Azure NetApp Files の NFS ボリュームを作成するCreate an NFS volume for Azure NetApp Files

Azure NetApp Files では、NFS (NFSv3 と NFSv4.1)、SMB3、またはデュアル プロトコル (NFSv3 と SMB) を使用したボリュームの作成がサポートされています。Azure NetApp Files supports creating volumes using NFS (NFSv3 and NFSv4.1), SMB3, or dual protocol (NFSv3 and SMB). ボリュームの容量消費は、そのプールのプロビジョニング容量を前提としてカウントされます。A volume's capacity consumption counts against its pool's provisioned capacity. この記事では、NFS ボリュームを作成する方法について説明します。This article shows you how to create an NFS volume.

開始する前にBefore you begin

考慮事項Considerations

  • 使用する NFS のバージョンを決定するDeciding which NFS version to use
    NFSv3 は、さまざまなユース ケースの処理に使用でき、通常、ほとんどのエンタープライズ アプリケーションにデプロイされます。NFSv3 can handle a wide variety of use cases and is commonly deployed in most enterprise applications. アプリケーションで必要なバージョン (NFSv3 または NFSv4.1) を検証し、適切なバージョンを使用してボリュームを作成する必要があります。You should validate what version (NFSv3 or NFSv4.1) your application requires and create your volume using the appropriate version. たとえば、Apache ActiveMQ を使用する場合は、NFSv4.1 でのファイル ロックの方が、NFSv3 より推奨されます。For example, if you use Apache ActiveMQ, file locking with NFSv4.1 is recommended over NFSv3.

  • SecuritySecurity
    UNIX モード ビット (読み取り、書き込み、実行) のサポートは、NFSv3 と NFSv4.1 で利用できます。Support for UNIX mode bits (read, write, and execute) is available for NFSv3 and NFSv4.1. NFS ボリュームをマウントするには、NFS クライアントでのルート レベルのアクセス権が必要です。Root-level access is required on the NFS client to mount NFS volumes.

  • NFSv4.1 に対するローカル ユーザー/グループと LDAP のサポートLocal user/group and LDAP support for NFSv4.1
    現在、NFSv4.1 ではボリュームに対するルート アクセスのみがサポートされています。Currently, NFSv4.1 supports root access to volumes only. Azure NetApp Files 用に NFSv4.1 の既定のドメインを構成する」を参照してください。See Configure NFSv4.1 default domain for Azure NetApp Files.

ベスト プラクティスBest practice

  • ボリュームに対して適切なマウント方法を使用していることを確認します。Ensure that you’re using the proper mount instructions for the volume. Windows または Linux 仮想マシンのボリュームをマウント/マウント解除する」を参照してください。See Mount or unmount a volume for Windows or Linux virtual machines.

  • NFS クライアントは、Azure NetApp Files ボリュームと同じ VNet またはピアリングされた VNet に存在する必要があります。The NFS client should be in the same VNet or peered VNet as the Azure NetApp Files volume. VNet の外部からの接続はサポートされていますが、待機時間が長くなり、全体的なパフォーマンスが低下します。Connecting from outside the VNet is supported; however, it will introduce additional latency and decrease overall performance.

  • NFS クライアントが最新であり、オペレーティング システムの最新の更新プログラムが実行されていることを確認します。Ensure that the NFS client is up-to-date and running the latest updates for the operating system.

NFS ボリュームを作成するCreate an NFS volume

  1. [容量プール] ブレードから [ボリューム] ブレードをクリックします。Click the Volumes blade from the Capacity Pools blade. [+ ボリュームの追加] をクリックして、ボリュームを作成します。Click + Add volume to create a volume.

    ボリュームに移動する

  2. [ボリュームの作成] ウィンドウで [作成] をクリックし、[基本] タブで次のフィールドの情報を入力します。In the Create a Volume window, click Create, and provide information for the following fields under the Basics tab:

    • ボリューム名 Volume name
      作成するボリュームの名前を指定します。Specify the name for the volume that you are creating.

      ボリューム名は、各容量プール内で一意である必要があります。A volume name must be unique within each capacity pool. 3 文字以上になるようにしてください。It must be at least three characters long. 任意の英数字を使用できます。You can use any alphanumeric characters.

      default または bin をボリューム名として使用することはできません。You cannot use default or bin as the volume name.

    • 容量プールCapacity pool
      ボリュームを作成する容量プールを指定します。Specify the capacity pool where you want the volume to be created.

    • [クォータ]Quota
      ボリュームに割り当てられる論理ストレージの量を指定します。Specify the amount of logical storage that is allocated to the volume.

      [使用可能なクォータ] フィールドには、選択した容量プール内の未使用の領域のうち、新しいボリュームの作成に使用できる領域の量が示されます。The Available quota field shows the amount of unused space in the chosen capacity pool that you can use towards creating a new volume. 新しいボリュームのサイズが、使用可能なクォータを超えてはいけません。The size of the new volume must not exceed the available quota.

    • スループット (MiB/秒) Throughput (MiB/S)
      ボリュームが手動 QoS 容量プールで作成されている場合は、ボリュームに必要なスループットを指定します。If the volume is created in a manual QoS capacity pool, specify the throughput you want for the volume.

      ボリュームが自動 QoS 容量プールで作成されている場合は、このフィールドに表示される値は (クォータ x サービス レベルのスループット) です。If the volume is created in an auto QoS capacity pool, the value displayed in this field is (quota x service level throughput).

    • Virtual NetworkVirtual network
      ボリュームへのアクセス元となる Azure 仮想ネットワーク (VNet) を指定します。Specify the Azure virtual network (VNet) from which you want to access the volume.

      指定する Vnet には、Azure NetApp Files に委任されているサブネットがある必要があります。The Vnet you specify must have a subnet delegated to Azure NetApp Files. Azure NetApp Files サービスにアクセスできるのは、同じ Vnet から、またはボリュームと同じリージョンにある Vnet から Vnet ピアリングを経由する場合のみです。The Azure NetApp Files service can be accessed only from the same Vnet or from a Vnet that is in the same region as the volume through Vnet peering. ボリュームには、オンプレミス ネットワークから Express Route 経由でアクセスすることもできます。You can also access the volume from your on-premises network through Express Route.

    • サブネットSubnet
      ボリュームで使用するサブネットを指定します。Specify the subnet that you want to use for the volume.
      指定するサブネットは Azure NetApp Files に委任されている必要があります。The subnet you specify must be delegated to Azure NetApp Files.

      サブネットを委任していない場合は、[Create a Volume](ボリュームの作成) ページで [新規作成] をクリックできます。If you have not delegated a subnet, you can click Create new on the Create a Volume page. 次に、[サブネットの作成] ページでサブネットの情報を指定し、 [Microsoft.NetApp/volumes] を選択してサブネットを Azure NetApp Files に委任します。Then in the Create Subnet page, specify the subnet information, and select Microsoft.NetApp/volumes to delegate the subnet for Azure NetApp Files. 各 VNet で、1 つのサブネットだけを Azure NetApp Files に委任できます。In each Vnet, only one subnet can be delegated to Azure NetApp Files.

      ボリュームを作成する

      サブネットの作成

    • 既存のスナップショット ポリシーをボリュームに適用する場合は、 [詳細セクションの表示] をクリックして展開し、スナップショットのパスを非表示にするかどうかを指定して、プルダウン メニューでスナップショット ポリシーを選択します。If you want to apply an existing snapshot policy to the volume, click Show advanced section to expand it, specify whether you want to hide the snapshot path, and select a snapshot policy in the pull-down menu.

      スナップショット ポリシーの作成については、「スナップショット ポリシーを管理する」を参照してください。For information about creating a snapshot policy, see Manage snapshot policies.

      詳細セクションの表示

  3. [プロトコル] をクリックし、次のアクションを実行します。Click Protocol, and then complete the following actions:

    • ボリュームのプロトコルの種類として [NFS] を選択します。Select NFS as the protocol type for the volume.

    • 新しいボリュームのエクスポート パスを作成する際に使用する ファイル パス を指定します。Specify the file path that will be used to create the export path for the new volume. ボリュームのマウントとアクセスには、このエクスポート パスが使用されます。The export path is used to mount and access the volume.

      ファイル パス名には、文字、数字、ハイフン ("-") のみを含めることができます。The file path name can contain letters, numbers, and hyphens ("-") only. 長さは 16 文字から 40 文字でなければなりません。It must be between 16 and 40 characters in length.

      ファイルのパスは、各サブスクリプションと各リージョン内で一意である必要があります。The file path must be unique within each subscription and each region.

    • ボリュームの NFS バージョン ( [NFSv3] または [NFSv4.1] ) を選択します。Select the NFS version (NFSv3 or NFSv4.1) for the volume.

    • NFSv4.1 を使用している場合は、ボリュームの Kerberos 暗号化を有効にするかどうかを指定します。If you are using NFSv4.1, indicate whether you want to enable Kerberos encryption for the volume.

      NFSv4.1 で Kerberos を使用する場合は、追加の構成が必要です。Additional configurations are required if you use Kerberos with NFSv4.1. NFSv4.1 Kerberos 暗号化の構成に関する記事の手順に従います。Follow the instructions in Configure NFSv4.1 Kerberos encryption.

    • 必要に応じて、NFS ボリュームのエクスポート ポリシーを構成しますOptionally, configure export policy for the NFS volume.

    NFS プロトコルを指定する

  4. [確認および作成] をクリックし、ボリュームの詳細を確認します。Click Review + Create to review the volume details. 次に、 [作成] をクリックして、ボリュームを作成します。Then click Create to create the volume.

    作成したボリュームは [ボリューム] ページに表示されます。The volume you created appears in the Volumes page.

    ボリュームは、その容量プールから、サブスクリプション、リソース グループ、場所の各属性を継承します。A volume inherits subscription, resource group, location attributes from its capacity pool. ボリュームのデプロイ状態を監視するには、[通知] タブを使用してください。To monitor the volume deployment status, you can use the Notifications tab.

次のステップNext steps