では Azure Marketplace 購入には適用されません。

コストをテーブル形式で表示する

任意のビューの完全なデータ セットを表示することができます。 適用したすべての選択またはフィルターが、表示されるデータに影響します。 完全なデータセットを表示するには、グラフの種類の一覧を選択して、 [テーブル] ビューを選択します。

Data for current view in a table view

次のステップ

最初のチュートリアルに進み、予算の作成と管理の方法を学習してください。