Azure Functions のアプリケーション設定のリファレンスApp settings reference for Azure Functions

関数アプリのアプリケーション設定には、その関数アプリのすべての関数に影響するグローバル構成オプションが含まれています。App settings in a function app contain global configuration options that affect all functions for that function app. ローカルで実行する場合、これらの設定は、ローカルの環境変数としてアクセスされます。When you run locally, these settings are accessed as local environment variables. この記事では、関数アプリで使用できるアプリケーション設定の一覧を紹介します。This article lists the app settings that are available in function apps.

関数アプリの設定は、いくつかの方法で追加、更新、削除できます。There are several ways that you can add, update, and delete function app settings:

host.json ファイルと local.settings.json ファイルには、他のグローバル構成オプションもあります。There are other global configuration options in the host.json file and in the local.settings.json file.

注意

アプリケーション設定を使用して、host.json ファイル自体を変更することなく、host.json 設定値をオーバーライドできます。You can use application settings to override host.json setting values without having to change the host.json file itself. これは、特定の環境の特定の host.json 設定を構成または変更する必要がある場合に便利です。This is helpful for scenarios where you need to configure or modify specific host.json settings for a specific environment. これにより、プロジェクトを再発行しなくても、host.json 設定を変更できます。This also lets you change host.json settings without having to republish your project. 詳細については、host.json のリファレンスに関する記事をご覧ください。To learn more, see the host.json reference article.

APPINSIGHTS_INSTRUMENTATIONKEYAPPINSIGHTS_INSTRUMENTATIONKEY

Application Insights のインストルメンテーション キー。The instrumentation key for Application Insights. APPINSIGHTS_INSTRUMENTATIONKEY または APPLICATIONINSIGHTS_CONNECTION_STRING のいずれかのみを使用してください。Only use one of APPINSIGHTS_INSTRUMENTATIONKEY or APPLICATIONINSIGHTS_CONNECTION_STRING. 詳しくは、「Azure Functions を監視する」をご覧ください。For more information, see Monitor Azure Functions.

KeyKey 値の例Sample value
APPINSIGHTS_INSTRUMENTATIONKEYAPPINSIGHTS_INSTRUMENTATIONKEY 55555555-af77-484b-9032-64f83bb83bb55555555-af77-484b-9032-64f83bb83bb

APPLICATIONINSIGHTS_CONNECTION_STRINGAPPLICATIONINSIGHTS_CONNECTION_STRING

Application Insights の接続文字列。The connection string for Application Insights. お使いの関数アプリで接続文字列を使用した追加のカスタマイズ サポートが必要な場合は、APPINSIGHTS_INSTRUMENTATIONKEY ではなく APPLICATIONINSIGHTS_CONNECTION_STRING を使用します。Use APPLICATIONINSIGHTS_CONNECTION_STRING instead of APPINSIGHTS_INSTRUMENTATIONKEY when your function app requires the added customizations supported by using the connection string. 詳細については、接続文字列に関するページを参照してください。For more information, see Connection strings.

KeyKey 値の例Sample value
APPLICATIONINSIGHTS_CONNECTION_STRINGAPPLICATIONINSIGHTS_CONNECTION_STRING InstrumentationKey=[key];IngestionEndpoint=[url];LiveEndpoint=[url];ProfilerEndpoint=[url];SnapshotEndpoint=[url];InstrumentationKey=[key];IngestionEndpoint=[url];LiveEndpoint=[url];ProfilerEndpoint=[url];SnapshotEndpoint=[url];

AZURE_FUNCTION_PROXY_DISABLE_LOCAL_CALLAZURE_FUNCTION_PROXY_DISABLE_LOCAL_CALL

既定では、Functions プロキシは、ショートカットを使用して、同じ関数アプリ内の関数にプロキシから直接 API 呼び出しを送信します。By default, Functions proxies use a shortcut to send API calls from proxies directly to functions in the same function app. このショートカットは、新しい HTTP 要求を作成する代わりに使用されます。This shortcut is used instead of creating a new HTTP request. この設定を使用すると、そのショートカット動作を無効にすることができます。This setting allows you to disable that shortcut behavior.

KeyKey Value 説明Description
AZURE_FUNCTION_PROXY_DISABLE_LOCAL_CALLAZURE_FUNCTION_PROXY_DISABLE_LOCAL_CALL truetrue ローカル関数アプリ内の関数を指すバックエンド URL を使用した呼び出しは、その関数に直接送信されません。Calls with a backend URL pointing to a function in the local function app won't be sent directly to the function. 代わりに、要求は、関数アプリの HTTP フロントエンドに戻されます。Instead, the requests are directed back to the HTTP frontend for the function app.
AZURE_FUNCTION_PROXY_DISABLE_LOCAL_CALLAZURE_FUNCTION_PROXY_DISABLE_LOCAL_CALL falsefalse ローカル関数アプリ内の関数を指すバックエンド URL を使用した呼び出しは、その関数に直接転送されます。Calls with a backend URL pointing to a function in the local function app are forwarded directly to the function. これが既定値です。This is the default value.

AZURE_FUNCTION_PROXY_BACKEND_URL_DECODE_SLASHESAZURE_FUNCTION_PROXY_BACKEND_URL_DECODE_SLASHES

この設定は、文字 %2F がバックエンド URL に挿入されたときにこれをルート パラメーターでスラッシュとしてデコードするかどうかを制御します。This setting controls whether the characters %2F are decoded as slashes in route parameters when they are inserted into the backend URL.

KeyKey Value 説明Description
AZURE_FUNCTION_PROXY_BACKEND_URL_DECODE_SLASHESAZURE_FUNCTION_PROXY_BACKEND_URL_DECODE_SLASHES truetrue エンコードされたスラッシュを含むルート パラメーターがデコードされます。Route parameters with encoded slashes are decoded.
AZURE_FUNCTION_PROXY_BACKEND_URL_DECODE_SLASHESAZURE_FUNCTION_PROXY_BACKEND_URL_DECODE_SLASHES falsefalse すべてのルート パラメーターは変更されずに渡されます。これは既定の動作です。All route parameters are passed along unchanged, which is the default behavior.

たとえば、myfunction.com ドメインの関数アプリ用の proxies.json ファイルを考えてみます。For example, consider the proxies.json file for a function app at the myfunction.com domain.

{
    "$schema": "http://json.schemastore.org/proxies",
    "proxies": {
        "root": {
            "matchCondition": {
                "route": "/{*all}"
            },
            "backendUri": "example.com/{all}"
        }
    }
}

AZURE_FUNCTION_PROXY_BACKEND_URL_DECODE_SLASHEStrue に設定されている場合、URL example.com/api%2ftestexample.com/api/test に解決されます。When AZURE_FUNCTION_PROXY_BACKEND_URL_DECODE_SLASHES is set to true, the URL example.com/api%2ftest resolves to example.com/api/test. 既定では、URL は example.com/test%2fapi のまま変更されません。By default, the URL remains unchanged as example.com/test%2fapi. 詳細については、Functions プロキシに関するページを参照してください。For more information, see Functions proxies.

AZURE_FUNCTIONS_ENVIRONMENTAZURE_FUNCTIONS_ENVIRONMENT

Functions ランタイムのバージョン 2.x 以降では、ランタイム環境に基づいてアプリの動作を構成します。In version 2.x and later versions of the Functions runtime, configures app behavior based on the runtime environment. この値は、初期化中に読み取られますThis value is read during initialization. AZURE_FUNCTIONS_ENVIRONMENT は任意の値に設定することができますが、次の 3 つの値がサポートされています。DevelopmentStagingProductionYou can set AZURE_FUNCTIONS_ENVIRONMENT to any value, but three values are supported: Development, Staging, and Production. AZURE_FUNCTIONS_ENVIRONMENT が設定されていない場合、既定では、ローカル環境では Development になり、Azure では Production になります。When AZURE_FUNCTIONS_ENVIRONMENT isn't set, it defaults to Development on a local environment and Production on Azure. この設定は、ランタイム環境を設定するために、ASPNETCORE_ENVIRONMENT の代わりに使用する必要があります。This setting should be used instead of ASPNETCORE_ENVIRONMENT to set the runtime environment.

AzureFunctionsJobHost__*AzureFunctionsJobHost__*

Functions ランタイムのバージョン 2.x 以降では、現在の環境の host.json 設定をアプリケーション設定でオーバーライドできます。In version 2.x and later versions of the Functions runtime, application settings can override host.json settings in the current environment. これらのオーバーライドは、AzureFunctionsJobHost__path__to__setting という名前のアプリケーション設定として表されます。These overrides are expressed as application settings named AzureFunctionsJobHost__path__to__setting. 詳細については、「host.json 値をオーバーライドする」を参照してください。For more information, see Override host.json values.

AzureWebJobsDashboardAzureWebJobsDashboard

ログの保存と、それらをポータルの [モニター] タブに表示する、オプションのストレージ アカウントの接続文字列です。Optional storage account connection string for storing logs and displaying them in the Monitor tab in the portal. この設定は、Azure Functions ランタイムのバージョン 1.x を対象とするアプリに対してのみ有効です。This setting is only valid for apps that target version 1.x of the Azure Functions runtime. このストレージ アカウントは、blob、キュー、およびテーブルをサポートする汎用的なものである必要があります。The storage account must be a general-purpose one that supports blobs, queues, and tables. 詳しくは、「ストレージ アカウントの要件」をご覧ください。To learn more, see Storage account requirements.

KeyKey 値の例Sample value
AzureWebJobsDashboardAzureWebJobsDashboard DefaultEndpointsProtocol=https;AccountName=;AccountKey=DefaultEndpointsProtocol=https;AccountName=;AccountKey=

注意

より良いパフォーマンスとエクスペリエンスのために、ランタイムのバージョン 2.x 以降では、AzureWebJobsDashboard ではなく APPINSIGHTS_INSTRUMENTATIONKEY と App Insights を使用します。For better performance and experience, runtime version 2.x and later versions use APPINSIGHTS_INSTRUMENTATIONKEY and App Insights for monitoring instead of AzureWebJobsDashboard.

AzureWebJobsDisableHomepageAzureWebJobsDisableHomepage

true は、関数アプリのルート URL 用に表示される既定のランディング ページを無効にすることを意味します。true means disable the default landing page that is shown for the root URL of a function app. 既定値は false です。Default is false.

KeyKey 値の例Sample value
AzureWebJobsDisableHomepageAzureWebJobsDisableHomepage truetrue

このアプリ設定を省略するか、false に設定した場合、URL <functionappname>.azurewebsites.net の応答に対し、次の例のようなものが表示されます。When this app setting is omitted or set to false, a page similar to the following example is displayed in response to the URL <functionappname>.azurewebsites.net.

関数アプリのランディング ページ

AzureWebJobsDotNetReleaseCompilationAzureWebJobsDotNetReleaseCompilation

true は、.NET コードのコンパイルにリリース モードを使用することを意味し、false は、デバッグ モードを使用することを意味します。true means use Release mode when compiling .NET code; false means use Debug mode. 既定値は true です。Default is true.

KeyKey 値の例Sample value
AzureWebJobsDotNetReleaseCompilationAzureWebJobsDotNetReleaseCompilation truetrue

AzureWebJobsFeatureFlagsAzureWebJobsFeatureFlags

有効にするベータ機能のコンマ区切りの一覧です。A comma-delimited list of beta features to enable. これらのフラグで有効となるベータ機能は本番には適しませんが、公開前の実験的な使用には有効にすることができます。Beta features enabled by these flags are not production ready, but can be enabled for experimental use before they go live.

KeyKey 値の例Sample value
AzureWebJobsFeatureFlagsAzureWebJobsFeatureFlags feature1,feature2feature1,feature2

AzureWebJobsSecretStorageTypeAzureWebJobsSecretStorageType

キーの保存に使用するリポジトリまたはプロバイダーを指定します。Specifies the repository or provider to use for key storage. 現時点でサポートされているリポジトリは、BLOB ストレージ ("Blob") およびローカル ファイル システム ("Files") です。Currently, the supported repositories are blob storage ("Blob") and the local file system ("Files"). 既定では、バージョン 2 では BLOB、バージョン 1 ではファイル システムが使用されます。The default is blob in version 2 and file system in version 1.

KeyKey 値の例Sample value
AzureWebJobsSecretStorageTypeAzureWebJobsSecretStorageType ファイルFiles

AzureWebJobsStorageAzureWebJobsStorage

Azure Functions ランタイムは、HTTP によってトリガーされる関数を除くすべての関数で、このストレージ アカウントの接続文字列を使用します。The Azure Functions runtime uses this storage account connection string for all functions except for HTTP triggered functions. このストレージ アカウントは、blob、キュー、およびテーブルをサポートする汎用的なものである必要があります。The storage account must be a general-purpose one that supports blobs, queues, and tables. ストレージ アカウント」および「ストレージ アカウントの要件」を参照してください。See Storage account and Storage account requirements.

KeyKey 値の例Sample value
AzureWebJobsStorageAzureWebJobsStorage DefaultEndpointsProtocol=https;AccountName=[name];AccountKey=[key]DefaultEndpointsProtocol=https;AccountName=[name];AccountKey=[key]

AzureWebJobs_TypeScriptPathAzureWebJobs_TypeScriptPath

Typescript で使用されるコンパイラへのパスです。Path to the compiler used for TypeScript. 必要に応じて、既定値はオーバーライドできます。Allows you to override the default if you need to.

KeyKey 値の例Sample value
AzureWebJobs_TypeScriptPathAzureWebJobs_TypeScriptPath %HOME%\typescript%HOME%\typescript

FUNCTION_APP_EDIT_MODEFUNCTION_APP_EDIT_MODE

Azure portal での編集が有効になっているかどうかを決定します。Dictates whether editing in the Azure portal is enabled. 有効な値は "readwrite" および "readonly" です。Valid values are "readwrite" and "readonly".

KeyKey 値の例Sample value
FUNCTION_APP_EDIT_MODEFUNCTION_APP_EDIT_MODE readonlyreadonly

FUNCTIONS_EXTENSION_VERSIONFUNCTIONS_EXTENSION_VERSION

この関数アプリで使用する Functions ランタイムのバージョンです。The version of the Functions runtime to use in this function app. メジャー バージョンのチルダ (例: "~2") は、そのメジャー バージョンの最新バージョンを使用することを意味します。A tilde with major version means use the latest version of that major version (for example, "~2"). 同じメジャー バージョンの新しいバージョンが使用できる場合、それらは関数アプリに自動的にインストールされています。When new versions for the same major version are available, they are automatically installed in the function app. 特定のバージョンにアプリを固定するには、完全なバージョン番号 (例: "2.0.12345") を使用します。To pin the app to a specific version, use the full version number (for example, "2.0.12345"). 既定値は "~2" です。Default is "~2". ~1 の値は、アプリをバージョン 1.x のランタイムに固定します。A value of ~1 pins your app to version 1.x of the runtime.

KeyKey 値の例Sample value
FUNCTIONS_EXTENSION_VERSIONFUNCTIONS_EXTENSION_VERSION ~2~2

FUNCTIONS_V2_COMPATIBILITY_MODEFUNCTIONS_V2_COMPATIBILITY_MODE

この設定により、関数アプリはバージョン 3.x ランタイムでバージョン 2.x 互換モードで実行できるようになります。This setting enables your function app to run in a version 2.x compatible mode on the version 3.x runtime. この設定は、関数アプリをランタイムのバージョン 2.x から 3.x にアップグレードするときに問題が発生した場合にのみ使用してください。Use this setting only if encountering issues when upgrading your function app from version 2.x to 3.x of the runtime.

重要

この設定は、アプリケーションをバージョン 3.x で正常に動作するように更新するときに、短期的な回避策としてのみ使用することを目的としています。This setting is intended only as a short-term workaround while you update your app to run correctly on version 3.x. 2.x ランタイムがサポートされている限り、この設定はサポートされます。This setting is supported as long as the 2.x runtime is supported. この設定を使用せずにバージョン 3.x でアプリを実行できない問題が発生した場合は、問題を報告してください。If you encounter issues that prevent your app from running on version 3.x without using this setting, please report your issue.

FUNCTIONS_EXTENSION_VERSION~3 に設定する必要があります。Requires that FUNCTIONS_EXTENSION_VERSION be set to ~3.

KeyKey 値の例Sample value
FUNCTIONS_V2_COMPATIBILITY_MODEFUNCTIONS_V2_COMPATIBILITY_MODE truetrue

FUNCTIONS_WORKER_PROCESS_COUNTFUNCTIONS_WORKER_PROCESS_COUNT

言語ワーカー プロセスの最大数を指定します。既定値は 1 です。Specifies the maximum number of language worker processes, with a default value of 1. 許容される最大値は 10 です。The maximum value allowed is 10. 関数呼び出しは、言語ワーカー プロセス間で均等に分散されます。Function invocations are evenly distributed among language worker processes. 言語ワーカー プロセスは、FUNCTIONS_WORKER_PROCESS_COUNT によって設定されたカウントに達するまで、10 秒ごとに生成されます。Language worker processes are spawned every 10 seconds until the count set by FUNCTIONS_WORKER_PROCESS_COUNT is reached. 複数の言語ワーカー プロセスの使用は、スケーリングと同じではありません。Using multiple language worker processes is not the same as scaling. CPU にバインドされた呼び出しと I/O にバインドされた呼び出しがワークロードに混在している場合は、この設定を使用することを検討してください。Consider using this setting when your workload has a mix of CPU-bound and I/O-bound invocations. この設定はすべての非 .NET 言語に適用されます。This setting applies to all non-.NET languages.

KeyKey 値の例Sample value
FUNCTIONS_WORKER_PROCESS_COUNTFUNCTIONS_WORKER_PROCESS_COUNT 22

FUNCTIONS_WORKER_RUNTIMEFUNCTIONS_WORKER_RUNTIME

ワーカー ランタイムが関数アプリに読み込む言語。The language worker runtime to load in the function app. これは、アプリケーションで使用されている言語に対応します (たとえば、"dotnet")。This will correspond to the language being used in your application (for example, "dotnet"). 関数の言語が混在する場合、関数ごとに対応するワーカー ランタイム値を設定して、関数を複数のアプリに公開する必要があります。For functions in multiple languages you will need to publish them to multiple apps, each with a corresponding worker runtime value. 有効な値は、dotnet (C#/F#)、node (JavaScript/TypeScript)、java (Java)、powershell (PowerShell)、python (Python) です。Valid values are dotnet (C#/F#), node (JavaScript/TypeScript), java (Java), powershell (PowerShell), and python (Python).

KeyKey 値の例Sample value
FUNCTIONS_WORKER_RUNTIMEFUNCTIONS_WORKER_RUNTIME dotnetdotnet

PIP_EXTRA_INDEX_URLPIP_EXTRA_INDEX_URL

この設定の値は、Python アプリのカスタム パッケージ インデックス URL を示します。The value for this setting indicates a custom package index URL for Python apps. この設定は、追加のパッケージ インデックスにあるカスタム依存関係を使用してリモート ビルドを実行する必要がある場合に使用します。Use this setting when you need to run a remote build using custom dependencies that are found in an extra package index.

KeyKey 値の例Sample value
PIP_EXTRA_INDEX_URLPIP_EXTRA_INDEX_URL http://my.custom.package.repo/simple

詳細については、Python 開発者リファレンスの「カスタムの依存関係」を参照してください。To learn more, see Custom dependencies in the Python developer reference.

SCALE_CONTROLLER_LOGGING_ENABLESCALE_CONTROLLER_LOGGING_ENABLE

"この設定は現在プレビューの段階です。 "This setting is currently in preview.

この設定は、Azure Functions スケール コントローラーからのログ記録を制御します。This setting controls logging from the Azure Functions scale controller. 詳細については、スケール コントローラーのログに関するセクションを参照してください。For more information, see Scale controller logs.

KeyKey 値の例Sample value
SCALE_CONTROLLER_LOGGING_ENABLESCALE_CONTROLLER_LOGGING_ENABLE AppInsights:VerboseAppInsights:Verbose

このキーの値は <DESTINATION>:<VERBOSITY> の形式で指定されます。これは次のように定義されます。The value for this key is supplied in the format <DESTINATION>:<VERBOSITY>, which is defined as follows:

<DESTINATION> ログの送信先。The destination to which logs are sent. 有効な値は AppInsightsBlob です。Valid values are AppInsights and Blob.
AppInsights を使用する場合は、関数アプリで Application Insights が有効になっていることを確認してください。When you use AppInsights, make sure Application Insights is enabled in your function app.
宛先を Blob に設定すると、AzureWebJobsStorage アプリケーション設定で設定されている既定のストレージ アカウントの azure-functions-scale-controller という名前の BLOB コンテナーにログが作成されます。When you set the destination to Blob, logs are created in a blob container named azure-functions-scale-controller in the default storage account set in the AzureWebJobsStorage application setting.
<VERBOSITY> ログ記録のレベルを指定します。Specifies the level of logging. サポートされている値は、NoneWarning、および Verbose です。Supported values are None, Warning, and Verbose.
Verbose に設定すると、スケール コントローラーは、すべてのワーカー数の変更の理由と、それらの決定の要因となるトリガーに関する情報をログに記録します。When set to Verbose, the scale controller logs a reason for every change in the worker count, as well as information about the triggers that factor into those decisions. 詳細ログには、トリガー警告と、スケール コントローラーの実行前と実行後にトリガーによって使用されたハッシュが含まれます。Verbose logs include trigger warnings and the hashes used by the triggers before and after the scale controller runs.

注意事項

スケール コントローラーのログ記録を有効にしたままにしないでください。Don't leave scale controller logging enabled. スケール コントローラーの動作を理解するのに十分なデータを収集するまでログ記録を有効にし、その後は無効にします。Enable logging until you have collected enough data to understand how the scale controller is behaving, and then disable it.

WEBSITE_CONTENTAZUREFILECONNECTIONSTRINGWEBSITE_CONTENTAZUREFILECONNECTIONSTRING

従量課金および Premium プランのみ。For Consumption & Premium plans only. 関数アプリのコードと構成が格納されているストレージ アカウントの接続文字列です。Connection string for storage account where the function app code and configuration are stored. Function App を作成する」を参照してください。See Create a function app.

KeyKey 値の例Sample value
WEBSITE_CONTENTAZUREFILECONNECTIONSTRINGWEBSITE_CONTENTAZUREFILECONNECTIONSTRING DefaultEndpointsProtocol=https;AccountName=[name];AccountKey=[key]DefaultEndpointsProtocol=https;AccountName=[name];AccountKey=[key]

WEBSITE_CONTENTSHAREWEBSITE_CONTENTSHARE

従量課金および Premium プランのみ。For Consumption & Premium plans only. 関数アプリ コードと構成へのファイル パスです。The file path to the function app code and configuration. WEBSITE_CONTENTAZUREFILECONNECTIONSTRING と共に使用されます。Used with WEBSITE_CONTENTAZUREFILECONNECTIONSTRING. 既定は、関数アプリ名で始まる一意文字列です。Default is a unique string that begins with the function app name. Function App を作成する」を参照してください。See Create a function app.

KeyKey 値の例Sample value
WEBSITE_CONTENTSHAREWEBSITE_CONTENTSHARE functionapp091999e2functionapp091999e2

WEBSITE_MAX_DYNAMIC_APPLICATION_SCALE_OUTWEBSITE_MAX_DYNAMIC_APPLICATION_SCALE_OUT

関数アプリがスケールアウトできる最大のインスタンス数です。The maximum number of instances that the function app can scale out to. 既定は無制限です。Default is no limit.

注意

この設定は、プレビュー機能です。5 以下の値を設定した場合にのみ、信頼して使用できます。This setting is a preview feature - and only reliable if set to a value <= 5

KeyKey 値の例Sample value
WEBSITE_MAX_DYNAMIC_APPLICATION_SCALE_OUTWEBSITE_MAX_DYNAMIC_APPLICATION_SCALE_OUT 55

WEBSITE_NODE_DEFAULT_VERSIONWEBSITE_NODE_DEFAULT_VERSION

"Windows のみ"。Windows only.
Windows で関数アプリを実行するときに使用する Node.js のバージョンを設定します。Sets the version of Node.js to use when running your function app on Windows. チルダ (~) を使用して、ランタイムがターゲット メジャー バージョンの利用可能な最新バージョンを使用するようにする必要があります。You should use a tilde (~) to have the runtime use the latest available version of the targeted major version. たとえば、~10 に設定すると、最新バージョンの Node.js 10 が使用されます。For example, when set to ~10, the latest version of Node.js 10 is used. メジャー バージョンがチルダ付きで対象になっている場合は、マイナー バージョンを手動で更新する必要はありません。When a major version is targeted with a tilde, you don't have to manually update the minor version.

KeyKey 値の例Sample value
WEBSITE_NODE_DEFAULT_VERSIONWEBSITE_NODE_DEFAULT_VERSION ~10~10

WEBSITE_RUN_FROM_PACKAGEWEBSITE_RUN_FROM_PACKAGE

マウントされたパッケージ ファイルから関数アプリを実行できるようにします。Enables your function app to run from a mounted package file.

KeyKey 値の例Sample value
WEBSITE_RUN_FROM_PACKAGEWEBSITE_RUN_FROM_PACKAGE 11

有効な値は、展開パッケージ ファイルの場所に解決される URL、または 1 です。Valid values are either a URL that resolves to the location of a deployment package file, or 1. 1 に設定した場合、パッケージは d:\home\data\SitePackages フォルダーに存在する必要があります。When set to 1, the package must be in the d:\home\data\SitePackages folder. この設定で zip デプロイを使用すると、パッケージは自動的にこの場所にアップロードされます。When using zip deployment with this setting, the package is automatically uploaded to this location. プレビューでは、この設定は WEBSITE_RUN_FROM_ZIP という名前でした。In preview, this setting was named WEBSITE_RUN_FROM_ZIP. 詳細については、パッケージ ファイルからの関数の実行に関するページを参照してください。For more information, see Run your functions from a package file.

WEBSITE_TIME_ZONEWEBSITE_TIME_ZONE

関数アプリのタイムゾーンを設定できます。Allows you to set the timezone for your function app.

KeyKey OSOS 値の例Sample value
WEBSITE_TIME_ZONEWEBSITE_TIME_ZONE WindowsWindows 東部標準時Eastern Standard Time
WEBSITE_TIME_ZONEWEBSITE_TIME_ZONE LinuxLinux America/New_YorkAmerica/New_York

CRON 式で使用する既定のタイム ゾーンは、協定世界時 (UTC) です。The default time zone used with the CRON expressions is Coordinated Universal Time (UTC). 別のタイム ゾーンに基づく CRON 式を使うには、Function App 用に WEBSITE_TIME_ZONE という名前のアプリ設定を作成します。To have your CRON expression based on another time zone, create an app setting for your function app named WEBSITE_TIME_ZONE.

この設定の値は、関数アプリを実行するオペレーティング システムとプランによって異なります。The value of this setting depends on the operating system and plan on which your function app runs.

オペレーティング システムOperating system プランPlan Value
WindowsWindows AllAll この値を、[Microsoft のタイム ゾーン インデックス](https://docs.microsoft.com/previous-versions/windows/it-pro/windows-vista/cc749073(v=ws.10) に関するページに示されている目的のタイム ゾーンの名前に設定します。Set the value to the name of the desired time zone as shown in the [Microsoft Time Zone Index](https://docs.microsoft.com/previous-versions/windows/it-pro/windows-vista/cc749073(v=ws.10).
LinuxLinux PremiumPremium
専用Dedicated
この値を、tz データベースに関するページに示されている目的のタイム ゾーンの名前に設定します。Set the value to the name of the desired time zone as shown in the tz database.

注意

Linux 従量課金プランでは、現在 WEBSITE_TIME_ZONE はサポートされていません。WEBSITE_TIME_ZONE is not currently supported on the Linux Consumption plan.

たとえば、Eastern Standard Time (Windows) と America/New_York (Linux) は UTC-05:00 です。For example, Eastern Standard Time (Windows) or America/New_York (Linux) is UTC-05:00. タイマー トリガーが毎日東部標準時の午前 10 時に発生するように設定するには、UTC タイム ゾーンを考慮した次の NCRONTAB 式を使用できます。To have your timer trigger fire at 10:00 AM EST every day, use the following NCRONTAB expression that accounts for UTC time zone:

"0 0 15 * * *"

または、関数アプリのアプリ設定を WEBSITE_TIME_ZONE という名前で作成し、その値を Eastern Standard Time (Windows) または America/New_York (Linux) に設定して、次の NCRONTAB 式を使用します。Or create an app setting for your function app named WEBSITE_TIME_ZONE, set the value to Eastern Standard Time (Windows) or America/New_York (Linux), and then use the following NCRONTAB expression:

"0 0 10 * * *"

WEBSITE_TIME_ZONE を使用すると、夏時間などの特定のタイムゾーンでの時間変更に対応するように、時刻が調整されます。When you use WEBSITE_TIME_ZONE, the time is adjusted for time changes in the specific timezone, such as daylight savings time.

次のステップNext steps

アプリケーション設定の更新方法Learn how to update app settings

host.json ファイルのグローバル設定を参照するSee global settings in the host.json file

App Service アプリの他のアプリ設定を参照するSee other app settings for App Service apps