Azure NetApp Files ボリュームのリージョン間レプリケーションCross-region replication of Azure NetApp Files volumes

Azure NetApp Files レプリケーション機能を使用すると、リージョンをまたがるボリュームのレプリケーションにおいてデータを保護できます。The Azure NetApp Files replication functionality provides data protection through cross-region volume replication. あるリージョンの Azure NetApp Files ボリューム (ソース) から別のリージョンにある別の Azure NetApp Files ボリューム (コピー先) にデータを非同期的にレプリケートできます。You can asynchronously replicate data from an Azure NetApp Files volume (source) in one region to another Azure NetApp Files volume (destination) in another region. この機能により、リージョン全体が停止したり障害が発生した場合に、重要なアプリケーションをフェールオーバーすることができます。This capability enables you to failover your critical application in case of a region-wide outage or disaster.

重要

リージョン間レプリケーションの機能は、現在パブリック プレビュー段階です。The cross-region replication feature is currently in public preview. Azure NetApp Files のリージョン間レプリケーションの順番待ち送信ページから、機能にアクセスするための順番待ちリクエストを送信する必要があります。You need to submit a waitlist request for accessing the feature through the Azure NetApp Files cross-region replication waitlist submission page. Azure NetApp Files チームからの正式な確認メールを待ってからリージョン間レプリケーション機能を使用してください。Wait for an official confirmation email from the Azure NetApp Files team before using the cross-region replication feature.

サポートされているリージョン間レプリケーション ペアSupported cross-region replication pairs

Azure NetApp Files ボリューム レプリケーションは、さまざまな Azure リージョン ペアと非ペアの間でサポートされています。Azure NetApp Files volume replication is supported between various Azure regional pairs and non-pairs. Azure NetApp Files ボリューム レプリケーションは現在、次のリージョン間で使用できます。Azure NetApp Files volume replication is currently available between the following regions:

Azure リージョン ペアAzure regional pairs

  • 米国東部および米国西部East US and West US
  • 米国東部 2 および米国中部East US 2 and Central US
  • オーストラリア東部およびオーストラリア南東部Australia East and Australia Southeast
  • カナダ中部およびカナダ東部Canada Central and Canada East
  • インド南部およびインド中部South India and Central India
  • ドイツ中西部およびドイツ北部Germany West Central and Germany North
  • 東日本および西日本Japan East and Japan West
  • 北ヨーロッパおよび西ヨーロッパNorth Europe and West Europe
  • 英国南部および英国西部UK South and UK West

Azure リージョン非ペアAzure regional non-pairs

  • 米国西部 2 および米国東部West US 2 and East US
  • 米国中南部および米国中部South Central US and Central US
  • 米国中南部および米国東部South Central US and East US
  • 米国中南部および米国東部 2South Central US and East US 2
  • 米国東部および米国東部 2East US and East US 2
  • 米国東部 2 および米国西部 2East US 2 and West US 2
  • オーストラリア東部および東南アジアAustralia East and Southeast Asia
  • ドイツ中西部および英国南部Germany West Central and UK South

サービスレベルの目標Service-level objectives

回復ポイントの目標 (RPO)、つまりデータ損失の許容最大値は、レプリケーション スケジュールの 2 倍として定義されます。Recovery Point Objectives (RPO), or the maximum tolerable data loss, is defined as twice the replication schedule. 実際に観察される RPO は、データセットの合計サイズ、変更率、データ上書きの割合、転送に使用できるレプリケーション帯域幅などの要因によって異なります。The actual RPO observed might vary based on factors such as the total dataset size along with the change rate, the percentage of data overwrites, and the replication bandwidth available for transfer.

  • レプリケーション スケジュールが 10 分の場合、最大 RPO は 20 分です。For the replication schedule of 10 minutes, the maximum RPO is 20 minutes.
  • 時間単位のレプリケーション スケジュールでは、最大 RPO は 2 時間です。For the hourly replication schedule, the maximum RPO is two hours.
  • 毎日のレプリケーション スケジュールでは、最大 RPO は 2 日間です。For the daily replication schedule, the maximum RPO is two days.

目標復旧時間 (RTO)、つまりビジネス アプリケーションのダウンタイムの最大許容期間は、アプリケーションを起動し、2 番目のサイトでデータへのアクセスを提供する際の要因によって決定されます。Recovery Time Objective (RTO), or the maximum tolerable business application downtime, is determined by factors in bringing up the application and providing access to the data at the second site. ピアリング関係を解除してコピー先のボリュームをアクティブ化し、2 番目のサイトの読み書きデータ アクセスを提供するための RTO のストレージ部分は、1 分以内に完了すると予想されます。The storage portion of the RTO for breaking the peering relationship to activate the destination volume and provide read and write data access in the second site is expected to be complete within a minute.

リージョン間レプリケーションのコスト モデルCost model for cross-region replication

Azure NetApp Files のリージョン間レプリケーションでは、レプリケートしたデータ量に対してのみ料金が発生します。With Azure NetApp Files cross-region replication, you pay only for the amount of data you replicate. 設定料金や最小使用料金はありません。There is no setup charges or minimum usage fee. レプリケーション料金は、レプリケーションの頻度と、レプリケーションの初期構成時に選択した コピー先 のボリュームのリージョンに基づいています。The replication price is based on the replication frequency and the region of the destination volume you choose during the initial replication configuration. 詳細については、「Azure NetApp Files の価格」ページを参照してください。See the Azure NetApp Files Pricing page for more information.

通常の Azure NetApp Files ストレージ容量の料金は、レプリケーション先のボリューム (データ保護 ボリュームとも呼ばれます) に適用されます。Regular Azure NetApp Files storage capacity charge applies to the replication destination volume (also called the data protection volume).

価格の例Pricing examples

1 か月に請求されるリージョン間レプリケーションの金額は、その月にリージョン間レプリケーション機能を通じてレプリケートされたデータ量に基づいています。The cross-region replication amount billed in a month is based on the amount of data replicated through the cross-region replication feature during that month. レプリケートされるデータ量は、GiB 単位で測定されます。The amount of data replicated is measured in GiB. これは、ソース ボリュームからコピー先のボリュームへのすべての定期的なレプリケーション、およびコピー先のボリュームからソース ボリュームへのすべてのレプリケーションの再同期中に、2 つのリージョンにレプリケートされるデータの合計を表します。It represents the sum of data replicated across two regions during all regular replications from the source volumes to the destination volumes and during all resync replications from the destination volumes to the source volumes.

例 1:月 1 のベースライン レプリケーションと増分レプリケーションExample 1: Month 1 baseline replication and incremental replications

次の状況を想定します。Assume the following situations:

  • ソース ボリュームは Azure NetApp Files Premium サービス レベルのものです。Your source volume is from the Azure NetApp Files Premium service level. ボリュームのクォータ サイズは 1000 GiB で、ボリュームは月の初日の始めに 500 GiB のサイズが消費されます。It has a volume quota size of 1000 GiB and a volume consumed size of 500 GiB at the beginning of the first day of a month. このボリュームは 米国中南部 リージョンにあります。The volume is in the US South Central region.
  • コピー先 のボリュームは Azure NetApp Files Standard サービス レベルのものです。Your destination volume is from the Azure NetApp Files Standard service level. これは 米国東部 2 リージョンにあります。It is in the US East 2 region.
  • 上記の 2 つのボリューム間で、時間単位 ベースのリージョン間レプリケーションを構成しました。You’ve configured an hourly based cross-region replication between the two volumes above. そのため、レプリケーションの料金は GiB あたり $0.12 です。Therefore, the price of replication is $0.12 per GiB.
  • わかりやすくするために、ソース ボリュームでは 1 時間ごとにデータが一定で 0.5 GiB 分変化するが、消費される総ボリュームのサイズは増加しない (500 GiB のまま) であると仮定します。For simplicity, assume your source volume has a constant 0.5-GiB data change every hour, but the total volume consumed size does not grow (remains at 500 GiB).

初期設定の後、ベースライン レプリケーションが直ちに行われます。After the initial setup, the baseline replication happens immediately.

  • ベースライン レプリケーション中にレプリケートされるデータ量: 500 GiBData amount replicated during baseline replication: 500 GiB
  • ベースライン レプリケーションの料金: 500 GiB * $0.12 = $60Baseline replication charges: 500 GiB * $0.12 = $60

ベースライン レプリケーションの後、変更されたブロックのみがレプリケートされます。After the baseline replication, only changed blocks are replicated. そのため、以降の増分レプリケーションでは、0.5 GiB のデータのみが 1 時間ごとにレプリケートされます。Therefore, only 0.5 GiB of data will be replicated every hour in the subsequent incremental replications.

  • 30 日間ある月で増分レプリケーションによってレプリケートされたデータ量の合計: 0.5 GiB * 24 hours * 30 days = 360 GiBSum of data amount replicated across incremental replications for a 30-day month: 0.5 GiB * 24 hours * 30 days = 360 GiB
  • 増分レプリケーションの料金: 360 GiB * $0.12 = $43.2Incremental replication charges: 360 GiB * $0.12 = $43.2

月 1 の末日までの、リージョン間レプリケーションの料金の合計は次のようになります。By the end of Month 1, the total cross-region replication charge is as follows:

  • 月 1 のリージョン間レプリケーション料金の合計: $60 + $43.2 = $103.2Total cross-region replication charge from Month 1: $60 + $43.2 = $103.2

通常の Azure NetApp Files ストレージ容量の料金は、コピー先のボリュームに適用されます。Regular Azure NetApp Files storage capacity charge applies to the destination volume. ただし、コピー先のボリュームでは、ソース ボリューム層とは異なる (および安価な) ストレージ層を使用できます。However, the destination volume can use a storage tier that is different from (and cheaper than) the source volume tier.

例 2:月 2 の増分レプリケーションとレプリケーションの再同期Example 2: Month 2 incremental replications and resync replications

例 1 に示すように、2 つの設定の間にソース ボリューム、コピー先のボリューム、およびレプリケーション関係があるとします。Assume you have a source volume, a destination volume, and a replication relationship between the two set up as described in Example 1. 2 か月目 (30 日間ある月) の 29 日間については、時間単位のレプリケーションが予想通りに発生しました。For 29 days of the second month (a 30-day month), the hourly replications occurred as expected.

  • 29 日間で増分レプリケーションによってレプリケートされたデータ量の合計: 0.5 GiB * 24 hours * 29 days = 348 GiBSum of data amount replicated across incremental replications for 29 days: 0.5 GiB * 24 hours * 29 days = 348 GiB

月の末日に、ソース リージョンで計画外の停止が発生し、コピー先のボリュームにフェールオーバーしたとします。Assume that on the last day of the month, an unplanned outage occurred in the source region and you failed over to the destination volume. 2 時間後にソース リージョンが復旧され、コピー先のボリュームからソース ボリュームへのレプリケーションの再同期が実行されました。After 2 hours, the source region recovered and you performed a resync replication from the destination volume to the source volume. その 2 時間以内に 0.8 GiB のデータ変更がコピー先のボリュームで発生し、ソースに再同期する必要がありました。During the 2 hours, 0.8 GiB of data change occurred at the destination volume and needed to be resynced to the source.

  • 定期的なレプリケーションでレプリケートされたデータ量の合計 (最終日の 22 時間): 0.5 GiB * 22 hours = 11 GiBSum of data amount replicated across regular replications for 22 hours on the last day: 0.5 GiB * 22 hours = 11 GiB
  • 1 回のレプリケーションの再同期中にレプリケートされるデータ量: 0.8 GiBData amount replicated during one resync replication: 0.8 GiB

そのため、月 2 の末日までの、リージョン間レプリケーションの料金の合計は次のようになります。Therefore, by the end of Month 2, the total cross-region replication charge is as follows:

  • 月 2 のリージョン間レプリケーション料金の合計: (348 GiB + 11 GiB + 0.8 GiB) * $0.12 = $43.18Total cross-region replication charge from Month 2: (348 GiB + 11 GiB + 0.8 GiB) * $0.12 = $43.18

月 2 の通常の Azure NetApp Files ストレージ容量の料金は、コピー先のボリュームに適用されます。Regular Azure NetApp Files storage capacity charge for Month 2 applies to the destination volume.

次のステップNext steps