Azure Monitor for Storage でストレージ サービスを監視するMonitoring your storage service with Azure Monitor for Storage

Azure Monitor for Storage では、Azure Storage サービスのパフォーマンス、容量、可用性の統合されたビューが提供され、Azure Storage アカウントを包括的に監視できます。Azure Monitor for Storage provides comprehensive monitoring of your Azure Storage accounts by delivering a unified view of your Azure Storage services performance, capacity, and availability. ストレージの容量とパフォーマンスは、ストレージ アカウントから直接表示する方法と、Azure Monitor からストレージ アカウントのグループ全体を表示する方法の 2 つの方法で観察できます。You can observe storage capacity, and performance in two ways, view directly from a storage account or view from Azure Monitor to see across groups of storage accounts.

この記事は、Azure Monitor for Storage のエクスペリエンスを理解するのに役立ちます。規模に合わせたストレージ アカウントの正常性とパフォーマンスについての実用的な知識を引き出すことができ、ホットスポットに注目し、待ち時間、スロットリング、可用性の問題を診断できる機能もあります。This article will help you understand the experience Azure Monitor for Storage delivers to derive actionable knowledge on the health and performance of Storage accounts at scale, with a capability to focus on hotspots and diagnose latency, throttling, and availability issues.

Azure Monitor for Storage の概要Introduction to Azure Monitor for Storage

エクスペリエンスについて詳しく調べる前に、情報が提供および視覚化される方法を理解する必要があります。Before diving into the experience, you should understand how it presents and visualizes information. ストレージ機能をストレージ アカウントから直接選択するか、Azure Monitor から選択するかにかかわらず、Azure Monitor for Storage では一貫したエクスペリエンスが得られます。Whether you select the Storage feature directly from a storage account or from Azure Monitor, Azure Monitor for Storage presents a consistent experience.

次のものの組み合わせが提供されます。Combined it delivers:

  • 規模に応じたパースペクティブ: ストレージ サービスまたは API 操作の正常性に基づいた可用性、ストレージ サービスが受け取る要求の合計数を示す使用状況、ストレージ サービスまたは API 操作の種類で要求の処理にかかる平均時間を示す待機時間のスナップショット ビューが示されます。At scale perspective showing a snapshot view of their availability based on the health of the storage service or the API operation, utilization showing total number of requests that the storage service receives, and latency showing the average time the storage service or API operation type is taking to process requests. BLOB、ファイル、テーブル、キューごとに容量を表示することもできます。You can also view capacity by blob, file, table, and queue.

  • ドリルダウン分析: 特定のストレージ アカウントについて、カテゴリ (可用性、パフォーマンス、障害、容量) ごとに問題を診断したり詳細な分析を実行したりするのに役立ちます。Drill down analysis of a particular storage account to help diagnose issues or perform detailed analysis by category - availability, performance, failures, and capacity. これらのオプションのいずれかを選択すると、メトリックの詳細が表示されます。Selecting any one of those options provides an in-depth view of metrics.

  • カスタマイズ可能: 表示するメトリックの変更したり、制限に合わせたしきい値の変更または設定、独自のブックとして保存することができます。Customizable where you can change which metrics you want to see, modify or set thresholds that align with your limits, and save as your own workbook. ブック内のグラフは、Azure ダッシュボードにピン留めできます。Charts in the workbook can be pinned to Azure dashboard.

この機能を使用するために有効にしたり構成したりする必要があるものはなく、ストレージ メトリックはストレージ アカウントから既定で収集されます。This feature does not require you to enable or configure anything, the storage metrics from your storage accounts are collected by default. Azure Storage で使用できるメトリックについて詳しく理解したい場合は、Azure Storage メトリックに関する記事で Azure Storage のメトリックの説明と定義を確認してください。If you are unfamiliar with metrics available on Azure Storage, view the description and definition in Azure Storage metrics by reviewing Azure storage metrics.

注意

この機能へのアクセスに対して料金はかからず、構成または有効にした Azure Monitor の基本機能に対してのみ課金されます。Azure Monitor の価格の詳細に関するページをご覧ください。There is no charge to access this feature and you will only be charged for the Azure Monitor essential features you configure or enable, as described on the Azure Monitor pricing details page.

Azure Monitor から表示するView from Azure Monitor

Azure Monitor では、ご利用のサブスクリプション内の複数のストレージ アカウントのトランザクション、待機時間、容量の詳細を表示でき、パフォーマンス、容量の問題、および障害を特定するのに役立ちます。From Azure Monitor, you can view transaction, latency, and capacity details from multiple storage accounts in your subscription, and help identify performance, capacity problems, and failures.

所有するすべてのサブスクリプションのストレージ アカウントの使用状況と可用性を確認するには、次の手順のようにします。To view the utilization and availability of your storage accounts across all of your subscriptions, perform the following steps.

  1. Azure portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

  2. Azure portal の左側のペインで [モニター] を選択し、 [分析情報] セクションの [ストレージ アカウント] を選択します。Select Monitor from the left-hand pane in the Azure portal, and under the Insights section, select Storage Accounts.

    複数のストレージ アカウントのビュー

[概要] ブックOverview workbook

選択したサブスクリプションの [概要] ブックでは、サブスクリプション内でグループ化されている最大 5 個のストレージ アカウントについて、ストレージ メトリックとサービスの可用性の状態がテーブルに対話的に表示されます。On the Overview workbook for the selected subscription, the table displays interactive storage metrics and service availability state for up to 5 storage accounts grouped within the subscription. 次のドロップダウン リストから選択するオプションに基づいて、結果をフィルター処理できます。You can filter the results based on the options you select from the following drop-down lists:

  • [サブスクリプション] - ストレージ アカウントを持つサブスクリプションのみが表示されます。Subscriptions - only subscriptions that have storage accounts are listed.

  • [ストレージ アカウント] - 既定では、5 個のストレージ アカウントがあらかじめ選択されています。Storage Accounts - by default, 5 storage accounts are pre-selected. スコープ セレクターですべてまたは複数のストレージ アカウントを選択すると、最大 200 個のストレージ アカウントが返されます。If you select all or multiple storage accounts in the scope selector, up to 200 storage accounts will be returned. たとえば、選択した 3 つのサブスクリプションに全部で 573 個のストレージ アカウントがある場合は、200 個のアカウントのみが表示されます。For example, if you had a total of 573 storage accounts across three subscriptions that you've selected, only 200 accounts would be displayed.

  • [時間の範囲] - 既定では、選択結果に応じて過去 4 時間の情報が表示されます。Time Range - by default, displays the last 4 hours of information based on the corresponding selections made.

ドロップダウン リストのカウンター タイルには、サブスクリプション内のストレージ アカウントの総数がロールアップされ、選択した合計数が反映されます。The counter tile under the drop-down lists rolls-up the total number of storage accounts in the subscription and reflects how many of the total are selected. ブックの列には、条件に基づく色分け (ヒートマップ) が示され、トランザクションのメトリックやエラーが報告されます。There is conditional color-coding or heatmaps for columns in the workbook that report transaction metrics or errors. 最も濃い色は最大値で、薄い色は最小値に基づいています。The deepest color has the highest value and a lighter color is based on the lowest values. エラー ベースの列の値は赤で、メトリック ベースの列の値は青で示されます。For the error-based columns, the value is in red and for the metric-based columns, the value is in blue.

[可用性][E2E Latency](E2E 待機時間)[Server Latency](サーバー待機時間)[transaction error type/Errors](<トランザクション エラーの種類>/エラー) の列で値を選択すると、ストレージ アカウントに対して選択した列と一致する、特定の種類のストレージ メトリックに合わせて調整されたレポートに移動します。Select a value in the columns Availability, E2E Latency, Server Latency, and transaction error type/Errors directs you to a report tailored to the specific type of storage metrics that match the column selected for that storage account. 各カテゴリのブックの詳細については、後述の「詳細なストレージ ブック」セクションを参照してください。For more information about the workbooks for each category, see the Detailed storage workbooks section below.

注意

レポートに表示できるエラーの詳細については、応答の種類のスキーマに関する記事で、ServerOtherErrorClientOtherErrorClientThrottlingError などの応答の種類を参照してください。For details on which errors can be shown in the report, see Response Type schema and look for response types such as ServerOtherError, ClientOtherError, ClientThrottlingError. 選択したストレージ アカウントに応じて、3 種類より多くのエラーが報告される場合、他のすべてのエラーは [その他] のカテゴリの下に表示されます。Depending on the storage accounts selected, if there are more than three types of errors reported, all other errors are represented under the category of Other.

既定の [可用性] のしきい値は次のとおりです。The default Availability threshold is:

  • 警告 - 99%Warning - 99%
  • 重大 - 90%Critical - 90%

観察結果または要件に基づいて可用性のしきい値を設定するには、「可用性のしきい値を変更する」を参照してください。To set an availability threshold based on the results of your observation or requirements, review modify the availability threshold.

[容量] ブックCapacity workbook

ページの上部にある [容量] を選択すると、 [容量] ブックが開きます。Select Capacity at the top of the page and the Capacity workbook opens. そこには、アカウントで使用されているストレージの合計量と、アカウント内の各データ サービスによって使用されている容量が示され、過剰または過少に使用されているストレージを特定するのに役立ちます。It shows you the amount of total storage used in the account and capacity used by each data service in the account to help identify over and under utilized storage.

複数のストレージ アカウントの [容量] ブック

ブックの列には、条件に基づく色分け (ヒートマップ) が示され、容量のメトリックは青色の値で報告されます。There is conditional color-coding or heatmaps for columns in the workbook that report capacity metrics with a blue value. 最も濃い色は最大値で、薄い色は最小値に基づいています。The deepest color has the highest value and a lighter color is based on the lowest values.

ブック内のいずれかの列の値を選択すると、ストレージ アカウントの [容量] ブックにドリルダウンします。When you select a value under any one of the columns in the workbook, you drill down to the Capacity workbook for the storage account. ドリルダウン レポートの詳細については、後述の「詳細なストレージ ブック」セクションを参照してください。Further details about the drill-down report are described in the Detailed storage workbooks section below.

ストレージ アカウントから表示するView from a storage account

ストレージ アカウントから直接 Azure Monitor for VMs にアクセスするには:To access Azure Monitor for VMs directly from a storage account:

  1. Azure portal で [ストレージ アカウント] を選択します。In the Azure portal, select Storage accounts.

  2. 一覧からストレージ アカウントを選択します。From the list, choose a storage account. [監視] セクションで、[分析情報] を選択します。In the Monitoring section, choose Insights.

    ストレージ アカウントの [概要] ブック ページを示すスクリーンショット。

ストレージアカウントの [概要] ブックには、複数のストレージ パフォーマンス メトリックが表示され、次の情報をすばやく評価するのに役立ちます。On the Overview workbook for the storage account, it shows several storage performance metrics that help you quickly assess:

  • ストレージ サービスの正常性。 [概要] 列に表示され、自分では制御できない問題によってデプロイ先のリージョンのストレージ サービスが影響を受けているかどうかをすぐに確認できます。Health of the Storage service to immediately see if an issue outside of your control is affecting the Storage service in the region it is deployed to, which is stated under the Summary column.

  • 対話型のパフォーマンス グラフ。ストレージ容量、可用性、トランザクション、待機時間に関連する最も重要な詳細情報が示されます。Interactive performance charts showing the most essential details related to storage capacity, availability, transactions, and latency.

  • メトリック タイルと状態タイル。サービスの可用性、ストレージ サービスに対するトランザクションの合計数、E2E 待機時間、サーバー待機時間が明示されます。Metric and status tiles highlighting service availability, total count of transactions to the storage service, E2E latency, and server latency.

[Failures](エラー数)[パフォーマンス][可用性][容量] のいずれかのボタンを選択すると、それぞれのブックが開きます。Selecting any one of buttons for Failures, Performance, Availability, and Capacity opens the respective workbook.

選択されたストレージ アカウントの [概要] ページ

詳細なストレージ ブックDetailed storage workbooks

複数のストレージ アカウントの [概要] ブックから [可用性][E2E Latency](E2E 待機時間)[Server Latency](サーバー待機時間)[transaction error type/Errors](<トランザクション エラーの種類>/エラー) の列の値を選択した場合でも、または特定のストレージ アカウントの [概要] ブックで [Failures](エラー数)[パフォーマンス][可用性][容量] のいずれかのボタンを選択した場合でも、そのカテゴリに合わせて調整された対話形式のストレージ関連情報のセットがそれぞれ提供されます。Whether you selected a value in the columns Availability, E2E Latency, Server Latency, and transaction error type/Errors from the multiple storage account Overview workbook, or selecting any one of buttons for Failures, Performance, Availability, and Capacity from the Overview workbook from a specific storage account, each deliver a set of interactive storage-related information tailored to that category.

  • [可用性] から、 [可用性] ブックを開きます。Availability opens the Availability workbook. Azure Storage サービスの現在の正常性状態、ストレージ アカウントで定義されたデータ サービスごとに分類された各オブジェクトの使用可能な正常性状態と選択した時間範囲を表すトレンド ラインが示されたテーブル、およびアカウント内の各データ サービスの可用性トレンド グラフが表示されます。It shows the current health state of Azure Storage service, a table showing the available health state of each object categorized by data service defined in the storage account with a trend line representing the time range selected, and an availability trend chart for each data service in the account.

    可用性レポートの例

  • [E2E Latency](E2E 待機時間)[Server Latency](サーバー待機時間) から、 [パフォーマンス] ブックを開きます。E2E Latency and Server Latency opens the Performance workbook. E2E 待機時間とサーバー待機時間を示すロールアップ状態タイル、E2E 待機時間とサーバー待機時間のパフォーマンス グラフ、およびストレージ アカウントで定義されたデータ サービスによって分類された API による成功した呼び出しの待機時間の詳細を示すテーブルが含まれます。It includes a rollup status tile showing E2E latency and server latency, a performance chart of E2E versus server latency, and a table breaking down latency of successful calls by API categorized by data service defined in the storage account.

    パフォーマンス レポートの例

  • グリッドに表示されているエラー カテゴリのいずれかを選択して、 [Failure](エラー) ブックを開きます。Selecting any of the error categories listed in the grid open the Failure workbook. レポートには、説明されているものと成功した要求を除く他のすべてのクライアント側エラーのメトリック タイル、ClientOtherError 属性に固有のトランザクション 応答の種類 ディメンション メトリックのパフォーマンス グラフ、および [Transactions by API name](API 名別トランザクション)[Transactions by Response type](応答の種類別トランザクション) の 2 つのテーブルが表示されます。The report shows metric tiles of all other client-side errors except described ones and successful requests, client-throttling errors, a performance chart for the transaction Response Type dimension metric specific to ClientOtherError attribute, and two tables - Transactions by API name and Transactions by Response type.

    エラー レポートの例

  • [容量] から、 [容量] ブックを開きます。Capacity opens the Capacity workbook. アカウント内の各ストレージ データ オブジェクトに使用されているストレージの総量がタイルとグラフで示され、アカウントに格納されているデータ オブジェクトの数が表示されます。It shows the total amount of storage used for each storage data object in the account in the tiles and the chart, and how many data objects are stored in the account.

    選択されたストレージ アカウントの [容量] ページ

ピン留めとエクスポートPin and export

セクションの右上にある画びょうアイコンを選択すると、メトリックのどのセクションでも Azure ダッシュボードにピン留めできます。You can pin any one of the metric sections to an Azure Dashboard by selecting the pushpin icon at the top right of the section.

メトリック セクションのダッシュボードへのピン留めの例

複数サブスクリプションおよびストレージ アカウントの [概要] または [容量] ブックでは、画びょうアイコンの右側にある下矢印アイコンを選択すると、結果を Excel 形式でエクスポートできます。The multi-subscription and storage account Overview or Capacity workbooks support exporting the results in Excel format by selecting the down arrow icon to the right of the pushpin icon.

ブックのグリッド結果のエクスポートの例

Azure Monitor for Storage をカスタマイズするCustomize Azure Monitor for Storage

このセクションでは、データ分析のニーズに合わせてブックを編集してカスタマイズする一般的なシナリオについて説明します。This section highlights common scenarios for editing the workbook to customize in support of your data analytics needs:

  • 特定のサブスクリプションまたはストレージ アカウントが常に選択されるようにブックのスコープを設定するScope the workbook to always select a particular subscription or storage account(s)
  • グリッドでメトリックを変更するChange metrics in the grid
  • 可用性のしきい値を変更するChange the availability threshold
  • 色の表示を変更するChange the color rendering

カスタマイズはカスタム ブックに保存されるため、発行されたブックで既定の構成が上書きされることはありません。The customizations are saved to a custom workbook to prevent overwriting the default configuration in our published workbook. ブックは、リソース グループ内の、ユーザー個人の [個人用レポート] セクション、またはリソース グループにアクセスできるユーザーであればだれでもアクセスできる [共有レポート] セクションのいずれかに保存されます。Workbooks are saved within a resource group, either in the My Reports section that's private to you or in the Shared Reports section that's accessible to everyone with access to the resource group. カスタム ブックを保存した後は、ブック ギャラリーに移動して起動する必要があります。After you save the custom workbook, you need to go to the workbook gallery to launch it.

コマンド バーからブック ギャラリーを起動する

サブスクリプションまたはストレージ アカウントの指定Specifying a subscription or storage account

複数サブスクリプションおよびストレージ アカウントの [概要] または [容量] ブックを、実行のたびに特定のサブスクリプションまたはストレージ アカウントを対象とするように構成できます。次の手順を行います。You can configure the multi-subscription and storage account Overview or Capacity workbooks to scope to a particular subscription(s) or storage account(s) on every run, perform the following steps.

  1. ポータルで [モニター] を選択し、左側のペインで [ストレージ アカウント] を選択します。Select Monitor from the portal and then select Storage Accounts from the left-hand pane.

  2. [概要] ブックで、コマンド バーから [編集] を選択します。On the Overview workbook, from the command bar select Edit.

  3. [サブスクリプション] ドロップダウン リストから、既定にするサブスクリプションを 1 つ以上選択します。Select from the Subscriptions drop-down list one or more subscriptions you want it to default to. 1 つのブックで、最大 10 個のサブスクリプションを選択できます。Remember, the workbook supports selecting up to a total of 10 subscriptions.

  4. [ストレージ アカウント] ドロップダウン リストから、既定にするアカウントを 1 つ以上選択します。Select from the Storage Accounts drop-down list one or more accounts you want it to default to. 1 つのブックで、最大 200 個のストレージ アカウントを選択できます。Remember, the workbook supports selecting up to a total of 200 storage accounts.

  5. コマンド バーから [名前を付けて保存] を選択して、カスタマイズしたブックのコピーを保存した後、 [編集完了] をクリックして読み取りモードに戻ります。Select Save as from the command bar to save a copy of the workbook with your customizations, and then click Done editing to return to reading mode.

ブックのメトリックと色を変更するModify metrics and colors in the workbook

作成済みのブックにはメトリック データが含まれており、どの視覚エフェクトも変更または削除することができ、チーム固有のニーズに合わせてカスタマイズすることができます。The prebuilt workbooks contain metric data and you have the ability to modify or remove any one of the visualizations and customize to your team's specific needs.

この例では、複数サブスクリプションとストレージ アカウントの容量ブックを使用して、次の方法を示します。In our example, we are working with the multi-subscription and storage account capacity workbook, to demonstrate how to:

  • メトリックを削除するRemove a metric
  • 色の表示を変更するChange color rendering

作成済みの [Failures](エラー数)[パフォーマンス][可用性][容量] のどのブックでも、同じ変更を実行できます。You can perform the same changes against any one of the prebuilt Failures, Performance, Availability, and Capacity workbooks.

  1. ポータルで [モニター] を選択し、左側のペインで [ストレージ アカウント] を選択します。Select Monitor from the portal and then select Storage Accounts from the left-hand pane.

  2. [容量] を選択して容量ブックに切り替え、コマンド バーから [編集] を選択します。Select Capacity to switch to the capacity workbook and from the command bar, select Edit from the command bar.

    [編集] を選択してブックを変更する

  3. メトリック セクションの横にある [編集] を選択します。Next to the metrics section, select Edit.

    [編集] を選択して容量ブックのメトリックを変更する

  4. [Account used capacity timeline](アカウント使用済み容量タイムライン) 列を削除するため、メトリック グリッドで [列の設定] を選択します。We are going to remove the Account used capacity timeline column, so select Column Settings in the metrics grid.

    列の設定を編集する

  5. [列の設定の編集] ウィンドウの [列] セクションで [microsoft.storage/storageaccounts-Capacity-UsedCapacity Timeline$|Account used capacity Timeline$] を選択し、 [列レンダラー] ドロップダウン リストで [非表示] を選択します。In the Edit column settings pane, select under the Columns section microsoft.storage/storageaccounts-Capacity-UsedCapacity Timeline$|Account used capacity Timeline$, and under the drop-down list Column renderer select Hidden.

  6. [保存して閉じる] を選択して、変更をコミットします。Select Save and close to commit your change.

次に、レポートの容量メトリックの配色テーマを、青ではなく緑を使うように変更してみましょう。Now let's change the color theme for the capacity metrics in the report to use green instead of blue.

  1. メトリック グリッドで [列の設定] を選択します。Select Column Settings in the metrics grid.

  2. [列の設定の編集] ウィンドウの [列] セクションで microsoft.storage/storageaccounts-Capacity-UsedCapacity$|microsoft.storage/storageaccounts/blobservices-Capacity-BlobCapacity$|microsoft.storage/storageaccounts/fileservices-Capacity-FileCapacity$|microsoft.storage/storageaccounts/queueservices-Capacity-QueueCapacity$|microsoft.storage/storageaccounts/tableservices-Capacity-TableCapacity$ を選択します。In the Edit column settings pane, select under the Columns section microsoft.storage/storageaccounts-Capacity-UsedCapacity$|microsoft.storage/storageaccounts/blobservices-Capacity-BlobCapacity$|microsoft.storage/storageaccounts/fileservices-Capacity-FileCapacity$|microsoft.storage/storageaccounts/queueservices-Capacity-QueueCapacity$|microsoft.storage/storageaccounts/tableservices-Capacity-TableCapacity$. [カラー パレット] ドロップダウン リストで、 [緑] を選択します。Under the drop-down list Color palette, select Green.

  3. [保存して閉じる] を選択して、変更をコミットします。Select Save and close to commit your change.

  4. コマンド バーから [名前を付けて保存] を選択して、カスタマイズしたブックのコピーを保存した後、 [編集完了] をクリックして読み取りモードに戻ります。Select Save as from the command bar to save a copy of the workbook with your customizations, and then click Done editing to return to reading mode.

可用性のしきい値を変更するModify the availability threshold

この例では、ストレージ アカウントの容量ブックを操作し、可用性のしきい値を変更する方法を示します。In this example, we are working with the storage account capacity workbook and demonstrating how to modify the availability threshold. 既定では、タイルとグリッドでレポートされる可用性のパーセントは、最小しきい値が 90、最大しきい値が 99 で構成されています。By default, the tile and grid reporting percent availability are configured with a minimum threshold of 90 and maximum threshold of 99. ここでは、 [Availability by API name](API 名別可用性) グリッドの [可用性 %] の最小しきい値を 85% に変更します。これは、しきい値が 85% 未満の場合は正常性状態がクリティカルに変更されることを意味します。We are going to change the minimum threshold value of the Availability % in the Availability by API name grid to 85%, which means the health state changes to critical if the threshold is less than 85 percent.

  1. ポータルから [ストレージ アカウント] を選択し、一覧からストレージ アカウントを選択します。Select Storage accounts from the portal and then select a storage account from the list.

  2. 左側のペインで [分析情報] を選択します。Select Insights from the left-hand pane.

  3. ブックで、 [可用性] を選択して可用性ブックに切り替えてから、コマンド バーの [編集] を選択します。In the workbook, select Availability to switch to the availability workbook, and then select Edit from the command bar.

  4. ページの下端までスクロールし、 [Availability by API](API 別可用性) グリッドの左側にある [編集] を選択します。Scroll down to the bottom of the page and on the left-hand side next to the Availability by API grid, select Edit.

    API 名別可用性グリッドの設定を編集する

  5. [列の設定] を選択し、 [列の設定の編集] ウィンドウで、 [列] セクションの [Availability (%) (Thresholds + Formatted)](可用性 (%) (しきい値 + 書式設定済み)) を選択します。Select Column settings and then in the Edit column settings pane, under the Columns section select Availability (%) (Thresholds + Formatted).

  6. [クリティカル] 正常性状態の値を 90 から 85 に変更し、 [保存して閉じる] をクリックします。Change the value for the Critical health state from 90 to 85 and then click Save and Close.

    クリティカル状態の可用性しきい値を変更する

  7. コマンド バーから [名前を付けて保存] を選択して、カスタマイズしたブックのコピーを保存した後、 [編集完了] をクリックして読み取りモードに戻ります。Select Save as from the command bar to save a copy of the workbook with your customizations, and then click Done editing to return to reading mode.

トラブルシューティングTroubleshooting

一般的なトラブルシューティングのガイダンスについては、専用のブックベースの分析情報のトラブルシューティングに関する記事を参照してください。For general troubleshooting guidance, refer to the dedicated workbook-based insights troubleshooting article.

このセクションは、Azure Monitor for Storage を使用するときに発生する可能性があるいくつかの一般的な問題を診断し、トラブルシューティングするのに役立ちます。This section will help you with the diagnosis and troubleshooting of some of the common issues you may encounter when using Azure Monitor for Storage. 以下のリストを使用して、特定の問題に関連する情報を見つけてください。Use the list below to locate the information relevant to your specific issue.

パフォーマンス、容量、または可用性の問題の解決Resolving performance, capacity, or availability issues

Azure Monitor for Storage で発生するストレージ関連の問題のトラブルシューティングについては、Azure Storage のトラブルシューティング ガイダンスに関するページを参照してください。To help troubleshoot any storage-related issues you identify with Azure Monitor for Storage, see the Azure Storage troubleshooting guidance.

200 個のストレージ アカウントしか表示できないのはなぜですか。Why can I only see 200 storage accounts?

選択されているサブスクリプションの数には関係なく、選択されるストレージ アカウントの数には 200 の制限があります。The number of selected storage accounts has a limit of 200, regardless of the number of subscriptions that are selected.

可用性の色としきい値を変更するにはどうしたらよいですか。How to change the coloring and threshold for availability?

可用性の色としきい値を変更する方法に関する詳細な手順については、「可用性のしきい値を変更する」のセクションを参照してください。Refer to the Modify the availability threshold section for the detailed steps on how to change the coloring and thresholds for availability.

Azure Monitor for Storage に表示されているデータを分析およびトラブルシューティングするにはどうしたらよいですか。How to analyze and troubleshoot the data shown in Azure Monitor for Storage?

Azure Monitor for Storage に表示されている Azure Storage データを分析およびトラブルシューティングする方法の詳細については、「Microsoft Azure Storage の監視、診断、およびトラブルシューティング」の記事を参照してください。Refer to the Monitor, diagnose, and troubleshoot Microsoft Azure Storage article for details on how to analyze and troubleshoot the Azure Storage data shown in Azure Monitor for Storage.

メトリックにすべての種類のエラーが表示されないのはなぜですか。Why don’t I see all the types of errors in metrics?

現在、最大 3 種類のエラーが表示され、残りのエラーは 1 つのバケットにグループ化されます。Currently, up to three different types of errors are shown and the rest of the errors are grouped together in a single bucket. これは splitByLimit を使用して制御され、変更が可能です。It is controlled using splitByLimit and can be modified. このプロパティを変更するには、次の操作を行います。For changing this property:

  1. [edit workbook] (ブックの編集) をクリックします。Click on edit workbook.

  2. メトリックに移動し、編集をクリックしてから、 [Transactions, Sum] (トランザクション、合計) または編集する任意のメトリックを選択します。Go to metrics, click on edit and then select Transactions, Sum or whatever metrics you want to edit.

    メトリックに移動し、編集をクリックしてから、[Transactions, Sum] (トランザクション、合計) をクリックする

  3. 次に、[Number of Splits] (分割数) を変更します。Then change the Number of Splits.

    [Select Metric Parameters] (メトリック パラメーターの選択)

n 種類のエラーを表示する場合は、splitByLimit を n+1 として指定し、残りのエラーのために 1 を追加します。If you want to see n different types of error than specify splitByLimit as n+1, 1 extra for rest of the errors.

あるストレージ アカウントで自分のブックを保存しました。I saved my workbook while on some Storage Account. 今それが見つからないのはなぜですか。Why can’t I find it now?

各ブックは、それを保存したときのストレージ アカウントに保存されます。Each workbook is saved in the storage account that you saved it in. ユーザーがそのブックを保存した特定のストレージ アカウントを探してみてください。Try to find the specific Storage Account in which the user saved the workbook. それ以外に、リソース (ストレージ アカウント) がわからずに特定のブックを見つける方法はありません。Otherwise, there is no way to find a specific workbook without knowing the resource (storage account).

次のステップNext steps