サブネットを Azure NetApp Files に委任するDelegate a subnet to Azure NetApp Files

サブネットを Azure NetApp Files に委任する必要があります。You must delegate a subnet to Azure NetApp Files. ボリュームを作成する際は、委任されたサブネットを指定する必要があります。When you create a volume, you need to specify the delegated subnet.

考慮事項Considerations

  • 新しいサブネットを作成するウィザードでは、既定で /24 ネットワーク マスクになっており、251 個の使用可能な IP アドレスが提供されます。The wizard for creating a new subnet defaults to a /24 network mask, which provides for 251 available IP addresses. /28 ネットワーク マスクを使用すると、11 個の使用可能な IP アドレスが提供され、このサービスにはそれで十分です。Using a /28 network mask, which provides for 11 usable IP addresses, is sufficient for the service.
  • 各 Azure Virtual Network (VNet) で、1 つのサブネットだけを Azure NetApp Files に委任できます。In each Azure Virtual Network (VNet), only one subnet can be delegated to Azure NetApp Files.
    Azure では、VNet 内に複数の委任されたサブネットを作成できます。Azure enables you to create multiple delegated subnets in a VNet. ただし、委任されたサブネットを複数使用している場合、新しいボリュームを作成しようとすると失敗します。However, any attempts to create a new volume will fail if you use more than one delegated subnet.
    1 つの VNet には、委任されたサブネットを 1 つだけ含めることができます。You can have only a single delegated subnet in a VNet. NetApp アカウントでは、複数の Vnet にボリュームを配置でき、それぞれに独自の委任されたサブネットがあります。A NetApp account can deploy volumes into multiple VNets, each having its own delegated subnet.
  • 委任されたサブネット内のネットワーク セキュリティ グループまたはサービス エンドポイントを指定することはできません。You cannot designate a network security group or service endpoint in the delegated subnet. そうした場合、サブネットの委任が失敗します。Doing so causes the subnet delegation to fail.
  • グローバルにピアリングされた仮想ネットワークからボリュームへのアクセスは、現在はサポートされていません。Access to a volume from a globally peered virtual network is not currently supported.
  • Azure NetApp Files 用の委任サブネットの場合は、ユーザー定義ルート (UDR) とネットワーク セキュリティ グループ (NSG) はサポートされていません。User-defined routes (UDRs) and Network security groups (NSGs) are not supported on delegated subnets for Azure NetApp Files. しかし、UDR と NSG を他のサブネットに適用することはできます。これは、Azure NetApp Files に委任されたサブネットと同じ VNet 内であっても同様です。However, you can apply UDRs and NSGs to other subnets, even within the same VNet as the subnet delegated to Azure NetApp Files.
    Azure NetApp Files によって、委任されたサブネットへのシステム ルートが作成されます。Azure NetApp Files creates a system route to the delegated subnet. トラブルシューティングのために必要な場合、ルートはルート テーブルの [有効なルート] に表示されています。The route is shown in Effective routes in the route table if you need it for troubleshooting.

手順Steps

  1. Azure portal で [仮想ネットワーク] ブレードに移動し、Azure NetApp Files のために使用する仮想ネットワークを選択します。Go to the Virtual networks blade in the Azure portal and select the virtual network that you want to use for Azure NetApp Files.

  2. 仮想ネットワーク ブレードで [サブネット] を選択し、 [+ サブネット] ボタンをクリックします。Select Subnets from the Virtual network blade and click the +Subnet button.

  3. [サブネットの追加] ページで以下の必須フィールドを指定して、Azure NetApp Files のために使用する新しいサブネットを作成します。Create a new subnet to use for Azure NetApp Files by completing the following required fields in the Add Subnet page:

    • Name:サブネット名を指定します。Name: Specify the subnet name.

    • アドレス範囲:IP アドレス範囲を指定します。Address range: Specify the IP address range.

    • サブネットの委任: [Microsoft.NetApp/volumes] を選択します。Subnet delegation: Select Microsoft.NetApp/volumes.

      サブネットの委任

Azure NetApp Files のためのボリュームを作成するときに、サブネットを作成して委任することもできます。You can also create and delegate a subnet when you create a volume for Azure NetApp Files.

次のステップNext steps