仮想コア購入モデルを使用したエラスティック プールに対するリソース制限

適用対象: Azure SQL Database

この記事では、仮想コア購入モデルを使用した、Azure SQL Database のエラスティック プールとプールされたデータベースに対する詳細なリソース制限について説明します。

重要

場合によっては、未使用領域を再利用できるようにデータベースを縮小する必要があります。 詳細については、「Manage file space in Azure SQL Database」(Azure SQL Database でファイル領域を管理する) を参照してください。

エラスティック プールの読み取り専用の各レプリカには、仮想コア、メモリ、データ IOPS、TempDB、ワーカー、セッションなど、独自のリソースがあります。 読み取り専用の各レプリカには、この記事で後述するエラスティック プール リソース制限が適用されます。

次のものを使用して、サービス レベル、コンピューティング サイズ (サービス目標)、およびストレージ容量を設定できます。

重要

スケーリングのガイダンスと考慮事項については、エラスティック プールのスケーリングに関するページをご覧ください。

エラスティック プールのすべての仮想コアがビジーの場合は、プール内の各データベースが、同量のコンピューティング リソースを受け取ってクエリを処理します。 Azure SQL Database は、コンピューティング時間を均等にすることで、データベース間におけるリソース共有の公平性を実現します。 それ以外の場合、エラスティック プールのリソース共有の公平性は、データベースあたりの仮想コア分が 0 以外の値に設定されているときに、リソース量に加えて各データベースに適用されることが保証されます。

General Purpose - プロビジョニング済みコンピューティング - Gen4

重要

新しい Gen4 データベースは、オーストラリア東部とブラジル南部リージョンでサポートされなくなりました。

General Purpose サービス レベル:第 4 世代コンピューティング プラットフォーム (パート 1)

コンピューティング サイズ (サービス目標) GP_Gen4_1 GP_Gen4_2 GP_Gen4_3 GP_Gen4_4 GP_Gen4_5 GP_Gen4_6
コンピューティング世代 Gen4 Gen4 Gen4 Gen4 Gen4 Gen4
仮想コア 1 2 3 4 5 6
メモリ (GB) 7 14 21 28 35 42
プールあたりの最大 DB 数 1 100 200 500 500 500 500
列ストアをサポート はい はい はい はい はい はい
インメモリ OLTP ストレージ (GB) なし なし なし なし なし なし
データの最大サイズ (GB) 512 756 1536 1536 1536 2048
最大ログ サイズ 2 154 227 461 461 461 614
TempDB の最大データ サイズ (GB) 32 64 96 128 160 192
ストレージの種類 Premium (リモート) ストレージ Premium (リモート) ストレージ Premium (リモート) ストレージ Premium (リモート) ストレージ Premium (リモート) ストレージ Premium (リモート) ストレージ
IO 待機時間 (概算) 5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
プールあたりの最大データ IOPS 3 400 800 1200 1600 2000 2400
プールあたりの最大ログ レート (MBps) 6 12 18 24 30 36
プールあたりの最大コンカレント ワーカー数 (要求数) 4 210 420 630 840 1050 1260
プールあたりの最大同時ログイン数 4 210 420 630 840 1050 1260
最大同時セッション数 30,000 30,000 30,000 30,000 30,000 30,000
エラスティック プール仮想コアのデータベースあたりの最小/最大選択肢 0、0.25、0.5、1 0、0.25、0.5、1、2 0、0.25、0.5、1...3 0、0.25、0.5、1...4 0、0.25、0.5、1...5 0、0.25、0.5、1...6
レプリカの数 1 1 1 1 1 1
マルチ AZ なし なし なし なし なし なし
読み取りスケールアウト なし なし なし なし なし 該当なし
含まれるバックアップ ストレージ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ

1 その他の考慮事項については、「高密度エラスティック プールでのリソース管理」を参照してください。

2 文書化されている最大データ サイズ値。 最大データ サイズを小さくすると、それに比例して最大ログ サイズも小さくなります。

3 IO サイズの最大値 (8 から 64 KB)。 実際の IOPS はワークロードに依存します。 詳細については、データ IO のガバナンスに関するページを参照してください。

4 個々のデータベースの最大コンカレント ワーカー数 (要求数) については、単一データベースのリソース制限に関する記事を参照してください。 たとえば、エラスティック プールが Gen5 を使用し、データベースあたりの最大仮想コア数が 2 に設定されている場合、最大同時ワーカー数の値は 200 です。 データベースあたりの最大仮想コアが 0.5 に設定されている場合、Gen 5 では仮想コアあたりの最大同時ワーカー数が 100 なので、最大同時ワーカー数の値は 50 です。 その他にもデータベースあたりの最大仮想コア数設定が 1 仮想コア以下である場合は、最大同時ワーカー数が同様に再スケールされます。

General Purpose サービス レベル:第 4 世代コンピューティング プラットフォーム (パート 2)

コンピューティング サイズ (サービス目標) GP_Gen4_7 GP_Gen4_8 GP_Gen4_9 GP_Gen4_10 GP_Gen4_16 GP_Gen4_24
コンピューティング世代 Gen4 Gen4 Gen4 Gen4 Gen4 Gen4
仮想コア 7 8 9 10 16 24
メモリ (GB) 49 56 63 70 112 159.5
プールあたりの最大 DB 数 1 500 500 500 500 500 500
列ストアをサポート はい はい はい はい はい はい
インメモリ OLTP ストレージ (GB) なし なし なし なし なし なし
データの最大サイズ (GB) 2048 2048 2048 2048 3584 4096
最大ログ サイズ (GB) 2 614 614 614 614 1075 1229
TempDB の最大データ サイズ (GB) 224 256 288 320 512 768
ストレージの種類 Premium (リモート) ストレージ Premium (リモート) ストレージ Premium (リモート) ストレージ Premium (リモート) ストレージ Premium (リモート) ストレージ Premium (リモート) ストレージ
IO 待機時間 (概算) 5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
プールあたりの最大データ IOPS 3 2800 3200 3600 4000 6400 9600
プールあたりの最大ログ レート (MBps) 42 48 54 60 62.5 62.5
プールあたりの最大コンカレント ワーカー数 (要求数) 4 1470 1680 1890 2100 3360 5040
プールあたりの最大同時ログイン数 (要求数) 4 1470 1680 1890 2100 3360 5040
最大同時セッション数 30,000 30,000 30,000 30,000 30,000 30,000
エラスティック プール仮想コアのデータベースあたりの最小/最大選択肢 0、0.25、0.5、1...7 0、0.25、0.5、1...8 0、0.25、0.5、1...9 0、0.25、0.5、1...10 0、0.25、0.5、1...10、16 0、0.25、0.5、1...10、16、24
レプリカの数 1 1 1 1 1 1
マルチ AZ なし なし なし なし なし なし
読み取りスケールアウト なし なし なし なし なし 該当なし
含まれるバックアップ ストレージ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ

1 その他の考慮事項については、「高密度エラスティック プールでのリソース管理」を参照してください。

2 文書化されている最大データ サイズ値。 最大データ サイズを小さくすると、それに比例して最大ログ サイズも小さくなります。

3 IO サイズの最大値 (8 から 64 KB)。 実際の IOPS はワークロードに依存します。 詳細については、データ IO のガバナンスに関するページを参照してください。

4 個々のデータベースの最大コンカレント ワーカー数 (要求数) については、単一データベースのリソース制限に関する記事を参照してください。 たとえば、エラスティック プールが Gen5 を使用し、データベースあたりの最大仮想コア数が 2 に設定されている場合、最大同時ワーカー数の値は 200 です。 データベースあたりの最大仮想コアが 0.5 に設定されている場合、Gen 5 では仮想コアあたりの最大同時ワーカー数が 100 なので、最大同時ワーカー数の値は 50 です。 その他にもデータベースあたりの最大仮想コア数設定が 1 仮想コア以下である場合は、最大同時ワーカー数が同様に再スケールされます。

General Purpose - プロビジョニング済みコンピューティング - Gen5

General Purpose サービス レベル:第 5 世代コンピューティング プラットフォーム (パート 1)

コンピューティング サイズ (サービス目標) GP_Gen5_2 GP_Gen5_4 GP_Gen5_6 GP_Gen5_8 GP_Gen5_10 GP_Gen5_12 GP_Gen5_14
コンピューティング世代 第 5 世代 第 5 世代 第 5 世代 第 5 世代 第 5 世代 第 5 世代 第 5 世代
仮想コア 2 4 6 8 10 12 14
メモリ (GB) 10.4 20.8 31.1 41.5 51.9 62.3 72.7
プールあたりの最大 DB 数 1 100 200 500 500 500 500 500
列ストアをサポート はい はい はい はい はい はい はい
インメモリ OLTP ストレージ (GB) なし なし なし なし なし なし なし
データの最大サイズ (GB) 512 756 1536 1536 1536 2048 2048
最大ログ サイズ (GB) 2 154 227 461 461 461 614 614
TempDB の最大データ サイズ (GB) 64 128 192 256 320 384 448
ストレージの種類 Premium (リモート) ストレージ Premium (リモート) ストレージ Premium (リモート) ストレージ Premium (リモート) ストレージ Premium (リモート) ストレージ Premium (リモート) ストレージ Premium (リモート) ストレージ
IO 待機時間 (概算) 5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
プールあたりの最大データ IOPS 3 800 1600 2400 3200 4000 4800 5600
プールあたりの最大ログ レート (MBps) 12 24 36 48 60 62.5 62.5
プールあたりの最大コンカレント ワーカー数 (要求数) 4 210 420 630 840 1050 1260 1470
プールあたりの最大同時ログイン数 (要求数) 4 210 420 630 840 1050 1260 1470
最大同時セッション数 30,000 30,000 30,000 30,000 30,000 30,000 30,000
エラスティック プール仮想コアのデータベースあたりの最小/最大選択肢 0、0.25、0.5、1、2 0、0.25、0.5、1...4 0、0.25、0.5、1...6 0、0.25、0.5、1...8 0、0.25、0.5、1...10 0、0.25、0.5、1...12 0、0.25、0.5、1...14
レプリカの数 1 1 1 1 1 1 1
マルチ AZ プレビューで利用可能 プレビューで利用可能 プレビューで利用可能 プレビューで利用可能 プレビューで利用可能 プレビューで利用可能 プレビューで利用可能
読み取りスケールアウト なし なし なし なし なし なし 該当なし
含まれるバックアップ ストレージ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ

1 その他の考慮事項については、「高密度エラスティック プールでのリソース管理」を参照してください。

2 文書化されている最大データ サイズ値。 最大データ サイズを小さくすると、それに比例して最大ログ サイズも小さくなります。

3 IO サイズの最大値 (8 から 64 KB)。 実際の IOPS はワークロードに依存します。 詳細については、データ IO のガバナンスに関するページを参照してください。

4 個々のデータベースの最大コンカレント ワーカー数 (要求数) については、単一データベースのリソース制限に関する記事を参照してください。 たとえば、エラスティック プールが Gen5 を使用し、データベースあたりの最大仮想コア数が 2 に設定されている場合、最大同時ワーカー数の値は 200 です。 データベースあたりの最大仮想コアが 0.5 に設定されている場合、Gen 5 では仮想コアあたりの最大同時ワーカー数が 100 なので、最大同時ワーカー数の値は 50 です。 その他にもデータベースあたりの最大仮想コア数設定が 1 仮想コア以下である場合は、最大同時ワーカー数が同様に再スケールされます。

General Purpose サービス レベル:第 5 世代コンピューティング プラットフォーム (パート 2)

コンピューティング サイズ (サービス目標) GP_Gen5_16 GP_Gen5_18 GP_Gen5_20 GP_Gen5_24 GP_Gen5_32 GP_Gen5_40 GP_Gen5_80
コンピューティング世代 第 5 世代 第 5 世代 第 5 世代 第 5 世代 第 5 世代 第 5 世代 第 5 世代
仮想コア 16 18 20 24 32 40 80
メモリ (GB) 83 93.4 103.8 124.6 166.1 207.6 415.2
プールあたりの最大 DB 数 1 500 500 500 500 500 500 500
列ストアをサポート はい はい はい はい はい はい はい
インメモリ OLTP ストレージ (GB) なし なし なし なし なし なし なし
データの最大サイズ (GB) 2048 3072 3072 3072 4096 4096 4096
最大ログ サイズ (GB) 2 614 922 922 922 1229 1229 1229
TempDB の最大データ サイズ (GB) 512 576 640 768 1024 1280 2560
ストレージの種類 Premium (リモート) ストレージ Premium (リモート) ストレージ Premium (リモート) ストレージ Premium (リモート) ストレージ Premium (リモート) ストレージ Premium (リモート) ストレージ Premium (リモート) ストレージ
IO 待機時間 (概算) 5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
プールあたりの最大データ IOPS 3 6,400 7,200 8,000 9,600 12,800 16,000 16,000
プールあたりの最大ログ レート (MBps) 62.5 62.5 62.5 62.5 62.5 62.5 62.5
プールあたりの最大コンカレント ワーカー数 (要求数) 4 1680 1890 2100 2520 3360 4200 8400
プールあたりの最大同時ログイン数 (要求数) 4 1680 1890 2100 2520 3360 4200 8400
最大同時セッション数 30,000 30,000 30,000 30,000 30,000 30,000 30,000
エラスティック プール仮想コアのデータベースあたりの最小/最大選択肢 0、0.25、0.5、1...16 0、0.25、0.5、1...18 0、0.25、0.5、1...20 0、0.25、0.5、1...20、24 0、0.25、0.5、1...20、24、32 0、0.25、0.5、1...16、24、32、40 0、0.25、0.5、1...16、24、32、40、80
レプリカの数 1 1 1 1 1 1 1
マルチ AZ プレビューで利用可能 プレビューで利用可能 プレビューで利用可能 プレビューで利用可能 プレビューで利用可能 プレビューで利用可能 プレビューで利用可能
読み取りスケールアウト なし なし なし なし なし なし 該当なし
含まれるバックアップ ストレージ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ

1 その他の考慮事項については、「高密度エラスティック プールでのリソース管理」を参照してください。

2 文書化されている最大データ サイズ値。 最大データ サイズを小さくすると、それに比例して最大ログ サイズも小さくなります。

3 IO サイズの最大値 (8 から 64 KB)。 実際の IOPS はワークロードに依存します。 詳細については、データ IO のガバナンスに関するページを参照してください。

4 個々のデータベースの最大コンカレント ワーカー数 (要求数) については、単一データベースのリソース制限に関する記事を参照してください。 たとえば、エラスティック プールが Gen5 を使用し、データベースあたりの最大仮想コア数が 2 に設定されている場合、最大同時ワーカー数の値は 200 です。 データベースあたりの最大仮想コアが 0.5 に設定されている場合、Gen 5 では仮想コアあたりの最大同時ワーカー数が 100 なので、最大同時ワーカー数の値は 50 です。 その他にもデータベースあたりの最大仮想コア数設定が 1 仮想コア以下である場合は、最大同時ワーカー数が同様に再スケールされます。

General Purpose - プロビジョニング済みコンピューティング - Fsv2 シリーズ

Fsv2 シリーズのコンピューティング世代 (パート 1)

コンピューティング サイズ (サービス目標) GP_Fsv2_8 GP_Fsv2_10 GP_Fsv2_12 GP_Fsv2_14 GP_Fsv2_16
コンピューティング世代 Fsv2 シリーズ Fsv2 シリーズ Fsv2 シリーズ Fsv2 シリーズ Fsv2 シリーズ
仮想コア 8 10 12 14 16
メモリ (GB) 15.1 18.9 22.7 26.5 30.2
プールあたりの最大 DB 数 1 500 500 500 500 500
列ストアをサポート はい はい はい はい はい
インメモリ OLTP ストレージ (GB) なし なし なし なし なし
データの最大サイズ (GB) 1024 1024 1024 1024 1536
最大ログ サイズ (GB) 2 336 336 336 336 512
TempDB の最大データ サイズ (GB) 37 46 56 65 74
ストレージの種類 リモート SSD リモート SSD リモート SSD リモート SSD リモート SSD
IO 待機時間 (概算) 5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
プールあたりの最大データ IOPS 3 2560 3200 3840 4480 5120
プールあたりの最大ログ レート (MBps) 48 60 62.5 62.5 62.5
プールあたりの最大コンカレント ワーカー数 (要求数) 4 400 500 600 700 800
プールあたりの最大同時ログイン数 (要求数) 4 800 1000 1200 1400 1600
最大同時セッション数 30,000 30,000 30,000 30,000 30,000
エラスティック プール仮想コアのデータベースあたりの最小/最大選択肢 0-8 0-10 0-12 0-14 0-16
レプリカの数 1 1 1 1 1
マルチ AZ なし なし なし なし なし
読み取りスケールアウト なし なし なし なし 該当なし
含まれるバックアップ ストレージ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ

1 その他の考慮事項については、「高密度エラスティック プールでのリソース管理」を参照してください。

2 文書化されている最大データ サイズ値。 最大データ サイズを小さくすると、それに比例して最大ログ サイズも小さくなります。

3 IO サイズの最大値 (8 から 64 KB)。 実際の IOPS はワークロードに依存します。 詳細については、データ IO のガバナンスに関するページを参照してください。

4 個々のデータベースの最大コンカレント ワーカー数 (要求数) については、単一データベースのリソース制限に関する記事を参照してください。 たとえば、エラスティック プールが Gen5 を使用し、データベースあたりの最大仮想コア数が 2 に設定されている場合、最大同時ワーカー数の値は 200 です。 データベースあたりの最大仮想コアが 0.5 に設定されている場合、Gen 5 では仮想コアあたりの最大同時ワーカー数が 100 なので、最大同時ワーカー数の値は 50 です。 その他にもデータベースあたりの最大仮想コア数設定が 1 仮想コア以下である場合は、最大同時ワーカー数が同様に再スケールされます。

Fsv2 シリーズのコンピューティング世代 (パート 2)

コンピューティング サイズ (サービス目標) GP_Fsv2_18 GP_Fsv2_20 GP_Fsv2_24 GP_Fsv2_32 GP_Fsv2_36 GP_Fsv2_72
コンピューティング世代 Fsv2 シリーズ Fsv2 シリーズ Fsv2 シリーズ Fsv2 シリーズ Fsv2 シリーズ Fsv2 シリーズ
仮想コア 18 20 24 32 36 72
メモリ (GB) 34.0 37.8 45.4 60.5 68.0 136.0
プールあたりの最大 DB 数 1 500 500 500 500 500
列ストアをサポート はい はい はい はい はい はい
インメモリ OLTP ストレージ (GB) なし なし なし なし なし なし
データの最大サイズ (GB) 1536 1536 1536 3072 3072 4096
最大ログ サイズ (GB) 2 512 512 512 1024 1024 1024
TempDB の最大データ サイズ (GB) 83 93 111 148 167 333
ストレージの種類 リモート SSD リモート SSD リモート SSD リモート SSD リモート SSD リモート SSD
IO 待機時間 (概算) 5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
プールあたりの最大データ IOPS 3 5760 6400 7680 10240 11520 12800
プールあたりの最大ログ レート (MBps) 62.5 62.5 62.5 62.5 62.5 62.5
プールあたりの最大コンカレント ワーカー数 (要求数) 4 900 1000 1200 1600 1800 3600
プールあたりの最大同時ログイン数 (要求数) 4 1800 2000 2400 3200 3600 7200
最大同時セッション数 30,000 30,000 30,000 30,000 30,000 30,000
エラスティック プール仮想コアのデータベースあたりの最小/最大選択肢 0-18 0-20 0 ~ 24 0-32 0-36 0 から 72
レプリカの数 1 1 1 1 1 1
マルチ AZ なし なし なし なし なし なし
読み取りスケールアウト なし なし なし なし なし 該当なし
含まれるバックアップ ストレージ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ

1 その他の考慮事項については、「高密度エラスティック プールでのリソース管理」を参照してください。

2 文書化されている最大データ サイズ値。 最大データ サイズを小さくすると、それに比例して最大ログ サイズも小さくなります。

3 IO サイズの最大値 (8 から 64 KB)。 実際の IOPS はワークロードに依存します。 詳細については、データ IO のガバナンスに関するページを参照してください。

4 個々のデータベースの最大コンカレント ワーカー数 (要求数) については、単一データベースのリソース制限に関する記事を参照してください。 たとえば、エラスティック プールが Gen5 を使用し、データベースあたりの最大仮想コア数が 2 に設定されている場合、最大同時ワーカー数の値は 200 です。 データベースあたりの最大仮想コアが 0.5 に設定されている場合、Gen 5 では仮想コアあたりの最大同時ワーカー数が 100 なので、最大同時ワーカー数の値は 50 です。 その他にもデータベースあたりの最大仮想コア数設定が 1 仮想コア以下である場合は、最大同時ワーカー数が同様に再スケールされます。

汎用 - プロビジョニング済みコンピューティング - DC シリーズ

コンピューティング サイズ (サービス目標) GP_DC_2 GP_DC_4 GP_DC_6 GP_DC_8
コンピューティング世代 DC DC DC DC
仮想コア 2 4 6 8
メモリ (GB) 9 18 27 36
プールあたりの最大 DB 数 1 100 400 400 400
列ストアをサポート はい はい はい はい
インメモリ OLTP ストレージ (GB) なし なし なし なし
データの最大サイズ (GB) 756 1536 2048 2048
最大ログ サイズ (GB) 2 227 461 614 614
TempDB の最大データ サイズ (GB) 64 128 192 256
ストレージの種類 Premium (リモート) ストレージ Premium (リモート) ストレージ Premium (リモート) ストレージ Premium (リモート) ストレージ
IO 待機時間 (概算) 5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
5 ~ 7 ミリ秒 (書き込み)
5 ~ 10 ミリ秒 (読み取り)
プールあたりの最大データ IOPS 3 800 1600 2400 3200
プールあたりの最大ログ レート (MBps) 12 24 36 48
プールあたりの最大コンカレント ワーカー数 (要求数) 4 168 336 504 672
プールあたりの最大同時ログイン数 (要求数) 4 168 336 504 672
最大同時セッション数 30,000 30,000 30,000 30,000
エラスティック プール仮想コアのデータベースあたりの最小/最大選択肢 2 2...4 2...6 2...8
レプリカの数 1 1 1 1
マルチ AZ なし なし なし なし
読み取りスケールアウト なし なし なし 該当なし
含まれるバックアップ ストレージ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ

1 その他の考慮事項については、「高密度エラスティック プールでのリソース管理」を参照してください。

2 文書化されている最大データ サイズ値。 最大データ サイズを小さくすると、それに比例して最大ログ サイズも小さくなります。

3 IO サイズの最大値 (8 から 64 KB)。 実際の IOPS はワークロードに依存します。 詳細については、データ IO のガバナンスに関するページを参照してください。

4 個々のデータベースの最大コンカレント ワーカー数 (要求数) については、単一データベースのリソース制限に関する記事を参照してください。 たとえば、エラスティック プールが Gen5 を使用し、データベースあたりの最大仮想コア数が 2 に設定されている場合、最大同時ワーカー数の値は 200 です。 データベースあたりの最大仮想コアが 0.5 に設定されている場合、Gen 5 では仮想コアあたりの最大同時ワーカー数が 100 なので、最大同時ワーカー数の値は 50 です。 その他にもデータベースあたりの最大仮想コア数設定が 1 仮想コア以下である場合は、最大同時ワーカー数が同様に再スケールされます。

Business Critical - プロビジョニング済みコンピューティング - Gen4

重要

新しい Gen4 データベースは、オーストラリア東部とブラジル南部リージョンでサポートされなくなりました。

Business Critical サービス レベル:第 4 世代コンピューティング プラットフォーム (パート 1)

コンピューティング サイズ (サービス目標) BC_Gen4_2 BC_Gen4_3 BC_Gen4_4 BC_Gen4_5 BC_Gen4_6
コンピューティング世代 Gen4 Gen4 Gen4 Gen4 Gen4
仮想コア 2 3 4 5 6
メモリ (GB) 14 21 28 35 42
プールあたりの最大 DB 数 1 50 100 100 100 100
列ストアをサポート はい はい はい はい はい
インメモリ OLTP ストレージ (GB) 2 3 4 5 6
ストレージの種類 ローカル SSD ローカル SSD ローカル SSD ローカル SSD ローカル SSD
データの最大サイズ (GB) 1024 1024 1024 1024 1024
最大ログ サイズ (GB) 2 307 307 307 307 307
TempDB の最大データ サイズ (GB) 64 96 128 160 192
ローカル ストレージの最大サイズ (GB) 1356 1356 1356 1356 1356
IO 待機時間 (概算) 1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
プールあたりの最大データ IOPS 3 9,000 13,500 18,000 22,500 27,000
プールあたりの最大ログ レート (MBps) 20 30 40 50 60
プールあたりの最大コンカレント ワーカー数 (要求数) 4 420 630 840 1050 1260
プールあたりの最大同時ログイン数 (要求数) 4 420 630 840 1050 1260
最大同時セッション数 30,000 30,000 30,000 30,000 30,000
エラスティック プール仮想コアのデータベースあたりの最小/最大選択肢 0、0.25、0.5、1、2 0、0.25、0.5、1...3 0、0.25、0.5、1...4 0、0.25、0.5、1...5 0、0.25、0.5、1...6
レプリカの数 4 4 4 4 4
マルチ AZ はい はい はい はい はい
読み取りスケールアウト はい はい はい はい はい
含まれるバックアップ ストレージ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ

1 その他の考慮事項については、「高密度エラスティック プールでのリソース管理」を参照してください。

2 文書化されている最大データ サイズ値。 最大データ サイズを小さくすると、それに比例して最大ログ サイズも小さくなります。

3 IO サイズの最大値 (8 から 64 KB)。 実際の IOPS はワークロードに依存します。 詳細については、データ IO のガバナンスに関するページを参照してください。

4 個々のデータベースの最大コンカレント ワーカー数 (要求数) については、単一データベースのリソース制限に関する記事を参照してください。 たとえば、エラスティック プールが Gen5 を使用し、データベースあたりの最大仮想コア数が 2 に設定されている場合、最大同時ワーカー数の値は 200 です。 データベースあたりの最大仮想コアが 0.5 に設定されている場合、Gen 5 では仮想コアあたりの最大同時ワーカー数が 100 なので、最大同時ワーカー数の値は 50 です。 その他にもデータベースあたりの最大仮想コア数設定が 1 仮想コア以下である場合は、最大同時ワーカー数が同様に再スケールされます。

Business Critical サービス レベル:第 4 世代コンピューティング プラットフォーム (パート 2)

コンピューティング サイズ (サービス目標) BC_Gen4_7 BC_Gen4_8 BC_Gen4_9 BC_Gen4_10 BC_Gen4_16 BC_Gen4_24
コンピューティング世代 Gen4 Gen4 Gen4 Gen4 Gen4 Gen4
仮想コア 7 8 9 10 16 24
メモリ (GB) 49 56 63 70 112 159.5
プールあたりの最大 DB 数 1 100 100 100 100 100 100
列ストアをサポート 該当なし なし なし なし なし 該当なし
インメモリ OLTP ストレージ (GB) 7 8 9.5 11 20 36
ストレージの種類 ローカル SSD ローカル SSD ローカル SSD ローカル SSD ローカル SSD ローカル SSD
データの最大サイズ (GB) 1024 1024 1024 1024 1024 1024
最大ログ サイズ (GB) 2 307 307 307 307 307 307
TempDB の最大データ サイズ (GB) 224 256 288 320 512 768
ローカル ストレージの最大サイズ (GB) 1356 1356 1356 1356 1356 1356
IO 待機時間 (概算) 1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
プールあたりの最大データ IOPS 3 31,500 36,000 40,500 45,000 72,000 96,000
プールあたりの最大ログ レート (MBps) 70 80 80 80 80 80
プールあたりの最大コンカレント ワーカー数 (要求数) 4 1470 1680 1890 2100 3360 5040
プールあたりの最大同時ログイン数 (要求数) 4 1470 1680 1890 2100 3360 5040
最大同時セッション数 30,000 30,000 30,000 30,000 30,000 30,000
エラスティック プール仮想コアのデータベースあたりの最小/最大選択肢 0、0.25、0.5、1...7 0、0.25、0.5、1...8 0、0.25、0.5、1...9 0、0.25、0.5、1...10 0、0.25、0.5、1...10、16 0、0.25、0.5、1...10、16、24
レプリカの数 4 4 4 4 4 4
マルチ AZ はい はい はい はい はい はい
読み取りスケールアウト はい はい はい はい はい はい
含まれるバックアップ ストレージ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ

1 その他の考慮事項については、「高密度エラスティック プールでのリソース管理」を参照してください。

2 文書化されている最大データ サイズ値。 最大データ サイズを小さくすると、それに比例して最大ログ サイズも小さくなります。

3 IO サイズの最大値 (8 から 64 KB)。 実際の IOPS はワークロードに依存します。 詳細については、データ IO のガバナンスに関するページを参照してください。

4 個々のデータベースの最大コンカレント ワーカー数 (要求数) については、単一データベースのリソース制限に関する記事を参照してください。 たとえば、エラスティック プールが Gen5 を使用し、データベースあたりの最大仮想コア数が 2 に設定されている場合、最大同時ワーカー数の値は 200 です。 データベースあたりの最大仮想コアが 0.5 に設定されている場合、Gen 5 では仮想コアあたりの最大同時ワーカー数が 100 なので、最大同時ワーカー数の値は 50 です。 その他にもデータベースあたりの最大仮想コア数設定が 1 仮想コア以下である場合は、最大同時ワーカー数が同様に再スケールされます。

Business Critical - プロビジョニング済みコンピューティング - Gen5

Business Critical サービス レベル:第 5 世代コンピューティング プラットフォーム (パート 1)

コンピューティング サイズ (サービス目標) BC_Gen5_4 BC_Gen5_6 BC_Gen5_8 BC_Gen5_10 BC_Gen5_12 BC_Gen5_14
コンピューティング世代 第 5 世代 第 5 世代 第 5 世代 第 5 世代 第 5 世代 第 5 世代
仮想コア 4 6 8 10 12 14
メモリ (GB) 20.8 31.1 41.5 51.9 62.3 72.7
プールあたりの最大 DB 数 1 50 100 100 100 100 100
列ストアをサポート はい はい はい はい はい はい
インメモリ OLTP ストレージ (GB) 3.14 4.71 6.28 8.65 11.02 13.39
データの最大サイズ (GB) 1024 1536 1536 1536 3072 3072
最大ログ サイズ (GB) 2 307 307 461 461 922 922
TempDB の最大データ サイズ (GB) 128 192 256 320 384 448
ローカル ストレージの最大サイズ (GB) 4829 4829 4829 4829 4829 4829
ストレージの種類 ローカル SSD ローカル SSD ローカル SSD ローカル SSD ローカル SSD ローカル SSD
IO 待機時間 (概算) 1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
プールあたりの最大データ IOPS 3 18,000 27,000 36,000 45,000 54,000 63,000
プールあたりの最大ログ レート (MBps) 60 90 120 120 120 120
プールあたりの最大コンカレント ワーカー数 (要求数) 4 420 630 840 1050 1260 1470
プールあたりの最大同時ログイン数 (要求数) 4 420 630 840 1050 1260 1470
最大同時セッション数 30,000 30,000 30,000 30,000 30,000 30,000
エラスティック プール仮想コアのデータベースあたりの最小/最大選択肢 0、0.25、0.5、1...4 0、0.25、0.5、1...6 0、0.25、0.5、1...8 0、0.25、0.5、1...10 0、0.25、0.5、1...12 0、0.25、0.5、1...14
レプリカの数 4 4 4 4 4 4
マルチ AZ はい はい はい はい はい はい
読み取りスケールアウト はい はい はい はい はい はい
含まれるバックアップ ストレージ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ

1 その他の考慮事項については、「高密度エラスティック プールでのリソース管理」を参照してください。

2 文書化されている最大データ サイズ値。 最大データ サイズを小さくすると、それに比例して最大ログ サイズも小さくなります。

3 IO サイズの最大値 (8 から 64 KB)。 実際の IOPS はワークロードに依存します。 詳細については、データ IO のガバナンスに関するページを参照してください。

4 個々のデータベースの最大コンカレント ワーカー数 (要求数) については、単一データベースのリソース制限に関する記事を参照してください。 たとえば、エラスティック プールが Gen5 を使用し、データベースあたりの最大仮想コア数が 2 に設定されている場合、最大同時ワーカー数の値は 200 です。 データベースあたりの最大仮想コアが 0.5 に設定されている場合、Gen 5 では仮想コアあたりの最大同時ワーカー数が 100 なので、最大同時ワーカー数の値は 50 です。 その他にもデータベースあたりの最大仮想コア数設定が 1 仮想コア以下である場合は、最大同時ワーカー数が同様に再スケールされます。

Business Critical サービス レベル:第 5 世代コンピューティング プラットフォーム (パート 2)

コンピューティング サイズ (サービス目標) BC_Gen5_16 BC_Gen5_18 BC_Gen5_20 BC_Gen5_24 BC_Gen5_32 BC_Gen5_40 BC_Gen5_80
コンピューティング世代 第 5 世代 第 5 世代 第 5 世代 第 5 世代 第 5 世代 第 5 世代 第 5 世代
仮想コア 16 18 20 24 32 40 80
メモリ (GB) 83 93.4 103.8 124.6 166.1 207.6 415.2
プールあたりの最大 DB 数 1 100 100 100 100 100 100 100
列ストアをサポート はい はい はい はい はい はい はい
インメモリ OLTP ストレージ (GB) 15.77 18.14 20.51 25.25 37.94 52.23 131.68
データの最大サイズ (GB) 3072 3072 3072 4096 4096 4096 4096
最大ログ サイズ (GB) 2 922 922 922 1229 1229 1229 1229
TempDB の最大データ サイズ (GB) 512 576 640 768 1024 1280 2560
ローカル ストレージの最大サイズ (GB) 4829 4829 4829 4829 4829 4829 4829
ストレージの種類 ローカル SSD ローカル SSD ローカル SSD ローカル SSD ローカル SSD ローカル SSD ローカル SSD
IO 待機時間 (概算) 1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
プールあたりの最大データ IOPS 3 72,000 81,000 90,000 108,000 144,000 180,000 256,000
プールあたりの最大ログ レート (MBps) 120 120 120 120 120 120 120
プールあたりの最大コンカレント ワーカー数 (要求数) 4 1680 1890 2100 2520 3360 4200 8400
プールあたりの最大同時ログイン数 (要求数) 4 1680 1890 2100 2520 3360 4200 8400
最大同時セッション数 30,000 30,000 30,000 30,000 30,000 30,000 30,000
エラスティック プール仮想コアのデータベースあたりの最小/最大選択肢 0、0.25、0.5、1...16 0、0.25、0.5、1...18 0、0.25、0.5、1...20 0、0.25、0.5、1...20、24 0、0.25、0.5、1...20、24、32 0、0.25、0.5、1...20、24、32、40 0、0.25、0.5、1...20、24、32、40、80
レプリカの数 4 4 4 4 4 4 4
マルチ AZ はい はい はい はい はい はい はい
読み取りスケールアウト はい はい はい はい はい はい はい
含まれるバックアップ ストレージ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ

1 その他の考慮事項については、「高密度エラスティック プールでのリソース管理」を参照してください。

2 文書化されている最大データ サイズ値。 最大データ サイズを小さくすると、それに比例して最大ログ サイズも小さくなります。

3 IO サイズの最大値 (8 から 64 KB)。 実際の IOPS はワークロードに依存します。 詳細については、データ IO のガバナンスに関するページを参照してください。

4 個々のデータベースの最大コンカレント ワーカー数 (要求数) については、単一データベースのリソース制限に関する記事を参照してください。 たとえば、エラスティック プールが Gen5 を使用し、データベースあたりの最大仮想コア数が 2 に設定されている場合、最大同時ワーカー数の値は 200 です。 データベースあたりの最大仮想コアが 0.5 に設定されている場合、Gen 5 では仮想コアあたりの最大同時ワーカー数が 100 なので、最大同時ワーカー数の値は 50 です。 その他にもデータベースあたりの最大仮想コア数設定が 1 仮想コア以下である場合は、最大同時ワーカー数が同様に再スケールされます。

Business Critical - プロビジョニング済みコンピューティング - M シリーズ

M シリーズのコンピューティング世代 (パート 1)

コンピューティング サイズ (サービス目標) BC_M_8 BC_M_10 BC_M_12 BC_M_14 BC_M_16 BC_M_18
コンピューティング世代 M シリーズ M シリーズ M シリーズ M シリーズ M シリーズ M シリーズ
仮想コア 8 10 12 14 16 18
メモリ (GB) 235.4 294.3 353.2 412.0 470.9 529.7
プールあたりの最大 DB 数 1 100 100 100 100 100 100
列ストアをサポート はい はい はい はい はい はい
インメモリ OLTP ストレージ (GB) 64 80 96 112 128 150
データの最大サイズ (GB) 512 640 768 896 1024 1152
最大ログ サイズ (GB) 2 171 213 256 299 341 384
TempDB の最大データ サイズ (GB) 256 320 384 448 512 576
ローカル ストレージの最大サイズ (GB) 13836 13836 13836 13836 13836 13836
ストレージの種類 ローカル SSD ローカル SSD ローカル SSD ローカル SSD ローカル SSD ローカル SSD
IO 待機時間 (概算) 1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
プールあたりの最大データ IOPS 3 12,499 15,624 18,748 21,873 24,998 28,123
プールあたりの最大ログ レート (MBps) 48 60 72 84 96 108
プールあたりの最大コンカレント ワーカー数 (要求数) 4 800 1,000 1,200 1,400 1,600 1,800
プールあたりの最大同時ログイン数 (要求数) 4 800 1,000 1,200 1,400 1,600 1,800
最大同時セッション数 30000 30000 30000 30000 30000 30000
エラスティック プール仮想コアのデータベースあたりの最小/最大選択肢 0-8 0-10 0-12 0-14 0-16 0-18
レプリカの数 4 4 4 4 4 4
マルチ AZ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ
読み取りスケールアウト はい はい はい はい はい はい
含まれるバックアップ ストレージ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ

1 その他の考慮事項については、「高密度エラスティック プールでのリソース管理」を参照してください。

2 文書化されている最大データ サイズ値。 最大データ サイズを小さくすると、それに比例して最大ログ サイズも小さくなります。

3 IO サイズの最大値 (8 から 64 KB)。 実際の IOPS はワークロードに依存します。 詳細については、データ IO のガバナンスに関するページを参照してください。

4 個々のデータベースの最大コンカレント ワーカー数 (要求数) については、単一データベースのリソース制限に関する記事を参照してください。 たとえば、エラスティック プールが Gen5 を使用し、データベースあたりの最大仮想コア数が 2 に設定されている場合、最大同時ワーカー数の値は 200 です。 データベースあたりの最大仮想コアが 0.5 に設定されている場合、Gen 5 では仮想コアあたりの最大同時ワーカー数が 100 なので、最大同時ワーカー数の値は 50 です。 その他にもデータベースあたりの最大仮想コア数設定が 1 仮想コア以下である場合は、最大同時ワーカー数が同様に再スケールされます。

M シリーズのコンピューティング世代 (パート 2)

コンピューティング サイズ (サービス目標) BC_M_20 BC_M_24 BC_M_32 BC_M_64 BC_M_128
コンピューティング世代 M シリーズ M シリーズ M シリーズ M シリーズ M シリーズ
仮想コア 20 24 32 64 128
メモリ (GB) 588.6 706.3 941.8 1883.5 3767.0
プールあたりの最大 DB 数 1 100 100 100 100 100
列ストアをサポート はい はい はい はい はい
インメモリ OLTP ストレージ (GB) 172 216 304 704 1768
データの最大サイズ (GB) 1280 1536 2048 4096 4096
最大ログ サイズ (GB) 2 427 512 683 1024 1024
TempDB の最大データ サイズ (GB) 640 768 1024 2048 4096
ローカル ストレージの最大サイズ (GB) 13836 13836 13836 13836 13836
ストレージの種類 ローカル SSD ローカル SSD ローカル SSD ローカル SSD ローカル SSD
IO 待機時間 (概算) 1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
プールあたりの最大データ IOPS 3 31,248 37,497 49,996 99,993 160,000
プールあたりの最大ログ レート (MBps) 120 144 192 264 264
プールあたりの最大コンカレント ワーカー数 (要求数) 4 2,000 2,400 3,200 6,400 12,800
プールあたりの最大同時ログイン数 (要求数) 4 2,000 2,400 3,200 6,400 12,800
最大同時セッション数 30000 30000 30000 30000 30000
レプリカの数 4 4 4 4 4
マルチ AZ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ
読み取りスケールアウト はい はい はい はい はい
含まれるバックアップ ストレージ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ

1 その他の考慮事項については、「高密度エラスティック プールでのリソース管理」を参照してください。

2 文書化されている最大データ サイズ値。 最大データ サイズを小さくすると、それに比例して最大ログ サイズも小さくなります。

3 IO サイズの最大値 (8 から 64 KB)。 実際の IOPS はワークロードに依存します。 詳細については、データ IO のガバナンスに関するページを参照してください。

4 個々のデータベースの最大コンカレント ワーカー数 (要求数) については、単一データベースのリソース制限に関する記事を参照してください。 たとえば、エラスティック プールが Gen5 を使用し、データベースあたりの最大仮想コア数が 2 に設定されている場合、最大同時ワーカー数の値は 200 です。 データベースあたりの最大仮想コアが 0.5 に設定されている場合、Gen 5 では仮想コアあたりの最大同時ワーカー数が 100 なので、最大同時ワーカー数の値は 50 です。 その他にもデータベースあたりの最大仮想コア数設定が 1 仮想コア以下である場合は、最大同時ワーカー数が同様に再スケールされます。

Business Critical - プロビジョニング済みコンピューティング - DC シリーズ

コンピューティング サイズ (サービス目標) BC_DC_2 BC_DC_4 BC_DC_6 BC_DC_8
コンピューティング世代 DC DC DC DC
仮想コア 2 4 6 8
メモリ (GB) 9 18 27 36
プールあたりの最大 DB 数 1 50 100 100 100
列ストアをサポート はい はい はい はい
インメモリ OLTP ストレージ (GB) 1.7 3.7 5.9 8.2
データの最大サイズ (GB) 768 768 768 768
最大ログ サイズ (GB) 2 230 230 230 230
TempDB の最大データ サイズ (GB) 64 128 192 256
ローカル ストレージの最大サイズ (GB) 1406 1406 1406 1406
ストレージの種類 ローカル SSD ローカル SSD ローカル SSD ローカル SSD
IO 待機時間 (概算) 1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
1 ~ 2 ミリ秒 (書き込み)
1 ~ 2 ミリ秒 (読み取り)
プールあたりの最大データ IOPS 3 15750 31500 47250 56000
プールあたりの最大ログ レート (MBps) 20 60 90 120
プールあたりの最大コンカレント ワーカー数 (要求数) 4 168 336 504 672
プールあたりの最大同時ログイン数 (要求数) 4 168 336 504 672
最大同時セッション数 30,000 30,000 30,000 30,000
エラスティック プール仮想コアのデータベースあたりの最小/最大選択肢 2 2...4 2...6 2...8
レプリカの数 4 4 4 4
マルチ AZ いいえ いいえ いいえ いいえ
読み取りスケールアウト はい はい はい はい
含まれるバックアップ ストレージ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ 1X DB サイズ

1 その他の考慮事項については、「高密度エラスティック プールでのリソース管理」を参照してください。

2 文書化されている最大データ サイズ値。 最大データ サイズを小さくすると、それに比例して最大ログ サイズも小さくなります。

3 IO サイズの最大値 (8 から 64 KB)。 実際の IOPS はワークロードに依存します。 詳細については、データ IO のガバナンスに関するページを参照してください。

4 個々のデータベースの最大コンカレント ワーカー数 (要求数) については、単一データベースのリソース制限に関する記事を参照してください。 たとえば、エラスティック プールが Gen5 を使用し、データベースあたりの最大仮想コア数が 2 に設定されている場合、最大同時ワーカー数の値は 200 です。 データベースあたりの最大仮想コアが 0.5 に設定されている場合、Gen 5 では仮想コアあたりの最大同時ワーカー数が 100 なので、最大同時ワーカー数の値は 50 です。 その他にもデータベースあたりの最大仮想コア数設定が 1 仮想コア以下である場合は、最大同時ワーカー数が同様に再スケールされます。

プールされたデータベースのデータベース プロパティ

必要に応じて、各エラスティック プールに対して、データベースあたりの最小および最大仮想コア数を指定し、プール内のリソース消費パターンを変更できます。 指定された最小値と最大値は、プール内のすべてのデータベースに適用されます。 プール内の個々のデータベースに対する最大および最小仮想コア数のカスタマイズはサポートされていません。

たとえば、1 つのデータベースによってすべてのプール ストレージが消費されてしまわないように、データベースあたりの最大ストレージを設定することもできます。 この設定は、データベースごとに個別に構成できます。

次の表には、プールされたデータベースのデータベース プロパティが説明されています。

プロパティ 説明
データベースあたりの最大仮想コア数 プール内の他のデータベースによる使用状況に基づいて使用可能な場合にプール内の任意のデータベースが使用できる仮想コアの最大数。 データベースごとの最大仮想コア数は、データベースに対して保証されたリソースではありません。 各データベースのワークロードで、使用可能なすべてのプール リソースを適切に実行する必要がない場合、単一のデータベースによってプール リソースが独占されないように、データベースあたりの最大仮想コア数を設定することを検討してください。 プールでは通常、ホットとコールドのデータベース使用パターンがあり、すべてのデータベースが同時に最大に使用されることはないため、ある程度高めに上限が設定されています。
データベースごとの最小の仮想コア数 プール内の任意のデータベース用に予約されている仮想コアの最小数。 プール内の他のデータベースによるリソースの使用量に関係なく、各データベースのリソースの可用性を保証する必要がある場合は、データベースごとに最小仮想コア数を設定することを検討してください。 データベースあたりの最小仮想コア数は 0 に設定でき、これが既定値です。 このプロパティは、0 とデータベースあたりの平均仮想コア使用率の間に設定されます。
データベースあたりの最大ストレージ容量 プール内のデータベースに対してユーザーによって設定される最大データベース サイズ。 プールされたデータベースは割り当てられたプール ストレージを共有するため、データベースが到達できるサイズは、残りのプール ストレージと最大データベース サイズのうち、どちらか小さい方に制限されます。 最大データベース サイズとはデータ ファイルの最大サイズのことであり、ログ ファイルによって使用される領域は含まれません。

重要

エラスティック プール内のリソースは有限であるため、データベースあたりの最小仮想コア数を 0 よりも大きい値に設定すると、各データベースのリソース使用率が暗黙的に制限されます。 ある時点で、プール内の大部分のデータベースがアイドル状態の場合、その時点でアクティブになっているデータベースでは、最小仮想コア数の保証を満たすために予約されているリソースは使用できません。

また、データベースあたりの最小仮想コア数を 0 よりも大きい値に設定すると、プールに追加できるデータベースの数が暗黙的に制限されます。 たとえば、20 個の仮想コアプールで最小仮想コア数を 2 に設定すると、データベースごとに 2 つの仮想コアが予約されるため、プールに追加できるデータベースの数は 10 個以下になります。

データベースごとのプロパティは仮想コアで表現されますが、データ IO、ログ IO、バッファー プール メモリ、ワーカー スレッドなど、他の種類のリソースの消費も制御します。 データベースごとの仮想コアの最小値と最大値を調整すると、すべてのリソースの種類の予約と制限がそれに応じて調整されます。

データベースごとの仮想コアの最小値と最大値は、ユーザー ワークロードによるリソース消費には適用されますが、内部プロセスによるリソース消費には適用されません。 たとえば、データベースごとの仮想コアの最大値がプールの仮想コアの半分に設定されているデータベースの場合、ユーザー ワークロードはバッファー プール メモリの半分以上を消費できません。 ただし、このデータベースは、内部プロセスによって読み込まれたバッファー プール内のページを引き続き利用できます。 詳細については、「ユーザー ワークロードと内部プロセスによるリソース使用量」を参照してください。

注意

エラスティック プール内の個々のデータベースのリソース制限は、一般的に、同じコンピューティング サイズ (サービス目標) を持つプール外の単一のデータベースのリソース制限と同じです。 たとえば、GP_Gen4_1 データベースの最大同時実行ワーカー数は 200 ワーカーです。 そのため、GP_Gen4_1 プール内のデータベースの最大の同時実行ワーカー数も 200 ワーカーです。 GP_Gen4_1 プールの同時実行ワーカーの総数は 210 です。

次のステップ