Azure Cloud Shell から ARM テンプレートをデプロイする

Azure Cloud Shell を使用して、Azure Resource Manager テンプレート (ARM テンプレート) をデプロイできます。 リモートに格納されている ARM テンプレートをデプロイするか、Cloud Shell のローカル ストレージ アカウントに格納されている ARM テンプレートをデプロイできます。

任意のスコープにデプロイできます。 この記事では、リソース グループへのデプロイについて説明します。

必要なアクセス許可

Bicep ファイルまたは ARM テンプレートをデプロイするには、デプロイしているリソースに対する書き込みアクセス権が必要であり、また、Microsoft.Resources/デプロイ リソース タイプにあらゆる操作を実行するアクセス権かの゛必要です。 たとえば、仮想マシンをデプロイするには、Microsoft.Compute/virtualMachines/write および Microsoft.Resources/deployments/* アクセス許可が必要です。 What-If 操作のアクセス許可要件も同じです。

ロールとアクセス許可の一覧については、Azure の組み込みロールに関するページを参照してください。

リモート テンプレートのデプロイ

外部テンプレートをデプロイするには、外部デプロイの場合とまったく同じように、テンプレートの URI を指定します。 外部テンプレートは、GitHub リポジトリまたは外部ストレージ アカウントに存在する可能性があります。

  1. Cloud Shell のプロンプトを開きます。

    Cloud Shell を開く

  2. テンプレートをデプロイするには、次のコマンドを使用します。

    az group create --name ExampleGroup --location "Central US"
    az deployment group create \
      --name ExampleDeployment \
      --resource-group ExampleGroup \
      --template-uri "https://raw.githubusercontent.com/Azure/azure-quickstart-templates/master/quickstarts/microsoft.storage/storage-account-create/azuredeploy.json" \
      --parameters storageAccountType=Standard_GRS
    

ローカル テンプレートのデプロイ

ローカル テンプレートをデプロイするには、最初に Cloud Shell セッションに接続されているストレージ アカウントにテンプレートをアップロードする必要があります。

  1. Cloud Shell にサインインします。

  2. [PowerShell] または [Bash] を選択します。

    [Bash] または [PowerShell] を選択

  3. [ファイルのアップロード/ダウンロード] を選択し、 [アップロード] を選択します。

    ファイルをアップロードする

  4. アップロードする ARM テンプレートを選択し、 [開く] を選択します。

  5. テンプレートをデプロイするには、次のコマンドを使用します。

    az group create --name ExampleGroup --location "South Central US"
    az deployment group create \
      --resource-group ExampleGroup \
      --template-file azuredeploy.json \
      --parameters storageAccountType=Standard_GRS
    

次のステップ