Azure App Service のパフォーマンスの監視Monitor Azure App Service performance

Azure App Services 上で実行されているご利用の ASP.NET および ASP.NET Core ベースの Web アプリケーションで、これまでよりも簡単に監視を有効にすることができるようになりました。Enabling monitoring on your ASP.NET and ASP.NET Core based web applications running on Azure App Services is now easier than ever. 以前は手動でサイト拡張機能をインストールする必要がありましたが、最新の拡張機能/エージェントが既定でアプリ サービス イメージに組み込まれました。Whereas previously you needed to manually install a site extension, the latest extension/agent is now built into the app service image by default. この記事では、Application Insights の監視を有効にする手順を説明し、大規模なデプロイ プロセスを自動化する準備となるガイダンスを提供します。This article will walk you through enabling Application Insights monitoring as well as provide preliminary guidance for automating the process for large-scale deployments.

注意

[開発ツール] > [拡張機能] を使用して Application Insights のサイト拡張機能を手動で追加することは、非推奨になりました。Manually adding an Application Insights site extension via Development Tools > Extensions is deprecated. この拡張機能のインストール方法は、新しい各バージョンの手動更新が必要でした。This method of extension installation was dependent on manual updates for each new version. 拡張機能の最新の安定版リリースが、App Service イメージの一部としてプレインストールされるようになりました。The latest stable release of the extension is now preinstalled as part of the App Service image. これらのファイルは d:\Program Files (x86)\SiteExtensions\ApplicationInsightsAgent にあり、安定版リリースごとに自動的に更新されます。The files are located in d:\Program Files (x86)\SiteExtensions\ApplicationInsightsAgent and are automatically updated with each stable release. 以下の監視を有効にするエージェント ベースの手順を実行すると、非推奨の拡張機能は自動的に削除されます。If you follow the agent based instructions to enable monitoring below, it will automatically remove the deprecated extension for you.

Application Insights を有効にするEnable Application Insights

Azure App Services がホストするアプリケーションについてアプリケーション監視を有効にする方法は 2 つあります。There are two ways to enable application monitoring for Azure App Services hosted applications:

  • エージェントベースのアプリケーション監視 (ApplicationInsightsAgent)。Agent-based application monitoring (ApplicationInsightsAgent).

    • 有効にするにはこの方法が最も簡単であり、高度な構成は不要です。This method is the easiest to enable, and no advanced configuration is required. 多くの場合、これは "ランタイム" 監視と呼ばれます。It is often referred to as "runtime" monitoring. Azure App Services では、少なくともこのレベルの監視を有効にすることをお勧めします。それから、お客様固有のシナリオに基づいて、手動のインストルメンテーションによる高度な監視が必要かどうかを評価できます。For Azure App Services we recommend at a minimum enabling this level of monitoring, and then based on your specific scenario you can evaluate whether more advanced monitoring through manual instrumentation is needed.
  • Application Insights SDK をインストールし、コードを介して手動でアプリケーションをインストルメント化する方法Manually instrumenting the application through code by installing the Application Insights SDK.

注意

エージェント ベースの監視と手動の SDK ベースのインストルメンテーションの両方が検出された場合は、手動のインストルメンテーション設定のみが受け付けられます。If both agent-based monitoring and manual SDK-based instrumentation is detected, only the manual instrumentation settings will be honored. これは、重複したデータが送信されないようにするためです。This is to prevent duplicate data from being sent. この詳細については、以下の「トラブルシューティング」セクションを参照してください。To learn more about this, check out the troubleshooting section below.

エージェント ベースの監視を有効にするEnable agent-based monitoring

注意

APPINSIGHTS_JAVASCRIPT_ENABLED と urlCompression の組み合わせはサポートされていません。The combination of APPINSIGHTS_JAVASCRIPT_ENABLED and urlCompression is not supported. 詳細については、トラブルシューティングのセクションの説明を参照してください。For more info see the explanation in the troubleshooting section.

  1. アプリ サービスの Azure コントロール パネルで [Application Insights] を選択します。Select Application Insights in the Azure control panel for your app service.

    [設定] の [Application Insights] を選択する

    • このアプリケーションの Application Insights リソースを既に設定している場合を除き、新しいリソースの作成を選択します。Choose to create a new resource, unless you already set up an Application Insights resource for this application.

      注意

      [OK] をクリックして新しいリソースを作成すると、監視の設定を適用するように求めるメッセージが表示されます。When you click OK to create the new resource you will be prompted to Apply monitoring settings. [続行] を選択すると、新しい Application Insights リソースがアプリ サービスにリンクされ、アプリ サービスの再起動がトリガーされます。Selecting Continue will link your new Application Insights resource to your app service, doing so will also trigger a restart of your app service.

      Web アプリをインストルメント化する

  2. 使用するリソースを指定した後、アプリケーションのプラットフォームごとのデータを Application Insights でどのように収集するかを選択できます。After specifying which resource to use, you can choose how you want application insights to collect data per platform for your application. ASP.NET アプリの監視は既定でオンであり、2 つの異なる収集レベルがあります。ASP.NET app monitoring is on-by-default with two different levels of collection.

    プラットフォームごとのオプションを選択する

    • .NET 基本収集レベルの場合、必要なシングルインスタンス APM 機能が提供されます。.NET Basic collection level offers essential single-instance APM capabilities.

    • .NET 推奨収集レベルの場合、.NET Recommended collection level:

      • CPU、メモリ、I/O の使用状況傾向が追加されます。Adds CPU, memory, and I/O usage trends.
      • 要求/依存関係の境界を越えてマイクロサービスが相互に関連付けられます。Correlates micro-services across request/dependency boundaries.
      • 使用状況傾向が収集され、可用性の結果とトランザクションを関連付けることができます。Collects usage trends, and enables correlation from availability results to transactions.
      • ホスト プロセスで処理されていない例外が収集されます。Collects exceptions unhandled by the host process.
      • サンプリングが使用されるとき、負荷の下で APM メトリックの精度が上がります。Improves APM metrics accuracy under load, when sampling is used.
  3. 以前に applicationinsights.config ファイルで制御できたサンプリングなどの設定を構成する場合、[アプリケーション設定] で対応するプレフィックスを使用して同じ設定と対話できるようになりました。To configure settings like sampling, which you could previously control via the applicationinsights.config file you can now interact with those same settings via Application settings with a corresponding prefix.

    • たとえば、最初のサンプリング率を変更するには、MicrosoftAppInsights_AdaptiveSamplingTelemetryProcessor_InitialSamplingPercentage100 の値の [アプリケーション設定] を作成できます。For example, to change the initial sampling percentage, you can create an Application setting of: MicrosoftAppInsights_AdaptiveSamplingTelemetryProcessor_InitialSamplingPercentage and a value of 100.

    • サポートされるアダプティブ サンプリング テレメトリ プロセッサ設定の一覧については、コード関連ドキュメントを参照してください。For the list of supported adaptive sampling telemetry processor settings, you can consult the code and associated documentation.

クライアント側の監視を有効にするEnable client-side monitoring

ASP.NET の場合、クライアント側の監視はオプトインです。Client-side monitoring is opt-in for ASP.NET. クライアント側の監視を有効にするには:To enable client-side monitoring:

  • [設定] 、** [アプリケーション設定] ** の順に選択しますSelect Settings >** **Application settings****
    • [アプリケーション設定] で、新しいアプリ設定名を追加します。Under Application settings, add a new app setting name and value:

      名前: APPINSIGHTS_JAVASCRIPT_ENABLEDName: APPINSIGHTS_JAVASCRIPT_ENABLED

      値: trueValue: true

    • 設定を [保存] し、アプリを [再起動] します。Save the settings and Restart your app.

アプリケーション設定 UI のスクリーンショット

クライアント側の監視を無効にするには、[アプリケーション設定] から関連付けられているキーと値のペアを削除するか、値を false に設定します。To disable client-side monitoring either remove the associated key value pair from the Application settings, or set the value to false.

監視の自動化Automate monitoring

Application Insights を使用したテレメトリの収集を有効にするのに必要なのは、アプリケーション設定の設定のみです。In order to enable telemetry collection with Application Insights, only the Application settings need to be set:

利用可能な Application Insights の設定が表示された App Service のアプリケーション設定

アプリケーション設定の定義Application settings definitions

アプリ設定の名前App setting name 定義Definition Value
ApplicationInsightsAgent_EXTENSION_VERSIONApplicationInsightsAgent_EXTENSION_VERSION メインの拡張機能で、実行時の監視を制御します。Main extension, which controls runtime monitoring. ~2
XDT_MicrosoftApplicationInsights_ModeXDT_MicrosoftApplicationInsights_Mode 既定モードのみ、最適なパフォーマンスを保証するため重要な機能が有効になります。In default mode only, essential features are enabled in order to insure optimal performance. default または recommendeddefault or recommended.
InstrumentationEngine_EXTENSION_VERSIONInstrumentationEngine_EXTENSION_VERSION バイナリ再書き込みエンジン InstrumentationEngine がオンにされるかどうかを制御します。Controls if the binary-rewrite engine InstrumentationEngine will be turned on. この設定は、パフォーマンスに影響し、コールド スタート/起動時間に影響を与えます。This setting has performance implications and impacts cold start/startup time. ~1
XDT_MicrosoftApplicationInsights_BaseExtensionsXDT_MicrosoftApplicationInsights_BaseExtensions SQL と Azure テーブル テキストが依存関係呼び出しと共にキャプチャされるかどうかを制御します。Controls if SQL & Azure table text will be captured along with the dependency calls. パフォーマンスの警告: この設定には InstrumentationEngine が必要です。Performance warning: this setting requires the InstrumentationEngine. ~1

Azure Resource Manager を使用した App Service のアプリケーション設定App Service Application settings with Azure Resource Manager

App Services のアプリケーション設定は、Azure Resource Manager テンプレートを使用して管理および構成できます。Application settings for App Services can be managed and configured with Azure Resource Manager templates. この手法は、Azure Resource Manager オートメーションで新しい App Service リソースをデプロイするとき、または既存のリソースの設定を変更するときに使用できます。This method can be used when deploying new App Service resources with Azure Resource Manager automation, or for modifying the settings of existing resources.

アプリ サービスに使用されるアプリケーション設定 JSON の基本構造を次に示します。The basic structure of the application settings JSON for an app service is below:

      "resources": [
        {
          "name": "appsettings",
          "type": "config",
          "apiVersion": "2015-08-01",
          "dependsOn": [
            "[resourceId('Microsoft.Web/sites', variables('webSiteName'))]"
          ],
          "tags": {
            "displayName": "Application Insights Settings"
          },
          "properties": {
            "key1": "value1",
            "key2": "value2"
          }
        }
      ]

アプリケーション設定が Application Insights 用に構成されている Azure Resource Manager テンプレートの例として、このテンプレートは役立ちます。238 行目以降のセクションは特に有益です。For an example of an Azure Resource Manager template with Application settings configured for Application Insights, this template can be helpful, specifically the section starting on line 238.

Application Insights の設定をすべて既定の設定にして Azure Resource Manager テンプレートを作成するには、Application Insights を有効にして新しい Web アプリを作成する場合のようにプロセスを開始します。To create an Azure Resource Manager template with all the default Application Insights settings configured, begin the process as if you were going to create a new Web App with Application Insights enabled.

Automation オプションの選択Select Automation options

App Service の Web アプリ作成メニュー

このオプションにより、必要な設定がすべて設定済みの、最新の Azure Resource Manager テンプレートが生成されます。This option generates the latest Azure Resource Manager template with all required settings configured.

App Service の Web アプリ テンプレート

以下はサンプルです。すべての AppMonitoredSite をサイト名に置き換えてください。Below is a sample, replace all instances of AppMonitoredSite with your site name:

{
    "resources": [
        {
            "name": "[parameters('name')]",
            "type": "Microsoft.Web/sites",
            "properties": {
                "siteConfig": {
                    "appSettings": [
                        {
                            "name": "APPINSIGHTS_INSTRUMENTATIONKEY",
                            "value": "[reference('microsoft.insights/components/AppMonitoredSite', '2015-05-01').InstrumentationKey]"
                        },
                        {
                            "name": "ApplicationInsightsAgent_EXTENSION_VERSION",
                            "value": "~2"
                        }
                    ]
                },
                "name": "[parameters('name')]",
                "serverFarmId": "[concat('/subscriptions/', parameters('subscriptionId'),'/resourcegroups/', parameters('serverFarmResourceGroup'), '/providers/Microsoft.Web/serverfarms/', parameters('hostingPlanName'))]",
                "hostingEnvironment": "[parameters('hostingEnvironment')]"
            },
            "dependsOn": [
                "[concat('Microsoft.Web/serverfarms/', parameters('hostingPlanName'))]",
                "microsoft.insights/components/AppMonitoredSite"
            ],
            "apiVersion": "2016-03-01",
            "location": "[parameters('location')]"
        },
        {
            "apiVersion": "2016-09-01",
            "name": "[parameters('hostingPlanName')]",
            "type": "Microsoft.Web/serverfarms",
            "location": "[parameters('location')]",
            "properties": {
                "name": "[parameters('hostingPlanName')]",
                "workerSizeId": "[parameters('workerSize')]",
                "numberOfWorkers": "1",
                "hostingEnvironment": "[parameters('hostingEnvironment')]"
            },
            "sku": {
                "Tier": "[parameters('sku')]",
                "Name": "[parameters('skuCode')]"
            }
        },
        {
            "apiVersion": "2015-05-01",
            "name": "AppMonitoredSite",
            "type": "microsoft.insights/components",
            "location": "West US 2",
            "properties": {
                "ApplicationId": "[parameters('name')]",
                "Request_Source": "IbizaWebAppExtensionCreate"
            }
        }
    ],
    "parameters": {
        "name": {
            "type": "string"
        },
        "hostingPlanName": {
            "type": "string"
        },
        "hostingEnvironment": {
            "type": "string"
        },
        "location": {
            "type": "string"
        },
        "sku": {
            "type": "string"
        },
        "skuCode": {
            "type": "string"
        },
        "workerSize": {
            "type": "string"
        },
        "serverFarmResourceGroup": {
            "type": "string"
        },
        "subscriptionId": {
            "type": "string"
        }
    },
    "$schema": "https://schema.management.azure.com/schemas/2014-04-01-preview/deploymentTemplate.json#",
    "contentVersion": "1.0.0.0"
}

注意

このテンプレートは、"既定値" モードのアプリケーション設定を生成します。The template will generate application settings in “default” mode. ユーザーはテンプレートを変更して任意の機能をアクティブにできますが、このモードはパフォーマンスが最適化されています。This mode is performance optimized, though you can modify the template to activate whichever features you prefer.

PowerShell で有効にするEnabling through PowerShell

PowerShell を使用してアプリケーションの監視を有効にするために必要な操作は、基になるアプリケーション設定の変更のみです。In order to enable the application monitoring through PowerShell, only the underlying application settings need to be changed. 以下は、リソース グループ "AppMonitoredRG" 内の "AppMonitoredSite" という Web サイトのアプリケーションの監視を有効にし、データを "012345678-abcd-ef01-2345-6789abcd" インストルメンテーション キーに送信するように構成するサンプルです。Below is a sample, which enables application monitoring for a website called "AppMonitoredSite" in the resource group "AppMonitoredRG", and configures data to be sent to the "012345678-abcd-ef01-2345-6789abcd" instrumentation key.

注意

この記事は、新しい Azure PowerShell Az モジュールを使用するために更新されました。This article has been updated to use the new Azure PowerShell Az module. AzureRM モジュールはまだ使用でき、少なくとも 2020 年 12 月までは引き続きバグ修正が行われます。You can still use the AzureRM module, which will continue to receive bug fixes until at least December 2020. Az モジュールと AzureRM の互換性の詳細については、「Introducing the new Azure PowerShell Az module (新しい Azure PowerShell Az モジュールの概要)」を参照してください。To learn more about the new Az module and AzureRM compatibility, see Introducing the new Azure PowerShell Az module. Az モジュールのインストール手順については、Azure PowerShell のインストールを参照してください。For Az module installation instructions, see Install Azure PowerShell.

$app = Get-AzWebApp -ResourceGroupName "AppMonitoredRG" -Name "AppMonitoredSite" -ErrorAction Stop
$newAppSettings = @{} # case-insensitive hash map
$app.SiteConfig.AppSettings | %{$newAppSettings[$_.Name] = $_.Value} #preserve non Application Insights Application settings.
$newAppSettings["APPINSIGHTS_INSTRUMENTATIONKEY"] = "012345678-abcd-ef01-2345-6789abcd"; # enable the ApplicationInsightsAgent
$newAppSettings["ApplicationInsightsAgent_EXTENSION_VERSION"] = "~2"; # enable the ApplicationInsightsAgent
$app = Set-AzWebApp -AppSettings $newAppSettings -ResourceGroupName $app.ResourceGroup -Name $app.Name -ErrorAction Stop

監視の拡張機能/エージェントのアップグレードUpgrade monitoring extension/agent

バージョン 2.8.9 以降からのアップグレードUpgrading from versions 2.8.9 and up

バージョン 2.8.9 からのアップグレードは自動的に実行され、追加の操作は必要ありません。Upgrading from version 2.8.9 happens automatically, without any additional actions. 新しい監視ビットは、バックグラウンドでターゲット アプリ サービスに配信され、アプリケーションの再起動時に取得されます。The new monitoring bits are delivered in the background to the target app service, and on application restart they will be picked up.

実行している拡張機能のバージョンを確認するには、http://yoursitename.scm.azurewebsites.net/ApplicationInsights にアクセスしますTo check which version of the extension you are running visit http://yoursitename.scm.azurewebsites.net/ApplicationInsights

URL パス http://yoursitename.scm.azurewebsites.net/ApplicationInsights のスクリーンショット

バージョン 1.0.0 - 2.6.5 からのアップグレードUpgrade from versions 1.0.0 - 2.6.5

バージョン 2.8.9 以降では、プレインストールされたサイト拡張機能が使用されています。Starting with version 2.8.9 the pre-installed site extension is used. 以前のバージョンを使用している場合は、次の 2 つの方法のいずれかを使用して更新できます。If you are an earlier version, you can update via one of two ways:

  • ポータル経由で有効にしてアップグレードするUpgrade by enabling via the portal. (Azure App Service の Application Insights 拡張機能がインストールされている場合でも、UI には [有効] ボタンのみが表示されます。(Even if you have the Application Insights extension for Azure App Service installed, the UI shows only Enable button. 背後では、以前のプライベート サイト拡張機能が削除されます)。Behind the scenes, the old private site extension will be removed.)

  • PowerShell を使用してアップグレードする:Upgrade through PowerShell:

    1. プレインストールされたサイト拡張機能 ApplicationInsightsAgent を有効にするようにアプリケーション設定を指定します。Set the application settings to enable the pre-installed site extension ApplicationInsightsAgent. PowerShell で有効にする」を参照してください。See Enabling through powershell.
    2. Azure App Service の Application Insights 拡張機能という名前のプライベート サイト拡張機能を手動で削除します。Manually remove the private site extension named Application Insights extension for Azure App Service.

2.5.1 より前のバージョンからアップグレードする場合は、ApplicationInsigths dll がアプリケーションの bin フォルダーから削除されていることを確認します。トラブルシューティングの手順を参照してください。If the upgrade is done from a version prior to 2.5.1, check that the ApplicationInsigths dlls are removed from the application bin folder see troubleshooting steps.

トラブルシューティングTroubleshooting

以下は、Azure App Services 上で実行されている .NET および .NET Core ベースのアプリケーションの拡張機能/エージェント ベースの監視について、手順を追って説明するトラブルシューティング ガイドです。Below is our step-by-step troubleshooting guide for extension/agent based monitoring for .NET and .NET Core based applications running on Azure App Services.

注意

Java アプリケーションは、手動の SDK ベースのインストルメンテーションを介してのみ Azure App Services でサポートされるため、以下の手順はこのようなシナリオには適用されません。Java applications are only supported on Azure App Services via manual SDK based instrumentation and therefore the steps below do not apply to these scenarios.

  1. ApplicationInsightsAgent を介してアプリケーションが監視されていることを確認します。Check that the application is monitored via ApplicationInsightsAgent.

    • ApplicationInsightsAgent_EXTENSION_VERSION アプリ設定が "2 以下" の値に設定されていることを確認します。Check that ApplicationInsightsAgent_EXTENSION_VERSION app setting is set to a value of "~2".
  2. 監視対象のアプリケーションが要件を満たしていることを確認します。Ensure that the application meets the requirements to be monitored.

    • https://yoursitename.scm.azurewebsites.net/ApplicationInsights に移動しますBrowse to https://yoursitename.scm.azurewebsites.net/ApplicationInsights

    https://yoursitename.scm.azurewebsites/applicationinsights 結果ページのスクリーンショット

    • Application Insights Extension StatusPre-Installed Site Extension, version 2.8.12.1527, is running. であることを確認しますConfirm that the Application Insights Extension Status is Pre-Installed Site Extension, version 2.8.12.1527, is running.

    • 状態ソースが存在し、以下のようになっていることを確認します。Status source D:\home\LogFiles\ApplicationInsights\status\status_RD0003FF0317B6_4248_1.jsonConfirm that the status source exists and looks like: Status source D:\home\LogFiles\ApplicationInsights\status\status_RD0003FF0317B6_4248_1.json

      • 似た値が存在しない場合は、アプリケーションが現在実行されていないか、サポートされていないことを意味します。If a similar value is not present, it means the application is not currently running or is not supported. アプリケーションが実行されていることを確認するには、手動でアプリケーションの URL/アプリケーション エンドポイントにアクセスしてみてください。これで、ランタイム情報を使用できるようになります。To ensure that the application is running, try manually visiting the application url/application endpoints, which will allow the runtime information to become available.
    • IKeyExiststrue であることを確認しますConfirm that IKeyExists is true

      • false の場合は、お客様の ikey guid を指定した 'APPINSIGHTS_INSTRUMENTATIONKEY' をアプリケーション設定に追加します。If it is false, add `APPINSIGHTS_INSTRUMENTATIONKEY with your ikey guid to your application settings.
    • AppAlreadyInstrumentedAppContainsDiagnosticSourceAssembly、および AppContainsAspNetTelemetryCorrelationAssembly のエントリがないことを確認します。Confirm that there are no entries for AppAlreadyInstrumented, AppContainsDiagnosticSourceAssembly, and AppContainsAspNetTelemetryCorrelationAssembly.

      • これらのエントリのいずれかが存在する場合は、アプリケーションから Microsoft.ApplicationInsightsSystem.Diagnostics.DiagnosticSource、および Microsoft.AspNet.TelemetryCorrelation のパッケージを削除します。If any of these entries exist, remove the following packages from your application: Microsoft.ApplicationInsights, System.Diagnostics.DiagnosticSource, and Microsoft.AspNet.TelemetryCorrelation.

以下の表は、これらの値の意味、その根本的な原因、推奨される修正について詳細に説明したものです。The table below provides a more detailed explanation of what these values mean, their underlying causes, and recommended fixes:

問題の値Problem Value 説明Explanation FixFix
AppAlreadyInstrumented:true この値は、SDK の一部の側面が既にアプリケーションに存在することが拡張機能で検出され、拡張機能が停止されることを示します。This value indicates that the extension detected that some aspect of the SDK is already present in the Application, and will back-off. これは、System.Diagnostics.DiagnosticSourceMicrosoft.AspNet.TelemetryCorrelation、または Microsoft.ApplicationInsights への参照が原因である可能性がありますIt can be due to a reference to System.Diagnostics.DiagnosticSource, Microsoft.AspNet.TelemetryCorrelation, or Microsoft.ApplicationInsights これらの参照を削除します。Remove the references. これらの参照の一部は、特定の Visual Studio テンプレートによって既定で追加されており、以前のバージョンの Visual Studio で Microsoft.ApplicationInsights への参照が追加されている可能性があります。Some of these references are added by default from certain Visual Studio templates, and older versions of Visual Studio may add references to Microsoft.ApplicationInsights.
AppAlreadyInstrumented:true アプリケーションが .NET Core 2.1 または 2.2 をターゲットにしており、Microsoft.AspNetCore.All メタパッケージを参照している場合は、Application Insights に取り込まれ、拡張機能は停止されます。If the application is targeting .NET Core 2.1 or 2.2, and refers to Microsoft.AspNetCore.All meta-package, then it brings in Application Insights, and extension will back-off. .NET Core 2.1、2.2 をご利用のお客様は、代わりに Microsoft.AspNetCore.App メタパッケージを使用することをお勧めしますCustomers on .NET Core 2.1,2.2 are recommended to use Microsoft.AspNetCore.App meta-package instead.
AppAlreadyInstrumented:true この値は、以前のデプロイのアプリ フォルダーに上記の dll が存在する場合でも発生する可能性があります。This value can also be caused by the presence of the above dlls in the app folder from a previous deployment. アプリ フォルダーを消去し、これらの dll が削除されたことを確認してください。Clean the app folder to ensure that these dlls are removed. ローカル アプリの bin ディレクトリと App Service の wwwroot ディレクトリの両方を確認します。Check both your local app's bin directory, and the wwwroot directory on the App Service. (App Service Web アプリの wwwroot ディレクトリを確認するには、次のようにします。高度なツール (Kudu) > デバッグ コンソール > CMD > home\site\wwwroot)。(To check the wwwroot directory of your App Service web app: Advanced Tools (Kudu) > Debug console > CMD > home\site\wwwroot).
AppContainsAspNetTelemetryCorrelationAssembly: true この値は、アプリケーション内の Microsoft.AspNet.TelemetryCorrelation への参照が拡張機能で検出され、拡張機能が停止されることを示します。This value indicates that extension detected references to Microsoft.AspNet.TelemetryCorrelation in the application, and will back-off. 参照を削除します。Remove the reference.
AppContainsDiagnosticSourceAssembly**:true この値は、アプリケーション内の System.Diagnostics.DiagnosticSource への参照が拡張機能で検出され、拡張機能が停止されることを示します。This value indicates that extension detected references to System.Diagnostics.DiagnosticSource in the application, and will back-off. 参照を削除します。Remove the reference.
IKeyExists:false この値は、インストルメンテーション キーが AppSetting APPINSIGHTS_INSTRUMENTATIONKEY に存在しないことを示します。This value indicates that the instrumentation key is not present in the AppSetting, APPINSIGHTS_INSTRUMENTATIONKEY. 考えられる原因:値が誤って削除された、自動化スクリプトで値を設定し忘れたなどの原因が考えられます。Possible causes: The values may have been accidentally removed, forgot to set the values in automation script, etc. 設定が App Service アプリケーション設定に存在することを確認します。Make sure the setting is present in the App Service application settings.

APPINSIGHTS_JAVASCRIPT_ENABLED と urlCompression はサポートされていませんAPPINSIGHTS_JAVASCRIPT_ENABLED and urlCompression is not supported

APPINSIGHTS_JAVASCRIPT_ENABLED=true を使用する場合 (この場合、コンテンツがエンコードされます)、次のようなエラーが発生する可能性があります。If you use APPINSIGHTS_JAVASCRIPT_ENABLED=true in cases where content is encoded, you might get errors like:

  • 500 URL 書き換えエラー500 URL rewrite error
  • 500.53 URL 書き換えモジュール エラー。HTTP 応答のコンテンツがエンコード ('gzip') されている場合、アウトバウンド書き換えルールを適用することはできませんというメッセージを伴います。500.53 URL rewrite module error with message Outbound rewrite rules cannot be applied when the content of the HTTP response is encoded ('gzip').

これは、APPINSIGHTS_JAVASCRIPT_ENABLED アプリケーション設定が true に設定されており、同時に content-encoding が存在することが原因です。This is due to the APPINSIGHTS_JAVASCRIPT_ENABLED application setting being set to true and content-encoding being present at the same time. このシナリオはまだサポートされていません。This scenario is not supported yet. 回避策は、アプリケーション設定から APPINSIGHTS_JAVASCRIPT_ENABLED を削除することです。The workaround is to remove APPINSIGHTS_JAVASCRIPT_ENABLED from your application settings. 残念ながら、これは、クライアント/ブラウザー側の JavaScript インストルメンテーションがまだ必要な場合、Web ペーでは手動の SDK 参照が必要であることを意味します。Unfortunately this means that if client/browser-side JavaScript instrumentation is still required, manual SDK references are needed for your webpages. JavaScript SDK での手動のインストルメンテーションに関する手順に従ってください。Please follow the instructions for manual instrumentation with the JavaScript SDK.

Application Insights エージェント/拡張機能の最新情報については、リリース ノートのページを参照してください。For the latest information on the Application Insights agent/extension, check out the release notes.

次のステップNext steps